更新日:2018年10月26日

産婦人科は保険証なしで診察できる?費用の相場は?妊娠検査・中絶手術・ピル処方は保険適用外?

産婦人科の診療では、保険証が使える場合と保険が適用されない場合があります。保険適用となる診療の項目や医療費通知、料金の相場など気になるポイントを解説します。妊娠検査、アフターピル、人工中絶手術など、なかなか人に聞けないプライバシー度の高い診療についても見ていきましょう。

監修 : ままのて 医師・専門家
72221
0

記事の監修

Image
産婦人科医
藤東 淳也

産婦人科の診察費用は保険適用?

保険適用になる場合

保険適用になるとは、国民健康保険や健康保険など、加入している公的な健康保険の制度を利用できるということです。これを「保険診療」と言い、病気やケガをしたときに保険医療機関を受診して保険証を提示すると、診察料を全額負担しなくて済みます。

保険診療となるのは、身体に異常があった場合です。出血や生理不順などの異常があって受診をすると、検査を含む診察、処置、薬代などの診察料に健康保険が適用されます。

Mamanote icon
産婦人科の料金(初診料・診察料)の相場は?妊娠検査や性病検査などパターン別に解説!

保険適用外になる場合

保険適用外とは、診察料の支払いの際に健康保険が適用されず、全額負担となることを言います。産婦人科の場合、妊娠検査や妊婦健診、一部の不妊治療は自費診療に該当します。子宮がんや乳がんなどの検診や予防接種なども、病気ではない状態で受ける診療のため保険が適用されません。

また、入院の際の差額ベッド代や厚生労働省に認可されていない先進的な薬を使用する治療、時間外診療なども保険外診療となります。日本では原則として、保険診療と保険外診療の併用は認められていません。しかし、差額ベッド代や先進医療費など一部の保険外診療は、保険診療との併用が認められています。

ただし、がん検診や妊婦健診は自治体による公的な補助が受けられる場合がほとんどです。どのような助成制度が受けられるか、市区町村の窓口で確認してみましょう。

Mamanote icon
妊娠時の産婦人科の初診はいつ?初診料と検査内容、受診タイミング

産婦人科の診察は保険証なしで大丈夫?

Image

基本的に全額自己負担になる

がん検診、性病検査、ホルモン検査、不妊カウンセリングなど、病気ではない状態で受ける診察は、基本的に全額自己負担となります。自由診療となるため、料金は病院ごとに異なります。

生理不順や出血などの症状があって受診する場合は、超音波検査、血液検査、尿検査などの検査費用も保険適用の対象となります。異常があって受診するときは、保険証を持参するようにしましょう。

Mamanote icon
子宮がん検診とは?費用や方法、結果の見方は?痛みや出血がある?
Mamanote icon
性病検査とは?病院や保健所での検査費用は?検査キットもある?

原則として月初に提示すれば毎回出さなくてよい

保険証が必要となるのは、初診時とその月に初めて受診するタイミングです。たとえば、1月30日に初診を受け、2月6日、13日、20日に再診を受けたケースでは、初診時と月初の2月6日に保険証の提示が求められます。

1月30日に初診、再診が1ヶ月後の2月28日となった場合は、2回とも保険証の提示が必要です。

また、1月8日の受診が下腹部痛、1月30日の受診が乳房の違和感というように、前回の受診と症状が異なる場合、同月中であっても保険証の提示が求められます。それぞれで初診料がかかるので、お財布の中身を確認しておくと安心です。

Mamanote icon
ホルモン検査の費用や時期、方法は?不妊や生理不順の原因がわかる?
Mamanote icon
不妊検査について解説!不妊検査の方法・期間・費用は?

妊婦健診では必要ない場合がほとんど

妊婦健診は保険適用外のため、保険証は必要ありません。しかし、妊娠悪阻、切迫流産、子宮頸管無力症、妊娠高血圧症候群などの検査や治療には保険が適用されます。

また、つわりや便秘、お腹の張りなどがあると、投薬治療が行われる可能性があります。いつもと違う様子があれば、保険証を持参したほうがスムーズです。

Mamanote icon
妊娠悪阻の時期や症状、原因を解説!入院は必要?仕事や食事はどうする?
Mamanote icon
切迫流産とは?切迫流産の原因と症状、予防法について

保険証を切り替えたときの診察料はどうなる?

Image

たとえば、退職して夫の扶養に入る手続きを行っている最中など、一時的に手元に保険証がない時期に受診した場合は、受付時に「保険証なし」ということを伝えましょう。

支払い時は10割負担することとなりますが、後日新しい保険証を病院に持参すれば自己負担分を除いた金額が返金されます。

しかし、月をまたいでから新しい保険証が届いた場合は、病院の窓口では対応が難しくなります。この場合は加入している健康保険に申請し、払い戻しを受けることとなります。

産婦人科を保険証なしで受診するときの料金は?

Image

保険証なしで受診する場合や保険適用外の診察は自由診療となり、病院ごとに金額が異なります。受診した際の料金には、検査費、処置費用、手術費用などの他に初診料、診察料(再診料)、時間外手当などがかかります。

妊娠検査

妊娠検査は、妊娠しているかどうかを判定するための検査です。妊娠検査薬を使って自宅で陽性反応が出たとしても、病院で改めて検査が行われます。検査の内容は尿検査、内診、経腟エコー検査を行うのが一般的です。

費用は病院によってまちまちですが、妊娠反応の検査のみでは2,000~3,000円が相場です。初診時に妊娠が判明し、腟炎などにかかっていないか腟分泌物培養検査なども行った場合、初診料を含め6,000~15,000円がかかることもあります。

Mamanote icon
妊娠検査薬で陽性反応!病院はいつ行く?初診料は?検査内容と病院選びについて

妊婦健診

妊婦健診の費用は一律ではなく、料金設定が高い病院と、安く抑えている病院とのあいだに差が生じます。一般的には、5,000~10,000円ほどかかるのが相場です。

胎児の心拍が確認され、母子手帳が発行されると自治体からの助成が受けられます。自治体の助成内容によっても、支払う金額が異なるため、病院の料金設定や自治体の助成内容はあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

Mamanote icon
妊娠健診の頻度・回数・費用はどのぐらい?内容や初回の流れは?補助券は使えるの?

中絶手術

人工妊娠中絶の場合、費用は妊娠週数に応じて費用が設定されていることが多くなります。妊娠7週までの相場は9~12万円です。妊娠8~11週頃までの相場は11~14万円です。妊娠11~11週6日までの費用は16~20万円ほどになります。

妊娠5週未満では、処置が確実に行われているか確認が難しいため、5週になるのを待ってから中絶手術が行われるのが一般的です。

12週を過ぎると「中期中絶」となり、出産と同じような状態で手術が進められます。相場は20~30万円ほどですが、個々の妊娠の状況によってさらに高額になる場合があります。ただし、中期中絶では健康保険から支給される「出産育児一時金」を申請することができます。

Mamanote icon
人工妊娠中絶の方法・費用・時期は?手術後の後遺症・出血・痛みは?薬は使えない?

生理不順・性病など病気の検査

生理不順の原因はストレスやホルモンの異常、子宮や卵巣の異常などいくつか考えられます。その原因を突き止めるために、内診、エコー検査、血液検査などが行われます。検査費用の相場は、保険適用で5,000~8,000円、保険証なしでは17,000~30,000円を見ておくと良いでしょう。検査の結果、異常が見つかった場合、さらに詳細な検査が行われることもあります。

性病は感染した菌の種類によって症状のあらわれ方が違います。内診によってある程度、菌を特定したあと、菌を確定するためにおりもの検査、尿検査、血液検査などが行われます。性病は複数の菌が合併している可能性があり、複数の菌を想定して検査することもあります。

そのためどの菌を検査するのかによって変わってきます。感染者の多いクラミジア感染症、淋菌感染症、ヘルペスウイルス感染症の検査は、ひとつにつき2,000~4,000円ほどが相場です。B型肝炎やHIVなどを含め、複数の菌を検査する場合は、15,000~20,000円ほどを見ておくと良いでしょう。

Mamanote icon
生理不順の原因はストレスや病気?年齢別に原因と対処法

アフターピルの処方

妊娠を避けるために用いられます。アフターピルはふたつの方法から選択されるのが一般的です。ひとつは緊急避妊専用の「ノルレボ」を用いる方法で、約15,000円の料金がかかります。

もうひとつは、もともと治療用で使われている「プラノバール」を緊急避妊の用途で服用する方法で、こちらは4,000~10,000円ほどが相場となっています。

Mamanote icon
プラノバールによる副作用は?太る?吐き気の症状と対処法、注意点とは

産婦人科で保険証を使うと通知が来る?

Image

保険診療は医療費通知が届く

医療機関を受診した際に健康保険や国民健康保険を利用すると、実際にかかった医療費と窓口で負担した分がわかる医療費のお知らせ(医療費通知)が加入者あてに送られてきます。通知のタイミングは健康保険によって異なります。毎月送られてくることもあれば、年1回のこともあります。

医療費通知には、診察を受けた人の名前、医療機関の名称、診療日、日数などが記載されます。入院、通院、調剤の区分も明記されるので、どういった目的で受診したのかがおおよそ把握できるようになっています。

保険を利用して受診した場合、保険加入が親や夫や妻の名義であれば、診療内容を内緒にしておくことは難しいと言えます。他者にばれることを避けたいときは、保険証なしでの受診を選択したほうが良いでしょう。

保険適用外の診療は通知が来ない

医療機関に保険証を提出せず、保険外で診療を受けた場合は、自費診療の扱いとなるため健康保険や医療機関から医療費通知が送られてくることはありません。

人工妊娠中絶では保険が使えませんので、すべて自費診療になります。一般的には、初診時の費用で15,000円程度がかかるようです。

産婦人科の受診では保険証の扱いを確認しよう

Image

産婦人科の診療は、保険適用されるものと保険適用外のものとの区別が難しいものです。保険外の受診では費用が高額となるため、保険が適用されるか、また保険適用外では費用がいくらくらいになるのか、あらかじめ確認するようにしましょう。

また、プライバシーを尊重したい受診の場合は、保険を使わないほうが精神的なプレッシャーを抑えられることもあるのではないでしょうか。口コミや医療機関のホームページを確認すると、病院の雰囲気がある程度理解できます。信頼できる医師を探して、相談されてみてはいかがでしょうか。

産婦人科は、さまざまな事情を抱えた方が受診しています。安心してお付き合いできる病院が見つかると良いですね。

あわせて読みたい

Image
不妊治療の助成金をもらうには?助成額・申請方法は?医療費控除できる?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28851
Image
子宮内膜症の検査方法・費用・痛みは?生理中でもできる?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/21502
Image
子宮筋腫の検査方法・費用・タイミングは?入院は必要?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28758
Image
卵巣腫瘍の治療・手術の費用と時間は?保険の適応と妊娠中の手術について
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/22732
Image
乳がん検診について解説!検診の流れ・費用は?授乳中も受診できる?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28914
Image
妊婦健診の腹部エコーはいつから?心拍確認は何週?毛の処理・服装・夫の付き添いについて
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23325
Image
妊婦健診の服装はワンピースが便利?春夏秋冬別おすすめコーデとアイテム15選
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/22592
Image
出産費用の医療費控除!対象や確定申告の方法、知って得する活用術
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29578
Image
帝王切開の平均費用はいくら?通常分娩との差や内訳、軽減されるお金
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/16706
Image
無痛分娩の費用の相場は?自然分娩よりどれくらい高い?保険適用のケースは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29182
Image
【子ども(小児)医療費助成制度】を徹底比較!自治体や地域でこんなに違う!?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/10647
Image
生命保険とは?おもな3種類を一覧で解説!配当金や給付金の仕組みもわかりやすくご紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30495

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

おすすめの記事