クロミッドの飲み方は?飲み忘れや服用の注意点は?飲酒はNG?

クロミッドは、不妊治療では一般的な排卵誘発剤です。ホルモンの分泌を促して、排卵を手助けしてくれます。軽度の排卵障害に処方されますが、飲み方を間違えると効果は低くなってしまいます。クロミッドの最適な量や飲むタイミング、困ったときの対処法などを見ていきましょう。

136284

この記事の監修

Image
産婦人科医
杉山 太朗

目次

  1. クロミッドとは?
  2. クロミッドの正しい飲み方は?
  3. クロミッドを飲み忘れたらどうする?
  4. クロミッド服用中の注意点は?飲酒してもよい?
  5. クロミッドの服用が禁止されている人とは?
  6. クロミッドの飲み方は医師に確認しよう
  7. あわせて読みたい

クロミッドとは?

クロミッドは、排卵誘発剤のひとつで、不妊治療や生理不順の治療などにつかわれます。注射タイプの排卵誘発剤と比べると身体への負担も軽く、自宅で服用できることから、多くの病院で処方されるポピュラーな薬となっています。

クロミッドは製品名であり、有効成分となっているのは「クロミフェンクエン酸塩」です。この成分が、脳に働きかけ、LH(黄体形成ホルモン)やFSH(卵胞刺激ホルモン)などのゴナドトロピンの分泌を増やします。ゴナドトロピンの分泌が増えると、卵胞が大きく育ち、排卵が促されます。

軽度の排卵障害に有効とされますが、ホルモンに作用するため、副作用には注意が必要です。目のかすみなどの自覚症状や、重度なものではOHSS(卵巣過剰刺激症候群)が確認されています。また、長い周期服用することで、子宮内膜が薄くなったり、子宮頚管粘液が少なくなったりする可能性もあります。

クロミッドの正しい飲み方は?

Image

服用を継続することが大事

クロミッドの服用は、医師のスケジュールにしたがって正確に飲む必要があります。ピルと同様、月経周期に関係するホルモンに作用するので、タイミングにあわせて継続して飲まなくてはいけません。

自分の意思で飲まなかったり、途中で止めてしまうと、クロミッドの効果を発揮できません。不妊治療においては、一周期では排卵が改善されないこともあります。その場合、最大で3周期まで継続して服用する可能性があります。根気よく付きあいましょう。

生理3~5日目から開始

一般的に、クロミッドは生理開始の3~5日目から服用を開始します。5日間、毎日続けて飲む必要があります。この期間は毎クール変わらず、5日間より長く服用することはありません。

クロミッドを飲んだからといって必ず排卵がおこるわけではなく、排卵日が大きく早まるということもないようです。一般的な周期と同じく、生理の開始から二週間後ぐらいに排卵があります。生理不順の場合、薬の効き具合などによって排卵の時期は前後します。

生理がこない人はどのようなタイミングでクロミッドを服用すれば良いのでしょうか。その場合、まずゲスターゲンテストが行われます。プロゲステロンを投与し、無月経の重症度を調べるテストです。出血があれば程度が軽く、出血がなければ重いとされます。一般的に、出血の開始日から5日目に服用を開始します。出血がない場合はクロミッドの服用を見送り、他のテストが行われます。

1日あたり1錠(50mg)~2錠(100mg)

クロミッドは1錠あたり、クロミフェンクエン酸塩が50mg含まれています。一般的に、1日1錠の服用から開始します。一周期たっても効果がみられない場合、2錠(100mg)をまた5日間服用します。

卵巣を過剰に刺激する可能性があるので、原則的には1日100mg、5日間継続が限度であり、それ以上は服用できません。ただ薬の効き具合によっては3錠投与される場合もあるようです。一般的に、3周期繰り返し服用しても排卵が認められない場合、一度服用を中止し、卵巣を休める必要があります。

クロミッドを飲み忘れたらどうする?

Image

気づいたらすぐに服用

クロミッドの服用は、毎日同じ時間に飲むことがすすめられています。その日中に飲み忘れに気づいた場合は、服用しても問題ないといわれています。飲む間隔はなるべく空けたほうが無難です。

一日以上あいてしまった場合は、まずは医師に相談してみましょう。あわてて飲み忘れた分を、まとめて飲むのは危険なこともあるので、避けたほうが良いですね。

次のクールまで待つ

クロミッドの服用は生理開始から3~5日後とされます。もし、飲み始めるのが遅れてしまい、開始が予定の次の日になったとしても、排卵誘発の効果はあるといわれています。

しかし次のクールが近いときには、いったん服用をやめ、次のクールまで待つほうが安全といえるでしょう。タイミングにもよりますので、まずは担当の医師に確認することが重要です。

医師に相談

クロミッドの飲み忘れてしまった場合、飲む・飲まないは独断で決めず、まずは医師に確認しましょう。とくに、間隔を空けずに数日分を飲むのは危険です。

病院の方針や治療のすすみかたによって飲み方も変わってくるので、まずは病院に連絡し、指示をあおぐようにしましょう。直接病院に行かなくても、電話などで確認できます。

クロミッド服用中の注意点は?飲酒してもよい?

Image

用法・用量を守って毎日継続

クロミッドはたくさん飲めば排卵が促されるというものではありません。生理周期にともなって、ホルモンの分泌を調整するので、処方された量をしっかり飲みきることが重要です。

卵胞が自分のなかで成熟しているかどうかは、実感することはできないものです。クロミッドの効果というのは目に見えるものではないため、なかなかモチベーションを保つのは難しいかもしれません。

しかし、継続して飲むことが排卵につながるので、途中でやめてしまったり中途半端な飲み方をしたりすると、効果が十分に得られません。不安になったときは、医師に相談しながら、根気よく確実に指示された服用を続けることが大切です。

自動車の運転や危険な作業を控える

クロミッドの副作用のひとつに、虚血性視神経症(急激な視力の低下)や、目がかすむなどの視覚症状があります。5 %未満と発症する可能性は低いですが、クロミッドの服用中は自転車の運転などは控えたほうが無難です。危険をともなう機械の操作も避けましょう。視覚症状が出た場合は、服用をやめ、医師に相談しながら眼科の検査を受けましょう。

基礎体温を継続的に記録

クロミッドの服用において、基礎体温のチェックは重要な意味を持ちます。一般的に、クロミッド服用の1ヶ月前から基礎体温を記録し、排卵誘発の有無を観察する必要があります。

基礎体温は低温相と高温相にわかれており、低温相の最終日から基礎体温が上昇するまでの3日のあいだに排卵が起こるといわれています。過去の基礎体温の流れを見ることで、排卵がおこっていたのかどうか、どういう周期でおこっていたのかを把握できます。

また、クロミッドは妊娠中に服用するのは厳禁となっています。そのため、クロミッド服用後に高温相に移行したときは、クロミッドの服用をやめて、必ず妊娠しているかどうかを病院で確認する必要があります。

喫煙や過度な飲酒を控える

クロミッドの効果と飲酒に直接関係があるわけではないようです。しかし、クロミッドは肝臓に多少の負担をかけるので、アルコールと併用すると影響が出る可能性はあります。

そもそも、不妊治療において、喫煙や過度な飲酒は推奨されません。喫煙や飲酒は血のめぐりを悪くしますし、身体を酸化させるので、ホルモンの分泌がみだれてしまいます。ホルモンバランスを整えるには規則正しい生活や、栄養のある食生活も重要です。

喫煙や過度の飲酒は、妊娠中の生活にも悪影響です。不妊治療中からなるべく控えるように努力してみましょう。

クロミッドの服用が禁止されている人とは?

Image

クロミッドの服用が禁止されている人

クロミッドは身体への負担は少ないといわれていますが、その性質上服用が禁止されている人もいます。まず、エストロゲンが関連している悪性腫瘍がある人や、その疑いがある人は服用できません。乳がんや子宮体がんなどがこれにあたります。クロミッドはエストロゲンに作用するため、腫瘍を悪化させる恐れがあるからです。

また、卵巣腫瘍やOHSS以外の卵巣腫大がみられる場合も服用できません。クロミッドは卵巣を刺激するので、腫れを悪化させてしまう可能性があるからです。

肝障害や肝疾患のある人も、肝臓に負担をかけて症状を悪化するおそれがあるため、服用が禁止されています。さらに、妊娠中の服用は厳禁です。動物実験で、胎児への毒性や奇形が認められ、安全性が確立されていないからです。そのため、妊娠初期に服用しないよう、排卵の後は妊娠の有無を確認してからの服用になります。

クロミッドを慎重に服用すべき人

クロミッドの服用が厳禁とまではいかなくても、慎重に様子を見たほうが良い人もいます。たとえば、子宮筋腫がある場合、子宮筋腫が大きくなってしまう可能性があります。また、子宮内膜症の人も、悪化の危険があります。

乳がんの既往歴がある人、乳がんの家族がいる人も、医師の判断がわかれます。乳がんが再発したり、腫瘍が顕在化したりする可能性は捨てきれないからです。また、多嚢胞性卵巣がある人も、重い副作用であるOHSSの確率が上がるため、服用には注意が必要です。

クロミッドの飲み方は医師に確認しよう

クロミッドは軽度の排卵障害に有効な排卵誘発剤です。副作用は少なく、身体への負担も軽いといわれますが、服用方法を間違えると効果も薄くなってしまいます。

服用する量や時期をきちんと確認し、カレンダーにメモするなどして忘れないようにしましょう。飲み忘れや副作用などはすぐに医師に相談したほうが良いですね。ただしく服用して、クロミッドの力を最大限に借りましょう。

あわせて読みたい