赤ちゃんと一緒に通いたい!0歳から出来る習い事8選。

0歳児の赤ちゃんと習い事なんてまだ早いと思っていませんか?春になって新しい事を始めるのにぴったりの季節になりましたね。赤ちゃんと一緒に習い事をはじめてみませんか?0歳からの習い事って、意外とたくさんあるんです。

57830

目次

  1. 0歳から習い事する必要はある?
  2. 0歳児からの習い事8選
  3. 市民講座など、気軽に参加できるものからはじめるのがおすすめ
  4. 気負わずママのリフレッシュに
  5. 今しかできない習い事、少しチャレンジしてみませんか
  6. 赤ちゃんの習い事の関連記事はこちら

0歳から習い事する必要はある?

赤ちゃんの習い事と聞いて、早すぎる、と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。でも、0歳の習い事というのは、お母さんとのコミュニケーションの時間がとれるものがたくさんあります。

お家にいるとつい、家事をしてしまって、赤ちゃんとの時間が過ごせてないな、と感じていたりしませんか?習い事の間はお母さんもゆっくり他の事を気にせず、あかちゃんと向き合う事ができます。0歳での習い事は赤ちゃんのためという観点だけでなく、「お母さんが赤ちゃんとしっかり向き合える」というメリットもあります。

また、他のママ達との交流のチャンスが生まれ、情報交換できたり、ママ友ができたりするのもメリットだと思います。ママの気分転換、リフレッシュにもなると思いますよ。早すぎると感じていたママも一度検討してみてはいかがでしょうか。もちろん以前から興味があった!というママもぜひ参考にしてくださいね。

Image

0歳の習い事はゆっくりママと向き合える時間になりますよ

0歳児からの習い事8選

1.ベビーマッサージ

赤ちゃんとママのコミュニケーションといえばベビーマッサージ。ベビーマッサージとはママやパパが赤ちゃんに触れるスキンシップの一つです。ゆっくりと赤ちゃんとの時間をもちたいママにぴったりの習い事です。

マッサージの仕方を教えてもらうと、お家で少し時間が取れたからスキンシップしたいなと思った時もすぐ実践できます。手遊びなども交えて教えてくれる教室が多いと思いますので赤ちゃんとのスキンシップの取り方の幅が広がると思います。赤ちゃんとの関わり方の選択肢が増える事で育児にも自信がついてくるかもしれません。

動きが活発になり、歩き出す頃には卒業することが多いと思いますので早めにスタートするといいですよ。教室によりますが、3ヶ月頃からスタートできるところが多いようです。早いところは1ヶ月検診が終わっていれば参加できる教室もあるようです。

2.ファーストサイン・ベビーサイン

ファーストサイン・ベビーサインとは、まだお喋りが上手にできない赤ちゃんとコミュニケーションをとる方法の1つで手話のようなものです。赤ちゃんとコミュニケーションが取れて楽しいですよ。

ただ、赤ちゃんがサインを出せるようになるまで根気よくママが伝えてあげる必要があります。また、サインをすぐ出せる子もいれば、なかなかサインが出ない子もいます。個人差がありますので、まずは一度体験されることをおすすめします。

赤ちゃんがなかなかサインを出さず逆にやきもきしてしまうかも…というタイプのママは他の習い事の方がいいかもしれませんね。でも、赤ちゃんがサインを出さなくても、言葉以外でも色々な方法でコミュニケーションを取ってあげて、たくさん赤ちゃんと関わろうという姿勢で取り組むと良いと思いますよ。

3.ベビー&ママのヨガ・ピラティス

大人の習い事としても人気のヨガやピラティスは0歳のベビーと一緒に行えるものもあります。出産前にヨガの経験のあるママはぜひベビーと一緒に通えるクラスを探してみては。

ベビーマッサージと同様、赤ちゃんとのスキンシップの時間がとれます。ベビーマッサージと合わせて行ってくれる教室がなどもあるようです。

ベビーヨガでは出産後のママの骨盤ケアや体をほぐしたりというメニューを取り入れられているものが多いのも魅力ですね。

Image

赤ちゃんとバランスボールでエクササイズ!という教室も。調べてみてはいかがでしょうか。

4.ベビーダンス

ベビーダンスとは赤ちゃんを抱っこ紐やスリングでだっこしながらママがリズムに合わせて踊るエクササイズです。ママが適度なリズムで動く事で赤ちゃんが心地よくなり眠ってしまうことも。

赤ちゃんを抱っこしながら踊るので、上半身はあまり動かさず、下半身てステップを踏むのが中心の動きとなり、社交ダンスのステップが取り入れられているそうです。

ママは結構激しく踊っているつもりでも、赤ちゃんには本当に心地いい揺れになるようで、レッスンが終わる前に寝てしまう赤ちゃんが続出してびっくりしました。自宅でやってみても寝てくれたので、一時期よくやっていました。

5.ベビー英会話

0歳から通える英会話教室もあります。英会話は頭が柔軟な早い時期からスタートすると発音などの理解・吸収が良いという考えもあるそうです。早ければ早いほどよく、最近では0歳児からの教室も増えてきています。

ただし、早すぎる英会話教育は賛否両論あるようです。母国語の習得が遅れたり、2ヶ国語喋れるようにしようとして、共倒れになったりするという意見もあるそうです。まずは日本語をしっかり覚えてから、と考える方もいらっしゃるでしょう。なかなかどちらが正解という答えがすぐ出るものでもないと思いますので、赤ちゃんの様子をみながら、家族でよく相談して進めると良いと思います。

6.ベビーリトミック

リトミックとは音楽を通して心や体を育む音楽教育法です。音楽に合わせてリズムをとったりするのは言葉が発達する前の赤ちゃんの成長にも良い影響を与えてくれると思います。

走り回れるくらいの年齢の子が参加する教室が多いようですが、リトミックそのものは、何歳からでもはじめられるようで、0歳からの教室も開催されているようです。

Image

リトミックってよく聞くけど、どんなもの?一度、体験に行ってみると良いかもしれませんよ。

7.ベビースイミング

スイミングも0歳からはじめられるベビー向けのものはママと一緒に親子のスキンシップを中心にしたものになるようです。

ママも一緒に水着になってプールに入る必要があるため、少しハードルは高いですが、早い時期から水に慣れる事ができたり、体力がついたりとメリットもありますよ。

8.幼児教室

他のものと比較すると、より赤ちゃんにフォーカスがあたってくる習い事かと思います。ただまだ0歳ですので、幼児教室といってもやはりママも主体的に参加していく姿勢が必要になってくるでしょう。まずは体験教室に参加してみてはいかがでしょうか。

幼児教室に通う際は、教室の方針や考え方だけでなく先生との相性や信頼関係が築けるかどうかもポイントになるでしょう。口コミも重要な情報源になると思いますのでご近所のママ達に色々話を聞いてみるのも良いと思います。

市民講座など、気軽に参加できるものからはじめるのがおすすめ

初めは市民講座や公民館、市町村の施設で開催されている講座に参加してみるのがおすすめです。

そういった講座は月謝も比較的リーズナブルで参加のハードルも低いと思います。一度、お住まいの市町村のホームページなどで調べてみてはいかがでしょうか。公民館に足を運んでみてもいいかもしれません。広報誌などでも情報収集できるかと思います。

気軽に参加した講座の中で他の習い事に関する情報が収集できることもあるかもしれません。例えば、市民講座で講師をしていた先生が他の場所で開催している教室を紹介してもらえたりするかも。

Image

市民講座は費用がリーズナブルで始めやすいですよ!

気負わずママのリフレッシュに

習い事といっても、まだ0歳ですので、活動は必然的にママが主体になってきます。あまり赤ちゃんのために〜と気負うのではなく、ママのリフレッシュに赤ちゃんにお付き合いしてもらおう。というくらいの気構えで参加されるといいかと思います。

ママ友も出来ればいいな、という感覚がいいかと思います。習い事といっても0歳の教室は期間や頻度が短いものも多く、なかなか教室以外で仲良くなるところまでいかないことも。でもその場で少しお話するだけでも、良い気分転換になったりするとおもいます。

また、0歳向けの教室は先生もママであるケースが多いと思います。先生ともママ友としての関わりで育児の相談や愚痴を話したりできることもあるかもしれませんよ。

今しかできない習い事、少しチャレンジしてみませんか

0歳でもできる習い事と紹介しましたが、0歳向けの習い事は基本的にママと一緒にスキンシップしながら進めるものです。そんな風に習い事ができるのは、本当に短い期間だと思います。

成長するにつれて、どんどん自分一人でできるようになっていきます。例えばスイミングを習うといっても少し大きくなればママは送迎して見守るだけ。そのうち自分一人で通うこともできるようになるでしょう。

ママと一緒に習い事をしてくれるのは今だけです。この短い期間にぜひ何かチャレンジしてみてはいかがでしょうか。きっとママにとっても赤ちゃんにとっても、いい思い出になると思います。

同じベビーマッサージ教室でも教室や先生によってやり方などは様々ですので、機会があれば色々通ってみると良いと思いますよ。ベビーマッサージは本当にたくさん通いましたが、先生によって教えてくださる幅もそれぞれですが、やはりベビー好きなママ先生ばかりでした。マッサージ以外に子育てに関することを色々教えていただけたな、と感じています。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

赤ちゃんの習い事の関連記事はこちら