ルトラールの5つの副作用!副作用が起こる原因と対処法は?

不妊治療で利用される薬の1つに「ルトラール」があります。女性ホルモンに作用して、妊娠しやすい身体作りをサポートします。不妊症で悩む方に一般的に使われる薬です。しかし、服用中には副作用が起こることもあります。この記事ではルトラールがどのような薬で、効果や副作用はどんなものなのかを詳しく説明します。

140863

目次

  1. ルトラールとは?効果は?
  2. ルトラールの副作用は?
  3. ルトラールの重大な副作用
  4. ルトラールの副作用が起こる原因
  5. ルトラールの副作用の対処法は?
  6. 筆者の体験談
  7. 副作用を感じたら、すぐに医師に相談を!
  8. あわせて読みたい

ルトラールとは?効果は?

女性の体内には、2つの女性ホルモンがあります。排卵のために卵胞成熟作用のある卵胞ホルモン(エストロゲン)と、排卵後に子宮内膜を厚くする黄体ホルモン(プロゲステロン)です。この2つの女性ホルモンが分泌されることで、月経周期ができます。このホルモンの分泌がうまくなされないと、月経が乱れたり、排卵しなくなったりして、不妊の原因になります。

このような症状があるときに飲むと治療効果があるのが、ルトラールなどの不妊治療薬です。ルトラールは、プロゲステロン(黄体ホルモン)を補充薬で、人工的に作った黄体ホルモンを服用することで、体内の黄体ホルモンを増やすことができます。ルトラールは以下のような疾患の治療に用いられます。

■無月経……月経が起こらないこと
■稀発月経(きはつげっけい)……生理周期が長すぎること
■頻発月経(ひんぱつげっけい)……生理周期が短いこと
■過少月経……生理の経血の量が少ないこと
■過多月経……生理の経血の量が多いこと
■月経困難症……月経痛や吐き気などの症状が激しく日常生活に支障をきたす状態のこと
■機能性子宮出血……ホルモンバランスの乱れによる不正出血
■卵巣機能不全症……卵巣の機能が低下すること
■黄体機能不全……女性ホルモンを分泌する「黄体」の機能が低下すること

Article link icon
プロゲステロン(黄体ホルモン)と身体の変化!増やすための食事・過ごし方…

ルトラールの副作用は?

Image

ルトラールには不妊治療において効果を発揮しますが、以下のように副作用もあります。副作用をしっかりと理解した上で服用しましょう。

消化器系の副作用

副作用として食欲不振、吐き気、下痢、腹痛といった症状が出ることがあります。

乳房の副作用

副作用として乳房の張り、痛みといった症状が出ることがあります。

子宮の副作用

不正出血や経血量の増加、下腹部痛といった症状が出ることがあります。

神経系の副作用

副作用として眠気、倦怠感、頭痛といった症状が出ることがあります。

その他の副作用

副作用としてむくみや体重増加、発疹といった症状が出ることがあります。

ルトラールの重大な副作用

Image

ルトラールの副作用は軽いことが多いですが、肝臓や心臓、腎臓に疾患がある方は重大な副作用を引き起こすことがあります。

血栓症のリスク

心臓に何らかの疾患がある方は血栓症を引き起こすことがあるため、慎重に服用しましょう。血栓症になると、しびれや痛み、頭痛や息切れ、動悸といった症状が現れることがあります。これらは副作用である血栓症の初期症状なので、すぐに医師に相談しましょう。

肝障害のリスク

肝臓に何らかの疾患がある方は、副作用である肝障害を引き起こす場合があります。重度の肝障害や疾患のある人はルトラールを使用してはいけません。ルトラールは肝臓で代謝されるため、負荷がかかってしまうためです。持病を抱えている方は事前に医師に相談してください。

ルトラールの副作用が起こる原因

Image

薬を飲むことで、本来の目的ではない効果が身体に現れることを副作用と言います。ルトラールは、プロゲステロンを増やすのが目的ですが、通常よりも女性の体内のホルモンバランスが急激に変化するので、その影響でさまざまな症状が現れるのです。

ルトラールの副作用の対処法は?

Image

ルトラールを飲んで、なんらかの副作用が出たら、すぐに医師に相談することが重要です。自分の判断で薬の服用を止めたり量を変えたりすると、副作用を悪化させる可能性があるのでやめましょう。医師に相談すれば、医師が症状を確認して的確な対応を教えてくれるでしょう。

筆者の体験談

Image

筆者もルトラールも服用していたとき、副作用といわれているむくみや体重増加が気になるようになりました。ルトラールの服用は体外受精治療のあいだだけだったので飲む期間が終われば収まりましたが、少し心配ですよね。気になる副作用のような症状があったら、すぐに医師に相談しましょう。

副作用を感じたら、すぐに医師に相談を!

ルトラールで副作用を感じたら、すぐに医師に相談をしましょう。自分の判断で薬の服用を止めたり量を変えたりするのは、副作用を悪化させる可能性もあるのでやめましょう。ルトラールの効果を正しく使って、治療をうまく進めていけると良いですね。

あわせて読みたい

女性ホルモンとは?ホルモンバランスを整えて美しく健康な女性になろう!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28337
Image
女性ホルモン剤との正しい付き合い方!種類と効果、副作用は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28356
Image
ホルモン検査の費用や時期、方法は?不妊や生理不順の原因がわかる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28359
Image
プロゲステロン注射の効果と副作用!いつまで打つ?費用は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28460
Image
不妊治療薬のルトラールとは?生理が遅れるのはなぜ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20765
Image
プレマリンとは?効果と副作用は?ルトラールやデュファストンと併用する?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/22373
Image
デュファストンの効果と副作用、飲み方は?服用中の生理や基礎体温は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21569
Image
ゴナールエフの効果・副作用は?妊娠率や自己注射についても解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20333
Image
クロミッドの排卵日の予測方法!排卵しない・早まる・遅れる原因は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19883
Image
プロゲストンの不妊治療効果と副作用は?服用方法・費用は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20750
Image
エストリオールとは?腟錠もある?効果と副作用は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20033
Image
黄体形成ホルモン(LH)の作用と検査方法!基準値より高い・低いと不妊の原因に?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28369
Image