リッチェルのベビーバスの使い方と人気の理由は?口コミと注意点について

赤ちゃんの初めての沐浴、ママもパパもドキドキしちゃいますね。ベビーバスにはいろいろな種類があって、使いやすさも家庭の環境によって変わるもの。数あるベビーバスの種類別特徴と、中でも人気のリッチェルふかふかベビーバスのご紹介をしていきます。

170492

目次

  1. ベビーバスとは
  2. ベビーバス購入で失敗しないためのポイントは?
  3. ベビーバスの種類は?
  4. リッチェルのふかふかベビーバスが人気の理由は?
  5. 使用したママたちの口コミ
  6. ふかふかベビーバス使用時の注意点は?
  7. リッチェルのベビーバスを楽天・Amazonでチェック!
  8. 赤ちゃんとのスキンシップ、沐浴を楽しもう!
  9. ベビーバスの関連記事はこちら

ベビーバスとは

ベビーバスって必要?

ベビーバスとは生まれたばかりの赤ちゃんを入れるお風呂のバスタブのことです。生まれて間もない赤ちゃんはまだ雑菌の抵抗力が弱いので、大人と一緒のお風呂に入れることが出来ません。生後1ヵ月までは大人のお風呂とは別にベビーバスを用意し、入れてあげましょう。

赤ちゃんはおしっこやうんちでお尻が汚れたり汗もたくさんかきます。おむつのムレによる湿疹やあせもを防いで清潔に保つためにも、1日1回はベビーバスに入れてあげたいですね。

どんな時に便利?

ベビーバスは、まだ首がすわらなくて小さな赤ちゃんを入浴させるのに便利です。生後1ヵ月をすぎてもベビーバスを使っている人も多いようです。一般的に大人が一人で入れる場合は洗い終わるまでは浴室の外に寝かせて待たせておくことが多いですが、寒い時期は特に心配ですし、泣いても心配です。

ママが一人でお風呂に入れるときや、上の子がいて赤ちゃんをお風呂に入れるのが難しいときなどにもベビーバスが活躍します。

いつからいつまで使える?

ベビーバスでの沐浴は、退院後から生後1ヵ月頃までの使用が一番多いようです。ママの1ヵ月検診が終わり湯船に入れるようになったら、赤ちゃんも一緒にお風呂デビューしても大丈夫です。

ただ、首が据わらない赤ちゃんをお風呂に入れるのは、慣れるまでは難しいもの。ベビーバスの方が負担が少ないと思う場合は、ねんねの時期を通して使用している人もいます。

ベビーバスが使えるのは、大体4kgくらいまでとされています。赤ちゃんの動きが活発になってきたり、大きくなってベビーバスが使いづらくなってきたりするまでは、ベビーバスを使っても大丈夫です。

どのように使う?

Image

1. ベビーバスの隣にバスタオルと赤ちゃんの着替えとオムツを準備します。肌着を重ね着する場合は先に重ねて広げておきます。石鹸とガーゼも用意します。

2. ベビーバスにお湯をためます。大体38度くらい、大人は少しぬるいかなというくらいが赤ちゃんの適温です。

3. 赤ちゃんを仰向けに足からゆっくりベビーバスに入れ、おなかにガーゼをおきながら、前面を洗います。

4. 赤ちゃんのわきのしたに腕を入れ、うつぶせにして背中側を洗います。このときに洗うことに目がいきすぎて、赤ちゃんの顔がお湯についてしまう場合があるので注意しましょう。皮膚がくっついている部分、首まわり、手のひら、手首、おしりなどは念入りに。

5. 石鹸を流してあがり湯をかけたら、タオルの上に寝かせ、体を拭いて肌着に着替えさせます。おへそと耳のケアも忘れずにして終了!

ベビーバスの沐浴は、コツをつかむまでは変な力が入ったり無理な体勢をしてしまったりして疲れてしまうこともあります。でも、回数を重ねるうちに上手になっていくので大丈夫ですよ。

ベビーバス購入で失敗しないためのポイントは?

ベビーバスと一言で言ってもデザインや形、機能性など種類はたくさんあります。どんなベビーバスを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。ベビーバスを利用する期間は長くても2ヶ月で非常に短い期間です。ベビーバス購入で失敗しないためにおさえておきたいポイントは何と言ってもライフスタイル。ライフスタイルに合わせたものを選べば失敗することはありません。

誰が沐浴するのか?

沐浴をするときママ(もしくはパパ)がひとりで入れるのか、それとも誰かと協力して入れるのかによって、選ぶベビーバスが変わってきます。ひとりで入れる場合は大きなベビーバスよりも小さめのタイプを選んだ方が赤ちゃんを入れやすくて便利です。また赤ちゃんがお湯にずり落ちないようなストッパーが付いているものなら安心ですし、水抜き栓が付いているものを選ぶとひとりでの片づけも楽です。

誰かと一緒い入れる場合はあまり小さなベビーバスを選んでしまうとお互いの体や手がぶつかってしまい、入れづらくなってしまうので、少し大きめのサイズを選んだ方が便利ですね。

使用する場所を明確にする

沐浴をするときにどこでするのかも大きなポイントです。お風呂でするのか、洗面台でするのか…。沐浴場所を決めてしまうと使用できるベビーバスの大きさや形がおのずと定まってくるので、まずは家のどこで使用するかを決めてしまいましょう。

夏生まれの赤ちゃんの場合はそこまで気にすることもありませんが、冬生まれの赤ちゃんは裸にしても寒くならない場所を選ぶことが大切です。風邪を引かせないためにも沐浴する場所をきちんと考えることはとても大切なことなのです。

収納する場所を考える

ベビーバスを購入する前に収納する場所も考えておく必要があります。赤ちゃんが生まれると一気にベビー用品が増えますよね。そこらじゅうにベビー用品があり、収納場所がいっぱいになってしまいます。

ベビーバスは毎日使うものですから、なるべくすぐに取り出せる場所に収納しておきたいものです。最近ではコンパクトにたたんでおけるタイプも購入することができるので、自宅の収納場所に合ったベビーバスを選んでみましょう。

ベビーバスの種類は?

ベビーバスには大きく分けて4つのタイプがあります。お住まいの環境に合わせて使いやすいものを選んでみてくださいね。

床置きタイプ

BABY CRAFT ベビーバス 床置きタイプ
¥2,224〜(2018/11/19 時点)

ゆったりサイズの床置き型ベビーバスです
・手置き部分はやわらか素材を使用。ひんやりしません。
・紛失しにくい固定式の止水栓で横にスライドするだけで簡単にお湯抜きができます。
・滑り止め付きで濡れた場所でも安心して使用できます。
・石けん、小物が置けるトレー付きです。

お風呂の中や部屋の中で使うタイプのベビーバスです。丈夫で安定感があるので、沐浴に慣れていないパパママでも比較的使いやすいでしょう。ただ、大きさも結構あるので、収納や、ベビーバスを卒業した後の置き場所を確保しておく必要もあります。

シンクタイプ

リッチェル ミッフィーワンツーバス
¥2,780〜(2018/11/19 時点)

ベッドサポート付きで新米パパ&ママでも楽チン。●場所をとらないコンパクトサイズです。●シンクでも使え、給湯・排水がラクにできます。●新生児~の沐浴に。●生後1ヶ月~バスチェアとして。

シンクの中にはめ込んで使用するベビーバスです。家のキッチンや洗面所をベビーバスに出来るので、高さがちょうどよく、体勢や腰の負担が少なく済みます。
購入時に注意しておきたいのは、家のシンクとベビーバスの大きさです。ベビーバスを買う前に、しっかり計っておく必要があります。

マット(シート)タイプ

赤ん坊カンパニー バスマット
¥2,180〜(2018/11/19 時点)

洗面台が沐浴バスに早変わり!透水性スポンジを採用し、水切れバツグン!表面がメッシュなので肌触りもサラッとしています。おでかけのマットにも使用可能。透水性スポンジ使用なので脱水気にかければスピード乾燥。いつも清潔使用いただけます。

シンクタイプと同様、シンクで使うタイプのベビーバスですが、こちらはシンクの中でマットを広げて使うので、畳めて場所をとらないのが特徴です。持ち運びもしやすく、ベビーバスを卒業して一緒にお風呂に入るときも、お風呂マットとして使えるものもあります。

エアータイプ

イマージ エアーベビーバス アイボリー
¥1,306〜(2018/11/19 時点)

軽くて丈夫、空気でふくらませて使うやわらかベビーバスです。 使用後はたたむとコンパクトになりとっても便利です。それから、空気弁は4箇所あり安心設計となっております。

空気を入れて膨らませるタイプのベビーバスです。使わないときは空気を抜いて畳んで置けるので置き場所にも困りません。柔らかいので、ベビーバスを使うときもパパママの腕に当たって痛くなることがありません。

ベビーバスを選ぶ時のポイント!タイプ別おすすめのベビーバス10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19618
Image

リッチェルのふかふかベビーバスが人気の理由は?

リッチェル ふかふかベビーバス
¥2,450〜(2018/11/19 時点)

バスネットを使わなくてもOK。新米パパ&ママもラクチン! 小さくたためるから、持ち運びもラクラク。「背中にぴったりフィット! 」背もたれのほどよい傾斜で赤ちゃんの姿勢をキープさせられる。「赤ちゃんをしっかりキャッチ! 」ストッパーが赤ちゃんのずり落ちを防ぐ。「ママの腕をやさしくサポート! 」縁が丈夫だから、腕をのせてもつぶれにくく安心。

■購入者の声
出産準備の為に購入しました!折り畳めるし場所取らないしいいなぁと思って注文しました!レビューも良かったし届いてすぐ確認したけど思ってたより大きい感じで良かった(^^)

引用元:hb.afl.rakuten.co.jp

数多くあるベビーバスの中でも、リッチェルのふかふかベビーバスがパパママに大人気!使いやすさで定評がある、リッチェルふかふかベビーバスの特徴をご紹介します。

赤ちゃんにもママの腕にも優しいエアータイプ

沐浴は、洗うパパママの負担も結構大きいもの。片手で体を支え、もう一方の手で赤ちゃんの体を洗うので、硬いベビーバスでは支える腕の当たる部分が痛くなってしまうことがあります。リッチェルのふかふかベビーバスはエアータイプなので、腕に当たっても痛くありません。エアータイプだけど、縦に空気を入れる構造で丈夫なので、大人の腕もしっかり支えます。

ベビーバスに入っている赤ちゃんの体勢の負担も軽減させるように、背もたれが斜めになっています。

小さくたためて持ち運び、収納に便利

空気を抜けば小さくなるのも、リッチェルふかふかベビーバスの特徴です。床置きタイプの問題点だった持ち運びや収納を解決し、ベビーバスを使うときだけ膨らませることが出来ます。里帰りなどで移動するときにも便利!

お尻ストッパーがついている

ベビーバスで赤ちゃんを洗っているうちに、ちょっとずつずれ落ちてしまうこともよくあること。リッチェルのふかふかベビーバスには、そんな悩みを解決するために、ベビーバスの中にお尻ストッパーが作られています。これは嬉しいですね。

使用したママたちの口コミ

リッチェルふかふかベビーバスを使用したママの感想を集めました。

上の子たちの時に使っていて使い勝手がよかったのでリピしました。あたっても洗う方も洗われる方も痛くないし、子どもが大きくなるほどずり落ち防止が役に立ちました。不要になり捨てるときも空気を抜いてポイするだけなので楽でした。

引用元:review.rakuten.co.jp

以前使っていたものがプラスチックの大きなものだったために使いづらく腱鞘炎になったのですが、こちらはフカフカでクッションが効いているために手首が痛 くなりませんでした。子供も気持ちよさそうに入っていました。新生児時期が過ぎても、1人で入れなければいけないときにこのベビーバスで赤ちゃんをスタン バイさせたりしています。フカフカで気持ちいのか、スタンバイしたまま寝てしまうこともあります。

引用元:review.rakuten.co.jp

赤ちゃんの頭がベビーバスにあたってしまっても、プラスチックと違ってふかふかなので、安心です。あと、股部分のストッパーも役立っています。1ヶ月使用して、特に水漏れなどはありません。自宅への持ち帰りも楽なので、買ってよかったです。

引用元:review.rakuten.co.jp

ふかふかベビーバス使用時の注意点は?

溝に溜まりやすい汚れをきれいに

リッチェルふかふかベビーバスはエアータイプのベビーバスなので、空気の溝がたくさんあり汚れがたまりやすいです。ベビーバス使用後はしっかり溝まで洗って清潔を保ちましょう。赤ちゃんは新陳代謝が激しいので、思った以上に結構垢が出ます。

お湯が冷めやすいため、室温は高めに

ベビーバスの中のお湯は冷めやすいので、お湯を張ったらすぐに沐浴をさせましょう。室温も高めに設定し、湯冷めをしないようにしておくといいですね。

リッチェルのベビーバスを楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonでリッチェルのベビーバスの他の商品を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

赤ちゃんとのスキンシップ、沐浴を楽しもう!

初めてのベビーバス、慣れないうちは力が入って入れる方が真剣な顔になってしまうかもしれません。そんなときは、赤ちゃんに話しかけたり歌を歌ってあげたりして、赤ちゃんもパパママもみんな、お風呂が楽しくなるようにしてみてくださいね。羊水の中にいた赤ちゃんは、お風呂が大好きです。

産後のママは大変なことばかりです。少しでも楽になれるように、使いやすいベビーバスを選んで、今しかできないスキンシップを楽しんでくださいね!

ベビーバスの関連記事はこちら

ベビーバスで赤ちゃんの沐浴はいつまで使える?使い終わった後の活用法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19386
Image
バスチェアはいつから必要?洗い方と注意点、赤ちゃんにおすすめのバスチェア
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19332
Image
アップリカのバスチェアの人気の理由は?口コミと注意点について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19232
Image
赤ちゃんのお風呂タイムが楽チンに!便利グッズやアイデアグッズ18選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19915
Image