更新日:2017年12月05日

0~1歳の乳児期にかかりやすい病気まとめ

赤ちゃんは生後3、4か月まではママからの抗体があるので、熱が出るような重症な感染症にはかかりにくいです。しかしその時期を過ぎると、免疫がないので色んな病気にかかりやすくなります。しかも、予備能力が低いために重症化してしまうことも少なくありません。ここでは乳児期にかかりやすい病気をご紹介します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
37612
1

乳児の病気、侮るなかれ

Image

ママやパパになった途端、小さな赤ちゃんの体調不良に対して、どこまで自分で様子をみていればいいのだろう…と必要以上に不安になってしまうことも多いのです。そんなときに、どんな時に早く受診した方がいいのか、どんな事が自宅でしてあげられるのか、そんな知識を持っておくと、対処もしやすくなるかもしれません。

風邪

Image

風邪というのは、実はとても大きなくくりで、そのウイルスの種類はたくさんあります。一度免疫がつくとそう簡単にはかかりませんが、子どもが何度も風邪を引くのは、免疫を持っていないウイルスがたくさん存在するからなのです。

主な症状は発熱、くしゃみ、鼻水、咳で、ウイルスによって、下痢を伴うこともあります。うんちの状態には気を配らなくてはいけません。普通は3~4日で改善します。病院へ行くと、対処療法で薬を処方してくれますので、熱が高くてしんどそう、鼻水や咳がひどくて眠れないなど、生理的な欲求が阻害されるような症状がある場合は早めに病院へ行くことをおすすめします。

Mobile favicon

生後5ヶ月の赤ちゃんの風邪をいち早く治すためにできることは?

RSウイルスも風邪の一種

RSウイルスというウイルスは聞いたことがありますか?このウイルス、とっても有名で、2歳までのほぼ100%の子どもがかかると言われているウイルスです。小さいころにかかって免疫ができるために、大人になってかかっても重症化することはなく、軽い咳くらいで治ってしまいますが、乳児期の感染は注意が必要です。

1歳未満(特に6ヶ月未満)の赤ちゃんは、RSウイルスにかかると重症化の恐れがあるため、入院の措置を取られることがあります。ゼーゼーの症状が強い場合や、周囲の感染状況によってRSウイルスの迅速検査が必要になることがあります。月齢が低ければ低いほど、重症化のリスクは高いので、注意が必要ですね。

Mobile favicon

乳幼児は要注意!知らないと怖いRSウイルス感染症とは

突発性発疹

Image

これは有名なので知っているママも多いかもしれませんね!風邪の症状も何もないのに急に高熱が3~4日続き、解熱後、2~3日全身に赤い発疹が出ます。跡も残さずに治りますので、心配しなくて大丈夫です。1-2歳までにかかる赤ちゃんが多いので、経験したママも多いかもしれません。

急な発熱時、24時間程度は、熱性けいれんに注意しなければいけません。検温はこまめに行い、水分補給に気を遣いましょう。

熱+発疹の場合はすぐに病院へ

突発性発疹は、発熱が最初の症状としてあらわれますが、熱が下がって発疹が出始めないと「突発性発疹」という診断はされません。発熱している最中に「突発性発疹」の確定診断をするのは困難なことが多いです。

発熱と発疹が同時に症状として出る時は、突発性発疹以外にも、麻疹、風疹、水痘、溶連菌(ようれんきん)感染症、手足口病、川崎病など、様々な病気の恐れがあります。

特に発熱と発疹が同時に出現したときには、すぐに受診した方がよいでしょう。

Mobile favicon

子どもの発熱!すぐに病院に行く?気になる受診の目安とは

百日咳

Image

百日咳は0歳で接種する四種混合に含まれていますが、日本での罹患率はまだ多いのが実情です。「コンコン」という咳のあと、ヒューという音がすることもあります。胸の音に違和感があったらまずは病院を受診しましょう。抗生物質での治療が可能です。

月齢が低いと命に関わる場合もある重大な病気ですので、感染した場合は注意が必要ですね。

Mobile favicon

赤ちゃんの咳の原因は?発熱がなくても受診するべき?病気の可能性は?

急性中耳炎

Image

風邪などにかかった時になりやすい病気です。のどや鼻の粘膜についたウイルスが耳に入って炎症を起こすことが原因で、痛みを伴うので赤ちゃんは泣いたり機嫌が悪かったりします。横になると痛みが増すので、縦抱きをするか座らせてあげるといいでしょう。鼻水が長引く場合もよく中耳炎をおこしますので、そのような場合は小児科でも「耳も診てもらえますか」と声をかけてもらうといいでしょう。特に、中耳炎に一度でもなったことがあるなら、早めに耳の確認をしてもらうのがよいでしょう。

Mobile favicon

赤ちゃんの中耳炎!原因と症状、治し方・予防法は?

ロタウイルス胃腸炎、ノロウイルス胃腸炎

Image

ロタウイルス胃腸炎は生後2ヶ月からの任意予防接種ワクチンがある感染症です。受けないを選択したママもいるかもしれませんね。筆者も迷いましたが、小児科の先生に「ロタは結構キツイウイルスだから受けておいた方が良いよ」と言われて予防接種を受けました。

ノロウイルスは毎年、集団感染がニュースになっていますね。これに関しては、予防接種はありません。

主な症状は嘔吐や下痢です。それも1日何度もするので、脱水症状になる赤ちゃんが多いのです。下痢によってウイルスが排出されるので、無理に下痢を止めることはしません。きちんと水分補給してあげてください。また、大人もかかる可能性がある病気なので、うんちのおむつは1つずつビニール袋に入れて捨て、吐物やうんちの付いた洋服などは塩素系漂白剤で消毒しましょう。おむつ交換のあとは手もキレイに洗いましょう。

胃腸炎の際の水分補給には…

病院や調剤薬局などにも売っている経口補水液(OS-1)や、イオン水などを飲ませると良いでしょう。糖分や電解質(ミネラル)も含まれているので、水よりも体内に吸収されやすいので、脱水が心配な時は活用しましょう。

嘔吐を伴う場合は一度にたくさん飲ませるのではなく、5分毎10分毎など短い時間に何度も少しずつ飲ませることが重要です。胃が大きくない赤ちゃんの場合、スプーン1杯などから始めると良いですね。

Mobile favicon

赤ちゃんが吐く原因は?注意すべき症状と考えられる病気、対処法とは

病院へ行くかどうかは機嫌の悪さも考慮して判断を

Image

冬の時期などは特にそうですが、病院へ行ってもっと重い感染症にかかってしまう・・なんてことも少なくありません。だからこそやみくもに病院へ連れていくのはおすすめできません。しかし、38.5度以上の高熱が出ているとき、または機嫌が悪く一日中泣いているなどの時には病院へ連れていきましょう。

そのほかにも、ママが「これは何かおかしい」と思ったら病院へ連れてきましょう。鼻水くしゃみなどのみなら、小児科でなく耳鼻科へ行くこともひとつの手です。

気になる症状があれば受診をしよう

Image

いかがでしたか?1歳未満の赤ちゃんがかかる病気と言うのはたくさんありますが、その中でもかかりやすい病気をまとめてみました。重症化すると怖い感染症が多いので、赤ちゃんの状態にはいつも注意を配る必要があります。

気になる症状が出たら、決して自己判断で様子を見ず、病院を受診することが大切ですね。

あわせて読みたい

Image

赤ちゃんもインフルエンザになる?予防接種は何歳から?子どもがかかったときの対処法

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29286
Image

赤ちゃん・子どもの上手な薬の飲ませ方!飲まないときはどうしたらいい?ゼリーやスポイトの使い方は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29470
Image

病児保育とは?発熱や嘔吐・インフルエンザでも預けられる?利用方法や費用、注意点を解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28892
Image

病後児保育とは?病児保育との違いは?利用方法や費用は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28909
Image

熱性けいれんの対応は?てんかんとの違いや後遺症は?2回目を予防できる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29526
Image

夜間救急に連れて行くべき?子どもが病気になったときの受診目安

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/2631
Image

咽頭炎の症状は?子どもの咽頭炎の原因・治療法は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/7206
Image

心筋炎の症状は風邪と間違われやすい!原因と予防・対処法は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/14431
Image

子どもの結膜炎の症状・治療法は?どんな病気?感染する結膜炎としない結膜炎

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/7486

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事