不妊治療薬のルトラールとは?生理が遅れるのはなぜ?

「ルトラール」とは、主に不妊治療などで服用される薬です。服用中は「生理が遅れた」「生理が来ない」といった症状があります。不妊治療中は、来るはずの生理が来ないと不安になってしまいますよね。ここでは、「ルトラール」とは何か、生理が遅れる理由や服用中に生理が来る場合があるのかについて解説します。

39374

この記事の監修

目次

  1. ルトラールとは?
  2. ルトラールで生理が遅れる理由とは?
  3. ルトラール服用中の基礎体温の変化
  4. 服用後に生理はいつ来る?
  5. ルトラール服用中の出血は生理?
  6. ルトラールは医師の指示のもとでしっかり服用しよう
  7. あわせて読みたい

ルトラールとは?

ルトラールは、生理不順や不妊治療に使われるホルモン剤のひとつです。黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促すためのホルモン剤で、妊娠しやすい身体を作るための服用が一般的です。黄体ホルモンが増えれば、子宮内膜が厚くなり体温が上がり、妊娠しやすい身体になることが期待できます。以下のようなケースの場合に、ルトラールは処方されます。

・無月経
・月経周期の乱れ
・卵巣機能不全
・黄体機能不全

女性ホルモンの乱れは、不妊を引き起こす原因にもなり得ます。ルトラールを飲むことで黄体ホルモンを補充し、ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい身体づくりを目指します。

ルトラールで生理が遅れる理由とは?

Image

ルトラールを服用すると、生理が遅れた・生理が来なくなったという声を聞くことがあります。生理不順や不妊治療に使われる薬が原因で、生理が遅れた・生理が来なくなったという症状が起こるのは心配ですよね。

ルトラールを服用すると、黄体ホルモンの働きで妊娠しやすい身体になることが期待できます。生理周期の高温期を長引かせる作用があるため、生理が遅れる可能性があります。

生理が来ないと妊娠を疑うことが多いですが、ルトラール服用中は生理が遅れる場合があるため、ひとまずは処方された薬を飲みきりましょう。生理の遅れはルトラールを服用したときの効果の一種となるため、心配はいりません。

ルトラール服用中の基礎体温の変化

Image

ルトラールは黄体ホルモンを分泌させる働きがあるため、服用中は高温期を長引かせる場合があります。基礎体温の変化には個人差があるため、ルトラール服用中の場合にはしっかりと基礎体温を記録して、自分の身体の管理をしましょう。高温期が長く続くと生理が遅れる傾向がありますが、生理が来れば基礎体温はガクンと下がります。

服用後に生理はいつ来る?

Image

ルトラールを服用していると、生理が来るまで高温期が続きます。高温期には個人差があり、生理が2〜3日だけ遅れたという人もいれば、1週間以上遅れることもあります。ルトラールの服用が終われば高温期を維持する力が衰え、数日後に生理が来るでしょう。人工的に生理周期を作り出すため、生理が来ないからといって服用をやめず、きちんと処方された分を飲みきることが大切ですよ。

ルトラール服用中の出血は生理?

Image

ルトラールの服用時に、生理のような出血が見られる場合があります。一般的に、厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちることで、生理が起こります。ルトラールを服用した際に、子宮内膜が厚くなりすぎて、妊娠しやすい環境が保てなくなることがあります。この状態で子宮内膜が少しだけはがれると、不正出血のように見えることがあります。

茶褐色の出血が起こることもありますが、大体は問題ない出血のようです。量が多かったり、真っ赤だったりした場合は、必ず医師に相談してくださいね。

ルトラールは医師の指示のもとでしっかり服用しよう

ルトラールは、不妊治療に用いられることが多い薬です。生理が遅れる場合があるため、不安になって自己判断で服用をやめてしまうという話も少なからずあるようです。子宮の環境と生理周期を整えるためにも、処方された分の薬を飲みきるのはとても重要です。自己判断で、途中で服用をやめないようにしましょう。

ルトラールの服用で副作用が現れる人もいるようです。発疹やむくみといった症状が現れた場合には、血栓症の恐れもあるため、すぐに医師の指示を仰いでください。

メーカーの臨床試験では、ルトラールはさまざまな症状に対して8割以上の効果を発揮している薬だそうです。生理不順や不妊治療をされている方は、医師の指示に従い、処方された分は正しく飲みきるようにしてくださいね。

あわせて読みたい