ピル服用中に妊娠検査薬が陽性?ピル服用中に妊娠する可能性は?

避妊のためにピルを服用しているという方は少なくありません。ただ日本ではあまり普及していないこともあり、ピルの効果をきちんと知らない方もいるのではないでしょうか。今回はピルの基本的な知識と、ピル服用中に妊娠検査薬が陽性反応を示す原因についてご紹介します。

281181

この記事の監修

目次

  1. ピルの効果と副作用
  2. ピル服用中に妊娠検査薬が陽性反応に!?
  3. ピル服用後に妊娠検査薬はいつから使用できる?
  4. ピル服用中に妊娠する可能性は?
  5. まとめ
  6. あわせて飲みたい

ピルの効果と副作用

ピルとは経口避妊薬のこと

ピルは「低用量ピル」とも呼ばれる経口避妊薬です。女性が服用をすることで望まない妊娠を防ぐことができます。

ピルには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というふたつの女性ホルモンに似た成分が配合されています。ピルを服用すると妊娠したときと同じようなホルモン状態となり、それによって排卵が起こらなくなるため妊娠を防ぐことができるのです。

しかし、ピルを服用したからといって女性ホルモンがまったく分泌されなくなるわけではありません。あくまで、排卵を誘発するようなホルモンの変動がなくなるということです。

ピルの避妊以外の効果は?

避妊以外にもピルには以下のような女性特有の症状の改善が期待できます。

・生理不順
・月経前症候群(PMS)
・ひどい生理痛(月経困難症)
・子宮内膜症

子宮内膜症に関してはピルで予防できる可能性があるとの見解もありますが、逆に悪化する可能性も指摘されており、一定の見解はありません。ただ、ピルの安全性については大きな問題はないと考えられています。

ピルの価格は?

ピルは、月経周期28日分を1シートとして処方されます。1シートの値段の目安は、およそ2,000~3,000円程度。初めて処方してもらうときには初診料+診察料+薬代がかかります。再診の際は再診料+薬代が必要となります。

男性用避妊具のコンドームと比べると少し高額になってしまいますが、ピルを正しい方法で服用するとほぼ100%避妊することができるため妊娠を望んでいない場合は検討してみても良いでしょう。

Article link icon
産婦人科は保険証なしで診察できる?費用の相場は?妊娠検査・中絶手術・ピ…

気になる副作用は?

低用量ピルは、アフターピルや中用量ピルに比べると副作用は少ないといわれています。それでも服用によりホルモンバランスに変化が生じるため副作用が起こってしまうことも。具体的な症状は以下の通りです。

・うつ
・頭痛
・吐き気
・倦怠感・眠気
・乳房痛
・不正出血
・体重増加
・静脈血栓症

副作用の続く時期には個人差があります。数日で落ち着くこともあれば、1ヶ月ほど続くこともあります。副作用の症状がつらいときには我慢せずに医師に相談するようにしましょう。

ピル服用中に妊娠検査薬が陽性反応に!?

Image

ピルを服用していても妊娠検査薬で陽性反応が出ることもあります。その多くはピルの飲み忘れなどによって排卵が起こり、タイミングよく妊娠してしまった場合です。しかし、妊娠検査薬が陽性だったからといって必ずしも妊娠しているとは限りません。他の原因で妊娠検査薬が陽性反応を示してしまう可能性もあるということを頭に入れて産婦人科を受診しましょう。

妊娠以外で妊娠検査薬が陽性を示す可能性には以下のようなものがあります。

尿の成分

尿の中に高濃度の血やタンパク、糖などが含まれていると妊娠検査薬が陽性反応を示すことがあります。

hCG産生腫瘍

絨毛上皮腫や卵巣がん、子宮頸がん、肺がんなどのhCG産生腫瘍があることによって妊娠検査薬が陽性となることがあります。

他にもこういった原因で妊娠していなくても陽性反応が出ることも

またピル服用中には当てはまらないことが多いですが、こういったことが原因で妊娠検査薬で陽性反応がでてしまうことがあります。

・不妊治療などによってホルモン剤を投与している場合
・子宮外妊娠や胞状奇形などの妊娠をしている
・閉経している

Article link icon
子宮外妊娠の妊娠検査薬の反応は?薄い陽性や陰性のことがある?
Article link icon
妊娠検査薬が陽性から陰性に。間違いが出る原因は?流産の可能性も

ピル服用後に妊娠検査薬はいつから使用できる?

Image

女性ホルモンに似た成分が配合されているピルですが、ピルは妊娠検査薬の判定には影響しません。ただ、ピルの服用をやめたあとは生理周期が不規則になってしまうことも多いようです。正確な妊娠結果を知りたい場合は、妊娠検査薬はピルの服用をやめてしばらくしてから使用するようにしましょう。

ピル服用中に妊娠する可能性は?

Image

ピルは正しい方法で服用していればほぼ100%避妊をすることができます。ただ、ピルを服用していても妊娠するケースもまれにあります。なぜピルを服用しているのに妊娠することがあるのでしょうか。

飲み始める場合に妊娠が成立したケース

旅行などのために生理を遅らせたいと「中用量ピル」を服用するときには、生理予定日の5日以上前からピルを服用しはじめます。このときすでに妊娠しているにもかからず、それに気づかずに服用してしまうことも。このように、ピルを服用する前に妊娠していた場合、妊娠検査薬は陽性となります。

Article link icon
プラノバールの効果と正しい飲み方は?飲み忘れたときや服用中の注意点につ…

飲み方が正しくなかったケース

ピルによる避妊効果は、継続的に服用を続けることで保たれます。うっかりピルを服用し忘れてしまったり、医師の指示通り正しい方法でピルを服用しなかったりしていると妊娠してしまう可能性が高くなります。

ピルを飲み忘れると、24時間以内であれば気づいた時点で服用し、その日の分も予定通りに飲めば良いのですが、24時間以上たっている場合は一度服用を中止し、次の月経が始まってから新しく服用を始めることになります。

そうすると服用を中断している期間は避妊効果が期待できないため、そのあいだに性交をしてしまうと妊娠してしまう可能性もあります。

まとめ

ピルを服用中にも妊娠検査薬が陽性反応を示すことがあるということに驚いた方も多いかもしれません。

ピルは日本ではまだ広く使われてはいませんが、望まない妊娠から自分の身を守るためには、非常に有効な方法といえます。ピルを服用することで、将来妊娠しづらい体になるということもありませんので、安心して服用を検討してみてくださいね。

あわせて飲みたい

妊娠検査薬の陽性反応はいつから?仕組みや確実なタイミングは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28275
Image
早期妊娠検査薬は生理予定日前からフライング検査可能?仕組みと注意点!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18469
Image
妊娠検査薬の判定が薄いのは陽性?蒸発線が出る原因と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21956
Image
【医師監修】妊娠検査薬は陰性なのに生理がこない!3つの原因と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/15694
Image
妊娠検査薬の精度と確率は?フライング検査の正確性は?陰性が出ても妊娠の可能性はある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21802
Image
妊娠検査薬で陽性反応!病院はいつ行く?初診料は?検査内容と病院選びについて
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/4025
Image
【医師監修】妊娠超初期症状25個!兆候はいつから?妊娠したかもと思ったら要チェック(体験談あり)
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18554
Image