稽留流産でつわりがなくなる?ひどくなる?手術後のつわりはいつまで続く?

「つわりがあるのは赤ちゃんが元気な証拠」といわれることがありますが、つわりは妊娠が順調に経過しているバロメーターにはなりません。稽留流産の場合、自覚症状があらわれず、つわりもそのまま続くことがあるのです。ここでは、稽留流産とつわりの関係について、先輩ママの体験談を交えながら解説します。

130721

この記事の監修

Image
産婦人科医
杉山 太朗

目次

  1. 稽留流産とは
  2. 稽留流産は妊娠初期に起こる?
  3. 稽留流産の兆候・症状はない?
  4. 稽留流産でつわりがなくなる?
  5. 稽留流産でつわりがひどくなる?
  6. 稽留流産のつわりはいつまで続く?手術後に治まる?
  7. 稽留流産の体験談「また戻ってきてくれる日を信じて」
  8. 稽留流産はつわりがある・ないではわからない
  9. あわせて読みたい

稽留流産とは

そもそも流産とは、エコー検査で「胎嚢(たいのう)」という赤ちゃんを包む袋が確認できてから、妊娠22週未満に妊娠が中断してしまうことです。残念ながら、全妊娠の約15%の確率で起こるとされていますが、確実に防ぐことはできません。流産してしまった場合、胎児や胎盤などの子宮内容物が自然に排出されるのを待つか、手術を行って取り除く必要があります。

流産は、子宮内容物の状態によって分類されるのですが、「稽留流産(けいりゅうりゅうざん)」はそのひとつです。稽留流産とは、胎児が子宮内で死亡し、子宮内容物が子宮外に排出されずに残っている状態です。

一方、子宮内容物が体外に排出される流産は「進行流産」です。進行流産は、子宮内容物が完全に排出された「完全流産」と、子宮内容物の一部が子宮内に残ったままになっている「不全流産」に分けられます。

Article link icon
流産とは?原因・種類・手術の方法は?予防できる?
Article link icon
稽留流産って何?稽留流産の原因や症状、手術について

稽留流産は妊娠初期に起こる?

Image

稽留流産は、妊娠22週未満であれば、いつ・誰に起こってもおかしくないのですが、特に発症のリスクが高いのは妊娠初期です。流産は発症する時期によって、妊娠12週未満に起こる「早期流産」と、妊娠12週以降22週未満に起こる「後期流産」に分類されるのですが、全流産の約80%は早期流産です。

早期流産の原因は受精卵の染色体異常であることが多く、もともと胎児に成長する力が備わっていなかったと言えます。妊娠初期には、妊婦さんがどんなに気をつけていても稽留流産になってしまうことがあるということです。

妊娠初期の流産の中でも、エコー検査で胎嚢を確認後、心拍確認できずに流産が判明するというケースが多く、心拍確認後は流産の心配が少なくなるといわれています。一般的に、胎嚢は妊娠5~6週頃、心拍は妊娠7週頃に確認できます。

ただし、検査機器の精度が向上したことで、早期に心拍確認ができるようになった分、「心拍確認ができれば、ひとまず安心」と昔のようには言えなくなっています。心拍確認の時点で異常がなくても、突然赤ちゃんの成長が止まり、稽留流産になってしまう可能性があるのです。経腟エコーによる心拍確認後の流産率は、全流産の16~36%とされています。

Article link icon
流産の確率が高い時期は?心拍確認後はどうなる?年齢が高いとリスクが上が…
Article link icon
心拍確認後、妊娠初期の流産の確率は?年齢によって違う?

稽留流産の兆候・症状はない?

Image

稽留流産は、出血や腹痛といった自覚症状がないのが特徴です。進行流産では、生理時よりも多量の出血や、陣痛のような周期的な下腹部痛やお腹の張りがあらわれ、慌てて病院を受診して流産が発覚するケースが多いようです。しかし、稽留流産ではこうした自覚症状があらわれないため、自分では気付かず、妊婦健診時に初めて判明します。

また、稽留流産では、胎児が亡くなった後も正常妊娠のときのホルモンバランスが維持され、プロゲステロンという女性ホルモンが分泌され続けます。プロゲステロンには、妊娠を持続させる作用のほか、体温を上げたり、乳腺を活発に刺激したりする働きもあります。したがって、稽留流産が起こっても、基礎体温が高温期のままだったり、妊娠初期症状としてみられる胸の張りが続いたりすることがあるようです。

稽留流産が発覚したのは心拍確認後の次の妊婦健診で、妊娠9週でした。自覚症状がまったくなかったため、驚きました。健康には自信があったので、「なぜ私なのだろう」と悪い宝くじに当たったような気持ちでした。

Article link icon
流産の兆候は?つわりや妊娠初期症状がなくなる?兆候なしの可能性も!
Article link icon
稽留流産の症状は?出血・痛みの兆候なし?つわりや基礎体温はどうなる?

稽留流産でつわりがなくなる?

Image

つわりが突然なくなったり、軽くなったりすると、流産しているのではないかと心配になってしまうかもしれません。流産時、つわりに変化はあるのでしょうか。

稽留流産の場合、胎児や胎盤が子宮内に残ったままのため、手術をするなどして排出されるまでは、つわりがなくならず、そのまま続くことがあります。

ただし、子宮内容物が身体の外に出る進行流産では、つわりが突然なくなることも考えられます。つわりは早ければ妊娠4週頃に始まり、妊娠8~9週頃にピークを迎え、安定期と呼ばれる妊娠中期に入るくらいまでに治まるとされています。そのため、妊娠初期に急につわりがなくなった場合、進行流産の兆候の可能性もあります。

しかし、そもそもつわりの重い・軽いや、つわりがあらわれる時期は人それぞれです。つわりの終わり方についても、徐々に治まることもあれば、「昨日までひどかったのに、朝目覚めたら終わっていた」ということもあります。したがって、つわりがないからといって流産しているとは断言できないのです。

つわりが急になくなると不安ですが、正常に妊娠が経過していても起こりうるため、診断される前にあまり心配し過ぎないでくださいね。

二人目の妊娠で稽留流産になりました。一人目はつわりがまったくなかったのですが、二人目のときも稽留流産が発覚する前から手術を終えるまで何もつわりがありませんでした。

Article link icon
つわりの原因、症状、対処法は?いつまで続くの?
Article link icon
つわりがない人っているの?つわりがない人の特徴とつわりに関する噂

稽留流産でつわりがひどくなる?

Image

稽留流産では、亡くなった胎児がお腹の中に残っており、身体が妊娠を継続していると勘違いしてしまいます。そのため、稽留流産後、子宮内容物が自然に排出されたり、手術で取り除かれたりするまでに、つわりが始まることや、もともとあったつわりが続くことがあります。場合によっては、つわりがひどくなるケースもあるようです。

「つわりがひどいのは赤ちゃんが順調に育っているから」などといわれることがありますが、そうとは言いきれないということです。つわりがひどいかどうかで、妊娠が正常に経過しているか判断することはできません。

心拍確認ができる時期になってもまだ心拍が確認できないといった理由から、医師から流産の疑いがあると伝えられることがあるでしょう。しかし、つわりがある、ましてはつわりがひどい状態では、妊婦さんは「もしかして赤ちゃんが成長しているかもしれない」と希望を抱いてしまうのは無理がありません。

つわりに耐えながら、稽留流産しているかどうか診断を待つのはとてもつらいことです。不安と期待がないまぜになりますが、不安になり過ぎると、お腹の赤ちゃんにも悪い影響を与える可能性があります。はっきりとした診断が出るまでは、お腹の赤ちゃんの生きる力を信じながら、できる限り心穏やかに過ごしてください。

Article link icon
つわりがひどい原因は?性別が関係?つわりの対策と病院へ行く基準
Article link icon
二人目のつわりは軽い・ない・ひどい?つらいときの乗り越え方と上の子のケア

稽留流産のつわりはいつまで続く?手術後に治まる?

Image

稽留流産が発覚すると、多くの場合、器具を使って子宮内の胎児や胎盤を取り除く手術を行います。手術前まで続いていたつわりも、通常、手術後には治まります。

手術後、全身麻酔から目覚めたら、つわりの症状がすっかり治まっていたという人もいれば、徐々に治まったという人もいます。中には、ひどい吐き気があらわれ、つわりが復活したと思う方もいるようです。

ただし、手術後にあらわれるつわりのような症状は、手術時に行う静脈麻酔の副作用の可能性もあります。静脈麻酔は即効性があり、鎮痛効果が高いのですが、人によっては吐き気やめまい、嘔吐といった副作用があらわれることがあるのです。

Article link icon
流産の手術の流れと費用は?手術後は出血や腹痛がある?生理・妊娠はいつか…

稽留流産の体験談「また戻ってきてくれる日を信じて」

Image

ここでは、二人目の妊娠で稽留流産を経験した先輩ママの体験談をご紹介します。この方は、上の子が1歳のときに二人目を妊娠しましたが、妊娠9週の妊婦健診で稽留流産が発覚。妊娠10週に入ったころに掻爬法(そうはほう)による手術を行いました。

初めての子育てに奮闘する一方で起こった稽留流産をどう乗り越えていったのでしょうか。

まだ産む時期ではなかった

流産がわかったときは、「流産は本当に誰にでも起こりうる」ということを痛感しました。「まさか自分が」という気持ちでいっぱいでした。

手術後、しばらくは何も考えられず、ぼーっとしていましたが、すでに子どもがいたので、そういうわけにもいきませんでした。しかし、子どもの笑顔に励まされ、改めて出産のありがたみを実感しました。まだ二人目を産む時期ではなかったのだと考えるようにし、「旅行に行ける、仕事に復帰できる、お酒が飲める、上の子とゆっくり過ごせる」などと、なるべくポジティブに考えるようにしました。また、神社に行って水子供養をしてきました。

流産して落ち込んでいる女性へ

流産は本当にある日突然やってきます。私の場合、稽留流産で兆候もなかったので、まったく心の準備ができておらず、はじめはとても戸惑いました。しかし、今回の流産はまだ家族3人で楽しむようにという下の子からのメッセージだったのだと考え、また戻ってきてくれる日を信じながら、今では家族3人で楽しく過ごしています。つらい気持ちを引きずり過ぎず、リラックスしてまた赤ちゃんを迎えられると良いですね。

Article link icon
流産後の妊活はいつからOK?流産後は妊娠しやすいって本当?
Article link icon
妊活は何をすれば良い?妊娠力をアップさせる方法は?

稽留流産はつわりがある・ないではわからない

流産のリスクが高い妊娠初期に、少しでも体調に変化がみられると、とても心配になりますよね。もともとあったつわりが突然なくなった場合、お腹の赤ちゃんにトラブルが起こった可能性も確かにあります。しかし、妊娠初期につわりがあれば絶対に安心とも言えず、稽留流産の場合、手術をするまでつわりが続くこともあるのです。稽留流産も進行流産もつわりがある・ないだけでは判断できません。

もしも稽留流産だと告げられたら、突然のことでショックが大きいですが、流産のほとんどは胎児側に問題があり、妊婦さんには防げないものですから、自分を責めてはいけません。流産後は自分が思っている以上に身体も心も消耗しているため、しっかりと休息をとってくださいね。

あわせて読みたい

切迫流産とは?切迫流産の原因と症状、予防法について
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23573
Image
自然流産とは?原因・兆候・処置の方法は?自然流産後の生理や妊娠はいつ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23355
Image
安定期も流産に注意!妊娠中期の流産の確率・原因は?症状なしの場合も?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16464
Image
妊活中の体質改善に!妊娠しやすい体質をつくる生活習慣をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28563
Image
男性の妊活で気を付けたいことは?質の良い精子のための生活習慣・食事をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28609
Image
葉酸の効果・効能は?妊活・妊娠中、男性も摂取しておきたい葉酸
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28717
Image
不妊症の原因は?男女別の原因や気をつけたい生活習慣を解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28817
Image
ストレスが妊活・不妊治療に与える影響は?つらい・疲れたときのストレス解消法は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23039
Image
不妊治療とは?費用は?保険はきくの?検査や治療の流れ・タイミングを解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28705
Image