大人もハマる!!ガラス絵の具でできるステンドグラス風のきれいなグッズの作り方

ガラス絵の具ってご存知ですか。100均などで手に入るガラス絵の具を使って、ステンドグラス風のとてもきれいなアイテムを作ることができます。例えば、ウェルカムボードやPOP、インテリア、プレゼントなど様々なものが手作りでできますよ。作り方とさまざまなアイデアをご紹介します。

107452

目次

  1. ガラス絵の具とは?
  2. ガラス絵の具の使い方
  3. アイデア集
  4. まとめ
  5. あわせて読みたい

ガラス絵の具とは?

そもそもガラス絵の具とはどのようなものなのでしょうか。実は、ダイソーやセリアに販売されています。

細かい線は書きづらいですが、十分使えますよ。筆者も、妹の結婚式にウェルカムボードを作ろうと思っていろいろと調べていたら、このガラス絵の具にたどりつきました。

調べているうちに、そのきれいさと簡単さにとても興味を持ち、はまってしまいました。ダイソーにあるガラス絵の具は上の写真のように、白・黒・茶・こげ茶・ピンク…などの単色に加え、きらきら入りのカラーものがあります。近所のセリアでは黒や白がなかったので、まずはダイソーに足を運んでみてください。

また、黒と白色は人気のためか売り切れている店舗が多く、結局筆者自身は、インターネットで購入しました。それだけ、人気が高くなってきているのでしょうね。

ガラス絵の具の使い方

1.下準備をする

Image

クリアファイルまたは透明シート(私はフォトスタンドの透明シートをそのまま利用しました。)をカットします。それを、下絵の上にセットしずれないようにセロテープやクリップでとめておきます。

下絵はあったほうが良いです。感覚で描いても大丈夫ですが、ずれてくる場合も多くでき上がりを左右します。また、配色も考えておくとよいですね。

2.黒の絵の具で縁取る

今度は黒色で縁取りをしていきます。黒と白は不透明に仕上がります。たっぷりとぷっくり塗ることが大切です。

3.色を塗る

黒色は30分から1時間で乾きます。念のため指で触ってみてくださいね。今度は、上の枠の中に色を塗っていきましょう。

こちらも、たっぷりぷっくりとぬってくださいね。それが綺麗に仕上がるコツです。塗ったときはまだ不透明ですが、乾くときれいに透けて見えます。細かな部分はつまようじを使って色を埋めていくような感じで塗ります。また、はみだしたときはすぐに綿棒などでふき取りましょう。

4.8時間以上乾燥させてでき上がり

あとは、乾燥させましょう!記載によると8時間だそうですが、ぷっくりと塗っているので、半日ほど様子をみてみましょう。最後に、クリアファイルからはがして、または飾って出来上がりです。

アイデア集

ガラス絵具を使ってどのようなものが作れるのでしょうか。いくつかご紹介します。

フォトフレーム

フォトフレームに飾って飾ってみましょう。おうちの小さな窓やトイレのドアのガラス部分などに、ちょっとしたステンドグラスとして作っていらっしゃるかたも多くいました。デザインや大きさも自分で考えることができるので、楽しみながら作ることができますね。

筆者は、このフォトフレームの透明シート裏に、すりガラス用のシートを貼ってステンドグラス感をアップしています。セリアの窓コーナーのところに大きめのシートがあるので、試してみてくださいね。

ウェルカムボード

結婚式場の入り口にあるウェルカムボードをガラス絵の具で作っています。ステンドグラス風でとてもかわいいですよね。

瓶や入れ物に貼る

お砂糖やお塩のいれものにステッカーのように貼ってみると、とてもキュートです。貼ってはがすこともできるので修正できるのがとても良いですね。ただ、熱や湿気には弱いようなので、台所では気を付けて保管したほうが良いようです。

窓に貼る・POP

お店のPOP用で手作りされているかたもいらっしゃいました。いろいろな用途で使えますね。小さなお子様には、窓にアンパンマンなどのガラス絵の具で作ったものを貼ってあげるととても喜んでくれそうです。

アクセサリーとして

小さめの作品を思い切ってアクセサリーにしてみてはいかがでしょうか。光に反射してきらきら輝きます。他にもたくさんのアイデアがあり、また、ちょっとした技法などもあるので、奥深い趣味になりますよ。

まとめ

いかがでしたか。かわいいガラス絵具のデザインをみているとワクワクしてきますよね。他にもいろいろなアイディアがあるので、興味のある方は「ガラス絵具」で検索をしてみると良いかもしれません。意外とハマってしまうもので、素敵なキラキラした部屋が完成するかもしれませんね。とりあえずは100均のから……ぜひぜひ、ガラス絵の具手に取ってみてくださいね。

あわせて読みたい

ダイソーのガラスタイルで簡単キラキラDIY!インテリアもアクセも
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20923
Image