更新日:2017年06月26日

人工授精後の過ごし方!腹痛や出血があると危険?運動や性交はNG?

人工授精後の過ごし方では、ストレスをためず、普段通りの日常生活を送ることが大切になります。激しい運動や喫煙は控えるべきですが、軽い運動や性交は問題ないといわれています。人工授精後にはどう過ごすべきか、妊娠初期の兆候などを紹介します。

11597
0

目次

    人工授精とは?人工授精後の過ごし方が大事?

    Image

    不妊治療の1つである「人工授精(AIH)」は、医師に性交のタイミングを指導してもらう「タイミング療法」の次のステップに当たります。採取した夫の精子を洗浄し、カテーテルなどで子宮内に直接いれますが、その後の流れは自然妊娠に近い形となります。

    体外受精や顕微授精に比べると費用も低くおさえられ、一回の治療も短時間ですむことから、選択肢に入れる夫婦も多いようです。精子の数や運動性に異常がある場合や、子宮頚管の粘液が少ないとき、性交障害のある人にとっては、有効な治療といわれています。

    基本的に、精液の採取から洗浄、遠心分離、精子の注入まで半日もかからずに終わります。トラブルがなければ入院などの必要はありません。特別な治療や作業はなく、帰ってからもいつもどおりに過ごすことができます。

    人工授精後には腹痛や出血があっても大丈夫?

    Image

    人工授精時にできた傷が原因のことも

    人工授精後に、まれに腹痛や少量の出血があることも。何か子宮内でトラブルがあったのかと心配になってしまいますよね。出血や腹痛が人工授精直後の場合、いくつか原因が考えられます。

    子宮に精子を注入するとき、器具で子宮を固定したり開く場合があります。そのとき、器具が子宮を傷つけ、出血の原因となることも。この場合の傷はごく小さいもので、出血の量も少なく、数日のうちにおさまるといわれています。

    精液や腟についている細菌が、バリアとなる粘液を通さず直接子宮内へ入るため、腹膜炎となってしまうこともあるようです。抗生剤を処方されることが一般的ですが、これが腹痛の原因となることもあります。

    また、人工授精の際に排卵のタイミングをコントロールするため、排卵誘発剤をつかっている人もいるでしょう。その場合、排卵誘発剤の副作用で腹痛がおこっていることもあります。重症になることもあるので、腹痛が続くようなら医師に相談しましょう。

    着床時の腹痛や出血かも

    人工授精の後、一週間近くたってから腹痛や出血があったというときは、着床痛や着時出血の可能性があります。基本的に人工授精は、排卵前から排卵直後に行います。卵管で精子と卵子が出会うと、受精卵となり、一週間ほどかけて子宮にたどりついて根を下ろします。これが着床です。

    着床のとき、少量の出血や腹痛がおこることがあります。受精卵の絨毛が子宮の壁に進入していく過程で起こるといわれています。また、妊娠でホルモン分泌が変化する影響もあるようです。

    出血の量は少なくおりものに混じる程度で、数日で終わることが一般的です。ただし、着床時の出血や痛みはかならず起こるわけではなく、まったくない人も多いといわれています。治療や処置などはなく、様子見のことが多いですが、心配な場合は病院に相談してみましょう。

    激しい痛みや大量の出血があるときは病院へ

    出血の量があまりに多かったり、痛みがひどい場合はすぐに病院で診てもらいましょう。排卵誘発剤を服用したり、注射していた場合、まれにOHSS(卵巣過剰刺激症候群)をひきおこすこともあります。腹水や激しい腹痛などが症状として表れ、放置すると大変危険な病気です。

    妊娠初期の出血は、流産の前触れで起こることもあります。自己判断は難しいので、出血があった場合はまず医師に確認しておいたほうが安心です。

    人工授精後の過ごし方は?運動や性交をしても良い?

    Image

    激しい運動はしない

    人工授精後、次の生理が来るかどうかで妊娠を判定します。それまでの約14日間は、トラブルなどなければいつもどおりに過ごして問題ありません。安静などの指示もないようです。運動や入浴なども、血行がよくなる程度であれば推奨されています。

    ただし、全身を使った激しい運動などは控えましょう。もし妊娠していた場合、妊娠初期の身体に悪影響をおよぼすこともあります。病院によっては、自転車などの使用を控えるように指示することもあるようです。

    性交をしても問題ない

    人工授精後でも、性行為をしても問題はないといわれています。妊娠に支障はありませんが、性行為をしたほうが妊娠率が上がるわけでもないので、無理に性行為をする必要もありません。ストレスをためない生活がなにより大切なので、夫婦のスキンシップやコミュニケーションの一環ととらえても良いですね。

    医師によっては、精液や性行為の刺激が着床を妨げる可能性があるので、人工授精後は念のため控えたほうが良いという場合もあります。不安な人は医師に相談してみましょう。

    人工授精後の飲酒は喫煙は控えるべき?

    Image

    喫煙、過度な飲酒は控えよう

    喫煙は、プレママにとっても、妊娠した後の母体にとっても悪影響です。酸化ストレスによって卵子が老化したり、血行が悪くなってホルモン分泌にもみだれがでてしまいます。受動喫煙もあまり好ましくないので、もしパートナーが喫煙者の場合は、不妊治療中は頑張って禁煙してもらえるよう相談してみましょう。

    お酒は血行がよくなる程度であれば、妊娠判明までは問題ないといわれる場合もあります。ただし、飲みすぎは喫煙と同じように悪影響です。卵子の質を下げたり、ホルモンの分泌異常につながるといわれています。お酒を飲まないとストレスがたまってしまうという人以外は、できるかぎり飲酒もさけたほうが無難です。

    健康的な生活をすることがもっとも大切

    人工授精後は、規則正しく健康的な生活をすることが一番です。ストレスや不眠、栄養バランスのくずれは着床や妊娠生活にも悪影響です。朝は太陽の光りを浴び、夜はリラックスして質の良い睡眠をとりましょう。

    食事も野菜やフルーツ、ナッツ類を取り入れ、冷たいものは飲み過ぎないようにしましょう。適度なウォーキングなどで血行をよくして、ホルモンや栄養が身体の隅々にまでいきわたるように心がけると良いですね。安静にしすぎる必要はありませんが、身体を酷使するような作業は控えたほうが良いでしょう。

    人工授精後の注射は何のため?

    Image

    人工授精後の黄体機能不全をふせぐため、注射などで黄体ホルモンを補充することがあります。排卵によって卵胞が破れで卵子が飛び出したとき、卵胞は黄体というものに変化します。黄体からは、プロゲステロンというホルモンが分泌され、この働きで子宮内膜が着床にそなえて、柔らかさと厚みを増していきます。

    つまり、人工授精後の注射は、着床しやすい環境、妊娠しやすい環境を整えるためといえます。プロゲステロンを注射したり、hCG注射でプロゲステロンの分泌をうながす場合もあります。全ての人に行われるわけではありませんが、黄体機能不全が疑われる場合はとくに必要不可欠のようです。

    人工授精後の症状は?体温が上がらなくても平気?

    Image

    着床は人工授精の5~7日後から始まり、12日目までには終わります。卵管という場所で精子は卵子と出会って受精卵となり、子宮内膜へと移動して接着し、根付きます。この着床が成立すると、一般的には「妊娠している」状態になります。

    妊娠初期の症状は以下のようなものがありますが、個人差があります。まったく何も感じない人もいるようです。

    胸の張り

    妊娠すると、脳下垂体からプロラクチンというホルモンが多く分泌されます。プロラクチンは、乳腺を刺激して、乳汁を分泌する働きがあります。そのため、着床後は胸の張りを強く感じることになります。

    乳房が熱く感じたり、胸が重くなったり、痛みを伴ったりします。身体を締め付けない、ゆったりした服を着るなど対策をとっても良いでしょう。

    着床痛

    着床前後、下腹部にチクチクという軽い痛みを感じることがあります。着床の時期に起こるので「着床痛」とよばれますが、医学的根拠はいまだにありません。生理痛とよく似ているので、間違える人も多いようです。

    子宮の収縮や変化による痛みではないかともいわれていますが、原因はわかりません。着床痛は軽く、すぐにおさまるようなので、もし強くなっていく場合は違う理由も考えられます。

    腹痛・腰痛

    チクチクとした軽い腹痛を感じる人も中に入るようです。原因はさまざまで、ホルモンの変化による便秘や下痢によることもあります。腰痛の場合は、出産にそなえて子宮や骨盤が広がることで感じます。

    腹痛が長く続くものや、痛みがどんどん酷くなる場合は、危険な兆候のことも。すみやかに専門医に診てもらいましょう。

    着床出血

    着床のタイミングで子宮内膜から出血する場合があります。おりものに似ていて、薄茶色、薄ピンク色などの出血が見られます。鮮やかな赤のこともあるようです。個人差が大きく、1~2日ほどで治まる方もいれば、1週間以上続く方もいます。

    生理と間違えてしまうことも多いようですが、量は少なく、痛みも軽いものといわれています。どちらか判断がつかないときは、少し様子を見るか、医師に相談してみましょう。

    高温期が続く

    基礎体温を測ると、女性の身体は低温期と高温期をくりかえしています。生理から排卵日までが低温期で、排卵日以降が高温期です。人工授精が成功し、着床するとこの高温期が長く続きます。人工授精実施後、14日以上高温期が続いた場合は、妊娠の可能性が高いといえます。人工授精後は、なるべく基礎体温を測り、毎日チェックする習慣をつけましょう。

    高温期が続くのは、妊娠中に多く分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きによるものです。プロゲステロンは、子宮内の状態を整え、乳腺を発達させます。妊娠の継続に欠かせないホルモンなのです。

    インプランテーションディップ

    妊娠すると、一般的には高温期がつづきます。しかし、なかには、高温期に入って7日目~10日目あたりに、一度体温が低くなってしまう人もいます。この現象をインプランテンションディップとよびます。

    原因は解明されていませんが、受精卵が子宮に着床したときに起こるともいわれています。体温が一時的に下がっても翌日からまた体温が上がり、高温期の開始から二週間以上続けば妊娠の可能性があります。

    人工授精後の過ごし方で気をつけたいこと

    Image

    ストレスをためない

    妊娠を左右するホルモンは、脳の指令によって分泌されます。ストレスをためることで脳はダメージを受けるため、ホルモンの分泌異常につながり、受精や着床の妨げになる可能性も。人工授精後は、なるべくストレスをためない生活を心がけましょう。

    ゆっくりリラックスできる時間を持ったり、趣味の時間を楽しんだりしましょう。ウォーキングなどの適度な運動も効果的です。血流を良くし、ストレスをためないためにも、軽めの運動で心身ともにリフレッシュしましょう。

    規則正しい生活をする

    不規則な生活は、ストレスの原因となる可能性があります。体力も落ちますし、受精障害や着床障害にもつながりうるので、できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

    そのためには、睡眠をしっかりとることが重要です。質の良い眠りがとれるよう、寝具にこだわったり、寝る前のストレッチをしても良いですね。朝起きたとき、なるべく日を浴びて体内時計をリセットすると、目覚めがスッキリします。

    身体を冷やさない

    妊娠に必要不可欠なホルモンは、血流にのって全身にいきわたります。そのため、血のめぐりが悪かったり、冷え性になったりすると、ホルモン分泌にとっては悪影響といえるでしょう。

    冷え性を防ぐには、根菜などの身体を温める食べ物や、あたたかいお茶などは効果が期待できます。ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、軽めの運動も良いでしょう。喫煙は血流が悪くなる原因となりますので、なるべくさけましょう。

    バランスの良い食事をする

    なるべく栄養バランスを考えた食事を摂りましょう。妊娠しているときは、そのまま赤ちゃんの栄養になりますし、妊娠していなくても、妊娠維持に必要な身体作りにつながります。

    ホルモンの分泌を整えるには、ビタミンやミネラルが必要不可欠です。大豆製品や果物、野菜をバランスよく食べましょう。また、妊活中や妊娠初期には「葉酸」がとても重要になってきます。

    葉酸はビタミンBの一種で、不足すると貧血になる可能性があります。妊娠前や妊娠初期に積極的に接種することで、胎児の二分脊椎などの神経間閉鎖障害を低減させることができるといわれています。緑黄色野菜や果物に多く含まれますが、身体に蓄積することができないため、毎日摂取する必要があります。葉酸は熱に弱いため、サプリなどを利用するのもおすすめです。

    人工授精後は心配しすぎずリラックスしよう

    Image

    人工授精後の過ごし方は、ストレスをためず、普段通りの日常生活を送ることが大切です。血流をなるべく良くするため、適度な運動や規則正しい生活を心がけましょう。

    着床すると、胸が張ったり、腹痛や出血があったりします。何か気になることがあった場合は、すぐに担当の医師に相談してみましょう。

    あわせて読みたい

    Image

    人工授精後の着床時期は?着床後の症状や成功率について | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21908
    Image

    人工授精による年齢別の成功率。何回くらいで成功する?成功率を上げるには | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21917

    関連する人気の記事

    妊活・不妊のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    Kanae.O

    苦悩の妊活約3年を経て、現在双子のプレママです♡ 妊…

    妊活・不妊 デイリーランキング

    おすすめの記事