更新日:2017年02月24日

ノアルテンの効果・飲み方・副作用は?生理は遅れるの?避妊効果はある?

月経異常など、月経に関係することで悩みを抱えている女性はとても多いもの。月経トラブルの改善や避妊のために、「ノアルテン」という薬が処方されることがあります。今回は、ノアルテンの効果や飲み方、副作用について解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
20721
0

目次

    ノアルテンとは

    Image

    ノアルテンは、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌を促し、月経機能を正常にする働きがあります。排卵に必要なプロゲステロンを補充してくれるので、子宮内膜の状態や月経異常などの改善に非常に効果的といわれています。

    数あるホルモン剤の中でも、特にノアルテンは体への負担も少ないことから、多くの人がノアルテンを使用しています。

    ノアルテンの効果

    Image

    ノアルテンはプロゲステロンを分泌して、意図的に排卵後のホルモン状態を作ることができます。ノアルテンを内服している内は排卵が起こりません。ノアルテンで黄体ホルモンを補充することにより、子宮内膜の状態を改善し、ノアルテン服用終了後に自然に月経を起こす効果があります。

    ノアルテンを飲み続ければ月経周期が整い、プロゲステロンの補充によって子宮内膜の状態も良くなることがわかっています。

    ノアルテンが処方される主な症状

    Image

    1.無月経

    無月経とは、月経が起こらない状態のことを言います。授乳中や閉経後など生理的に無月経が続いている人以外は、無月経の治療のためにノアルテンが処方される場合があります。

    2.月経量異常

    月経の量が標準より極端に少なかったり極端に多かったりする場合に、ノアルテンが処方されることがあります。ノアルテンには、月経量を標準に保つ働きがあるため、ノアルテンを内服後、月経量が改善されることがあります。

    3.月経周期異常

    月経の周期が、標準に比べて短かったり長すぎたりする場合にノアルテンが処方されます。通常の月経周期は平均で7日程度といわれていますが、その期間より極端に短かったり長かったりすると、月経周期異常と判断されます。

    4.卵巣機能不全症

    卵巣は女性の生殖機能で重要な役割を担っていますが、何らかの原因がありその機能が正常に働かなくなる場合があります。その場合は、卵巣機能不全症と診断されることがあります。ノアルテンは卵巣機能を正常に戻すとともに、黄体ホルモン不足などによる不妊治療の効果も発揮します。

    5.機能性子宮出血

    機能性子宮出血の症状は、月経の量が増える月経過多の状態や、出血がいつまでも続く不正出血などがあげられます。ノアルテンを内服することで子宮回復を促し、月経以外の余分な出血を減らすことができます。

    ノアルテンの飲み方

    Image

    ノアルテンは、1日1~2回のペースで、1回につき5~10mgを飲みます。ノアルテンを飲むタイミングによって月経周期をコントロールすることもできるので、自分の希望の周期によってノアルテンの量を調節します。

    1日に飲むノアルテンの量を多くすれば月経周期が短くなり、少なくすれば月経周期が長くなるので、状況に合わせてコントロールすることができます。

    ノアルテンの副作用は?

    Image

    ノアルテンを服用することで、副作用が出る人もいます。副作用の症状は軽いものから重いものまでさまざまですが、食欲不振、頭痛、腹痛、吐き気、じんましん、まれに呼吸困難など重症化する場合もあります。ノアルテンの服用で体に異常を感じたら、医師と相談してノアルテンの服用を中止することも考えましょう。

    ノアルテンの避妊効果とは?生理が遅れる?

    Image

    ノアルテンを服用すると、生理が遅れることがあります。ノアルテンは排卵後のホルモン状態を保つ働きがあるため、服用中に生理が来ないのは自然なことです。ノアルテンの服用をやめれば、数日後に生理が始まります。

    ノアルテン服用中は原則として排卵が起こらなくなるため、避妊の効果があります。ノアルテンを避妊薬として使用する人もいます。

    まとめ

    ノアルテンは、月経トラブルや子宮内膜の状態を改善する重要な役割を果たしています。ノアルテンは、正しい量と飲み方を守ることで、月経周期が安定して体を健康に保つことができます。ノアルテンの使用量などは医師とよく相談し、無理のない方法で月経周期を整えましょう。

    Image

    生理不順の原因は病気やストレス?年齢別に原因と対処法

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19179
    Image

    黄体ホルモンの役割と数値を増やす方法は?注射や薬の種類について | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20290
    Image

    卵胞ホルモンとは?黄体ホルモンとの違いや数値を増やすための方法

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21720

    関連する人気の記事

    妊活・不妊のカテゴリ

    妊活・不妊 デイリーランキング

    おすすめの記事