赤ちゃんの沐浴とは?沐浴のタイミング、グッズ、方法、注意点

産まれたばかりの赤ちゃんは小さくてどう扱っていいのか壊れそうで怖いですよね。産院退院後はパパとママで協力して赤ちゃんの沐浴をスタートします。おうちでの沐浴するときのタイミング、沐浴に何を用意したらいいの?赤ちゃんにいい沐浴って?そもそも沐浴とはなに?など沐浴のあれこれをご紹介します。

16902

目次

  1. 沐浴とは
  2. 沐浴の目的は?
  3. 沐浴はいつまで?
  4. 沐浴をするタイミングは?
  5. 沐浴に必要なものは?
  6. 沐浴の方法は?
  7. 沐浴の注意点は?
  8. 貴重な沐浴期間を楽しもう
  9. 赤ちゃんの沐浴の関連記事はこちら

沐浴とは

沐浴とは新生児の入浴のことを指します。大人は入浴という言葉で区別しているので赤ちゃんにだけ沐浴という言葉を使います。もともと沐浴という言葉は宗教の言葉から来ているようです。

沐浴とはお湯できれいに身体を洗い清めるということです。ベビーバスを使う1か月程度が沐浴というのですが、そうなると赤ちゃんの沐浴とはとても特別で何か神聖な儀式のように思えますね。

沐浴の目的は?

全身を清潔にする

赤ちゃんは新陳代謝が活発です。そして赤ちゃんの肌はとてもデリケート。雑菌等で皮膚トラブルを避けるためにも毎日赤ちゃんの皮膚を清潔に保ってあげるように沐浴したいですね。

身体を温めて新陳代謝をよくする

赤ちゃんは温かいお湯に入ることは心身ともにリラックスし、新陳代謝を活性化させます。やさしくなでて赤ちゃんの身体にタッチしてあげることも新陳代謝を促しますよ。

全身の観察をする

沐浴のときはゆっくりと赤ちゃんの身体がいつもと違う様子がないかチェックできる最高の機会です。ゆっくりと赤ちゃんの身体を撫でながら隅々まで確認できるといいですね。

赤ちゃんとスキンシップをとる

手で触れられることは赤ちゃんにとって最高にリラックスするひと時です。ママもゆっくり赤ちゃんに触れることで赤ちゃんとの対話を楽しむことができますね。

沐浴はいつまで?

沐浴とはベビーバスを使う時期を指します。大人は入浴という言葉で区別されています。タイミングは赤ちゃんそれぞれですが、おへそがじくじくしている、お風呂にいれたら泣く場合はその赤ちゃんはまだ入浴が早いのかもしれませんね。

またパパ、ママも赤ちゃんの沐浴に慣れていないので慣れてからでもいいでしょう。赤ちゃんがベビーバス、窮屈そうだなと感じる場合も入浴に切り替える合図です。おおよそ一ヶ月を目安に赤ちゃんの様子を見ながら決めていくことが大事ですね。

沐浴をするタイミングは?

赤ちゃんが機嫌いいときに沐浴させてあげることが大事ですね。眠い時はぐずることもあるので眠そうなときは少し時間をずらしてあげたり、ミルクを飲んだ時は吐き戻しもあるのでこの場合も少し間をおいてあげるといいですね。

冬は午前中の比較的あたたかいときに沐浴をしたほうがいいとも言いますが湯冷めをしないように気を付けましょう。夜のほうが寝つきがいい赤ちゃんもいますので、赤ちゃんがどう感じているかママは観察しながら赤ちゃんのタイミングを大事にしてあげるといいです。

沐浴に必要なものは?

ベビーバスはタイプがいろいろあるので家のスペースや生活スタイル考えて選ぶことをおすすめします。プラスチックタイプ、ビニールタイプなどがあります。赤ちゃんの沐浴をシュミレーションしながら最適なバスを選んで下さいね。

沐浴布は沐浴中赤ちゃんの身体を覆います。赤ちゃんのデリケートな肌に使うので肌に優しい生地を選ぶといいです。

ベビーソープは赤ちゃんに刺激がないものが好ましいですね。固形タイプ、泡タイプなど使いやすいものを選んで下さいね。

その他は湯温計、バスタオル、ハンカチガーゼ、くし、綿棒、おへそのアルコール消毒液、ワセリンやボディーローションが最低限用意しておくと慌てないです。

沐浴の方法は?

沐浴とはどんな入れ方が正しいのかな?産院で教えてもらったけど忘れちゃったな
・・・なにか赤ちゃんに気を付けることはあったかなと思った方に沐浴とはこんな形でするといいですよというご紹介動画です。赤ちゃんの沐浴で迷ったらぜひ参考にしてくださいね。

赤ちゃんの着替えを準備する

沐浴が終わったら慌てないで済むように、タオルを広げ、あらかじめ着る服を開いてすぐに着られるようにしておくと赤ちゃんの湯冷めも防げますね。

ベビーバス、石鹸(沐浴剤)、ガーゼなど沐浴グッズを準備する

沐浴に必要なグッズはまとめておくといいですね。すぐにそれを取り出しお湯を入れる準備をしましょう。

赤ちゃんを足からゆっくりお湯に入れる

急激な温度変化でびっくりさせないようにまずは足元からお湯にいれていきます。心臓に近い部分からいれていくと負担がかかります。足元から入れてお湯を身体にかけながら慣れさせていくといいですよ。

お湯で濡らしたガーゼで顔をふく

お湯に慣れたら、まずは顔から洗っていきます。ガーゼを使ってこすらず、すべらすように汚れをとります。鼻の脇はごみがたまりやすいので忘れずに念入りに洗うといいですね。

頭を洗う

赤ちゃんの頭を触るのはとてもこわいですよね。頭の後ろを手できちんと固定することからはじめましょう。きっちり固定すれば大丈夫ですよ。やさしく、頭皮を洗っていきます、耳の後ろもごみがたまりやすい場所ですので忘れずに洗うといいですね。

お腹側を上から順に洗う

お腹側から優しく円をかくように洗うと力が入りすぎませんよ。わきの下、首、股間部は汗で特に赤ちゃんの肌が荒れやすいです。丁寧に念入りに洗ってあげましょう。関節も赤ちゃんのお肉で洗いづらいところですが優しく伸ばしながら洗ってあげると気持ちがいいですね。

赤ちゃんを裏返して背中側を洗う

表面が終わったら脇を固定し、裏側にします。このとき赤ちゃんの顔がお湯についていないか確認が必要ですね。まだ慣れていない沐浴ですので忘れずにチェックしましょう。チェックしたら背中をきれいにあらってあげましょう。

全身をよく流し、素早くタオルで拭く

ガーゼタオルで優しく赤ちゃんの身体を洗って、せっけんがのこらないようにすすいであげましょう。湯冷めしないように素早く用意しておいたタオルで拭いてあげます。

湯冷めしないように素早く服を着せる

赤ちゃんが湯冷めしないように用意しておいた服に赤ちゃんを置いてすばやく着替えさせます。

沐浴の注意点は?

10~15分で終わらるようにする

生まれたての赤ちゃんはまだまだ体力がありません。赤ちゃんが疲れないように手早く済ませましょう。

毎日同じ時間帯に沐浴をする

赤ちゃんに一日のリズムを覚えさせる意味があります。赤ちゃんにリズムを作ってあげることが大事です。

授乳後1時間以上時間を空ける

大人も食べたばかり、お酒を飲んだあとはお風呂すぐに入らず気を付けますよね。水圧がかかり、血流もとてもよくなるので気持ち悪くなったりします。生まれたばかりの赤ちゃんならなおさらです。ミルクをのんだばかりの赤ちゃんは吐き戻しもありますので時間をおいて負担がかからないように沐浴してあげたいですね。

室温25℃以上の部屋で沐浴する

赤ちゃんは体温調節がまだ難しいので、室温はあたたかく保って沐浴させることが大事になります。

湯の温度は夏:37~38℃ 冬:38~40℃

熱すぎるお湯は赤ちゃんのデリケートな肌に負担がかかりますので湯温計を使って赤ちゃんにちょうどいい適温にしてくださいね

貴重な沐浴期間を楽しもう

はじめにも書きましたが沐浴とは人生の中でほんの少しの期間です。そして、沐浴とはお湯で身体を清めるという赤ちゃんだけに使う素敵な言葉です。ママとパパははじめ悪戦苦闘で赤ちゃんの沐浴に取り組んで余裕がないと思いますが、赤ちゃんはどんどんおおきくなってすぐにベビーバスも小さくなります。ほんの少しの素敵な沐浴タイムを赤ちゃんと楽しんでくださいね。

赤ちゃんの沐浴の関連記事はこちら

赤ちゃん沐浴動画で見る、沐浴のやり方と手順
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19712
Image
沐浴の時間はいつ頃がお薦め?夜の沐浴と夜泣きの関係
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19777
Image
新生児・赤ちゃんの沐浴のやり方は?準備、温度、お股の洗い方
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9076
Image