月経カップで生理が快適に!使い方とメリットは?おすすめブランドを紹介!

「月経カップ」をご存知ですか?生理ナプキンやタンポンに替わる生理用品として密かに注目を集めています。生理が快適になるという月経カップの使い方とメリットデメリットをご紹介します。

49253

目次

  1. 月経カップとは
  2. 月経カップの使い方は?
  3. 月経カップの6つのメリット
  4. 月経カップは清潔を心がけて!
  5. あわせて読みたい

月経カップとは

月経カップとは、生理ナプキンやタンポンに替わる生理用品の一つで柔らかいシリコン製のカップのような形をしています。日本では、市販されていないためあまりなじみのない生理用品ですが、欧米では主流の生理用品として半世紀も前から多くの女性に使用されているのだそうです。そんな月経カップが数年前から日本でもじわじわ注目を集めるようになっています。

Image

月経カップの仕組みは?

生理中の膣内に月経カップを挿入し、経血をカップの中に溜めます。ある程度の時間が経ったら、カップを取り出し経血を捨てます。

月経カップの有名ブランドは?

The Diva Cup(ディーバカップ)
¥3,980〜(2018/12/13 時点)

日本で最も入手しやすいと言われる「ディーバカップ」。柔軟性があり、装着しやすいのですが日本人にはサイズが大きい場合が多く漏れやすいという意見も多いようです。ただ、入手しやすさ、装着しやすさから月経カップデビューにディーバカップを選ぶ方が多いのだとか。

フルールカップ
¥2,680〜(2018/12/13 時点)

お値打ちで月経カップ経験者にオススメだと言われる「フルールカップ」。他の商品に比べて包装が簡素で説明書も簡潔なため初心者にはあまり向きませんが、サイズ感が日本人にちょうど良いという意見が多く、国内でも愛用者が徐々に増えているようです。

ムーンカップ
¥3,280〜(2018/12/13 時点)

月経カップの中でも装着感を感じないほど柔らかいと言われている「ムーンカップ」。長さも他の商品に比べ短めなので小柄な方に向いているのだとか。ただ、その分一度に溜めておける経血量も少ないので経血量の多い方には不向きだそうです。

月経カップの入手方法は?

商品によって異なりますが、アマゾンで購入できるブランドも増えています。アマゾンで購入できない商品でもインポートサイトで購入できる場合が多いですが、英語表記のみのサイトも多いようです。

月経カップの使い方は?

Image

月経カップの使い方はとっても簡単。膣に直接挿入するので初めての時は少しとまどいますが、慣れてしまえばタンポンよりもスムーズに装着できるのだそうです。

月経カップの挿入方法

1.手とカップを清潔に洗う
2.カップのふちをUの字に折り曲げる
3.カップをコンパクトに折り曲げて膣へ挿入
4.カップが全て膣内に入ったら、下部の先端を押すと膣内でカップが開く

月経カップの外し方

1.手を清潔に洗う
2.中腰の状態で前かがみになる
3.膣に力を入れてカップを押し出す
4.カップの下部が出てきたら、つまんで取り出す

月経カップの6つのメリット

Image

月経カップには女性に嬉しいメリットがたくさんあるんです。憂鬱だった生理が快適になるかもしれませんよ。

エコで経済的

1つの価格が少々お高めなので、初めは手が出しづらく感じるかもしれませんが、清潔に洗いながら使用すれば10年間も繰り返し使い続けることができるので実はとっても経済的なのです。生理ナプキンやタンポンのように使い捨てでないためゴミが出ず、環境にも優しいです。

取り換え回数が少ない

経血量にもよりますが、月経カップは最長10時間の継続使用が可能なため、生理ナプキンやタンポンのように1日に何度も交換する必要がありません。経血を取り出す回数は1日に2、3回で良いのだとか。

Article link icon
生理用ナプキンを替える回数・タイミングは?ナプキンの正しい使用方法

においがない

生理独特のにおいは、外気に触れて雑菌が繁殖することで発生するのだとか。月経カップであれば、捨てるタイミング以外で経血が外気に触れることはないのでにおいの発生を抑えられます。

Article link icon
生理中の臭いの原因は?対策や予防方法はある?

ムレ、かゆみ、かぶれがない

生理中のムレ、かゆみ、かぶれは経血で汚れた生理用ナプキンに肌が触れることで起こると言われています。経血カップであれば、肌に経血が触れることがないのでムレ、かゆみ、かぶれがない場合が多いようです。

Article link icon
ナプキンかぶれの原因と治療、対処方法。おすすめの予防法って?

毒素性ショック症候群(TSS)の心配がない

タンポンと近しいメリットの月経カップですが、タンポンとの一番の違いは毒素性ショック症候群(TSS)の心配がないこと。米国では数十年間利用されていますが、健康的被害との関連性は報告されていないのだそうです。

月経カップは清潔を心がけて!

とても簡単に装着できて、メリットがいっぱいの月経カップですが、繰り返し使える分、清潔を心がけて使用しないと思いがけないトラブルが発生する可能性もあります。月経カップを使用するときは清潔を心がけるようにしてくださいね。

あわせて読みたい

タンポンの使い方やデメリットは?ナプキン派が初めてタンポンを使うときのコツやおすすめ商品
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/10099
Image
生理用ナプキンの人気ランキング!昼用・夜用・スリムタイプなど分野別のおすすめ商品は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19387
Image
布ナプキンのおすすめは?口コミで人気の布ナプキン3選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21099
Image
ナプキンポーチ(サニタリーポーチ)のおすすめ16選!選び方のポイントと簡単手作りポーチも
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19333
Image
生理中の過ごし方!快適に過ごすには?運動や食事はどうする?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28555
Image
効き目で選ぶ!生理痛のための鎮痛薬おすすめ11選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18923
Image
生理用品の収納アイデア!ナプキンをおしゃれにしまえるアイテムは?100均や無印を活用!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19792
Image
生理用ナプキンの種類とは?生理用ナプキンの最新人気ランキング!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19600
Image