精索静脈瘤の症状、原因、治療法とは?男性不妊の4割が発症!

『精索静脈瘤』という病名を聞いたことはありますか?精索静脈瘤とは男性不妊の原因のひとつになっています。健常な男性の約1割そして男性不妊症の患者では約4割であるとされる精索静脈瘤とはどのようなものなのでしょう。そこで今回はその症状や原因そして治療法をまとめてみましたのでご覧ください。

15687

目次

  1. 精索静脈瘤とは
  2. 精索静脈瘤の症状は?
  3. 精索静脈瘤の原因は?
  4. 精索静脈瘤は不妊の原因になる?
  5. 精索静脈瘤の治療法は?
  6. 男性不妊は早めの検査が大切
  7. 精索静脈瘤の治療で妊娠の可能性アップ
  8. あわせて読みたい

精索静脈瘤とは

Image

精索静脈瘤とは精巣がぶら下がっている静脈である精索静脈の血が逆流をして、精巣の周りに静脈のこぶができてしまう状態のことを言います。本来であれは精索静脈内の血液は精巣の方から心臓の方へ流れるのですが、それが逆流してしまうことで起こります。

Article link icon
精巣の役割や構造は?大きさの違い、しこり、痛み、腫れは病気?

精索静脈瘤の症状は?

陰のう部の痛みや違和感

精索静脈瘤の症状のひとつは陰のう部の痛みや違和感です。血液の流入により静脈が膨れてしまった場合には陰のう部に痛みを感じたり違和感を覚えたりするようです。

陰のう部に大きなコブができる

本来なら血液は精巣から心臓の方へ流れるのですが精索静脈瘤の場合には逆流します。逆流により静脈にコブができ血流が滞る状態となり、陰のう部にボコっとした血管のコブが触れるようになります。

陰のうの大きさが左右違う

精索静脈瘤は左の陰のうに多く発症すると言われています。右側の静脈よりも左側の静脈の方が長いために逆流を起こしやすいと考えられています。左右の陰のうの大きさが違うようであれば精索静脈瘤を疑ってみましょう。

陰のうが常に垂れ下がっている

陰のうは寒いときには縮んでいるのですが逆に暖かいときには垂れ下がることで温度調節をしています。常に陰のうが垂れ下がっているのであれば陰のうの温度が常に高いことが考えられるので精索静脈瘤が疑われます。

精索静脈瘤の原因は?

静脈弁の先天性不全

精索静脈瘤の原因のひとつは静脈弁の先天性の障害が考えられます。血管には血液の逆流を防いでくれる弁があるのですが、精索静脈の弁の機能に先天性の障害があることで逆流が起こっているということです。

左腎静脈の上腸間膜動脈による圧迫

精索静脈瘤のもうひとつの原因は、左の腎臓の静脈が大動脈と上腸間膜動脈の間で圧迫されることで静脈の中の圧力が高まり血液の逆流が起こると考えられています。

精索静脈瘤は不妊の原因になる?

精巣機能の低下

精索静脈瘤は精巣機能を低下させます。お腹の方から流れてくる温かい血液が精巣の温度を上げてしまうので精子を作る機能が低下してしまうと考えられています。

乏精子症や精子運動率低下

男性不妊の原因となる乏精子症や精子運動率低下の35%は精索静脈瘤が原因であるとされています。

無精子症

無精子症の方が精索静脈瘤の手術を受けたら、約2~3割で精液中に精子が確認できるようになったという報告があることから、精索静脈瘤が無精子症を引き起こし不妊の原因となっている場合が考えられます。

二人目不妊

二人目不妊の70~80%は精索静脈瘤が原因とされています。二人目不妊とは一人目の出産後なかなか二人目が授からない状態のことです。

精索静脈瘤が早期の場合はまだ精子を作る機能が残っているので妊娠に至りますが、精索静脈瘤の症状が時間の経過とともに進行すると精子を作る機能が低下するので二人目不妊の原因となってしまうのです。

Article link icon
精索静脈瘤の症状、原因、不妊への影響、手術の必要性、放置の危険性について

精索静脈瘤の治療法は?

Image

精索静脈瘤は手術によって治療が行われます。

精索静脈高位結紮術

精索静脈瘤の手術である精索静脈高位結紮術はおへその脇のあたりを切開して腎臓に近い精巣静脈を縛ってしまう手術です。最も一般的な治療法で保険適用があります。2泊3日程度の入院を必要とします。

顕微鏡下精索静脈低位結紮術

精索静脈瘤のもうひとつの手術は顕微鏡下精索静脈低位結紮術で、精巣のすぐ近くで静脈をしばってしまう術法です。静脈をしばり残すことが少なく誤って動脈をしばってしまうこともないため他の術法より優れていると言われています。

手術時間は1時間程度で体の負担も少なく日帰り手術も可能であることが特徴となります。保険適用にならない場合が多いのですが医療機関によっては保険適用をする場合もあるようなので確認することをおススメします。

男性不妊は早めの検査が大切

症状があり精索静脈瘤が疑われる場合は男性不妊外来を受診するようにしましょう。精索静脈瘤が進行すれば段々と精子を作る機能が低下していきます。早期に発見し治療を開始することが大切になってきますよ。

精索静脈瘤の治療で妊娠の可能性アップ

Image

精索静脈瘤が不妊の原因にもなっていることがわかりましたね。精索静脈瘤は手術で精巣の機能が高まりますからきちんとした治療を受けた方がいいと言えるでしょう。

精索静脈瘤の手術をした場合、妊娠する確率は2.8倍も高くなると言われています。妊娠する確率も上がるのですが妊娠後の流産の確率も減るということです。かわいい赤ちゃんを授かるためにも少しでも違和感を覚えたら診察を受けるようにしたいですね。

男性不妊とは?どんな原因があるの?男性不妊の検査や治療方法をまとめて解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28752
Image

あわせて読みたい

男性不妊検査とは?検査の方法は?検査の流れ、チェック内容、費用を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28765
Image
男性不妊の原因は?男性不妊を引き起こす3つの原因と症状を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28760
Image
精巣上体炎は男性不妊につながる?精巣上体炎の原因と症状、治療法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18799
Image
【妊活】精子の寿命は何日?射精後の受精可能時間と受精確率は?妊娠しやすいタイミングについて
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28370
Image
精子無力症とは?妊娠するための治療方法や検査内容について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28439
Image
不妊症の原因は?男女別の原因や気をつけたい生活習慣を解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28817
Image
精子の量が少ない乏精子症とは?自然妊娠できる?数を増やすには?原因や検査、治療法について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28455
Image
精子とは?いつどこで何個作られる?質を高める方法はある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20492
Image
射精の量が少ない、出ない…逆行性射精でも妊娠できる?治療方法と原因について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28482
Image