ディナゲストの効果は?副作用、飲み方、飲み忘れた場合は?

子宮内膜症の治療薬であるディナゲスト。ディナゲストは新薬なので、効果や副作用もまだ症例数が少なく、病院ですすめられても戸惑う人も多いかもしれません。ここでは、ディナゲストの副作用と飲み方、飲み忘れた場合の対処法について、医師監修の記事でご紹介します。

424942

この記事の監修

目次

  1. ディナゲストとは
  2. ディナゲストの効果
  3. ディナゲストの飲み方
  4. ディナゲストを飲み忘れたときの対処法
  5. ディナゲストの副作用
  6. ディナゲストのデメリット
  7. ディナゲストに関する体験談
  8. 自分に合った治療法を探そう
  9. あわせて読みたい

ディナゲストとは

ディナゲストとは、2008年より発売開始となった黄体ホルモン系の子宮内膜症治療薬です。

ディナゲストは卵巣に直接作用し、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を抑制します。それによって、本来有るべきではない場所に発生した子宮内膜の増殖を食い止め縮小させる作用が有ります。月経を止める偽閉経療法とは異なり、ディナゲストを服用する治療は体への負担が少なく、長期投与できる事が特徴です。

同じく子宮内膜症の治療に使われる低用量ピルとの違いですが、低用量ピルは、病状の改善というよりは、進行を食い止めて現状を維持する治療薬になります。

ディナゲストの効果

Image

ディナゲストは子宮内膜症そのものを縮小させる効果があります。子宮内膜症は完治させるのは難しい病気だと言われていますが、ディナゲストはかなりの病状改善効果が期待できます。

ディナゲストを飲み続ければ、痛みを抑えつつ閉経までもたせることが可能です。偽閉経療法は副作用があり体に負担がかかるため、半年までしか続けられませんし、低容量ピルも血栓が出来やすくなる為、ある程度高齢の人や持病がある場合は服用を続けるのは危険です。それらのリスクが少ないディナゲストは、安心して長期間服用ができ、なおかつ効果の高い画期的な治療薬と言えます。

ディナゲストの飲み方

Image

ディナゲストは、基本的に朝と晩の二回、一回に付き一錠(1mg)ずつ服用します。ディナゲストを服用する時間は、出来るだけ毎日同じ時間に決めましょう。最初の飲み始めは、排卵に向けてエストロゲンの分泌が増え始める、生理開始から2日〜5日後になります。

ディナゲストは長期服用しても問題の少ない治療薬なので、長く服用すればするほどその治療効果も高くなります。一日2回の服用を一年間飲み続けた結果、9割の人に子宮内膜症の改善が見られたという臨床結果が出ています。

ディナゲストを飲み忘れたときの対処法

Image

ディナゲストを飲み忘れた時はどうすれば良いのでしょうか。一回や二回なら、飲み忘れても心配はないでしょう。その事で排卵されて生理になり、子宮内膜症が悪化するという事はありません。

もしも予定の時間を多少過ぎただけであれば、気づいた時点ですぐに飲んでください。時間を大幅に過ぎてしまったら、その一回は飛ばしましょう。

絶対にしてはいけないのが、忘れたからと言ってディナゲスト2錠を一度に服用する事です。一回飲んだら11時間は服用間隔をあけるようにしましょう。

ディナゲストの副作用

Image

非常に効果が高いとされるディナゲストですが、一方で様々な副作用も報告されています。ディナゲストもホルモン剤である以上は、ある程度の副作用は付き物です。中でも、報告件数の多い症状を紹介します。

不正出血

ディナゲストの副作用で一番多いのが不正出血です。エストロゲンの分泌を抑える働きがあるため、子宮内膜が薄く剥がれやすい事が原因です。

その量には個人差がありますが、生理が来たのかなと思うほどの量が出続ける場合もあり、あまりに出血が続くと貧血になってしまいます。通常はディナゲストを飲み始めて8週間ほどで、次第に落ち着いてくる事が多いようです。あまりに貧血が酷い場合は医師に相談しましょう。

頭痛

ホルモン系の治療薬でよくある副作用が、この頭痛になります。しかし、低容量ピルよりは、ディナゲストの副作用の頭痛は比較的軽いとされているようです。

元から偏頭痛がある人などは、脳梗塞のリスクを回避するために、ピルではなくディナゲストをすすめられる場合が多いようです。頭痛の度合いは個人差が大きいのですが、薬に慣れるにつれて、次第に落ち着いてくるでしょう。

吐き気

ディナゲストの副作用に、吐き気もあげられます。軽いつわりのようだと表現する人もいるようです。お腹が空くと気持ち悪くなり、食べつわりのように感じるようです。特に飲み始めは吐き気が酷い場合があり、これも徐々に落ち着いてくる症状の一つです。他の副作用と同じく、吐き気の程度には個人差があります。

めまい

ディナゲストの副作用で最も多い不正出血に伴い、貧血からめまいが起こる場合があります。人によっては、立っていられないほどの酷いめまいがあるようです。

また、他の副作用はないのに、めまいに悩まされるケースも有るようです。徐々に身体がディナゲストに慣れるに従い緩和される症状の一つなので、しばらく様子を見ておさまらない場合は、休薬も検討するとよいでしょう。

ほてり

ディナゲストを服用中は基本的に生理は止まります。それによって、更年期障害のような症状が副作用として出る場合があります。その代表的なものがほてりです。
ホットフラッシュと呼ばれるもので、危険な症状ではありませんが、あまりに辛い場合は更年期障害に効果が高い漢方薬で対処する事をおすすめします。漢方なので、ディナゲストと一緒に服用しても飲み合わせを心配する必要はありません。漢方で症状が緩和されたという報告も多いようです。

動悸

ディナゲスト服用開始後しばらくは、息が苦しくなったり、動悸が激しくなったりする事があります。数ヶ月で落ち着く事もありますが、あまりにしんどかったり眠れないほどの動悸であれば、すぐに医師に相談しましょう。動悸もまた、ほてりと並んで更年期障害の症状の一つですので、漢方で緩和する方法もあります。

体重増加

よくホルモン剤を飲むと太ると言われます。ディナゲストでも同じように副作用として訴える人もいます。しかし、ディナゲストを服用すると食欲が増す事がある為、食べ過ぎてしまった結果体重が増えるのです。ディナゲストそのもので太る訳ではありません。

先に述べた食べつわりのような吐き気から、常に何か口にしてしまい太るというケースも考えられます。この事を理解して、他の事で気を紛らわせたりして自分なりに対策しましょう。

ディナゲストのデメリット

Image

ディナゲストは長期服用可能であるという点と、子宮内膜症の病巣を縮小させるという点で優れた治療法ですが、デメリットとして費用が高いという点があげられます。

半年だけという事では無く、数年に渡り毎月支払うとなるとかなりの金額です。毎日ディナゲストを一日2錠となると、毎月およそ一万円ほどになるでしょう。子宮内膜症の痛みの度合いと経済的な事を考慮した上で、医師と相談して治療法を決断する事をおすすめします。

ディナゲストに関する体験談

Image

筆者もまた、ディナゲストで子宮内膜症治療中の身です。ディナゲストを飲み始めて、かれこれ丸2年になります。私の場合は二度の出産でも子宮内膜症が良くならず、ダグラス窩という厄介な場所で有り手術も困難である事、内膜症による激しい腰痛を発生した事、などから鎮痛効果の高いディナゲストをすすめられました。

長期投与も、出産の予定がもう無い事から迷いはありませんでした。内膜症の重症度がそこまで酷くなかった為、まずは一日一錠から始める事になりました。

副作用としては、飲み始めにしばらく少量の不正出血がありましたが、すぐに無くなりました。一日一錠を夕食後に飲んでいたところ、服用後しばらくが息苦しくてたまらない日が続き、辛くて就寝前に飲むようにしたら気にならなくなりました。

今のところ、目立った副作用は強烈な眠気です。とにかく眠たいのですが、2年もこの状態だと慣れてしまい眠たいのが普通になりました。それ以外はとても快適です。内膜症自体は徐々に縮小してきて良くなってはいるそうですが、まだもう少しディナゲストとの付き合いは続きそうです。

自分に合った治療法を探そう

子宮内膜症は、発症した年齢が若ければ若いほど、長く付き合う事となる厄介な病気です。出産予定、副作用、生理痛、経済的な事、いろいろと考慮して治療方法を決めていかなければなりません。

長く治療するのに、笑顔になれなければ辛いだけです。つわりに個人差があるように、ディナゲストの副作用も治療してみなければ分かりません。もし辛ければ他の治療を試してみる、それで駄目なら次、というように、一番自分に合った治療を探し出す事がベストです。医療も日々進化しているので、もしかしたら、ディナゲストを超える副作用のない治療薬が出る日も近いかもしれませんね。

あわせて読みたい

生理痛がない人の特徴と割合は?生理痛が起こる原因と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20292
Image