ブセレキュアの排卵誘発効果・副作用・使い方は?体外受精や人工授精で使う?

不妊治療に用いられるブセレキュアは、排卵誘発作用と排卵抑制作用があります。治療のテーマによって使う目的が異なるブセレキュアの効果と使い方についてみていきましょう。副作用や効果の発現の仕方についても解説します。

38294

目次

  1. ブセレキュアとは?点鼻薬なの?
  2. ブセレキュアの効果は?
  3. ブセレキュアの副作用は?
  4. ブセレキュアの使い方は?
  5. ブセレキュア服用後の排卵は何時間後?
  6. ブセレキュア使用上の注意点は?
  7. パートナーと一緒に正しく理解して使用しよう
  8. あわせて読みたい

ブセレキュアとは?点鼻薬なの?

ブセレキュアとはもともと、子宮内膜症や子宮筋腫の治療に用いられる点鼻薬で、サノフィ株式会社から発売されているスプレキュアのジェネリック(後発品)として発売されました。スプレキュアよりも薬の価格が抑えられるメリットがあり、現在では不妊治療の現場でも広く用いられています。

不妊治療を目的としてブセレキュアを使う場合は、主に体外受精を行う際に排卵をコントロールするために用いられます。不妊治療薬としては保険適用外のため、料金は割高となる傾向があります。

ブセレキュアの効果は?

Image

排卵誘発効果

排卵は、視床下部から性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)が分泌されて、卵巣に「排卵」の信号が届くことで引き起こされます。視床下部に対し、性腺刺激ホルモンを分泌するよう指令を出すホルモンが、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)です。

ブセレキュアはGnRHと同じ働きをするため、短期的に使用すると性腺刺激ホルモンの分泌量が急激に上昇し、排卵が誘発されるのです。これをフレアアップ効果と言います。

排卵抑制効果

ブセレキュアは長期的に使用すると、エストロゲンの分泌低下がみられます。点鼻をはじめたころはエストロゲンの分泌が盛んになりますが、噴霧開始後長期的に使用することで3週間程度でエストロゲンの自然分泌が抑制されます。

そのため体外受精の治療において、排卵のタイミングをコントロールしたいときにブセレキュアが使われます。体外受精ではショート法やロング法などいくつかの方法がありますが、生理周期にあわせ採卵前から連日投与する方法がとられます。

子宮内膜症や子宮筋腫の治療

ブセレキュアの効能・効果が認められ、保険が適用されるのは子宮内膜症や子宮筋腫の治療における処方です。

子宮内膜症や子宮筋腫は女性ホルモンの分泌が大きく影響しており、エストロゲンの産生を抑制することで病巣を小さくすることが期待されています。

ブセレキュアの副作用は?

Image

ショック、アナフィラキシー様症状

ブセレキュアを使用して、呼吸困難や血圧の低下、全身の紅潮といったショックやアナフィラキシー様の症状が起こることがあります。発生頻度は明らかになっていませんが、点鼻薬を使用したときには経過を十分に観察するようにしましょう。

うつ症状

ブセレキュアの使用により、更年期障害と似たようなうつ症状を訴える人がいます。長期的に使用すると女性ホルモンの分泌が抑制されるため、閉経時と同じような状態となるからです。精神的に落ち込んだり、日常生活に困難をきたしたりするときは早めに医師に相談してください。

脱毛

薄毛や抜け毛は女性ホルモンが減少することで起こる場合があります。ブセレキュアの使用により、頭の毛が抜けたり、薄くなったりすることがあるため、このような症状が見られたら服用を中止しましょう。

狭心症、心筋梗塞、脳梗塞

ブセレキュアの使用後に狭心症や心筋梗塞、脳梗塞が起こったとの報告もあります。胸の痛みや圧迫感があった、冷や汗が出てきた、手足がしびれるなどの症状が見られたら異常のサインかもしれません。

血小板減少、白血球減少

血小板や白血球が減少し、出血しやすくなります。歯茎からの出血や鼻血が増えた、のどが痛むなどの症状は血液の異常が起こっている可能性があります。

不正出血

まれに、性器から大量の不正出血が起こることがあります。性器からの出血は、生理以外はすべて不正出血とみなされます。ブセレキュアの副作用として不正出血が起こる頻度は明らかにされていませんが、ほかの原因が潜んでいる可能性も考えて、早めに医師による診察を受けてください。

卵巣のう胞破裂

卵巣のう胞があるときは、破裂してしまう危険性もあります。破裂の前に腹部の膨満感や下腹部痛がみられるため、体調の変化に十分に注意しましょう。

肝機能障害、黄疸(おうだん)

もともと肝機能障害がある人には慎重な投与が求められますが、ブセレキュアの使用後にはじめて肝機能障害や黄疸が認められることがあります。

肝機能障害が起こると、全身の倦怠感や食欲不振などの症状があらわれます。肌や白目が黄色くなってきたら黄疸を疑い、適切に対処していきましょう。

糖尿病の発症または増悪

ブセレキュアの使用により、糖尿病を発症したり症状が悪化したりするケースが報告されています。糖尿病を発症するとのどの渇きや頻尿、強い空腹感があらわれます。糖尿病があって妊娠した場合は、妊婦糖尿病となる確率が高まります。さまざまな合併症が起こる可能性があるため、身体からのサインに注意してください。

その他さまざまな副作用

ブセレキュアの副作用として、ほかにも多様なケースが報告されています。低エストロゲン症状が引き起こす身体のほてりや、眼精疲労、外陰部のかゆみなども訴えがあった症状のひとつです。子宮や卵巣の変化に起因して、おりものの変化や卵巣のう胞などが見られることもあります。

皮膚の乾燥や乳汁分泌といった乳房への影響が出ることもあります。少しでも異常を感じたときは、医師や薬剤師に報告するようにしましょう。

ブセレキュアの使い方は?

Image

左右の鼻に1噴霧を1日3回

体外受精で一般的に行われているロング法とショート法では、使用開始の期間が異なりますが、使用法は同じです。左右の鼻に1日3回、8時間おきに噴霧します。使用量は卵胞の成熟度など、患者それぞれの症状にあわせて決められます。

ロング法では、採卵を行う生理周期のひとつ前の周期からブセレキュアの使用を開始します。投与開始日は、おおむね生理開始予定日の1週間前となります。ショート法では採卵を行う生理周期に入ってから投与をはじめます。生理1~2日目に使用を開始するのが一般的です。

医師の判断に従う

ブセレキュアは排卵誘発を目的として使用するのか、排卵抑制を目的として使用するのかで投与のタイミングがまったく異なります。不妊治療と一言でまとめても、タイミング法、人工授精、体外受精ではそれぞれに適切な使用法がありますので、医師の判断に従うようにしましょう。

ブセレキュア服用後の排卵は何時間後?

Image

ブセレキュアの排卵誘発作用を利用して行う治療が、タイミング法と人工授精です。ブセレキュアは、点鼻後にLHサージが起こり、36時間後に排卵するといわれています。投与のタイミングは卵胞の成熟度を確認しながら慎重に見極めますが、卵胞の大きさや状態によっては、排卵が早まったり遅くなったりします。

排卵を抑制する作用は、体外受精の採卵に向けて利用されます。排卵が起こってからでは採卵をすることができないため、定期的に卵胞のサイズを確認しながら治療を進めていきます。

排卵日近くなり、卵胞が成熟してきたらブセレキュアと併用して排卵誘発剤の注射が始まります。卵胞が成長しないと治療を先に進めることは難しくなります。薬の効果を高めるためにも、医師の指導に基づき、容量や用法はしっかりと守るようにしましょう。

ブセレキュア使用上の注意点は?

Image

原因不明の不正出血がある人は使用しない

子宮などの性器から原因不明の不正出血があり、子宮内膜症や子宮筋腫との診断がつかないときは、ブセレキュアは使用できません。悪性腫瘍の可能性が否定できないからです。

子宮内膜症や子宮筋腫と診断してからブセレキュアを投与した場合も、腫瘤が肥大化したり、患部の改善が見られなかったりするときは治療を中止する必要があります。

妊娠中・授乳中には使用しない

ブセレキュアは、妊娠中や授乳中も使用できません。妊娠中に使用したケースで流産したという報告があるためです。動物実験では母乳からの意向も確認されているので、授乳中も使用しないようにしましょう。

他の薬との併用に注意

ほかの病気の治療薬と併用すると、薬の効果を弱めてしまうことも確認されています。代表的なものとしてあげられるのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)を含む性ホルモン剤です。ブセレキュアの効果を軽減する可能性があります。

糖尿病の薬として処方されるインスリン製剤やトルブタミドなどと併用すると、糖尿病薬の作用を弱めてしまうことがあるため併用は避けましょう。

パートナーと一緒に正しく理解して使用しよう

ブセレキュアを投与するのは女性ですが、タイミング法や人工授精、体外受精のどれをとってもパートナーと一緒に治療に取り組むことが前提となります。薬の効果や副作用についてはパートナーとともに理解を深め、その後の治療に臨むようにしましょう。

不妊治療に用いる場合、ブセレキュアは保険適用外のため請求がかさんだという体験談が多くみられます。この点についてもパートナーと一緒に理解しながら、不安なときは費用について医師や事務の方へ確認しておくと安心です。

あわせて読みたい