浅草の子連れで行きたいスポット10選!見て!食べて!遊んで!親子で伝統文化に触れてみよう!

浅草は、いわずと知れた東京を代表する観光名所です。神社や仏閣のイメージが強いですが、花やしきやお菓子作り体験など、子どもが楽しめるスポットがたくさんあります。職人の技に触れたり日本の伝統工芸品を堪能したりと、下町の情緒がある街で日本の文化に親しんでみませんか。ここでは、浅草のおすすめスポットをご紹介します。

79844

目次

  1. 1.浅草花やしき
  2. 2.浅草親子カフェ「ぱんだカフェai」
  3. 3.浅草ROX「まつり湯」
  4. 4.浅草寺
  5. 5.祭り用品専門店「浅草中屋」本店
  6. 6.手ぬぐい専門店「染の安坊」本店
  7. 7.人力車「えびす屋」
  8. 8.常磐堂雷おこし本舗「雷5656会館」
  9. 9.浅草花月堂 本店
  10. 10.台東区立「隅田公園(浅草側)」
  11. 新宿から電車で20分・歴史と伝統が息づく街を散策しよう!
  12. あわせて読みたい

1.浅草花やしき

「浅草花やしき」は1853年に花園(かえん)として登場した後、1949年に再建した日本最古の遊園地として親しまれています。パンダカーやちびっこ観覧車など、小さな子どもが遊べる乗り物やアトラクションがたくさんありますよ。

花やしきで4歳以下の子どもが乗り物を楽しむ場合、付き添いが必要なアトラクションは大人の搭乗料が無料です。園内には授乳室やおむつ替えシートがあるので、赤ちゃん連れでも安心して遊べるでしょう。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区浅草2-28-1
▼TEL:03-3842-8780
▼営業時間:10:00〜18:00
※営業時間は季節・天候により異なる
※最終入園は閉園の30分前
▼定休日:なし
※メンテナンスなどの臨時休園は公式サイト参照
▼アクセス:
<電車/バス>
・つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩3分
・地下鉄銀座線など「浅草駅」から徒歩5分
<車>首都高速1号「入谷」出口から約6分
▼駐車場:無
▼料金:<入園料>
・中学生以上…1,000円
・小学生…500円
・未就学児…無料
※フリーパス有

Article link icon
花やしき【浅草】へ行こう!アクセスやアトラクションは?割引でお得に回れ…

2.浅草親子カフェ「ぱんだカフェai」

1552460931296%20(2)引用元:www.pandacafe.info

浅草親子カフェ「ぱんだカフェai」は、0~2歳の赤ちゃんや子連れでゆったりとランチができるカフェです。カフェ内は全面畳敷のフロアのため、ハイハイやよちよち歩きの赤ちゃんも安心して食事ができるでしょう。

料理にもこだわりがあり、本格的なシェフの味が堪能できます。フリードリンクや赤ちゃんグッズも備わっているので、子連れでゆっくりできる貴重なカフェですよ。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区雷門1-7-7​
※店内入り口は、1F「浅草グリルバーグ」と共通
▼TEL:03-5811-1841
▼営業時間:11:00~20:00(L.O19:00)
※最終入店18:00
▼定休日:年末年始/不定休
▼アクセス:
<電車/バス>東京メトロ銀座線「田原駅」から徒歩1分
<車>国際通り「セブンイレブン浅草田原町店」を東へ
▼駐車場:無
▼料金:<2時間制/フリードリンク付>
・大人…1,200円
・0~ 2歳…無料
・3~ 6歳(未就学児)…400円
・6~12歳(小学生)…600円
※延長の場合、別途利用料が必要
※別途料理代金

3.浅草ROX「まつり湯」

Facilities bath in img01 01引用元:www.matsuri-yu.com

ショッピングモール・浅草ROX内にある総合スパ「まつり湯」には、スカイツリーが展望できるアミューズメントスパです。子連れに優しい割引プランがあり、個室でカラオケをしたり座敷でゆっくり食事を楽しんだりしても良いでしょう。

温泉やレストラン・リラクゼーションやゲームコーナーなどがそろっているので、親子で楽しめる施設といえます。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区浅草1-25-15 ROX7F
▼TEL:03-3836-7878
▼営業時間:
・月~土/10:30~翌9:00
・日/10:30~23:00
▼定休日:無休
※ROX休館日を除く/年に数回館内点検のため臨時休業有
▼アクセス:
<電車/バス>つくばエクスプレス「浅草駅」A1出口から徒歩1分
<車>首都高速1号「入谷」出口から約5分
▼駐車場:101台/有料
※施設利用で駐車料金割引有
▼料金:
・中学生以上…2,700円
・4歳~小学生…1,350円

4.浅草寺

大きな雷門が目印の「浅草寺」は東京都内最古のお寺といわれ、毎年国内外から多くの観光客が訪れます。雷門から浅草寺まで続く仲見世(なかみせ)には、たくさんのグルメがあります。浅草ならではの雑貨も多く、日本の伝統工芸や職人の技に触れることができるでしょう。

浅草寺は、ベビーカーが通りやすいようにバリアフリーに整備されていたりおむつ替えシートが置かれている多目的トイレがあったりと、子連れで行きやすい観光スポットといえます。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区浅草2-3-1
▼TEL:03-3842-0181
▼営業時間:6:00~17:00
※季節により変動有(公式サイト参照)
▼定休日:無休
▼アクセス:
<電車/バス>東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩5分
<車>首都高速1号「入谷」出口から約6分
▼駐車場:無
※台東区雷門地下駐車場など利用
▼料金:無料

5.祭り用品専門店「浅草中屋」本店

Honten引用元:www.nakaya.co.jp

「浅草中屋」は、祭りに関するさまざまな衣装や雑貨が販売されている祭り用品専門店です。男女ともに身長85cm程度から着られるサイズの衣装があり、お祭りだけではなく普段着として購入する方も少なくありません。

毎週土曜は、職人による手書き札の実演販売が行われています。日本の活気ある文化を身近に感じたり職人の技を堪能したりと、さまざまな体験ができるショップといえるでしょう。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区浅草2-2-12
▼TEL:03-3841-7877
▼営業時間:10:00~20:00
※土曜手書き札実演販売/11:00~16:00
※行事などで変動有
▼定休日:店舗に問い合わせが必要
▼アクセス:
<電車/バス>東武伊勢崎線「浅草駅」から徒歩5分
<車>首都高速6号「駒形」I.Cから約5分
▼駐車場:無
▼料金:商品代金のみ

6.手ぬぐい専門店「染の安坊」本店

Top asa1 130529引用元:www.anbo.jp

「染の安坊」は、デザインから染色・裁断まですべて自社で行っている手ぬぐい専門店です。浴衣作りの際に選ばれる最高級生地を使用しているので、肌触りが良く吸水性が高いと評判ですよ。

手ぬぐいに名入れができたり好みの柄でアロハシャツがオーダーメイドできたりと、幅広い注文にこたえてくれるショップといえます。別館と隣接する染工房では、小さな子どもも藍染や印染の染体験ができます。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区浅草1丁目21-12
▼TEL:03-5806-4446
▼営業時間:10:30~19:00
▼定休日:不定休(公式サイト参照)
▼アクセス:
<電車/バス>「浅草雷門」から徒歩2分
<車>首都高速1号「入谷」出口から約6分
▼駐車場:無
▼料金:商品代金のみ

7.人力車「えびす屋」

Kaminarimon 1引用元:ebisuya.com

浅草には、雷門や浅草周辺をめぐる人力車が走っています。若手からベテランまでさまざまな年齢の俥夫(しゃふ)が、観光スポットを紹介しながら人力車を引いてくれますよ。

コースは12分程度の雷門周辺探索から120分かける大江戸めぐりまで、幅広いプランが用意されています。小学生未満の子どもは無料で利用できるため、安全面とマナーを守って乗車できると良いですね。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区浅草1-20-4 イーストビル3F
▼TEL:03-3847-4443
▼営業時間:9:30~日没
※季節により変動有
▼定休日:無休
▼アクセス:
<電車/バス>東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩1分
<車>首都高速1号「入谷」出口から約11分
▼駐車場:無
▼料金:<1区間>
・3,000円/1名~

8.常磐堂雷おこし本舗「雷5656会館」

常磐堂雷おこし本舗「雷5656(ゴロゴロ)会館」では、浅草名物・雷おこし製造体験ができます。所要時間は30~60分で、小学生がひとりでできる難易度のプログラムといえるでしょう。体験したい日程が決まったら、事前予約が必要です。

雷5656会館には、茶屋やお土産売り場があります。予約制で、浅草ならではのお弁当や定食が食べられるので、体験後は下町で生まれた老舗の味を堪能しても良いですね。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区浅草3-6-1 5656会館2F
▼TEL:03-3874-5656
▼営業時間:9:00~17:30
▼定休日:不定休(公式サイト参照)
▼アクセス:
<電車/バス>つくばエクスプレス「浅草駅」1番出入口から徒歩約5分
<車>首都高速1号「入谷」出口から約5分
▼駐車場:無
※観光バスのみ駐車場有
▼料金:2,200円/ひとり

9.浅草花月堂 本店

昭和20年から浅草を中心に出店している「花月堂」は、めろんぱんが有名です。週末や休日は、ジャンボめろんぱんを求める人で行列ができるほどの人気店ですよ。めろんぱんにアイスや餡をはさんだオリジナルメニューもあります。

本店は、浅草寺本堂の左側・西参道商店街の入り口にあります。落ち着いた和を感じることができる店内で、かき氷やソフトクリームなど食べて休憩しても良いでしょう。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区浅草2-7-13
▼TEL:03-3847-5251
▼営業時間:9:00~ジャンボめろんぱん完売まで
▼定休日:無休
▼アクセス:
<電車/バス>つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩約2分
<車>首都高速1号「入谷」出口から約6分
▼駐車場:無
▼料金:商品代金のみ

10.台東区立「隅田公園(浅草側)」

「隅田公園(浅草側)」は、隅田川をはさんでスカイツリーが展望できる公園です。隅田川に面した細長い敷地の公園なので、園内の紫陽花ロードなど堪能ながら川沿いを散歩する楽しみ方もおすすめです。

春には500本を超える桜が咲き誇り、花見客で賑わうスポットといえるでしょう。適度に休憩できるよう、園内にはカフェが併設されています。公園内の乗船場から水上バスに乗って隅田川をめぐっても良いですね。

【施設情報】
▼住所:東京都台東区浅草7丁目1
▼TEL:03-5246-1321
▼営業時間:常時開園
▼定休日:無休
▼アクセス:
<電車/バス>東武伊勢崎線「浅草駅」から徒歩2分
<車>首都高速1号「入谷」出口から約7分
▼駐車場:無
▼料金:無料

新宿から電車で20分・歴史と伝統が息づく街を散策しよう!

浅草には、多くの人が訪れる日本でも有名な観光名所です。浅草の街を探索して、日本ならではの文化や歴史を感じてはいかがでしょうか。

浅草は、日本の文化や伝統工芸品・職人の技が根付いている街です。下町ならではの活気があふれるグッズを探してみても良いですね。休日は浅草の子連れで楽しめるスポットに、ぜひ足を運んでみましょう。

※本記事は2019年5月23日時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

東京ドームシティアトラクションズ子連れ攻略法!アトラクションやホテル・イベントなど徹底解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26104
Image
アソボーノ攻略法!混雑回避法や料金・クーポンやアクセスなどを詳しく解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25329
Image
原宿の子どもと行きたいおでかけスポットおすすめ10選!子連れで楽しめる施設が充実
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23024
Image
東京23区、どの自治体の出産・育児サポートが一番いい?妊婦健診から私立幼稚園の補助まで、まとめて比べよう
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/15985
Image