生理が来ない・遅れる原因は?チェック方法と対処法

生理の周期が順調だと、身体の機能がきちんと働いていると感じることができますよね。しかし、急に生理が来なかったり遅れたりするときは、身体も不調を訴えている証拠かも。今回は、生理が来なかったり遅れたりする原因と、チェック方法・対処法について、医師監修の記事でお伝えします。

158373

この記事の監修

目次

  1. 生理が来ない・遅れる原因は?
  2. 生理が来ない・遅れる原因のチェック方法
  3. 生理が来ない期間によって症状を判断しよう
  4. 生理不順が病気をもたらす可能性も?
  5. 生理が遅れているときは早めに病院に行こう
  6. あわせて読みたい

生理が来ない・遅れる原因は?

妊娠している

生理が来ない場合、一番に思い浮かべるのが「妊娠」ではないでしょうか。卵子が受精しなかった時に、増殖している子宮内膜がはがれて出血とともに排出されると、生理になります。妊娠が成立すると、子宮内膜ははがれずに受精卵のベッドとして本来の役割を果たします。そのため、妊娠すると出血は起こらず生理が来ないのです。

Article link icon
【医師監修】妊娠超初期症状25個!兆候はいつから?妊娠したかもと思った…

ホルモンバランスの乱れ

生理は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの変化により起こります。しかし、ホルモンバランスが乱れると生理が起こらなくなります。ホルモンバランスは、ストレス、冷え、生活習慣の乱れ、ダイエット、睡眠不足など、様々なものに影響を受けます。

薬の副作用

薬の副作用でも生理が遅れたり、来なくなったりすることがあります。おっぱいを分泌する作用のある「プロラクチン」というホルモンは、出すぎると排卵が止まります。胃薬や精神安定剤の中には、副作用として、この「プロラクチン」を異様に高めてしまうものもあります。それらの薬を服用することで排卵が止まってしまい、生理が来なくなるのです。

婦人科系疾患

生理不順は「子宮内膜症」「子宮筋腫」などの婦人科系の病気が隠れている場合もあります。また、甲状腺の異常でも生理不順になります。婦人科系の疾患では、気づかないまま放置しておくと症状が重くなる場合も。気になったら、病院に行ってみることをおすすめします。

早期閉経

45歳より前に閉経してしまうことを「早期閉経」といいます。早期閉経は、卵巣機能が完全に停止してしまっている状態です。通常、閉経は48歳~52歳頃で起こると言われています。早期閉経をしてしまうとホルモンバランスに影響が出て、骨粗しょう症、更年期障害などのトラブルになる可能性があります。

ストレス

ストレスは、ホルモンバランスを崩す原因となります。脳の中で生理をコントロールしている部分は、視床下部、下垂体というところです。実は、この視床下部、下垂体は、ストレスの影響を最も受けやすい部分と言われているのです。

Article link icon
生理が1週間遅れる原因は?ストレスかも?妊娠の可能性をチェック!

想像妊娠

想像妊娠という言葉を聞いたことのある人も多いかもしれません。想像妊娠は、「妊娠している」と思いこみ、妊娠していないのに、妊娠時のような症状が出ることを指します。これは、妊娠に対する思いが強い女性に起きやすいと言われています。

Article link icon
想像妊娠の症状は?私が経験した想像妊娠と本当の妊娠

生理が来ない・遅れる原因のチェック方法

Image

まずは妊娠検査薬でチェック

生理が遅れている場合は、まずは妊娠検査薬でチェックしてみましょう。生理が遅れて1週間たっていれば、反応が出るでしょう。また、妊娠の可能性が高い場合は、早期妊娠検査薬を使えば、生理当日から妊娠しているかどうかが分かります。

Article link icon
妊娠検査薬の陽性反応はいつから?仕組みや確実なタイミングは?

妊娠検査薬が陽性の時は?

妊娠検査薬の精度は99%以上と言われています。陽性であれば、妊娠していると考えていいでしょう。生理予定日からかなり遅れている場合は、早めに産婦人科に行きましょう。
まれに、ホルモン剤の投与や不妊治療中の場合は、妊娠していなくても検査薬で陽性が出ることがあります。逆に、生理周期が一定でない場合や、異常妊娠の場合も、妊娠していても妊娠検査薬が陰性で出てしまうことがあります。心配な時には、産婦人科を受診してみるのが一番です。

Article link icon
妊娠検査薬が陽性から陰性に。間違いが出る原因は?流産の可能性も

生理が来ない期間によって症状を判断しよう

Image

10日以上来ない場合

妊娠とは別に10日以上生理が遅れている場合、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れが一番多い症状でしょう。一度乱れたからといって、ずっと乱れることはありません。生活や精神的に安定して来れば、また生理周期は正常に戻るでしょう。

1ヶ月以上来ない場合

妊娠ではなく生理が1ヶ月以上来ない場合は、薬の副作用や婦人科系疾患を疑いましょう。これは、医師でないと判断しにくいものです。産婦人科を受診するようにしてください。

3ヶ月以上来ない場合

3ヶ月以上生理がない場合を無月経といい、早めの治療が必要となります。無月経になる病気の一つとして、「多のう胞性卵巣症候群」があげられます。
もし1年以上生理がなければ早期閉経の可能性があります。生活習慣の見直しと、無月経を放置しないことで、早期閉経は防げます。

生理不順が病気をもたらす可能性も?

Image

ホルモンバランスが病気に影響

ホルモンバランスが崩れると、様々な病気の原因になります。それほどホルモンバランスは身体の中で重要な役割を担っているのです。

ホルモンバランスの乱れが引き起こす病気

ホルモンバランスの乱れが引き起こす婦人科系の病気は、主に8つあります。「子宮筋腫」「子宮頸がん」「子宮頚管ポリープ」「子宮膣部びらん」「子宮内膜炎」「子宮内膜症」「子宮内膜ポリープ」「クラミジア頸管炎」です。

・子宮筋腫:子宮の筋肉から発生する良性の腫瘍。
・子宮頸がん:子宮頸部に発生する悪性腫瘍。他の臓器に転移する可能性も。
・子宮頚管ポリープ:子宮頸管にできる良性の腫瘍。
・子宮膣部びらん:子宮膣部の表皮が崩れ、ただれてしまっている状態。
・子宮内膜炎:子宮の内膜が炎症を起こす状態。
・子宮内膜症:子宮内膜にあるべき組織が、子宮内以外にできてしまう状態。
・子宮内膜ポリープ:子宮内膜に腫瘍ができる病気。多くは良性ですがまれに悪性もあります。
・クラミジア頸管炎:クラミジアに感染する病気。放置すると子宮頸管炎や腹膜炎、不妊症を引き起こします。

生理が遅れているときは早めに病院に行こう

生理が来ない・遅れている場合は、病気が隠れている場合もあります。特に婦人科系の病気を放置しておくと、妊娠したいと思ったときにも妊娠できなくなる可能性もがあるので注意が必要です。体調が気になるときは、早めに産婦人科に行くようにしましょう。早めの対処が、自分自身の未来を守ることにつながりますよ。

あわせて読みたい

基礎体温は生理前のいつから下がる?高温期に体温が下がるときの原因と妊娠可能性は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30027
Image
産後の生理不順の原因と改善法7選!妊娠の可能性も?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19169
Image