赤ちゃんの「ほくろ」はいつから?要注意なほくろと除去の方法

赤ちゃんのお世話をしていて「ほくろ」を見つけると悪い病気ではないかと不安になったりしませんか?今までは無かった気がするほくろが赤ちゃんの肌にあると大丈夫なのか病気ではと心配になってしまいますよね。気になる赤ちゃんのほくろについてまとめてみました。

77003

目次

  1. 「ほくろ」には2種類ある
  2. 「ほくろ」はいつから現れる?
  3. 要注意な「ほくろ」は?
  4. メラノーマ(悪性黒色腫)
  5. ほくろの除去方法は?
  6. 赤ちゃんのほくろ予防できる?
  7. 赤ちゃんのほくろに関する体験談
  8. 心配なときは、安心するためにも専門医に相談を!
  9. 赤ちゃんのほくろの関連記事はこちら

「ほくろ」には2種類ある

ほくろには種類があることをご存知ですか?
先天的、後天的なほくろがあり原因・予防にも違いがあるようです。

先天的ほくろ

先天的ほくろは、赤ちゃんの頃にできるほくろのことです。
・原因は、遺伝と言われています。
・予防は、できません

後天的ほくろ

後天的なほくろは、赤ちゃんの頃は無く大人になってからできるほくろのことです。
・原因は「紫外線」などと言われています。
・予防は、可能です。

・予防方法
赤ちゃんの頃から日焼け対策をする。(赤ちゃん用の日焼け止めクリームを赤ちゃんの肌に塗る、帽子を被らせる)
長時間、赤ちゃんが直射日光を浴びないことが重要です。

「ほくろ」はいつから現れる?

Image

赤ちゃんには産れたときからほくろがあるのでしょうか?

一般的には、産れたばかりの赤ちゃん(新生児)には「ほくろ」が無いと言われています。
ほくろが現れるのが早い赤ちゃんでも「生後1ヶ月」を過ぎてから現れます。

赤ちゃんのほくろのサイズや現れる場所も赤ちゃんによって違っています。
初めは「小さな点」として現れたほくろも、赤ちゃんが成長するにつれて少しずつ大きく変化します。
少しずつ大きくなっても直径は6ミリ以下です。

赤ちゃんの体の分かりやすい場所にほくろができた場合は日ごろからサイズをチェックできますが、足の裏や髪で隠れた頭皮などにほくろができると見付けにくいこともあります。

赤ちゃんのお風呂のときやオムツ交換のときなど、赤ちゃんの全身をチェックして少しの変化にも気がつくようにしておきたいですね。

要注意な「ほくろ」は?

Image

赤ちゃんにもあるほとんどのほくろは、「良性」のほくろと言われているそうです。

赤ちゃんが誕生したときや健診(1ヶ月、3ヶ月,6ヶ月など)時に医師から指摘されないほくろの場合は、そのままにしておいても問題はないようです。

良性のほくろが大半ですが、中には注意が必要なほくろもあります。
要注意すべきほくろの特徴5つをまとめてみました。

赤ちゃんに当てはまる特徴がある場合は、早めに小児科や皮膚科を受診することをおすすめします。

サイズが大きい(直径7ミリ以上)

ほくろのサイズが直径7ミリ以上の大き目なほくろには要注意です。
直径が大きいほくろは、かなり目立ち直ぐに気付くことができると思います。
もしも、赤ちゃんの肌にそのサイズのほくろを見付けた場合は直ぐに病院に行くほうがいいです。

急激に大きくなった

注意が必要なほくろとしてよく言われていることですが、ほくろのサイズが短期間で急激にサイズアップした場合は要注意だと言われています。

ほくろの境目がぼやけている

ほくろの境目がはっきりしていないギザギザしているような、ぼやけているほくろにも注意です。

左右非対称、膨らんでいる

左右対称ではない形が変わっているほくろにも注意が必要のようです。

ほくろの形と同じように赤ちゃんにできたほくろの色の濃淡が均一でない場合も要注意です。

ほくろから出血している

通常の良性のほくろからは何も出ていないのに、ほくろから出血していたり何かの液が出ている場合は要注意です。

メラノーマ(悪性黒色腫)

Image

メラノーマ、聞いたことはあっても、あまり詳しく知らない方が多いと思います。

上記でご紹介した要注意のほくろの特徴に1つでも当てはまるとメラノーマの可能性もあるので、病院で診てもらったほうがよいそうです。

メラノーマとは皮膚ガンの一種です。

日本人は、足の裏や手のひらなどにできやすいと言われています。
主に30代以降の患者さんが多いと言われています。

赤ちゃんや小さな子どもがメラノーマになる確率はほとんどないと言われています。
原因の一つには紫外線もあるので、できるだけ赤ちゃんを紫外線から守るようにしましょう。

赤ちゃんや子どもの皮膚にほくろがあると「メラノーマ」ではないかと心配になり受診する親子が多いそうです。

ほくろの除去方法は?

Image

代表的なほくろの除去方法には2つの方法があります。

赤ちゃんなど小さな子どもの場合は、全身麻酔など眠らせてから除去をするケースもあるようです。
小さな子どものほくろは、麻酔のことなどもあるのでいつ除去をするのかは医師とよく相談してから行う方が安心です。

レーザー

レーザーを使用して、小さな子どものほくろを除去することができるそうですが麻酔が必要になります。

赤ちゃんなど小さな子どもにレーザーを使用して大丈夫なのかな?と心配になりますが、専門医にお任せすれば安心です。

メス

ほくろが悪性の場合、レーザーではなくメスによってほくろを除去するケースもあるようです。

ほくろは早く除去したほうが跡も残りにくいと言われているので、赤ちゃんのほくろが気になる方は皮膚科などで相談してみてくださいね。

赤ちゃんのほくろ予防できる?

Image

防ぐことができるなら、赤ちゃんの肌にほくろを作りたくないですよね。

残念ながら遺伝が原因のほくろは予防することはできません。
紫外線などが原因になっている場合は、肌を紫外線から守るなどの対策を行うことで、完全にではありませんがほくろを予防することが可能です。

ほくろができるのが嫌だからと赤ちゃんに外遊びを全くさせないのもかわいそうなので、時間を決めるなどして対応して育てるようにしたいですね。

赤ちゃんのほくろに関する体験談

Image

筆者の息子が生後10ヶ月頃、「こんな場所にほくろがあったかな?」と上半身にほくろがあるのを見付けたときはビックリしました。
そのときは、驚いたのと同時にとても心配でした。

「突然できたほくろ=悪い病気」のイメージがあったので心配したのを覚えています。

綺麗な肌をしている赤ちゃんの肌に、ほくろがあると目立つので余計に大丈夫かな?と不安になってしまいました。

その当時、頬の皮膚がヨダレで荒れてしまって皮膚科に行くことがあったので先生に相談してみました。
「ほくろのサイズがどんどん大きくなっていなければ大丈夫」と言われ安心しました。
その後は、サイズも大きくならず消えずに残っていますが通院などはしていません。

心配なときは、安心するためにも専門医に相談を!

我が子に「ほくろ」があったら病気ではないかと親としては心配になりますよね。
特に小さな赤ちゃんにほくろを見つけると、悪い病気ではないかと余計に心配になってしまうと思います。

ほくろのある場所によっても違うと思いますが、人目に付きやすい顔などの位置にほくろがあると周囲の視線も気になって余計に心配になると思います。

病院に連れて行くのは・・・と思わずに専門家である医師に相談してみると安心できます!筆者がそうでした。

ほくろには「良性」と「悪性」のものがあるので、病気かどうか判断してもらうためにも気になるほくろがある場合は一度診てもらうといいと思います。

赤ちゃんのほくろの関連記事はこちら