胚盤胞移植の着床時期は?胚盤胞移植の成功率、判定日、メリットについて

妊娠確率の高い「胚盤胞移植」とは、どんな移植方法なのでしょうか。胚盤胞移植のメリット・デメリットや着床時期などについて、筆者の体験談をもとに医師監修の記事で解説します。

195041

この記事の監修

目次

  1. 胚盤胞移植とは
  2. 胚盤胞について
  3. 胚盤胞移植の着床時期はいつ?
  4. 着床の成功率は?
  5. 胚盤胞移植の判定日はいつ?
  6. 胚盤胞移植のメリットとデメリット
  7. 初期胚移植と胚盤胞移植、どちらを選ぶべき?
  8. 胚盤胞移植に関する体験談
  9. あわせて読みたい

胚盤胞移植とは

精子と卵子が受精すると受精卵になり、受精卵は2分割、4分割…と細胞分裂を繰り返します。このように細胞分裂を始めた受精卵が「初期胚」です。順調に細胞分裂が進むと、やがて細胞同士がくっつき始め、約5日後には胚盤胞になります。

胚盤胞は着床間近の胚で、体外で培養できる限界のステージです。この胚盤胞を子宮に戻すことを「胚盤胞移植」といいます。胚盤胞移植を英語でblastocyst transfer(ブラストシスト トランスファー)と呼ぶため、BTと略されます。

Article link icon
体外受精とは?費用やスケジュール・流れは?リスクや痛みについても解説
Article link icon
人工授精・体外受精・顕微授精の違いは?妊娠確率や費用は?

胚盤胞について

Image

胚盤胞のグレードとは?

胚盤胞には、その成長の勢いに応じてグレードがつけられ、グレードの数字は成長に伴って増えます。つまり、数字が大きくなればなるほど成長しているということです。そのほかにも、細胞同士が密であるか、細胞数が多く互いに接着した上皮を形成しているか、などといったことも踏まえて分類されます。

胚盤胞移植をする際は、妊娠率が高いと思われるグレードの高い胚から移植をすることが多いようです。しかし、グレードが低いから妊娠しないということではありません。

Article link icon
体外受精の採卵とは?痛みや採卵数、採卵の方法は?

アシステッドハッチングとは?

胚は「透明帯」というごく薄い膜に覆われています。移植した胚が子宮に着床するには、この透明帯を破って外に出る必要があります。これを手助けする技術がアシステッドハッチングです。アシステッドハッチングを施すことにより、より着床しやすい状況に近づけることができます。

Article link icon
受精卵(初期胚や胚盤胞)のグレードと妊娠確率の違いとは?〜体験談あり〜

同じ周期に出来た複数の胚盤胞の性別は同じ?

同じ時期に同じような成長度合いで出来た胚盤胞でも、性別は全くランダムです。胚盤胞の性別については、「成長の早い胚盤胞は男児になりやすい」といった論文が海外で発表されています。

胚盤胞移植の着床時期はいつ?

Image

胚盤胞は着床間近の胚です。子宮に移植してから着床するまでの期間は短く、おおよそ2~3日と考えられています。アシステッドハッチングをした場合は、1日後には着床するでしょう。

Article link icon
体外受精の移植後の過ごし方は?生活の注意点、妊娠判定日、症状

着床の成功率は?

Image

胚盤胞は着床間近の胚なので、着床率は高くなります。クリニックや年齢や胚のグレードによって率は異なりますが、高いグレードの胚盤胞で約45%の確率といわれています。

Article link icon
体外受精で妊娠する確率は?30代・40代の成功率、妊娠率を上げる方法は?

胚盤胞移植の判定日はいつ?

Image

胚盤胞移植後の妊娠判定日は7日後~14日後であることが多いようです。

Article link icon
体外受精後の妊娠判定はいつ?hCG値と陽性反応について

胚盤胞移植のメリットとデメリット

Image

メリット

胚盤胞移植の一番のメリットは着床率でしょう。着床率が高いのは、着床間近な胚を移植するためだけではありません。受精卵は、初期胚のうちは細胞分裂を繰り返しながら、卵管から子宮へと移動を繰り返しています。そして、胚盤胞になってから子宮内で着床するのです。

つまり、初期胚を移植するということは、本来は卵管にある胚を子宮内に移植することです。この環境に胚が順応できなければ、胚の成長は途中で止まってしまいます。これに対して胚盤胞移植は、着床の準備が整った子宮に、もともと子宮にある受精卵と同じ成長レベルの胚を移植することができるため、高い着床率になっていると考えられています。

デメリット

胚盤胞移植のデメリットは、単一胚を移植しても多胎妊娠の確率があることと言えるでしょう。胚盤胞移植は初期胚移植に比べて、多胎妊娠の確率が約2倍になるというデータがあります。多胎妊娠は母子共にリスクが高くなりますが、多胎妊娠を防ぐ有効な方法は今のところありません。

Article link icon
体外受精のリスクとは?母体の健康や赤ちゃんの障がい、流産にかかわる?

初期胚移植と胚盤胞移植、どちらを選ぶべき?

Image

胚盤胞移植は、初期胚移植に比べて確かに着床率が上がります。しかし、全ての胚が胚盤胞になるわけではありません。受精卵のうち、良好な胚盤胞に到達できる割合は20%~30%です。年齢が上がれば、確率はさらに下がります。採卵できた受精卵が少ない場合は、胚盤胞が1つもできないことも決して珍しくありません。

そこで、多くのクリニックでは、初めて治療する際は初期胚移植をすすめているようです。やはり、体外での培養環境よりも母体の環境での胚の成長に期待しているのでしょう。妊娠のためには、子宮に胚を戻さなければならないのです。

しかし、何度か初期胚移植をしても妊娠成立にいたらなかったり、卵管の病気の既往などがあったりする場合は、母体よりも体外での環境のほうが良好な成長ができることを期待し、胚盤胞移植を選択すると良いでしょう。

胚盤胞移植に関する体験談

筆者は胚盤胞移植を経験しています。子宮外妊娠を経験したことで左右の卵管を失っており、その場合は胚盤胞移植しか選択できなかったからです。採卵後は、本来なら体の中で成長できるはずの時期に培養室で成長をする胚へ向けて、心の中でエールを送りながら過ごしたことを記憶しています。

あわせて読みたい

胚盤胞移植後の出血は?気をつけたい胚盤胞移植後の過ごし方
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21672
Image
凍結胚移植とは?着床時期と妊娠確率、メリット・デメリットは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18990
Image
顕微授精で受精する確率は?受精しないのはなぜ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28744
Image
顕微授精にリスクはあるの?障がい児が生まれる可能性は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28746
Image
桑実胚移植の費用とメリット・着床率は?胚盤胞移植との違いは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21663
Image
体外受精のショート法、ロング法、アゴニスト法を解説!スケジュールや採卵数は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/22798
Image
ホルモン補充周期を解説!スケジュールや移植の時期、出血について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21990
Image
男性不妊とは?どんな原因があるの?男性不妊の検査や治療方法をまとめて解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28752
Image
男性不妊検査とは?検査の方法は?検査の流れ、チェック内容、費用を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28765
Image
葉酸の効果・効能は?妊活・妊娠中、男性も摂取しておきたい葉酸
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28717
Image
【葉酸の多い食べ物・食材25選】妊活・妊娠中におすすめの食品や注意点をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28784
Image