プラノバールの効果と正しい飲み方は?飲み忘れたときや服用中の注意点について

プラノバールは、女性ホルモンのバランスを整えるホルモン剤です。妊娠を希望する女性や月経異常を改善したい女性に処方されることが多い中用量ピルのひとつで、効果を得るには正しい飲み方をすることが必要です。プラノバールの効果や正しい飲み方、飲み忘れた場合の対処法、服用中の注意点についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

339404

この記事の監修

Image
産婦人科医
杉山 太朗

目次

  1. プラノバールとは?
  2. プラノバールの効果
  3. プラノバールには避妊の効果も
  4. プラノバールの副作用は?
  5. プラノバールの飲み方について
  6. もし、プラノバールを飲み忘れてしまったら
  7. プラノバール服用中の注意点
  8. プラノバールの飲み合わせの注意点
  9. 正しい飲み方で効果を発揮するために
  10. あわせて読みたい

プラノバールとは?

「プラノバール」(プラノバール配合錠)は、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という2つの女性ホルモンを配合したホルモン剤です。女性ホルモンが含まれる量から、中用量のピルとして分類されています。

プラノバールは、体内の女性ホルモンを人工的に調整することができる薬です。生理不順や月経困難症など女性特有の症状を改善するほか、受精卵が着床しやすい環境をつくる効果があるため不妊治療にも使われます。受精卵が着床するのを防ぐ作用があるため、緊急避妊薬として使われることもあります。

プラノバールの効果

Image

月経異常の改善

プラノバールは、生理痛や生理に関する病気の症状を改善するために効果的とされています。生理周期が24日以内で同じ月に複数回生理が来る頻発月経、次の生理が来るまで39日以上間隔があく稀発月経、生理の出血量が多い過多月経、不正出血など、月経異常にはさまざまな症状があります。これらの月経異常の治療を目的として、プラノバールが処方されます。

不妊治療

プラノバールを服用し続けることで、体内に女性ホルモンが補充されます。子宮内膜が厚くなり、体内では排卵後から生理前のような妊娠しやすい状態が続きます。高温期が維持できるようになるため、不妊治療に効果的な薬として処方されます。

不妊治療で使う場合は、排卵後にプラノバールを服用することでプロゲステロンが分泌され、受精卵が着床しやすい環境が整い、高温期が維持されるという働きがあります。

プラノバールは卵巣の病気や老化を防ぐために処方される場合もあるようです。改善したい症状によって、プラノバールを服用するタイミングは異なります。

生理周期のコントロール

プラノバールを服用し続けているあいだは、排卵後から生理前のように妊娠しやすい状態が続くため、生理が来ることはありません。プラノバールの服用をやめると、約2~5日後に生理が始まるでしょう。旅行やイベントなどのために生理日をずらしたいとき、プラノバールによって生理周期をコントロールすることができるのです。

生理日を早めるのか、遅めるのかによって飲み方が異なるため、医師の指示にしたがって正しい飲み方をすることが大切です。

プラノバールには避妊の効果も

Image

避妊効果

プラノバールには排卵を抑制する働きがあるため、避妊の目的で使われることもあります。本来は女性ホルモンにかかわる病気の治療目的で処方されるプラノバールですが、正しい飲み方で服用し生理周期をコントロールすることで、結果的に避妊の効果も得られるのです。

避妊を希望する場合は、生理開始の5日目から服用を始めましょう。避妊の効果が得られるのは、飲み始めの約1週間後からといわれています。

かつては緊急避妊薬として使われたことも

プラノバールは、ホルモン含有量から中用量のピルに分類され、排卵を抑制したり受精卵の着床を防いだりする働きを持ちます。そのため、かつては緊急避妊薬(性行為後の避妊薬)として使われていました。ただしプラノバールは日本国内では緊急避妊薬として認可されておらず、現在では効果と副作用の面でも推奨されていません。2011年より国内で認可されている緊急避妊薬は「ノルレボ」(ノボノルゲストレル)のみのようです。

ノルレボはプラノバールより高価だが副作用が弱く、プラノバールはノルレボよりは安価だが副作用が出やすいという違いがあるようです。

プラノバールの副作用は?

Image

プラノバールには体内のホルモンバランスを強制的に変化させる作用があるので、身体にかかる負担も大きいです。プラノバールを長期間服用し続けるのは、あまり望ましいことではありません。

プラノバールの副作用として特に出やすいのが吐き気や嘔吐、食欲不振などの消化器系の症状です。このほか頭痛やめまい、乳房の張り、浮腫・体重増加など、さまざまな副作用が出る場合があります。重大な副作用として血栓症があらわれる可能性もあります。

副作用は飲み始めから出ることが多く、身体が薬に慣れるまでの2~3日間続くことがあるでしょう。プラノバールの副作用がつらい場合は、自己判断で薬をやめたり症状をがまんしたりせず、かかりつけの医師に相談しましょう。

Article link icon
プラノバールによる副作用は?太る?吐き気の症状と対処法、注意点とは

プラノバールの飲み方について

Image

基本の飲み方

プラノバールは、1日1回、決まった時間に決まった量を飲むのが基本です。服用日数は医師が指定するので症状にあわせて正しく服用することが大切です。プラノバールの飲み方は症状や生理周期によって異なり、代表的な例は次の通りです。

■月経異常の場合
通常は、生理初日を1日目と数え、5日目から約3週間、1日1錠を飲み続けます。体調がすぐれなくて飲むのをやめてしまったり、決められた量を守らなかったりすると症状が悪化する可能性もあるため、医師の指示はきちんと守りましょう。

■生理周期をコントロールする場合
生理を早めたい場合、生理初日を1日目と数えて5日目からプラノバールの服用を始めます。1日1錠を7~10日間ほど飲み続け、生理を開始したい日の3~5日前に服用をやめます。すると、プラノバールの服用をやめた3~5日後に生理が始まります。

生理を遅めたい場合は、生理開始予定日の5~7日ほど前からプラノバールの服用を始めます。そして、生理を来させたくない日まで服用します。服用をやめると、2~3日後に生理が始まるでしょう。

■不妊治療の場合
不妊治療のためにプラノバールを服用する場合は、飲み始めの時期などが異なります。体外受精を予定している人で不正出血がある場合は、不正出血を止めて卵巣機能を整えるために10日間ほど服用することがあります。

プラノバールの飲み方の注意点

プラノバールは直径約5.6ミリの白色の錠剤で、1シートに21錠入っています。服用時はコップ1杯の水かぬるま湯で飲むようにしましょう。プラノバールを長期間服用する場合、約6ヶ月ごとに婦人科での検査が必要となるため、かかりつけの医師の指示に従いましょう。飲む量を誤った場合や体調がすぐれない場合には、プラノバールが処方された医療機関にすみやかに相談しましょう。

もし、プラノバールを飲み忘れてしまったら

Image

プラノバールは決まった時間に毎日服用することで、その効果を最大限に引き出すことができます。しかし、飲み忘れてしまうこともあるでしょう。事後に正しい対応をすれば、過剰に心配することはありません。1日飲み忘れたからといって、必ずしもすぐに生理が始まるというわけではないのです。

数時間の飲み忘れであれば、気づいた時点で服用しましょう。一方で、次の服用時間に近い時間で飲み忘れに気づいた場合は、次の服用分からふたたび継続して飲むようにしましょう。飲み忘れたからといって2回分をまとめて服用することは、副作用のリスクを高めるのでやめましょう。

2~3日飲み忘れが続いてしまうと、早い人では生理が始まってしまうこともあります。その場合は、プラノバールが処方された医療機関に相談しましょう。

プラノバール服用中の注意点

Image

プラノバールの服用中に不正出血があった場合は要注意です。また、プラノバールの服用中に飲酒や喫煙をした場合にはどのようなリスクがあるのかを知っておきましょう。

不正出血がある

個人差はありますが、ピルを服用すると不正出血が起こる場合があります。これはプラノバールに限ったことではありませんが、飲み始めの時期にみられることが多いようです。出血の量や色は原因により異なるため、かかりつけの医師に相談するときは、細かい症状や状態を説明できるようメモをしておくと安心です。

飲酒した場合

もともとお酒が弱い人や体調がすぐれない人は、プラノバール服用中のアルコールは控えたほうが良いでしょう。プラノバールとアルコールの併用は禁止されてはいません。自分の体調と相談しながら、どうしてもお酒を飲まなければいけない場合のみ、それも少量のみとしておくと安心です。

もし、プラノバール服用中に嘔吐してしまった場合は、服用後1時間以内であれば効果が薄れてしまう可能性もあります。その点も考慮して、お酒を飲む時間帯を考えておく必要があるでしょう。

タバコを吸った場合

35歳以上でタバコを吸う人は、プラノバールの服用により血栓症のリスクを高めてしまう危険性があります。血栓症は血管が詰まる病気で、オフィスワークで長時間同じ姿勢でいたり、水分が不足したりすることにより発症しやすくなります。タバコを吸う人がプラノバールを服用する際には、適度な運動とこまめな水分補給が大切です。

人によっては服用できない場合も

以下の方はプラノバールの服用に注意が必要です。症状によってはプラノバールの服用ができない場合もあるでしょう。

■薬の服用で、かゆみやアレルギーの症状が出たことがある人
■乳がん経験がある人、家族が乳がんを経験している人
■心臓、腎臓、肝臓に疾患がある人
■子宮筋腫がある人
■妊娠中、妊娠の疑いがある、授乳中の人
■糖尿病がある人
■てんかん、高血圧の人

プラノバールの服用には、血栓症のリスクが高い人や薬の飲み合わせにより服用できないこともあります。プラノバールの服用を考えている方は、自分の健康状態や過去の病気についても細かく医師に伝える必要があるでしょう。

プラノバールの飲み合わせの注意点

Image

プラノバールを服用するにあたり、他の薬と併用したいときは事前にかかりつけの医師に確認しましょう。薬の種類によっては、プラノバールの効果を下げてしまう可能性もあるようです。併用によってプラノバールの作用を弱める可能性のある薬は次の通りです。

■血糖降下剤
■子宮内膜症治療薬(ブセレリン)
■抗てんかん薬(ラモトリギン)
■解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン)
■鎮痛剤(モルヒネ、サリチル酸)

なお、C型慢性肝炎の治療薬として処方されるオムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤を服用中の人は、プラノバールとの併用はできないので注意しましょう。

正しい飲み方で効果を発揮するために

プラノバールは1日1回、決められた時間に決められた期間だけ服用することで、その効果が発揮されます。プラノバールを処方されたら、飲む時間をスケジュール帳などにメモしておき、きちんと飲んだかどうかの結果も記録して、飲み忘れや服用の重複が起こらないように気をつけましょう。

プラノバールの効果や副作用を理解したうえで、プラノバールを処方する医療機関の指示のもと正しく服用することが大切です。副作用には個人差があり、プラノバール自体が身体に合わないという人もいます。自分の体質に合わないと感じるときは、自己判断で服用をやめたり飲む量を減らしたりせず、かかりつけの医師に相談しましょう。

あわせて読みたい

生理を遅らせる方法と注意点は?豆乳が効くという噂は本当?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19143
Image
デュファストンの効果と副作用、飲み方は?服用中の生理や基礎体温は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21569
Image
葉酸サプリおすすめ人気ランキング!妊活・妊娠中の効果や口コミをご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28265
Image