更新日:2017年02月07日

セルフシリンジ法(自己人工授精)のやり方と注意点は?

注射器を使って自分で人工授精をする、セルフシリンジ法(自己人工授精)について聞いたことはありますか。シリンジ法は基本は病院で行うものなので、セルフリシンジ法は推奨されている方法ではありません。どうしても気になる人のために、セルフシリンジ法のやり方と注意点について、医師監修の記事でご紹介します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
108888
0

体外受精と人工授精の違いは?

Image

まず、不妊治療の体外受精と人工授精(シリンジ法)の違いについて説明します。両方とも不妊治療で行われる似たような言葉ですが、体外受精と人工授精は異なる妊娠方法になります。

体外受精

医療機関にて、卵子と精子を採取します。その中から、状態の良い卵子と精子を選びます。この卵子と精子を同じ入れ物(シャーレ)に入れて、受精卵を作ります。そして、受精卵を直接女性の子宮内に戻します。受精卵が無事に子宮に着床すると、妊娠が成立します。受精卵が着床しなかった場合は、不成立となります。

人工受精(シリンジ法)

女性の排卵日に、男性の精子を採取し、細い管のついた注射器に入れます。そして、女性の腟内の奥に注射器の管を通し、直接精子を注入します。受精卵ができて、着床したら妊娠の成立です。受精卵ができなかったり、受精卵ができて着床しなかった場合は不成立になります。

病院のシリンジ法とセルフの違い

Image

シリンジ法は基本は病院で行う妊娠方法になりますが、道具があれば個人で行うことも可能だと言われています。シリンジ法を病院で行う場合と、個人で行う場合の違いをご説明します。

病院で行う(シリンジ法)

病院でシリンジ法を行う場合は、採取した精子の状態を顕微鏡で確認します。精子がしっかりと直進運動していれば、シリンジ法での妊娠の可能性があると判断されます。もし精子が動かなかったり、直進運動をしていない場合は、シリンジ法は行わずに体外受精に移行します。

シリンジ法にて妊娠を計画することが決まったら、女性の排卵日に合わせて、男性の精子を採取します。そして、精子を遠心分離器にかけ、死滅した精子を取り除きます。良い状態の元気のある精子のみを選別して、細い管のついた注射器(シリンジ)に入れます。そして、膣内の奥に注入します。

シリンジ法の費用は保険適用外となり、1回17,000円~が目安です。通院や検査など通院の費用が別にかかりますが、こちらは保険適用になります。

個人で行う(セルフシリンジ法)

個人で行うセルフシリンジ法の場合は、病院で行われる精子の選別ができません。男性から採取した精子をそのまま注射器(シリンジ)に入れて、女性の腟内に注入します。精子の鮮度が良いうちに行うようにしてください。

個人で行う場合は、シリンジをあまり奥にまで入れてしまうと、感染症を引き起こす可能性があります。医療用機器として認められた、滅菌済みの清潔なシリンジを使うようにしましょう。シリンジは1本100円程度が相場になります。

セルフシリンジ法が適しているケースは?

Image

妊娠方法において、セルフシリンジ法が適応しているケースは、主に3つあります。

・夫がED(勃起不全)
・セックスレス
・夫と仲が悪い

セックスがしたくてもできない夫婦、セックスレスの夫婦、夫婦仲が悪くセックスしたくないが子供は欲しい、という場合に、セルフシリンジ法は適していると言えます。

セックスをする必要がない妊娠方法とはいえ、セルフシリンジ法は一人ではできません。排卵日を予測するために、基礎体温をしっかり毎日計測することも大事です。セルフシリンジ法をするかどうかは、お互いの同意を得て、仕組みやメリット・デメリットをしっかり夫婦で理解した上でしましょう。

セルフシリンジ法のやり方

Image

セルフシリンジ法に適した時期

排卵予定日の、前後2日間が一番妊娠率が高いと言われています。セルフシリンジ法はタイミングが大事です。基礎体温を毎日つけて、排卵日を予測しましょう。

シリンジ法が有効な時間は約6時間

排卵した卵子の受精可能な時間は、排卵後から約6時間と言われています。このタイミングを逃さないように注意しながら、セルフシリンジ法を実施しましょう。タイミングを逃すと、次の排卵日まで待つことになります。これがお互いにとってのストレスにならないためにも、排卵日の予測は重要です。

セルフシリンジ法の流れ

1.精子を採取

41rz4wd6t+l引用元:amzn.to

男性に精子を採取してもらいます。採取するときは、滅菌した清潔な容器を用意しましょう。通販では滅菌済の使い捨てカップが売られているので、利用してみてはいかがでしょうか。精子は鮮度が大事なので、シリンジに注入する直前に採取しましょう。

2.シリンジに精子を注入

採取した精子をすぐにシリンジに注入します。このとき、シリンジの先端に手が触れたりしないよう、細心の注意を払いましょう。

3.女性の腟にシリンジの先端を挿入

精子の入ったシリンジの先端を腟に挿入します。このとき、奥に入れすぎたり、腟に傷をつけないように注意しましょう。

4.精子を注入

シリンジの先端から、精子を腟内に注入します。妊娠が成立したかどうか、次の生理予定日まで待ちます。生理が来なかったら、妊娠検査薬で検査をしましょう。

セルフシリンジ法の注意点

セルフシリンジ法は、病院で行われるシリンジ法と違って、衛生面に心配があります。雑菌や細菌が付着したシリンジを使用すると、感染症を引き起こす恐れがあります。シリンジ法は、衛生面の管理が非常に大切ですが、病院と違って完璧に滅菌することができません。

病院と同等までいかなくとも、自分でできる限りの衛生の管理をする必要があります。もったいないからまた使おうなどと考えず、必ず使い捨てのシリンジを購入しましょう。あまり安価なものだと、作りが粗雑で腟に傷をつけてしまう可能性があります。医療機器として認可されたシリンジを購入してください。

41qdwivm1fl

シリンジ法キット 20回分

¥10,778〜(2017/02/07 時点)

※シリンジ法で使用する器具は「一般医療機器」として認可を取得しております。

■この商品を購入した方の口コミ
夫の理由により、結婚当初から私たちには子供ができるのは難しいだろうなと思っていましたが、まずは自宅でできるだけのことはやって、それでもだめなら病院に行こうと決めていました。

そんな中、シリンジ法キットのことを知りました。「妊娠しました!」というレビューを見て、すごく希望になりましたし、実際に3か月たった頃に妊娠しました。使う時は主人もわたしもちょっと緊張しましたが、説明書のとおりとても簡単で痛みもありませんでした。こんなに早く妊娠できると思っていなかったのでびっくりしています。

引用元:review.rakuten.co.jp

通販では、リンジ法に適したキットも販売されています。注射器と、先端部がシリコンゴムで出来たチューブが付属しています。こちらの商品は一般医療機器として認可されているので、安心して使えますよ。

シリンジ法の体験談

筆者は、病院での人工授精(シリンジ法)で赤ちゃんを授かりました。最初はタイミング療法を行っていたのですがなかなか妊娠せず、人工授精(シリンジ法)に切り替えてから1回目で妊娠することができました。

当時は、セルフシリンジ法があるなんて知りませんでした。不妊治療に、はトータルで20万円くらいの費用がかかりました。もしセルフシリンジ法を知っていたら、不妊治療で通院する前に試していたと思います。

セルフシリンジ法を希望する方へ

セルフシリンジ法は雑菌による感染症の恐れがあるため、推奨される行為ではありません。しかし、様々な夫婦の事情から、セルフシリンジ法で赤ちゃんを授かることを希望する人もいることでしょう。試す価値はある方法なので、夫婦お互いの理解のもと、いつまで続けるかを決めてセルフシリンジ法に臨んでください。

もし半年続けて妊娠しない場合は、病院へ行ってきちんと診察を受け、不妊治療を受けたほうがよいでしょう。病院でのシリンジ法も7回をこえると妊娠する可能性がないと判断され、体外受精へと移行になります。

あわせて読みたい

Image

人工授精のタイミングは排卵前、排卵後?人工授精の方法と流れとは | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19877
Image

人工授精による年齢別の成功率。何回くらいで成功する?成功率を上げるには | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21917
Image

精子バンクが利用できる条件と費用は?精子提供の現状 | mamanoko(ままのこ)

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21649

関連する人気の記事

妊活・不妊のカテゴリ

妊活・不妊 デイリーランキング

おすすめの記事