新生児はどうやってお風呂に入れる?お風呂の入れ方と準備するもの

赤ちゃんが生まれ、退院後、毎日赤ちゃんのお世話をすることになります。赤ちゃんはどうやってお風呂に入れたらいいのでしょうか?沐浴はどうやってやったらいいのでしょうか?そんなお母さんに、沐浴の方法や準備するものをご紹介します。

30582

目次

  1. 新生児のお風呂は沐浴
  2. 新生児のお風呂に準備したいもの
  3. 新生児をお風呂に入れるタイミング
  4. 新生児のお風呂の入れ方
  5. 詳しい新生児のお風呂の入れ方は動画で
  6. 1ヶ月健診後は大人と一緒のお風呂に
  7. 新生児のお風呂に関する体験談
  8. 協力しながら、沐浴を楽しみましょう
  9. 新生児のお風呂の関連記事はこちら

新生児のお風呂は沐浴

沐浴とは

沐浴とは、新生児期の赤ちゃんをベビーバスに入れて、お湯を浴びて身体をきれいにすることです。生れたばかりの赤ちゃんは、抵抗力が弱く細菌に感染しやすいということから、大人と同じ浴槽ではなく、ベビーバスを利用してお風呂に入れます。沐浴をする目安は、生後1ヶ月頃までです。

入浴との違い

大人が湯船に入ることを「入浴」と言い、それと区別して赤ちゃんがベビーバスを使って身体をきれいにすることを「沐浴」と呼んでいます。

新生児のお風呂に準備したいもの

では、沐浴をするには何を準備すればいいのでしょうか?順番に紹介していきます。

ベビーバス

ベビーバスには、画像のように空気を入れて膨らませて使うタイプのものや、しっかりと固定できるプラスチック製のものなどがあります。細菌の感染を防ぐために、大人用の浴槽ではなく、赤ちゃん専用のベビーバスを使うといいです。

ベビーバスを選ぶ時のポイント!タイプ別おすすめのベビーバス10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19618
Image
リッチェルのベビーバスの使い方と人気の理由は?口コミと注意点について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19711
Image

温度計

ベビーバスの中のお湯の温度を測るために、温度計を使うことをオススメします。赤ちゃんにとっての適温は38~40度です。きちんと測って赤ちゃんが快適にお風呂に入れるようにしてあげましょう。

石鹸または沐浴剤

赤ちゃんの頭や身体を洗うための石鹸(ボディーソープやシャンプーでも可)や、沐浴剤を使用します。沐浴をするときは、片方の手で赤ちゃんの頭を支えるため、もう片方の手だけで洗ったりしなければいけません。ですので、泡で出てくるタイプのものがオススメです。

ガーゼ

赤ちゃんの顔を拭いたり、身体を洗うときに使用するガーゼが一枚と、身体にかけてあげるガーゼの沐浴布を一枚用意するといいです。裸になったりお湯につけられたりすることを怖がる赤ちゃんがいるので、沐浴布をお腹にかけて不安を取り除いてあげます。

洗面器

上がり湯をかけるときに、洗面器を使用します。片手で持てるタイプの洗面器がオススメです。

肌触りのやさしいバスタオル

赤ちゃんの身体をふんわりと包めるくらいのサイズのものが使いやすいです。赤ちゃんの肌は柔らかく敏感なので、バスタオルも肌触りのよい、柔らかいものを選ぶといいでしょう。

新生児をお風呂に入れるタイミング

授乳から1時間置いて

授乳直後ですと、吐いてしまうこともあります。また、授乳直前ですと、お腹が空いて赤ちゃんが落ち着かなかったり、泣いてしまったりするので、授乳から1時間くらい置いてからがちょうどいいタイミングです。

沐浴時間は10分から15分程度

沐浴は、赤ちゃんも体力を使うため、10~15分程度がいいとされています。特に冬の寒い時期は、ベビーバスのお湯の温度はすぐに下がってしまいますので、手早くサッと洗ってあげたいですね。また、お風呂場が寒い場合は、沐浴をさせる場所や着替えの場所を温めておくことを忘れずに。

毎日決まった時間に

赤ちゃんの生活リズムをつけるためにも、できる限り毎日同じ時間帯で沐浴をさせてあげるといいでしょう。産院では、なるべく午前中に済ませるといいと聞きました。これは赤ちゃんの身体を毎日チェックし、何か異常があったときに病院へ行けることや、暖かい時間帯に入れるのがいいからだそうです。

新生児のお風呂の入れ方

Image

※お風呂の前に準備すること

まずは、お風呂あがりに慌てないように、着替えを先に準備しておきます。着替えは、重ねて袖を通しておくと一度で着せられるので楽です。おむつも衣類の上に置いておきます。

1.ベビーバスにお湯を入れる

ベビーバスにお湯を入れ、温度計で温度を測ります。夏季38~39度、冬季40~41度が適温です。念のため肘をお湯に付けて再度チェックします。上がり湯用に、洗面器にもお湯を入れておきます。

2.首の後ろとおしりを支えてお湯につける

首の後ろとおしりを手で支えながら、足からゆっくりとお湯につけていきます。赤ちゃんの身体は利き手で洗うので、右利きの方は左手で頭を支えます。沐浴布を赤ちゃんのお腹にかけて揚げると赤ちゃんが安心します。

3.ガーゼで顔を拭く

ガーゼをお湯で濡らして軽く絞り、顔を拭きます。目の周り、額、頬、口の順に拭いていきます。目やにや眉のかさぶたなども優しく落としてあげます。

4.頭を洗う

ガーゼで頭を濡らし、シャンプーを泡立てて洗っていきます。ゴシゴシ擦らないように、指の腹で円を描くように優しく洗います。赤ちゃんの頭皮は皮脂が多いので、優しく念入りに洗います。最後にガーゼで頭の泡を洗い流します。

5.身体の前側を洗う

仰向けの状態で、身体の前側を洗います。首、腕、脇、お腹、お股、足の順に、指の腹や手のひらを使って優しく洗います。特に首や脇の下、お股は汚れが溜まりやすいところなので丁寧に洗ってあげるといいでしょう。

6.手と足を洗う

沐浴中、赤ちゃんは手をギュッと握っていることが多いので、優しく開き、手の平や指の間もしっかりと洗ってあげます。足の裏も同じようにきれいに洗います。

7.身体の背中側を洗う

赤ちゃんの首の後ろを片手で支えたまま、もう一方の手を脇の下に入れて、両手を使ってゆっくりとうつ伏せにします。そして、うなじ、背中、おしりを洗います。特にうんちで汚れるおしりは念入りに洗います。

8.お湯をかける

もう一度仰向けの状態に戻して、洗面器に入れておいたお湯を首から下にかけて流します。沐浴剤を使用する場合は、上がり湯がいらないものが多いです。

9.バスタオルで拭く

最後に、赤ちゃんを抱き上げてバスタオルでくるみながら身体を拭きます。このとき、こするのではなく、軽く押さえるように拭いてあげます。水気が残りやすい、首まわり、脇の下、おしりはしっかりと拭いてくださいね。

詳しい新生児のお風呂の入れ方は動画で

1ヶ月健診後は大人と一緒のお風呂に

赤ちゃんの一ヶ月健診のときに、「もう大人のお風呂に入れていいですよ」と言われることも多いと思います。生後一ヶ月もすれば、へその緒も取れて乾燥していることが多いので、大人と一緒のお風呂に入れることができます。

新生児のお風呂に関する体験談

筆者は、子どもを出産し退院してから実家へ帰り、お世話になっていました。産後慣れない授乳や体調不良により、実家にいる間はほとんど母が沐浴を担当してくれました。私は補助役で、石鹸を泡立てたり、お湯をかけたりしていました。時々、筆者もやりましたが、ふにゃふにゃの赤ちゃんをお風呂に入れるのはとても難しかったです。

産院にいるとき、助産師さんが沐浴指導をしてくださって、そのときに「毎日完璧になんて洗わなくていいのよ、おしりだけはしっかり洗って、あとはサッと洗えば大丈夫」と言っていたので、あまり時間がかからないようにサッと入れていました。

父がいるときに、ビデオを撮ってもらい、とてもいい記念になりましたよ。

協力しながら、沐浴を楽しみましょう

ふにゃふにゃの赤ちゃんをお風呂に入れるのは、慣れないうちはとても大変です。しかも産後のママの体調はまだ万全ではないので一苦労。そんなとき、パパやばあばが入れたり、お手伝いをしてくれると、ママはとても助かります。

沐浴をする期間は1ヶ月くらいの短い期間です。貴重な沐浴時期を、家族そろって楽しみながらやってあげられるといいですね。

新生児のお風呂の関連記事はこちら

赤ちゃんのお風呂タイムが楽チンに!便利グッズやアイデアグッズ18選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19915
Image
Article link icon
新生児に使える抱っこ紐19選!横抱き・縦抱き・インサート付きのタイプ別…