赤ちゃんのお風呂の温度はどのくらい?お風呂の入れ方と温度

赤ちゃんが生まれて子育てライフがスタートしたママ。初めて赤ちゃんをお風呂に入れる時、ドキドキしますよね。病院で一通り教わることもあるけれどそこまで詳しくは分からないというママも多いのではないでしょうか?そこで今回は赤ちゃんのお風呂・お風呂の温度に関する記事をまとめてみました。

20874

目次

  1. 赤ちゃんのお風呂デビューはいつ?
  2. 赤ちゃんとのお風呂の入り方は?
  3. お風呂の温度はどれくらい?
  4. お風呂に入れる時間帯は?
  5. 赤ちゃんとのお風呂の注意点は?
  6. 赤ちゃんとのお風呂に関する体験談
  7. まとめ~赤ちゃんと楽しくお風呂に入ろう!~
  8. あわせて読みたい

赤ちゃんのお風呂デビューはいつ?

一ヶ月検診で赤ちゃんに異常が見られなければ、ほとんどの場合【赤ちゃんをお風呂に入れてもOK】という指示が出ます。それまで生まれてからベビーバスを使っていたママも、いよいよ生後一ヶ月を過ぎたあたりから赤ちゃんと一緒に入浴ができるようになります。嬉しいことですが、もちろん「すべて大人と同じように」というのはまだまだ早いので注意することがいくつかあります。

赤ちゃんとのお風呂の入り方は?

①お風呂グッズ、お着替えグッズの準備

Image

まず初めに、赤ちゃんの着替えとママの着替えを用意します。赤ちゃんの着替えは、入浴後すぐに着られるように、ベビー服と肌着を重ねて広げておくのがオススメです。バスタオルも数枚用意して、赤ちゃんが湯冷めしないうちにすばやく拭けるように準備しておきます。とにかく赤ちゃんの入浴が優先になるので、脱衣所で場所が確保出来ないときは、赤ちゃんの着替えをお部屋に準備して、ママは赤ちゃんを入れた後に入浴するのがいいですね。

赤ちゃんを洗う時に使うガーゼハンカチやバスタオルなどは忘れずに持って行ってください。

②できれば風呂場を温める

Image

赤ちゃんを入浴させる前に、可能であれば出来る限りお風呂場を温めてあげてください。特に冬場は、急激な温度変化が起こり、風邪をひきやすくなってしまいます。同時に浴槽の温度も熱すぎたり冷めすぎたりしていないかチェックしてください。

③まずはママが体や頭を洗う

Image

ママも同じタイミングで入浴する場合、家族が見ていてくれる場合は別ですが、赤ちゃんは脱衣所で待たせておくことになります。オムツ一枚の状態でバスタオルにくるんでおくとすぐにお風呂に入れられますが、あまりにも寒い場合などは服を着せて待たせておきます。
気になるようであれば、身体を洗ったら様子を確認する、頭を洗ったら確認するなどして対処します。

とにかく赤ちゃんを待たせすぎないことが重要になるので、この場合ママがゆっくり入浴している時間はありません。素早く洗い、赤ちゃんをお風呂に入れてあげましょう。

④赤ちゃんを抱っこして洗う

Image

いよいよ赤ちゃんを洗ってあげます。まだ首がすわらない内は、片手でしっかりと赤ちゃんの頭を支えながら、もう片方の手で優しく洗ってあげます。赤ちゃんはママの太ももの上にのせてあげると安定しやすいです。

まず顔を洗い、首、お腹、両手、両足、背中、お尻の順番で洗うと洗いやすいです。特に首や指と指の間などは、垢が溜まりやすいところなので、丁寧に洗ってあげてください。泡タイプのボディーソープを使うと楽です。背中とお尻を洗う時はうつ伏せにする方法もありますが、赤ちゃんの身体を少し浮かせて、そこにママの手を入れるようなイメージで洗うと良いかもしれません。

⑤赤ちゃんと湯船に入る

Image

赤ちゃんと湯船につかる時は、縦抱きにしてゆっくりと浸かっていきます。大人にはちょっぴりぬるめの温度が赤ちゃんにはちょうどいい温度です。湯船に浸かったら、少し赤ちゃんとのスキンシップを楽しんでください。ママに触れられることで、赤ちゃんも安心してお風呂を楽しむことができます。入浴時間の目安は、赤ちゃんの身体を洗う時間を含めて15分程度に抑えましょう。あまり長風呂させてしまうと、赤ちゃんがのぼせてしまう可能性があります。

⑥まずは赤ちゃんに服を着せる

Image

お風呂から上がったらママは寒いですが、まずは赤ちゃんの服を着せてあげます。ベビー服と肌着を一緒にセットしておいて、一枚ずつではなく同時に袖を通せばママも楽ですし、赤ちゃんも袖を通す回数が一回で済みます。その後お部屋で赤ちゃんのお肌のスキンケアなどをしてあげると良いです。服を着せた後でも、あまり寒いところでは赤ちゃんが湯冷めしたりすることもあるので、入浴後は出来るだけ赤ちゃんを早く暖かいお部屋に連れて行ってあげてください。

お風呂の温度はどれくらい?

熱めのお湯が好きだというママ、パパ。あまりに熱いお湯に赤ちゃんは入れません。適温があるので、調節してあげてください。

Image

夏は「37~38度」

夏の場合は37~38度にして赤ちゃんを入浴させてあげましょう。冬の温度の要領で入れてしまうと少し熱すぎてしまいます。

冬は「39~40度」

冬の場合は39~40度にして赤ちゃんを入浴させてあげましょう。大人が好む熱さよりは少しぬるめぐらいす。夏の温度の要領だと今度は冷めすぎてしまって、あまり赤ちゃんの身体が温まらない場合があります。

お風呂に入れる時間帯は?

Image

お風呂に入れる時間帯ですが、特に夜に入れなければいけないという決まりはありません。冬場は特に夜は寒いので、日中のまだ温かい時間帯にお風呂に入れるのも良いですし、もちろん夜に入れても大丈夫です。ただ、毎日バラバラの時刻に入れるのではなく、大体決まった時間帯に入浴させることはとても大切です。

赤ちゃんの生活リズムは、お風呂の時間帯でも決まってくるので、毎日似たような時間にお風呂にいれてあげてください。極端に深夜に入れるというのはやめてくださいね。

赤ちゃんとのお風呂の注意点は?

Image

夏のお風呂の注意点

「夏は暑いのでシャワーで済ませたい」と思っているママも多いのではないでしょうか。どうしても暑い日が続くと湯船には浸からなくても良いのではないかと思いがちですが、赤ちゃんにはしっかり湯船に浸からせてあげてください。赤ちゃんは新陳代謝が良いので、見た感じは普通でも、実は汗をかいていたりします。シャワーだけより湯船に浸かった方が、身体の汚れなどが落ちやすいのです。

赤ちゃんの身体に汚れが溜まっていくと、それが肌荒れや湿疹の原因にもなることがあるので、毎日が難しければ週に数回でも良いので、しっかりお風呂に入れて清潔にしてあげてください。

冬のお風呂の注意点

逆に冬は寒いので、赤ちゃんもあまり汗をかかないのでは?と思うかもしれませんが、見えないところでも、赤ちゃんは毎日汗をかきます。ママもあまり寒いときに赤ちゃんをお風呂に入れるのは辛いかもしれませんが、赤ちゃんの身体を毎日清潔に保ってあげることはとても大事なことです。出来るだけ短時間でささっと赤ちゃんをいれてあげる、どうしても難しい時は、蒸しタオルなどで赤ちゃんの身体を隅々までしっかりと拭いてあげるなど、工夫が必要です。

浴室の温度が低くて泣き出してしまう赤ちゃんもいるので、出来る限り部屋の温度を暖かくしておくことも大切ですね。

赤ちゃんとのお風呂に関する体験談

Image

私は生まれて二ヶ月半の娘がいますが、最初お風呂に入れるのには苦労しました。冬生まれなので浴室は寒いし、首はぐらぐらだし、一人で入れなければいけない・・と少しお風呂の時間が憂鬱でした。しかし幸い娘は案外お風呂好きみたいで、お風呂で泣くことはなかったのは救いです。最初は慣れないことで悪戦苦闘しながらやっていましたが、今は自分は後から赤ちゃんとは別に入浴し、先に赤ちゃんをパパッといれてしまうという感じでひと段落しました。赤ちゃんと同時に入浴するママは慣れるまでが大変ですが、慣れてしまえば、お風呂も赤ちゃんと楽しみながら入れるのでそちらも良いなと思いますよ♪

まとめ~赤ちゃんと楽しくお風呂に入ろう!~

Image

赤ちゃんをお風呂に入れるのが本当に大変なのは、最初の数ヶ月だけです。首がすわれば洗うのも楽になりますし、さらに月日が経てば自分で動けるようになります。お風呂の時間が大変だと、頭を抱えているママも多いと思いますが、大変なのは今だけと思い、あまり悩み過ぎず、わが子とのスキンシップを楽しんでみてください。赤ちゃんは、ママの肌が触れると安心するので、入浴中もたくさん話しかけてあげてください。

もし可能であれば、ご家族や旦那さんに頼んで入れてもらったり、一緒に入ったりするのもいいですね。赤ちゃんの裸を見られるのもお風呂ぐらいなので、身近に成長を感じることもできるはずです。赤ちゃんと楽しくバスタイムを楽しんでくださいね!

あわせて読みたい