赤ちゃん沐浴動画で見る、沐浴のやり方と手順

初めての沐浴、病院や母親学級で習ってはいるものの、いざ本物の赤ちゃんを目の前にしてみると、焦ってしまい沐浴のやり方が真っ白になってしまうかもしれません。落とさないか、しっかり洗えるか、冷えさせないか…。赤ちゃんに快適でママも安心な沐浴のやり方を、動画で再確認してみましょう。

28111

目次

  1. 沐浴の意味と時期について
  2. 沐浴の6つの注意点
  3. 沐浴で準備するもの
  4. 沐浴のやり方
  5. 沐浴に関する体験談
  6. 今しかできない貴重な子育て、沐浴を楽しもう!
  7. 沐浴の関連記事はこちら

沐浴の意味と時期について

沐浴とは

沐浴は、生まれて間もない赤ちゃんの体をベビーバスに入れて清潔にするために行います。新生児期の赤ちゃんは、雑菌に対する抵抗力がありません。そのため、大人と一緒のお風呂に入ることが出来ません。そして、新陳代謝が活発な赤ちゃんは、皮膚トラブルになりやすく皮脂もたまりやすいものです。肌を清潔にし、トラブルを防ぐためにも、大人とは別の清潔なベビーバスで体を洗ってあげましょう。

沐浴は毎日しなければいけないか

赤ちゃんは新陳代謝が激しいので、大人が思っている以上に体が汚れます。使用後のベビーバスの汚れ具合を見て驚くかもしれません。清潔に過ごすために沐浴は毎日させてあげましょう。ウンチやおっぱいでも肌が汚れることが多く、特に夏は汗を落とし乳児湿疹の予防のためにも毎日沐浴をさせてあげた方がいいですね。

ただ、時にはママの体調などでどうしても入れられない日があるかもしれません。そんなときは、絶対にやらなくてはと思わずに、1日くらいなら無理に頑張らなくても大丈夫ですよ。沐浴が出来ないときは、着替えのときに体を拭いてあげましょう。

沐浴はいつまでするか

多くの赤ちゃんが、ママの1ヵ月検診を機にお風呂デビューします。生後2ヵ月を過ぎると抵抗力も備わってくるので、沐浴から大人と一緒の入浴に切り替えることが出来ます。
でも、ママが一人でお風呂に入れることが多く大変な場合や、ベビーバスの方が楽にお風呂に入れられると思うときは、生後1ヵ月を過ぎてもしばらくの間は沐浴をさせるという人もいます。動きが激しくなってきてベビーバスが手狭になってきたら、そろそろ卒業のサインです。

沐浴の6つの注意点

Image

赤ちゃんの沐浴をするときに、入れる時間や環境など、快適に入れるために準備しておきたい注意点がいくつかあります。心得ておきたい注意点を6つ挙げてみます。

・沐浴は赤ちゃんの体力も使うため、長く入れすぎない。沐浴時間は10~15分で
・湯冷めしないように部屋の温度を上げておく
・授乳前後に沐浴させると吐きやすくなるので、授乳と沐浴は1時間くらいあける
・機嫌がいいときに入れる。眠いときはぐずりやすいので、沐浴は出来れば夜遅い時間をさける
・生活リズムを作りやすくするため、同じ時間に入れるのがベスト
・沐浴後は体力を使いよく寝るようになるので、夕方くらいがおすすめ

とはいえ、家庭によって環境も生活リズムも違うので、このやり方通りに毎日沐浴させるのは大変なときもあります。一番は、ママがやりやすいやり方で大丈夫です。

沐浴で準備するもの

Image

赤ちゃんの着替え

沐浴後にすぐ着替られるように、赤ちゃんの着替えをベビーバスの近くに準備します。重ね着をする場合は、一度で着られるように先に重ねておきます。おむつも一緒に置いておきましょう。バスタオルをその上に敷きます。

ベビーバス

ベビーバスのお湯の温度は38度くらいが適温です。冬は少し熱めで40度くらいです。大人が入ってぬるいなと思うくらいの温度です。給湯器や温度計で計って確認しておきましょう。ベビーバスのお湯とは別に、洗面器にも上がり湯用のお湯を張っておきます。

石鹸(沐浴剤)

赤ちゃん専用の石鹸か沐浴剤を用意します。沐浴剤はお湯に入れるだけで洗浄効果があるので、石鹸を使うよりも手早く洗うことができます。沐浴に慣れていないママには便利という声もありますが、石鹸の方が洗浄力はあるといいます。夏の汗をかきやすい時期は石鹸の方がしれませんね。石鹸を使う時は、流し忘れがないようにしましょう。

とはいえ一番はママが使いやすいものを選ぶことです。石鹸でも固形のものから液体や泡で出るものまでいろいろあるので、ママが一番気に入ったものを選んでくださいね。

ガーゼ

赤ちゃんの体を洗うのに使用します。またお湯に入れるときにお腹にガーゼをかけてあげることで赤ちゃんが安心する役割もあります。

沐浴のやり方

沐浴のやり方を動画で確認してみましょう。

ママから離れて寝かされる赤ちゃんは、最初は不安で泣いてしまうことも多いと思います。赤ちゃんが泣くと焦ってしまいますが、落ち着いて行うのが肝心!羊水に包まれていた赤ちゃんは水が大好きです。ベビーバスに入れると不思議と落ち着いてくるので、どんと構えて沐浴を始めましょう!

そして、全てこの習った通りのやり方でしなければならないというわけではありません。繰り返し沐浴をしていくうちに、自分が快適なやり方を見つけてみてくださいね。

足から赤ちゃんをお湯に入れる

Image

赤ちゃんがびっくりしないように、足からベビーバスに入れていきます。利き手と反対の手で赤ちゃんの首を支えて持ちます。耳にお湯が入らないように塞いで持ってあげるといいですね。ここは手の大きなパパが活躍しますね。
このとき赤ちゃんのお腹にガーゼをかけてあげることで、赤ちゃんがより安心します。

お腹を洗う

Image

頭を支えながら、利き手で体の前面を洗います。ガーゼを硬く絞って、目のまわり、顔を洗います。そのあと、ガーゼまたは手で、頭、腕、胸、お腹、おまた、足と上から下にかけて洗っていきます。皮膚がくっついている箇所、手のひらに首や脇、股は汚れがたまりやすいので、丁寧に洗ってあげましょう。

背中を洗う

Image

赤ちゃんを支えていた手で支えながら、もう一方の手を赤ちゃんの胸のあたりに入れてひっくり返します。赤ちゃんをうつぶせにして背中側を洗っていきます。また、体の上から下に向けて洗っていきます。
このときに、洗う方に気が行き過ぎて赤ちゃんの顔が水面についてしまうことがあるので、気を付けてくださいね。

上がり湯をかける

もう一度赤ちゃんをひっくり返して、充分に石鹸を洗い流したあと、洗面器に準備しておいた上がり湯を赤ちゃんにかけます。シンクを使って沐浴をする場合は、シャワーを使うとよりきれいに流せます。

Image

そのあと、バスタオルの上に赤ちゃんを移動し、拭き残しがないようにしっかり水気をとります。このときに、おへそ、耳のケアもしましょう。湯上りに体温が下がらないよう、室温もあげておいてくださいね。
(ちなみに、ここで使った写真は我が家の三男の沐浴写真です。三男のときはベビーバスを使わずに収納ケースを代用しました。お腹にかけるガーゼの代わりに、来ていた肌着を使っています)

沐浴に関する体験談

Image

筆者には三人息子がいますが、我が家では、どの子も沐浴はパパの仕事でした。実は私自身は数回しかやったことがありません。産後に里帰りも親の協力もない状況での子育てで、まだ体調も戻らない時期のパパの協力はとてもありがたかったです。
でも、二人目も三人目も、沐浴時に焦る気持ちは同じで(月日がたつと忘れてしまうんですよね)、耳を塞ぎ忘れて思いっきり耳にお湯がかかっていたり、背中を洗うときに集中しすぎて赤ちゃんの顔をお湯につけてしまい、むせた声で気が付いて慌てて出したり、いっぱい失敗しました。

赤ちゃんって、お風呂に入れる前は怖がって泣くことが多いけれど、お湯に入るとどの子もみんな同じ顔をするんですよ。「ほ~っ」っていうような、口をすぼめて突き出したような、安心しきった表情。皆さんのお子さんも同じ表情をしているのではないでしょうか?この顔がかわいくておもしろくて、よく写真を撮りました。

沐浴の時期は本当に短くてあっという間に過ぎてしまった記憶ですが、そのときは本当に緊張して、大げさですが命をゆだねられているんだと思ったことも思い出します。夫婦や上の子たちと一緒に協力してやりきった楽しい思い出です。

今しかできない貴重な子育て、沐浴を楽しもう!

小さくて首もすわらない赤ちゃんを沐浴させるのは、とっても緊張しますよね!泣いたらさらに焦ってしまってパニックになることもあるかもしれません。おおまかなやり方だけ頭にいれておけば、あとは自分がやりやすい方法で、赤ちゃんが落ち着いていればOK!
手つきが落ち着かないと赤ちゃんも不安になってしまいます。落ち着いて、赤ちゃんに話しかけたり歌を歌ったりして、パパママもリラックスしながら楽しんでくださいね♪
今しかできない沐浴は、きっと素敵な子育ての記憶になるはずですよ。

沐浴の関連記事はこちら

Article link icon
新生児・赤ちゃんの沐浴のやり方は?準備、温度、お股の洗い方

新生児のお世話の一つ、沐浴。ただお風呂に入れるだけと思いきや、体が不安定で首も座っていない赤ちゃんの沐浴って案外難しいんです!沐浴指導でやり方を教えてもらっても、…

Article link icon
赤ちゃんの入浴時間と適切な温度は?ひとりで入れるときの注意点と慌てない…

赤ちゃんのお世話の中でも、とても神経を使うのがお風呂です。一ヶ月検診を過ぎたら、沐浴から卒業します。まだ首が座らない時期などは、特に気を使います。そんな不安なママ…

Article link icon
ベビーバスで赤ちゃんの沐浴はいつまで使える?使い終わった後の活用法

ベビーバスの沐浴、いつまでさせたらいい?早く一緒にお風呂に入りたいと思うママもいれば、ベビーバスのほうが一人で安心して入れられるからいいというママもいることでしょ…