生理用ナプキンの種類とは?生理用ナプキンの最新人気ランキング!

「生理用ナプキン」女性が一生涯を通じてお世話になると言っても過言ではありませんね。今、「生理用ナプキン」にも種類が細かくお好みに合わせられるように増えているのはご存知でしたか?そんな「生理用ナプキンの最新人気ランキング」をご紹介しましょう。

48791

目次

  1. 生理用ナプキンの種類とは
  2. ナプキン表面についている模様の意味は?
  3. ナプキンの「前後」はどっち?
  4. 「夜専用」長時間ナプキンへの進化
  5. 「布ナプキン」は、生理用ナプキンの原点
  6. 人気の生理用ナプキンランキング
  7. こだわり生理用ナプキン「注目ランキング」
  8. 悩んだ人がいきつく人気の「布ナプキン」
  9. まとめ
  10. あわせて読みたい

生理用ナプキンの種類とは

生理用ナプキンには大きくは「昼用」「夜用」と使用する”時間”によって使い分けるもの、「軽い日」「ふつうの日」「多い日」のように”量”で使い分けるもの、他に「運動する日」といったような動きが激しい時に合わせた”羽根つき、羽なし”などがあります。

「パンティライナー」と呼ばれるエチケット対策に作られたものなど多種多様化していて、女性の悩みや憂鬱感を少しでも軽減される工夫がされた人気商品が続々開発されています。

Article link icon
おりものシート(パンティライナー)おすすめ10選!人気の布やコットンの…

昼用と夜用の違いは「長さ」

昼用と夜用の生理用ナプキンの大きな違いは、ナプキンの「長さ」になります。昼用は平均21cm~27cm、夜用は26cm以上のものが多いようです。夜用ナプキンは、一番長いものでは42cmもあるとか。量が多くて心配な方は、ナプキンの長さも購入する際の目安にするとよいですね。

「軽い日」「ふつうの日」「多い日」の違い

あるメーカーさんのアンケートによると、「生理用ナプキン」を種類によって使い分けている女性は半数以上になるとか。ナプキンを使分けることにより、ブルーになりがちな生理中を少しでも快適に乗り切ることができますよ。

とにかく肌に優しいもの、たっぷりと吸収してくれるもの、激しく動いてもずれないもの、スリムで目立たないもの等、用途や目的に合わせた生理用ナプキンがラインナップされています。

ナプキン表面についている模様の意味は?

Image

ナプキンのパッケージを開けるときの、あのぺリぺリする音が嫌!という声が多かったようです。最近のナプキンは昔よりも静かに開けられるようになりましたよね。フィットテープも1度にはがせるので、開封が簡単になりました。

そして、ナプキン表面にまるで刺繍のようについている模様。ハート型だったりひし形だったり、表面には小さな点々がついています。これは「エンボス加工」といい、この刺繍のようなデザインは「漏れ」「蒸れ」対策のための工夫になります。

ナプキンの「前後」はどっち?

Image

昭和53年(1978年)に高吸水ポリマー配合の生理用ナプキンが発売されてから、格段に吸収力が上がりました。当時は吸収力をあげることに力を入れていたので、ナプキンのズレや横モレの対策はまだまだでした。

基本的にナプキンは前後どちらでも使えるものが多いですが、まれに前後が決まっている場合があります。動いた時の漏れを防ぐ「羽根つきナプキン」や「夜用ナプキン」などは、「前後」があることが多いようです。使用する際に、パッケージをよく読んで確認してくださいね。

「夜専用」長時間ナプキンへの進化

1972年に「夜専用」の生理用ナプキンが作られ始めたという歴史があります。日本は古くから、生理は「秘めもの」や「けがれモノ」として扱われていたこともあり、生理用ナプキンの開発は世界から遅れていました。日本はその後「生理用ナプキン」の開発が格段に進み、今や品質は世界のトップレベルと言われています。

ナプキンの長さを変えることが、ナプキンにつきものだった「漏れ」をなくし、夜も安心して眠れる環境を作り出してくれました。当初は長時間用の生理用ナプキンがなかったので、長い時間交換できない時は「夜専用ナプキン」を使用していました。

「布ナプキン」は、生理用ナプキンの原点

日本のナプキンの歴史は浅く、昭和36年(1961年)に日本で初めて「アンネナプキン」というナプキンが発売されました。諸外国から遅れること40年。布も紙も貴重だった時代は、生理って大変だったんですね。

「布ナプキン」は、「肌に優しい」「エコ」といった面から、1980年代から口コミで少しずつ広まっていきました。当初は手作りが多かった「布ナプキン」も、今では普通に市販されるようになりました。使用している方からは「もう紙に戻れない」といった感想も多く、紙ナプキンと併用で使っている人が一番多いようです。

人気の生理用ナプキンランキング

様々な種類があり、日々進化している生理用ナプキン。人気ランキングを目的や商品名ごとにご紹介します。

1.「ロリエ エフ しあわせ素肌」シリーズ[花王]

ロリエ エフ しあわせ素肌 多い昼用 羽つき 22.5cm 22コ入
¥298〜(2018/12/20 時点)

商品開発が女性とあって、生理中の悩みである「モワッとしたムレ」をなくすべく改良を加えた人気商品です。使用した95%の方が「よかった」という印象をもっています。

筆者が実際に使用した感じでは、ナプキンの厚さといい使用感といい、普段とあまり変わらずいられる自分に気づきました。量が多い時も、量が少ない生理の後半も、肌にストレスを感じず過ごすことができましたよ。

まさに、ネーミング通りの「しあわせ素肌」だと思いました。このシリーズはつけ心地がいいので、長さと厚さで選べばお気に入りのナプキンになると思います。

2.ソフィ はだおもいシリーズ[ユニ・チャーム]

ソフィ はだおもい 特に多い日の昼用 羽つき 23cm 20コ入
¥338〜(2018/12/20 時点)

発売から10年以上の人気のロング商品です。筆者も使っていますが、初めて使用した時の感動は忘れられません。ナプキン選びの基準が、「漏れ」の重視から「肌をいたわる」に変わったくらいです。

ナプキンが年々薄くなっていき、今では「はだおもい 極うすスリム」が発売されています。薄いナプキンは存在感がなく、快適に過ごせそうですね。薄いナプキンは吸収力が良いことが特徴ですが、1回の経血量が多い時は厚みのあるナプキンを使う方が安心でしょう。

ソフィ はだおもい 極うすスリム 多い昼~ふつうの日用 羽つき 21cm 25コ入
¥312〜(2018/12/20 時点)

3.ロリエ スリムガード シリーズ[花王]

ロリエ スリムガード しっかり昼用 羽つき 20.5cm 28コ入
¥343〜(2018/12/20 時点)

お洋服のラインが気になる時などに助かる、人気のスリムタイプ。タンポンを愛用している方などで、ナプキンとの併用をしている方にもおすすめです。

びっくりするくらい薄くて、筆者は何度もパッケージを見直してしまいました。通常の半分の厚さでこんなに薄くて大丈夫?と思いましたが、思っているよりしっかり吸収してくれますよ。

しかし、こちらのナプキンは長時間用ではないので、小まめに交換しないと漏れの原因になるかもしれません。この薄さに不安な方は、同じスリムガードの夜用をおためしください。

こだわり生理用ナプキン「注目ランキング」

こだわった観点があるからこそ人気がある、こだわりの生理用ナプキンをご紹介します。

1.ウィスパー「コスモ吸収」

ウィスパーコスモ吸収 多い日・昼夜用・羽つき 10コ入
¥1,675〜(2018/12/20 時点)

1986年にドライメッシュシートを採用し、驚異の吸収力でわずか2年でトップブランドとなった人気の「ウィスパー」。女性ならば誰しも一度は、使ったことがあるのではないでしょうか。

新たに発売され人気となっているのが、この「ウィスパーコスモ吸収」。液体由来の新素材「ラクトフレックス」を採用して2012年に発売。ウィスパーの新製品とあって、じわじわと人気になっています。パッケージをあけると、少し変わったナプキンの形にびっくり。メーカーは「シンクロ」という言葉を使っていますが、その言葉の通りフィット感がある使い心地でした。

他のメーカーより少しサイズが大きく感じるので、初めて購入される時は一番短い24cmで十分対応できると思います。

2.エリス 「megami 肌ふわリッチ」

エリス Megami 肌ふわリッチ 多い日の昼用 羽つき 22枚入
¥200〜(2018/12/20 時点)

若い人からの支持と人気が強いのがこちら「Megami 肌ふわリッチ」。独特なナプキンの形が漏れなくてフィットしていいとの声が多数。コスト的にも確かにお得な”素肌シリーズ”ですが、こちらの「Megami」は”こすれない”を重視に開発しただけあって、本当にこすれが少なく快適です。

長さも長めの23㎝からで、前モレがなくワキもれもないかと。全体的にナプキンの厚さが薄めの感じですので、アクティブに動かれる方にはよい気がします。

ムレも少なくて、何より女子力が上がりそうなパッケージとデザインにかなりこだわっていますので、少しでも気分が下がり気味のブルーデーに楽しみを持たせてくれそうな、そんなところが人気なのかもしれません。

3.ナチュラムーン

ナチュラムーン 生理用ナプキン 多い日の昼用(羽つき) 16個入
¥511〜(2018/12/20 時点)

身体を冷やすという「高分子吸収素材」”不使用”が売りのこちらの商品「ナチュラルムーン」。素早い吸収力よりも、より布に近く、なによりこの「ほっ」とするつけごこち。冷えや肌が敏感な方、激しい生理痛をお持ちの方、そして大手メーカーの生理用ナプキンがどうもあわないのかな?と思われる方1度お試しください。

ふんわりとしたつけごこちは、まるで布のようです。素早い吸収力はないものの、ナプキンそのものに”ほんわか”あったかさを感じます。少々コストは高くなるかもしれませんが、生理中の憂鬱さや痛みから解放されるのであれば絶対これ!中にはトイレの回数が減ったという方も。

また、布ナプキンのお手間からお引越ししてくる方もいます。量が多い人はどうしても横漏れが出やすいので、そんな方は羽根つきをおすすめします。人気があっても販売店が少なく通販が主流。ぜひ大手ドラッグストアでも扱ってほしいですね。

Article link icon
生理用ナプキンの人気ランキング!昼用・夜用・スリムタイプなど分野別のお…

悩んだ人がいきつく人気の「布ナプキン」

①すぃーと・こっとん[sweet cotton]

すぃーと・こっとん 布ナプキン dライナー プチ ピンクフラワー
¥864〜(2018/12/20 時点)

他にはない工夫がいっぱいと人気のすぃーと・こっとん。さすが日本のメーカーですね。細かいところまで使う人の立場に立って作られています。何より日本人好みの柔らかい色合いとデザイン。憂うつな気分を少しでも明るくさせてくれる気がします。

布ナプキンに夜用、昼用と作ってくれたりボタンに金属アレルギー対策が施してあったりと万人のニーズに応えられるよう進化しているようです。
まず初めて使ってみようかなぁ…と思う方には、こちらをおすすめします。肌がわりと丈夫な私でもお肌がひどくなった時だけですが”布ナプキン”を使っています。

生理用ショーツも、本当に量が多い時だけ防水付のしっかりしたショーツを併用しますが、量が減ってきた4日目から通常のガードルショーツで対応しています。生理の1週間、ずっとビニール素材系のナプキンを使っていたら、誰だって肌が荒れちゃいますよね。うまく併用するのが一番かなと思っています。

②Wemoon[ウィムーン]

Wemoon (ウィムーン) MAXI レッドタータンチェック柄
¥1,522〜(2018/12/20 時点)

こちらのメーカーさんは、知る人ぞ知る布ナプキンのメーカーさんです。布ナプキンの中でも特に薄くて防水性が高いとの声も。

お値段もわりとお手頃で、こちらはオーストラリア産。外国製らしく汚れが目立ちにくい色や柄が豊富で全体的にカラフルです。布ナプキンには交換型タイプと一体型タイプとがあり、初めての方は一体型で試してみるのがよいかと思います。

おすすめは”終わりがけ”。肌が一番敏感になっている時なので、布ナプキンはとっても優しく感じます。漏れが心配の方も終わりがけならば試しやすいですよ。下着と同じ感覚で使ってみるとよいかもしれません。

③白うさぎ

白うさぎの布ナプキン M(三つ折り)
¥410〜(2018/12/20 時点)

「白うさぎ」布ナプキンは無漂白・無化学処理で、お値段からも布ナプキンに初チャレンジしてみようかなといった方にもオススメできるかと思います。紙より布の方がいいのはもちろんですが、やっぱり漏れが心配という声も。長時間しようするのではなく、お出かけは通常の生理用ナプキンで。お休みの日やお出かけから帰ってきたら、家では肌に優しい”布ナプキン”にするのもありだと思います。

「白うさぎ」は”布ナプ歴”が長い方々からの人気があるようで、お手入れのしやすさや肌ざわりなど、こだわりぬいた人たちからも人気と評価が高いようです。

Article link icon
布ナプキンのおすすめは?口コミで人気の布ナプキン3選

まとめ

「生理用ナプキン」の種類が本当に増えていてお店の売り場に行くと、”いつもの”を探すのが大変!お気に入りを見つけたらあとは「長さ」とお好みの「厚さ」、そして大事な「価格」。これで選んでいけば間違いないと思います。そしてもっと一番大事なのは、「自分の身体との対話」でしょうか。

生理で悩まれる方や、年齢を重ねて起こりやすくなる更年期障害が起こる前に、早めに対策をしてみて下さいね。たかがナプキンですが、それだけで改善されることも多いようです。

面倒に思う生理も実は、女性の身体を守ってくれている大切な機能と言われます。若く美しく健康でいられるためには”生理”は女性にとって必要なもの。そう思うといくらか気持ちも前向きになれませんか?明日の自分を守るためにもそして、何よりブルーな気分にならずに明るく過ごせるよう、参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい

生理用ナプキンを替える回数・タイミングは?ナプキンの正しい使用方法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19310
Image
タンポンの使い方やデメリットは?ナプキン派が初めてタンポンを使うときのコツやおすすめ商品
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/10099
Image
生理用品の収納アイデア!ナプキンをおしゃれにしまえるアイテムは?100均や無印を活用!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19792
Image
ナプキンポーチ(サニタリーポーチ)のおすすめ16選!選び方のポイントと簡単手作りポーチも
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19333
Image
ナプキンかぶれの原因と治療、対処方法。おすすめの予防法って?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20025
Image
生理中の臭いの原因は?対策や予防方法はある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28618
Image
月経カップで生理が快適に!使い方とメリットは?おすすめブランドを紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18758
Image
生理痛がない人の特徴と割合は?生理痛が起こる原因と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20292
Image