更新日:2017年01月05日

赤ちゃんと東京ディズニーリゾートを楽しもう!0〜1歳とディズニーを楽しむコツ4つ

赤ちゃんとディズニーランドに行ってみたい!でも『まだ早いかな。』『アトラクションには乗れないし。』と思っていませんか。ディズニーランドはアトラクションだけが楽しみ方ではないので、赤ちゃんとでも楽しく過ごせると思いますよ。思い切ってパークデビューしてみませんか?0〜1歳の赤ちゃんとも楽しむためのポイントをご紹介します。

1954
2

目次

    東京ディズニーリゾートなら0〜1歳児とでも楽しめる!

    子供が産まれたらぜひ連れて行きたいテーマパークといえば、東京ディズニーリゾートですよね。でも、0〜1歳の赤ちゃんはまだまだ早いかな…と思っている方も多いのではないでしょうか。

    今は公式サイトにも赤ちゃんとママのディズニーリゾートの楽しみ方が掲載されていたり、初めてのお誕生日をディズニーランドでお祝いしよう!というページが開設されていたりします。思い切ってパークデビューしてみては。

    出発前に公式サイトやガイドブックでしっかり下調べをしていけば楽しめると思いますよ。

    ※2016年3月時点の情報です。ショーやアトラクション、サービスなどは変更になる可能性がありますのでご了承下さい

    赤ちゃんとディズニーを楽しむ4つのポイント

    1.アトラクションに乗ることに執着しない

    0〜1歳でも乗れるアトラクションは意外とたくさんあります。今は公式ホームページからも確認できますので、事前によく確認していくといいでしょう。

    ただし、一人で座れない赤ちゃんでも楽しめるシアター型アトラクションの中には3Dメガネを着用するものや、暗転・強い光などの効果があるものもありますので注意が必要です。(フラッシュなどの効果についても公式ホームページから確認できます。)

    0〜1歳の赤ちゃんとのディズニーでは、やはりあまりアトラクションにはこだわらず、どちらかというとショーや、キャラクターと会う、写真を撮るなどの楽しみ方に目を向けてみては。アトラクションは少し大きくなってからきても、変わらず同じ内容が楽しめるものが多いと思いますが、ショーは次に来た時には変わっているかもしれません。

    2.寒さ・暑さの対策をしっかりする

    海が近く風が強いエリアに成りますので、防寒対策はしっかりしたいですね。春先や秋口で日中暖かい日でも、日が落ちると気温がぐっと下がる事があります。服装は調整しやすいように重ね着して、脱いだり着たりしやすいようにしておきましょう。上着を持ち歩くのが大変という時はコインロッカーを活用しましょう。夜のショーを観たい場合はブランケットなども用意しましょう。

    また、夏場は日差しが強いので紫外線対策をしっかりしましょう。帽子を被って、日焼け止めも塗るといいでしょう。また、照り返しで気温も上がります。瞬間冷却剤やアイスノンなどもあるといいでしょう。

    赤ちゃんと一緒に楽しむためには、あまり無理せず、気温が高すぎる時間帯や寒すぎる時間帯は外で活動するのを避けるようにした方がいいでしょう。レストランやお店、屋内の施設で楽しむようにしましょう。ディズニーシーならマーメイドラグーンはエリア全体が屋内なのでおすすめです。

    Image

    海が近いため、夏はとても暑く、冬はとても寒いエリアです。対策は普段以上にしっかり!

    3.あると便利な持ち物

    【ベビーカー】
    1000円でレンタルもできますが、まだあんよをしない赤ちゃんなら普段使い慣れたベビーカーを持っていくことをおすすめします。お昼寝してしまったときにリクライニングをしてあげれるように、普段あまり使わない方は使い方を改めて確認しておきましょう。

    【バスタオル、ブランケット】
    海が近く、温度差が激しいエリアになりますので、寒くなったらバスタオルやブランケットで包んであげるといいと思います。暑い時期はベビーカーに保冷剤を入れれるシートを取り付けるといいでしょう。

    【レジャーシート、携帯クッション】
    ショーを観るときにあると便利なレジャーシートや携帯クッションもあるといいと思います。赤ちゃんを膝に乗せて座るとよりお尻が痛くなりがちなので多少かさばっても携帯クッションがあると良いですよ。

    【雨具、着替え】
    ポンチョやベビーカー用レインカバーも持っていくといいでしょう。現地でも購入できますが、持っていけば安心です。

    夏はかなり暑くなると思われますので、着替えとタオルは多めに、帽子も忘れずに持って行きましょう。保冷剤などもあると便利です。
    冬は手袋やマフラーなどもあるといいでしょう。使い捨てカイロもあるといいと思います。

    【哺乳瓶、マグ】
    水分補給もこまめにしてあげた方がいいでしょう。哺乳瓶やマグもお忘れなく。

    Image

    ベビーカーをレンタルするのはある程度歩けるようになってからがおすすめです。

    4.ベビーセンターを活用しよう

    ディズニーランドはすべての女性用トイレにおむつ替えベッドがあるそうです。
    それに加えて、ランドは15ヶ所シーは3ヶ所の男性用トイレにもあり、パパもおむつ替えOKになっています。

    また、トイレのおむつ替えベッドが混んでいたら、ベビーカーセンターに行くのも◎おむつ替えベッドがたくさんあります。

    ベビーセンターはおむつ替えだけでやく、授乳室やキッチン、ダイニングコーナーやベビー用品の販売もしています。電子レンジや調乳用のお湯もあります。お皿やスプーンも貸してもらえるそうです。ベビーキープやテーブル付きのこども椅子があるので、離乳食はここで食べさせてあげるといいと思います。

    ベビーセンターはディズニーランドにはワールドバザールとトゥーンタウン、シーにはメディテレーニアンハーバーにあります。マップの哺乳瓶のマークの場所です。
    シーはアメリカンウォーターフロントにおむつ替えコーナーと授乳室もありますよ。

    おすすめのアトラクションやレストラン

    おすすめのアトラクション

    アトラクションといっても、やはりショーのようなシアタータイプのものがおすすめです。ディズニーランドならカントリーベアーシアターやスティッチの魅惑のチキルームはママの膝の上で楽しめますよ。ディズニーシーならマーメイドラグーンシアターがおすすめです。リニューアルして怖いシーンがより少なくなり赤ちゃんや小さいお子さん向けになった印象です。

    おすすめのショー

    ディズニーランドならミニーオーミニーやワンマンズドリームⅡがおすすめです。席に座って鑑賞するのでママたちもゆっくり観れますよね。ディズニーシーならテーブルイズウェイティングがおすすめです。衣装も華やかでカラフルなので赤ちゃんも楽しめると思います。

    おすすめのレストラン

    キャラクターに会えるレストランがおすすめです。

    ディズニーランドではクリスタルパレスレストランでキャラクターブレックファーストを実施しています。プーさんなどのキャラクターが食事をしているテーブルに来てくれて、握手や撮影をしてくれます。朝食のみで定員になり次第終了ですのでご注意下さい。

    ディズニーシーでキャラクターと会えるレストランはホライズンベイ・レストランです。ミッキー・ミニー・プルートが順番に席にきてくれ撮影できるので、とてもおすすめです。昼食や夕食にちょうどいい時間はかなり待ち時間が発生することが予想されるため、赤ちゃんの食事だけ済ませ、大人は軽くつまむなどして時間をずらすようにすることをおすすめします。また、キャラクター・ダイニングの営業時間はレストランの営業時間と異なる可能性がありますので一度、近くにいるキャストに確認しておくと安心です。

    パーク以外にもディズニーアンバサダーホテルのシェフミッキーでキャラクターダイニングが楽しめます。ミッキー、ミニー、ドナルドが会いに来てくれるのでおすすめです。

    ショーを見ながら食事出来るレストランもおすすめです。ディズニーランドのポリネシアンテラスレストランはランチは特に予約がとれないほど人気です。ショーレストランの予約はⅠヶ月前朝9時からオフィシャルサイトで出来ます。当日空席が出た場合はモバイルサイトで予約が可能です。ぜひ予約してみてください。ザ・ダイヤモンドホースシューはお昼はトイ・ストーリーのウッディーとジェシー、夜はミッキー・ミニ−やドナルドが登場しますよ。

    ディズニーシーでショーを見ながら食事をするならケープコッド・クックオフです。ダッフィーとミッキーたちのショーを見ながらハンバーガーを食べられます。食事の内容がライトなのでお昼におすすめですが、こちらのレストランは予約等はなくお昼はかなり込み合うと思います。以前、確認したところ、2時半ころからすきはじめるとの事だったので、やはり時間をずらすことをおすすめします。

    Image

    アトラクションやレストランの待ち時間で赤ちゃんの食事の時間がずれてしまわないように気をつけてあげてくださいね。赤ちゃんはベビーセンターで離乳食を食べたり授乳したり出来ますので、大人はずらすのがおすすめ。

    おすすめのお買い物

    せっかくディズニーに行ったなら、何か記念になるものがほしいですよね。
    ディズニーでは、ガラス製品に名前を彫ってもらえるサービスがあるので、記念のお土産にぴったりですよ。フォトフレームやグラスなど好きなグッズに名前を入れてもらえます。

    出来上がりまで少し時間がかかりますので、注文は午前中にしておくのが安心です。
    ディズニーランドではシンデレラ城、ディズニーシーではアラビアンコーストにお店があります。

    ディズニーホテルのおすすめポイント

    小さい赤ちゃんと一緒にいくなら、なおのことおすすめなのがディズニーホテルに宿泊することです。
    ディズニーランドホテル、ディズニーシー・ホテルミラコスタ、ディズニーアンバサダーホテルでは様々な特典がありますのでおすすめです。

    いずれのホテルでも15分前からパークに入園できるアーリーエントリーを開催しています。赤ちゃんと一緒で行動がゆっくりになりがちでも一足先に入れると良いですよね。また、お土産をホテルに届けてくれるデリバリーサービスもあります。お土産屋さんで買い物をしたら、宿泊先のホテルを伝えるだけで届けてくれます。荷物の多い赤ちゃん連れには嬉しいサービスですよね。

    他にもパークとホテルが近いことで気軽に客室に戻って昼寝をしてからまた再入園したりなどが気軽にできるという点もポイントです。(アンバサダーホテルは少し遠いので、近いという点ではランドならランドホテル、シーならミラコスタがおすすめです。)
    是非一度泊まってみてくださいね。

    パパ、ママも赤ちゃんもぜひディズニーを楽しんで

    0〜1歳は普通のおでかけでも大変な時期なので、ディズニーなんて楽しめるのかな?と不安な方も多いと思います。近い方は気軽に行けるかもしれませんが、遠方だとなおさら行きにくいですよね。

    でも、無理のないスケジュールにして「ディズニーランドにいるだけでなんだが楽しい!」という気持ちで行くと本当に楽しめると思います。

    行きたいと思いつつ、なかなか思いきれないという方は、ぜひまず計画を立ててみてください。色々調べておくととても役に立ちますし、よし!行ってみよう!という気持ちになるかもしれません。

    赤ちゃんディズニーの関連記事はこちら

    Image

    可愛いディズニーのベビー服♡キャラクターとハグできちゃうかも? | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/10752
    Image

    ママが子供に見せたい!ディズニー映画おすすめ9選☆ | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/12064
    Image

    たまっちゃうけど捨てられない!ディズニーのポップコーンバケツの使い方が斬新! | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/11712

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    fd19d3

    1歳の女の子の母です。 悩んだり不安に思ったりすることも多々ありますが いたずら大好き...