ベビーバスはレンタルと購入どっちが得?選び方、注意点とお勧め業者5選

赤ちゃんを迎える時の準備物の中で大きいものの1つは「ベビーバス」。そんなベビーバスは、最近レンタルも増えてきました。実際、ベビーバスはレンタルと購入どちらがお得なのでしょうか?調べてみました。

50725

目次

  1. ベビーバスを使う時期、ベビーバスは絶対に必要か?
  2. ベビーバスをレンタルするメリット
  3. ベビーバスをレンタルするデメリット
  4. レンタルする業者を選ぶポイント
  5. レンタルする前に確認しておきたいこと
  6. おすすめのレンタル業者5選
  7. レンタル業者は店舗かネットか
  8. ベビーバスのレンタルに関する体験談
  9. 自分の生活スタイルや使いやすさにあわせて
  10. ベビーバスの関連記事はこちら

ベビーバスを使う時期、ベビーバスは絶対に必要か?

生後すぐの赤ちゃんは、抵抗力もなく、雑菌にも弱いので、大人と一緒のお風呂に入ることはできません。そのため、赤ちゃんを1人で入浴させるための便利グッズとして、「ベビーバス」が販売されています。

しかし、絶対にベビーバスが必要かと言うと、そうではありません。赤ちゃんを大人と一緒のお風呂に入れなければ良い話なので、大きい洗面台があるなら、そこを赤ちゃんのお風呂として代用したり、衣装ケースを代用したという声も。ただ、それらは専用のものではないので、ベビーバスがあれば、赤ちゃんの沐浴が便利になり、動きが取りやすいとも言われています。

しかし、このベビーバス、使うのは長くても2~3ヶ月程度。3ヶ月を超えると、赤ちゃんは重くなり、ベビーバスで身体を支えながら入浴させてあげることができません。そのため、ベビーバスはレンタルでという人も多いものなのです。

ベビーバスをレンタルするメリット

里帰りしたときだけ使える

Image

産後すぐだけ里帰りするママには、ベビーバスのレンタルは便利!買ってしまうと、そのベビーバスを自宅に送らなければなりません。レンタルならその点の問題はありません。

また、里帰り先の住環境では、沐浴させるのに不便なことも多く、ベビーバスをレンタルする声も。里帰り先で一番必要だと思う育児用品は「ベビーバス」というママの声は里返り経験者の約半数にもなっています。

不要になったら返却できる

ベビーバスをレンタルするメリットは、不要になった時には返却できる事。購入してしまうと、2人目ができたときに…と、自宅に置いておくことになります。収納がたくさんあって困らない家なら良いのですが、収納があまりない家の場合は、不要になったら返却できるシステムのレンタルのほうが便利だと言う側面があります。

また、最終的に不要になったときには通常のゴミとしては出すことができないので、粗大ゴミとして出すのも意外と手続きなどが面倒という声も多いです。

ベビーバスをレンタルするデメリット

レンタルできる種類が限られる

Image

良いことがたくさんあるベビーバスのレンタル。実は、良いことばかりではありません。デメリットもあるのです。ベビーバスをレンタルするデメリットの一つは、「レンタルする種類が限られる」こと。自分の家にあったもの、好みに合ったものを選ぼうとすると、レンタル業者では扱っていないということも。

受取、返却の手続きが面倒

ベビーバスのレンタルは、受け取りや返却の手続きが面倒だということも。かならず家にいて受け取りをしないといけませんし、返却時はきちんと業者の指定方法で返却しなければなりません。そこがデメリットの一つにあります。

レンタルする業者を選ぶポイント

品揃え

Image

ベビーバスのレンタル業者を選ぶポイントの一つは、「品揃えが豊富」であること。あまり品揃えがない業者だと、自分がかりたいタイミングで借りたいものがない場合も。品揃えが豊富なレンタル業者なら自分の使いたい用途に合ったものを選ぶのも困りませんね。

料金

料金も重要ポイントの一つ。1ヶ月900~2,000円程度のレンタル料が多いようです。

料金とともに気になるのがレンタル期間。1週間単位、1ヶ月単位、6ヶ月単位などそのレンタル業者によって期間がまちまちです。料金が安いと思ったら実は6ヶ月間レンタルすることが前提だった、なんていうこともあるようなので、料金が割高になったり置き場に困ったりするケースも発生します。

サービス

はじめは様子見で2週間借りてみたけどもう少しレンタルしておこうかな、と思った時にそのまま延長で借りられるサービスを付けているところも多いものです。そうすると、最初は短めにレンタルをしておいて、必要があれば延ばして借りられるので安心ですね。

他にも梱包材を持って帰ってくれるサービスや、ベビーバスではほとんど必要ありませんが設置が必要なものなら設置までしてくれるサービスもあります。

また生まれたばかりの赤ちゃんに使うものだからこそ、清潔に保つためのサービスがどのようになっているのかは重要なところです。

レンタルする前に確認しておきたいこと

レンタルする期間

Image

レンタルする前には、かならずレンタルの期間を確認しておきましょう。

連絡なしに返却予定日を過ぎると違約金としてお金がかかり、思った以上にコストがかかってしまうケースも。

返却時期の変更が可能か

連絡1つで返却期間の延長ができるサービスのところもあれば、次の利用者がいることで延長自体が出来ない業者もあります。返却期限の延長ができるかどうかを借りる前に必ず確認しましょう。

予約はいつからできるか

今はいつからでも可能というところが多いようですが、予約はいつから可能でどれくらい前には予約しておいた方が確実かも重要なポイントですね。いざ人気の商品を予約しようと思ったら順番待ちで使用する機会がなくなっちゃった、なんてことにならないように気をつけましょう。

そして、直前の予約でも対応してもらえるかもポイント。出産が思ったより早くなった場合に、すぐに対応できる業者かどうかも確認しておきたいポイントです。

キャンセルについて

例えば、出産の頂き物にベビーバスがあったり実家の蔵に甥っ子や姪っ子のベビーバスがあった場合など、急にキャンセルが必要な場合も対応できるかも確認してください。商品の発送まではキャンセル料を取らない、という業者も増えてきているようです。

破損、紛失してしまった場合はどうなる?

ほとんどの場合は、通常使用中の傷や破損は、弁償しなくても大丈夫。破損の場合は、無料での取り換えをしてくれる業者も。しかし、通常の使用ではなく、故意に壊してしまった場合や紛失してしまった場合は、弁償の対象となります。多くが、商品購入代金での弁済となります。この辺りも、それぞれの業者で規定がありますので、必ず確認してくださいね。

おすすめのレンタル業者5選

安心の「ダスキンレントオール」

Image引用元:www.kasite.net

ダスキンレントオール ベビーバス
・種類は店舗により異なります
・1ヶ月972円、3ヶ月2332円、6ヶ月3,499円

清掃業も営んでいるダスキンレントオールは、状態も良く、大手ならではの安心感があると評判が高い業者です。本業のノウハウを生かして清潔な商品が借りられるのはお墨付きですね。

長期で借りれば借りるほど、割引率も高くなります。

また全国展開しているダスキンなので「レントオールステーション」と呼ばれる店舗に引き取りに行くと送料がかかりません。ベビーバスはもちろん、ベビーベッドやベビーカー、ベビーチェアなども大きいものなので送料もかなりお高くなってしまいます。ご自宅に車がある方はドライブがてら利用してみてもいいかもしれません。

ベビー用品専門「ナイスベビー」

Image引用元:www.nicebaby.co.jp

ナイスベビー
・おすすめ:ベビーレーベル サポートベビーバス
・1ヶ月1,625円、3ヶ月2,057円

「ナイスベビー」は株式会社ベビーリースが運営。商品取り扱い数業界No1を謳っているとおり、多くの育児ブランドを取り扱い、レンタルだけでなく購入もできます。例えば、ベビーベッドはレンタルしてベビー布団は購入すると、最大47%の割引が受けられるといったプランも。

ネットだけでなくカタログを送ってくれるので、ネットだと見ずらいという方にはおすすめ。

もともとの予約期間を延長する場合は電話1本で対応してくれるのはありがたいです。

ママから信頼「べびーあいらんど」

べびーあいらんど
・おすすめ:コンビ ベビーバスNE
・1ヶ月2,950円、3ヶ月3,750円

予約でいっぱいの場合は、電話でいつからレンタル可能か確認できます。正常な使用内での傷や破損については弁済も不要です。7日以内で未使用であれば、返品や交換も可能。ちょっとお値段は高いですがサービスが豊富なのはありがたいですね。

レンタル期間の延長サービスは優れていて、何度でも延長可能だとか。とりあえず1ヶ月借りておいて、必要だったら1ヶ月ごとに延長していけば、不要になったらすぐに返せて便利ですね。

チャイルドシートなどの取り付けが必要な商品はマイカーに取り付けまでしてくれるそうです。

問い合わせたら、すぐにパンフレットが届きました!
使いやすいアイテムが揃っているレンタルショップだと思います。

引用元:www.babyitem-rental.net

業界最安値「ベビレンタ」

ベビレンタ
・おすすめ:リトルプリンセス フォールディングバス
・1ヶ月1,404円、3ヶ月3,780円

他レンタル業種の値段よりも安値でレンタルしてくれる「ベビレンタ」。商品に満足できない場合、レンタル開始3日以内であれば全額返金してもらえるシステムを採用しています。

元保育士さんが運営しているので、保育の目線に立った人気があって実用的な商品ラインナップが揃っています。同じものでも色違いで複数揃っているので、お家やママの好みに合わせた商品を借りることができますね。

在庫状況がネットにすぐに反映されるので、在庫があるときを狙ってお気に入り商品をすかさずゲットすることも可能です。

息子夫婦が孫を連れてきた1週間だけ、レンタルさせてもらいました。
田舎にはレンタルできるお店が少ないので、本当に助かりました。
しっかり梱包してあり、商品にはまったく問題ありませんでした。

引用元:www.babyitem-rental.net

ベビー・キッズ・介護に特化「ホクソンベビー」

Image引用元:www.hoxon.co.jp

ホクソンベビー
・おすすめ:新生児用ベビーバス
・1ヶ月900円、3ヶ月1,300円

「ホクソンベビー」は、ベビーやキッズ、介護用品に特化しているレンタル業者。在庫さえあれば、新品指定のレンタルも可能!1週間のお試しレンタルも実施しているので、実際に1度使用してみたいママにもおすすめです。

商品の事前予約をしておけるので、決まっているメーカーや商品がある場合は予約しておけば確実です。出産予定日の最大14日前に「準備期間プレサービス」という独自のサービスもあるので、ギリギリになっていつ届くのかヤキモキすることもありません。

こちらのメーカーは無印良品のベビーベッドのレンタルを取り扱っているのも話題になっています。

おすすめ業者はベビレンタ

筆者のおすすめの業者は元保育士さんが運営している「ベビレンタ」です。

元保育士で主婦という育児のプロの目利きで選ばれた商品なら安心して使うことができますし、商品の品揃えが多く在庫の確認がしやすいというのは忙しいママにも安心。特定の商品しかない業者さんのサイトやカタログをいったりきたりしながら迷うのは意外と時間がかかって大変なものです。1つの業者さんに比較対象がたくさん揃っているのはユーザーには嬉しいですね。

送料なども主婦目線で細かく設定されているのも、大型のものを借りることになるベビー用品レンタルにはありがたいサービスです。

レンタル業者は店舗かネットか

Image

ベビーバスのレンタルは、店舗でもネットでも行っているところがあります。店舗では持ち帰りなどの面倒臭さはありますが、実際のものを見て選ぶことができます。

ネットでは実際のものは見れなくても、スマートフォンなどで気軽に予約やキャンセルもできるので便利です。ネットでも、評価をきちんとチェックし、安心の評判の多い所を選ぶことで、「来てみたら汚れていた」などの思わぬトラブルは起こらないでしょう。

ベビーバスのレンタルに関する体験談

自分の生活スタイルや使いやすさにあわせて

いかがでしたか?気にいった業者はあったでしょうか?ベビーバスはあまり使わない上に、買ってしまうとかさばるものだからこそ、レンタルと言う手も考えられるベビー用品ですよね。自分の生活スタイルや使いやすさに合わせたベビーバスで、ストレスのない沐浴タイムを過ごせますように。

ベビーバスの関連記事はこちら

ベビーバスを選ぶ時のポイント!タイプ別おすすめのベビーバス10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19618
Image
ベビーバスで赤ちゃんの沐浴はいつまで使える?使い終わった後の活用法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19386
Image
リッチェルのベビーバスの使い方と人気の理由は?口コミと注意点について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19711
Image
赤ちゃんのお風呂タイムが楽チンに!便利グッズやアイデアグッズ18選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19915
Image