小樽の子連れおでかけスポット10選!おすすめホテルや人気観光地を紹介

小樽市は、北海道の歴史と文化を感じることができる観光スポットがたくさんあります。おしゃれな街並みのため大人向けのスポットが多いイメージがありますが、子連れで楽しめる施設が多く、家族で小樽旅行を計画する方も多いようですよ。ここでは、小樽の子連れで行きたいスポットを紹介します。ホテルを予約して小樽を満喫しても良いですね。

74337

目次

  1. 1.おたる水族館
  2. 2.小樽キャンドル工房
  3. 3.北一ヴェネツィア美術館
  4. 4.小樽市総合博物館 本館
  5. 5.株式会社かま栄 工場見学
  6. 6.小樽運河クルーズ
  7. 7.ハンズ オン トーイ キンダーリープ
  8. 8.小樽公園
  9. 9.小樽天狗山ロープウェイ
  10. 10.毛無山展望所
  11. 小樽の子連れにおすすめのホテル5選
  12. 小樽の子どもが遊べる公園や施設に関するおすすめの本
  13. 子どもと一緒に「見て」「体験」して小樽を楽しもう!
  14. あわせて読みたい

1.おたる水族館

Image

「おたる水族館」は、あらゆる種類の魚や海の動物の自然な生活スタイルを観察することができる水族館です。館内にある海獣公園というエリアには、アザラシやトドが海を仕切っただけの環境で優雅に暮らしています。定期的にショーやイベントが催され、迫力のあるイルカやトドのショーを観覧したり海の動物とのタッチを体験したりと、楽しみ方がたくさんありますよ。

館内には、北海道の大自然を眺めながら食事ができるレストランがあります。ランチを挟んで、時間にゆとりを持って館内を回っても良いでしょう。水族館のそばには、無料で入園できる小樽祝津マリンランド遊園地があり、水族館と遊園地を行き来して楽しむ方も多いようです。

正面玄関のそばには、個室の授乳室があります。個室にはベビーベッドが備わっているため、赤ちゃん連れでも落ち着いて授乳やおむつ替えをすることができますね。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市祝津3丁目303
▼TEL:0134-33-1400
▼営業時間:9:00~17:00
※季節による変動有
▼定休日:不定休
▼アクセス:
<電車/バス>JR「小樽駅」からバスで約25分
<車>札樽自動車道「小樽」I.Cから約20分
▼駐車場:約1,000台/600円(1日)
▼料金:
・大人…1,400円
・小中学生…530円
・3歳以上…210円

2.小樽キャンドル工房

Botanicalcandlews600引用元:otarucandle.com

「小樽キャンドル工房」は、小樽運河から徒歩1分程度に位置するおしゃれな体験型のショップです。店内には、カラフルなキャンドルや国内外から仕入れられた香りのアイテムが並びます。年間を通して販売されるクリスマスグッズは、季節を問わず人気が高いアイテムのようですよ。

キャンドル工房では、オリジナルキャンドルが制作できます。体験は小学生程度の子どもがひとりでできる難易度で、気軽に楽しめるとの口コミがありますよ。いずれの製作も、30分程度製作+キャンドルの冷却時間30分程度の時間をみておくと良いでしょう。

オリジナルキャンドルの冷却時間を利用して、2Fにあるカフェでひと息ついても良いですね。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市堺町1-27
▼TEL:0134-24-5880
▼営業時間:10:00~18:30
▼定休日:年末年始
※カフェ定休日:木曜/金曜
▼アクセス:
<電車/バス>JR「小樽駅」から約15分
<車>県道17号線「色内1丁目」交差点付近
▼駐車場:なし
▼料金:無料
※体験により有料1,080円~

3.北一ヴェネツィア美術館

「北一ヴェネツィア美術館」は、イタリアの水の都・ヴェネツィアの雰囲気を体感できる美術館です。

豪華な館内には、ヴェネツィアにちなんだゴンドラや装飾品が展示されています。展示物を見て楽しむ他に、中世ヨーロッパをモチーフにした衣装に着替えて仮装撮影会に参加するプログラムがあります。身長が100cm程度の子どもの衣装もあり、子連れに人気が高い体験といえるでしょう。

館内にはカフェが併設され、ヴェネツィアで好まれているチョコラータやカプチーノの他、ケーキやピザが用意されています。カフェを利用する場合は、入場券を提示することでドリンクが100円割引になるサービスがありますよ。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市堺町5-27
▼TEL:0134-33-1717
▼営業時間:8:45~18:00
▼定休日:無休
▼アクセス:
<電車/バス>JR「南小樽駅」から徒歩約10分
<車>札樽自動車道「小樽」I.Cから約10分
▼駐車場:港堺町特約駐車場を利用
※店内2,000円以上購入で2時間無料
▼料金:
・一般…700円
・大学生/高校生…500円
・中学生・小学生…350円

4.小樽市総合博物館 本館

「小樽市総合博物館 本館」は、小樽市の歴史や自然・交通史・科学技術をテーマとした博物館です。

博物館の本館は、科学展示室や実験室にわかれて、北海道や小樽についてのあらゆる歴史や文化が学べます。小樽で実際に走っていた蒸気機関車の展示があり、電車好きの子どもにおすすめの博物館といえるでしょう。博物館本館から徒歩20分程度の場所に「小樽市総合博物館 運河館」があり、二日かけてじっくりと博物館を満喫する方も多いようです。

ふたつの総合博物館を堪能したい方向けに、本館と運河館を同時楽しめる共通チケットが販売されています。共通チケットは、期間内であれば本館近くにある手宮洞窟保存館にも入館できるため、目的に応じて購入を検討しても良いでしょう。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市手宮1丁目3-6
▼TEL:0134-33-2523
▼営業時間:9:30~17:00
▼定休日:火曜
▼アクセス:
<電車/バス>JR「小樽駅」からバスで約10分
<車>県道454号線「手宮1丁目」交差点付近
▼駐車場:150台/無料
▼料金:
・一般…400円(冬期300円)
・高校生…200円(冬期150円)
・中学生以下無料

5.株式会社かま栄 工場見学

Main visual 02引用元:www.kamaei.co.jp

「株式会社かま栄」は、明治38年に創業された、北海道の新鮮な魚介類を使用したかまぼこの専門店です。工場直売店である本社では、無料で工場見学ができます。基本的に予約不要で工場が見学できるため、小樽観光の際にふらりと立ち寄る方もいるようですよ。

かま栄のオリジナル商品である、すり身をパンに包んで揚げた商品は、本社工場直売店や花園本店など一部の店舗でしか取り扱いがありません。工場見学の際に、かま栄おすすめの味を堪能してはいかがでしょうか。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市堺町3-7
▼TEL:0134-25-6181
▼営業時間:9:00~19:00
※休憩時間があるため、工場に問い合わせが必要
▼定休日:水曜/年始
※臨時休業は問い合わせが必要
▼アクセス:
<電車/バス>JR「小樽駅」から徒歩約15分
<車>県道17号線「堺町」交差点付近
▼駐車場:第1~第3駐車場あり/有料
▼料金:工場見学は無料

6.小樽運河クルーズ

Image

「小樽運河クルーズ」は、小樽に流れる運河を40分かけてくまなく観光できるクルージングです。日没前のデイクルーズと日没後のナイトクルーズのプランがあり、子どもの年齢や観光スタイルにより出発時間を選んでも良いでしょう。

小樽港は、波が比較的穏やかなため船酔いが心配な方も楽しみやすいとの口コミがあります。札幌からの日帰り観光にもおすすめですよ。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市港町5-4
▼TEL:0134-27-3800
▼営業時間:9:30~21:40
▼定休日:毎月第4火曜の午前中
※天候により運休
▼アクセス:
<電車/バス>JR「小樽駅」から徒歩約10分
<車>札樽自動車道「札幌北」I.Cから約35分
▼駐車場:なし
▼料金:
・大人(中学生以上)…1,500円
・小人(小学生以下)…500円

7.ハンズ オン トーイ キンダーリープ

「Hand's on Toy's Kinderlieb(ハンズ オン トーイ キンダーリープ)」は、小樽にあるヨーロッパのおもちゃを取り扱うショップです。おもちゃを手に取って遊びながら選んで欲しいというコンセプトをもとに、子どもも大人も楽しめる空間が魅力的なおもちゃ屋さんといえるでしょう。

キンダーリープの2Fには、時間制で楽しめるおもちゃのお試しコーナーが設置されています。30分ごとに300円と有料ですが、最初の30分は無料で利用できるため気軽に立ち寄ることができるでしょう。授乳室の用意があり、赤ちゃん連れでも安心して遊べます。

同じく2Fスペースには喫茶店(カフェ)があります。コーヒーやカフェオレ・オーガニックハーブティーを飲みながら、木の温もりを感じられる店内で特別な時間を過ごしても良いですね。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市住吉町4-4
▼TEL:0134-24-1031
▼営業時間:10:00~18:00
▼定休日:月曜/火曜
▼アクセス:
<電車/バス>JR「南小樽駅」から徒歩約10分
<車>入船通り「メルヘン交差点」付近
▼駐車場:数台/無料
▼料金:無料
※おもちゃ購入代金のみ

8.小樽公園

Image

「小樽公園」は、球場や市民会館が併設された広大な公園です。季節によっては桜やツツジなどの花が見ごろを迎え、散歩コースとしても人気が高いスポットといえるでしょう。秋には、ドングリ拾いをして楽しむ子どもが多いとの口コミがありますよ。

園内には子ども向けの遊具やアスレチックが設置されたエリアや展望台があります。子どもが、小樽観光に飽きた場合の気晴らしとして立ち寄っても良いですね。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市花園5丁目
▼TEL:0134-32-4111
▼営業時間:常時開園
▼定休日:無休
▼アクセス:
<電車/バス>JR「小樽駅」から徒歩約20分
<車>県道697号線「緑1丁目」交差点付近
▼駐車場:25台/無料
▼料金:無料

9.小樽天狗山ロープウェイ

Image

小樽のシンボルともいわれる天狗山には、「天狗山ロープウェイ」が運行しています。乗車時間が約4分と、赤ちゃんや小さな子どもが負担なく楽しめる時間といえるでしょう。上空から一望できる小樽の街並みは、昼と夜で違った雰囲気を楽しめます。

ロープウェイを登り切った場所には、シマリス公園でリスと触れ合ったりスライダーで走ったりと、子どもが楽しめるエリアが充実しています。触ると幸せになれるというジンクスがある「鼻なで天狗さん」も小樽の定番観光スポットといえるでしょう。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市最上2丁目16-15
▼TEL:0134-33-7381
▼営業時間:9:00~21:00頃
▼定休日:無休
※臨時休業は問い合わせが必要
▼アクセス:
<電車/バス>JR「小樽駅」からバスで約17分
<車>札樽自動車道「小樽」I.Cから約15分
▼駐車場:200台
▼料金:
・大人(中学生以上)…1,200円
・子ども(小学生)…600円
※未就学児は大人1名につき1名無料

10.毛無山展望所

「毛無山展望所」は、メープル街道と呼ばれる国道393号線のドライブルート上にある、夜景が美しいと評判のスポットです。夜景のみならず、昼間は天狗山をはたから眺めることができたり晴天の日に小樽湾を一望できたりと、気軽に絶景を堪能できるとの口コミがたくさんあります。

毛無山展望所を訪れる際は、車で5分程度に位置する小樽ワイン工場の見学とあわせて観光する方も多いようです。ワイン工場近くの広場には蒸気機関車が置かれ、広場内では四季折々の草花を楽しむことができますよ。

【施設情報】
▼住所:北海道小樽市天神4丁目
▼TEL:0134-32-4111
▼営業時間:9:00~18:00
▼定休日:冬期は閉鎖
▼アクセス:
<電車/バス>JR「小樽駅」からタクシーで約20分
<車>国道393号沿い
▼駐車場:20台/無料
▼料金:無料

小樽の子連れにおすすめのホテル5選

グランドパーク小樽

グランドパーク小樽
¥14,210〜(2018/07/27 時点)

2名利用時/ひとり
おたる水族館プラン

「グランドパーク小樽」は、小樽港マリーナ沿いにあるシーサイドリゾートホテルです。おたる水族館や青の洞窟クルーズプランが用意され、ファミリーで利用する方も多いようです。スタッフの子どもへの気配りが良いとの口コミが多いホテルですよ。

【朝里川温泉】小樽朝里クラッセホテル

小樽朝里クラッセホテル
¥9,230〜(2018/07/27 時点)

3名利用時/ひとり
小樽運河クルーズ体験付き

「小樽朝里クラッセホテル」は、自然豊かな朝里川温泉にあるリゾートホテルです。温泉は大浴場の他に、露天風呂も楽しめますよ。

小樽運河クルーズやおたる水族館を体験できるプランが用意されているので、目的に応じて宿泊のタイプを選べると良いですね。

ホテルノルド小樽

ホテルノルド小樽
¥5,640〜(2018/07/27 時点)

2名利用時/ひとり
シンプルステイ

「ホテルノルド小樽」は、小樽運河を眺められるヨーロッパ調のエレガントなホテルです。小樽駅から徒歩7分とアクセスも良く、子連れでも安心して訪れることができるでしょう。

広々としたファミリータイプの客室が用意されているため、ゆったりとくつろぎたい方にもおすすめです。

運河の宿 小樽ふる川

運河の宿 小樽ふる川
¥22,150〜(2018/07/27 時点)

2名利用時/ひとり
貸切温泉付

「運河の宿 小樽ふる川」は、小樽の歴史の名残を感じさせる風情溢れる旅館です。ふる川には子連れでも楽しめるように、赤ちゃんの温泉デビューをサポートするプランが用意されています。

赤ちゃんや小さな子ども連れでも安心できるサービスが充実しているため、初めての家族旅行に利用したい旅館といえるでしょう。

灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽

灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽
¥12,995〜(2018/07/27 時点)

2名利用時/ひとり

「灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽」は、小樽駅から徒歩1分に位置するホテルです。ビジネス向けからファミリー向けまで目的に応じた客室とプランがあり、さまざまな用途で利用されていますよ。

駅からのアクセスが良いことから、小樽以外を観光する予定の方にもおすすめです。

小樽の子どもが遊べる公園や施設に関するおすすめの本

連休や休日・子どもの長期休みは、家族で楽しめるスポットへ遊びに行きたいですよね。ここでは、北海道・小樽の子どもが楽しめる公園やテーマパークに関するおすすめの本を紹介します。

どこいこ☆北海道 子どもといっしょ! あそび場ガイド
¥1,296〜(2018/07/27 時点)

著者: どさんこグーニーズ
発売日: 2016年06月23日
出版社: メイツ出版

「どこいこ☆北海道 子どもといっしょ! あそび場ガイド」は、札幌や小樽をはじめ、家族で行きたい北海道のおでかけスポットをママ目線で紹介しています。ベビーカーを持参できるか、おむつの交換スペースがあるかなど、子連れのおでかけの際に知っておきたい情報が詰まっていますよ。

北海道ベストプラン

9784398286123出典:shop.r10s.jp
北海道ベストプラン 
¥972〜(2018/07/27 時点)

発売日: 2018年05月16日頃
出版社: 昭文社
ページ数: 159p

「北海道ベストプラン」には、小樽など北海道観光におすすめなスポットがくまなく紹介されています。グルメからお土産まで、北海道旅行を楽しむ際に知っておきたい情報がたくさん掲載された一冊といえるでしょう。

小樽の公園やおでかけスポットにおすすめの本

楽天・Amazonで小樽に関する本を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。お気に入りのスポットが見つかると良いですね。

子どもと一緒に「見て」「体験」して小樽を楽しもう!

Image

小樽は、大人が堪能できるおしゃれなスポット以外にも、子どもが楽しめる施設や体験プログラムがたくさんあります。北海道の貿易を支えてきた歴史や文化に触れられるスポットの他、ヨーロッパなどの異国の文化をモチーフにしたショップや施設を観光する楽しみ方もありますよ。

有名観光地としてホテルや旅館が充実しているため、旅の疲れを残さないようにゆっくりした時間を過ごせる宿泊施設を予約しても良いでしょう。北海道という立地上、季節により普段よりも厚着をした方が良い場合があることから、持ち物を確認しておくと安心です。

小樽観光を楽しむ際は、子どもと一緒にプランを立てて充実した時間を過ごせると良いですね。

※本記事は2018年7月26日時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

おすすめおでかけスポット

札幌子連れランチにおすすめのお店10選!キッズスペースなど子どもに優しいスポットを紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/10710
Image
夏休みのおでかけに!関東・関西・東海・九州おすすめスポット28選【2018】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30250
Image
【監修記事】赤ちゃんの旅行はいつから?関東・関西のおすすめホテル20選!人気スポットも紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29874
Image
子どもの誕生日特典がある施設20選!関東・関西などエリア別でお得にバースデーを祝える施設を紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26273
Image
レゴランド【名古屋】の割引や混雑は?おすすめ人気アトラクションやお土産まで徹底解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23793
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2019年版【先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
妊婦のディズニーランド・シーの楽しみ方!優待や注意点は?アトラクションに乗れる?ゲストアシスタンスカードとは?…
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7799
Image
赤ちゃん・子連れUSJ攻略法!アトラクションや持ち物、楽しみ方やホテルなど徹底解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17595
Image

旅行・おでかけガイド

赤ちゃんとの旅行の持ち物リスト!必需品と意外と便利なもの
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19995
Image
子どもとのおでかけに必要なものとは?赤ちゃん、幼児、季節別の持ち物リスト
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21443
Image
赤ちゃんと飛行機にいつから乗れるの?座席や持ち物は?【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/2785
Image
赤ちゃんの温泉旅行はいつからがおすすめ?マナーやおすすめの宿、入れ方など
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19997
Image
電車の子ども料金はいつから発生する?電車料金の区分や迷うケース・料金の目安
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26349
Image
【マタニティ旅行ガイド】注意点とおすすめスポット!妊婦は旅行にいってもいい?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17335
Image
飛行機はいつまで乗れる?妊婦の旅行の注意点や影響、手続き
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9704
Image

子連れのおでかけにおすすめグッズ

授乳ケープのおすすめ15選!種類や使い方、ベベオレが人気?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26384
Image
おむつポーチは必要?便利なおすすめおむつポーチ10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7036
Image
【編集部厳選】ベビーバギー(B型ベビーカー)のおすすめ10選!メリットとデメリットは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28207
Image
レカロのベビーカー「イージーライフ」は安くてコンパクト!コストコで買える?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30125
Image
赤ちゃんの日焼け止めはいつから?塗り方・落とし方のコツや人気のおすすめ商品をタイプ別に紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30122
Image
ベビーカーに扇風機は必要?おすすめ人気商品5選!トイザらスや西松屋でも買える?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30163
Image