苫小牧の子どもといけるおすすめお出かけスポット10選!

苫小牧(とまこまい)は、広い北海道でも札幌の南部にあり自然豊かで子どもが思い切り楽しめるおでかけスポットが数多くあります。札幌から1時間程度で苫小牧に着くことができるので、子連れ移動もスムーズです。札幌で遊んだ後に遊びに行きたい「苫小牧」のおすすめスポットをご紹介したいと思います。

30846

目次

  1. ①ノーザンホースパーク/アクティビティ
  2. ②苫小牧市科学センター/アミューズメント施設
  3. ③北星公園/公園
  4. ④山線/公園
  5. ⑤苫東柏原展望台/公園
  6. ⑥錦大沼公園/公園
  7. ⑦花畔公園/公園
  8. ⑧道の駅ウトナイ湖/アミューズメント施設
  9. ⑨ウトナイ湖野生鳥獣保護センター/アミューズメント施設
  10. ⑩カナディアンカヌーツーリング/アクティビティ
  11. 大自然を楽しもう!

①ノーザンホースパーク/アクティビティ

ノーザンホースパークは、北海道の大自然の中で「馬」と触れ合うことができるテーマパークです。新千歳空港からすぐの場所にあり移動に便利です。広大な敷地では綺麗な花が咲き、馬車や引馬などの馬との触れ合い、遊具のあるキッズパークもあり1日遊ぶことができます。かわいい馬と触れ合うことで気分もリフレッシュできますね。

【おすすめ度】
乳児★★★ 幼児★★★ 小学生★★★

【施設情報】
▼住所:北海道苫小牧市美沢114-7
▼TEL:0144-58-2116(【乗馬受付】TEL:0144-58-2812)
▼営業時間:夏期間(16:00以降は入園無料です)
(4/23~9/30)9:00~18:00、(10/1~10/31)9:00~17:00
冬期間(入園は無料です)
(11/1~4/22)10:00~16:00
▼定休日:無休

②苫小牧市科学センター/アミューズメント施設

苫小牧市科学センターは、宇宙や科学について遊びながら学ぶことができるスポットです。宇宙ステーションの「ミール」が展示されていたり、自分で体験しながら科学の不思議を学んだり、プラネタリウムを楽しむことができます。
赤ちゃん連れの家族には心強い「授乳室」もあり、電気ケトルや電気ストーブなども利用することができます。

【おすすめ度】
乳児★★ 幼児★★★ 小学生★★★

【施設情報】
▼住所:北海道苫小牧市旭町3丁目1番12号
▼TEL:0144-33-9158
▼営業時間:9:30~17:00(入館料:無料)
▼定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は次の平日)、年末年始(12月28日から1月3日)

③北星公園/公園

北星公園には、暑い夏には遊びたい大きな噴水がある公園です。子どもが遊びに夢中になって服が汚れたり濡れてしまってもいいように着替え一式とタオルなどを持ってお出かけすることをおすすめします!子どもが喜ぶ噴水の他にも、長い木製の大型遊具があります。歩き始めの赤ちゃんも周囲を気にせずにのびのびと歩かせることができる広い芝生広場もあります。どの年齢層の子どもたちも楽しめる公園です。

【おすすめ度】
乳児★★★ 幼児★★★ 小学生★★★

【施設情報】
▼住所:北海道苫小牧市字錦岡521
▼TEL:0144-32-6500(公園整備係)、0144-32-6509(公園維持係)
▼営業時間:終日開園
▼定休日:無休

④山線/公園

山線は、軽便鉄道の通称で王子製紙が苫小牧工場~支笏湖(しこつこ)まで走らせていました。昭和26年に廃線になるまでの44年間たくさんの人達に親しまれていた鉄道です。現在は、当時使用していた実車(山線4号機関車)が苫小牧駅のすぐ近くにある「アカシア公園」に展示されています。

【おすすめ度】
乳児★ 幼児★★ 小学生★★

【施設情報】
▼住所:苫小牧市王子町3丁目1
▼TEL:不明
▼営業時間:通年
▼定休日:無休

⑤苫東柏原展望台/公園

苫東柏原展望台は、小高い丘にあるスポットです。展望台の場所は、苫小牧東部工業地域の北東にあります。丘の上には屋根付きのベンチもあるのでゆくり座って景色を眺めることもできます。北海道の雄大な景色を楽しむことができますよ!

【おすすめ度】
乳児★ 幼児★★ 小学生★★

【施設情報】
▼住所:北海道苫小牧市柏原
▼TEL:0144-53-1010
▼営業時間:通年
▼定休日:無休

⑥錦大沼公園/公園

錦大沼公園は、自然豊かな広大な公園で年間を通し園内では散策の他にも、さまざまな遊びを楽しむことができます。オートキャンプやバンガロー、ログハウスの施設もあり「アウトドア」を楽しむにはぴったりな場所です。
暑い夏には池(水遊び)で遊ぶことができるので、着替えを持参して思い切り子どもたちを遊ばせたいですね。1月~2月頃には冬にしか楽しむことができない「ワカサギ釣り」も楽しむことができるのでおすすめです。

【おすすめ度】
乳児★★ 幼児★★★ 小学生★★★

【施設情報】
▼住所:北海道苫小牧市字樽前421番地
▼TEL:0144-32-6509
▼営業時間:通年(お出かけの際は要確認)
▼定休日:無休(お出かけの際は要確認)

⑦花畔公園/公園

花畔公園(ばんなぐろこうえん)は、子どもたちが遊ぶ遊具(コンビネーション遊具、スプリング遊具、ターザンロープやシーソー)がある公園です。スポーツをするには、バスケットコートやグラウンド施設もあります。小さな子どもたちから、大きな子どもまで過ごせる市民に愛されている公園です。

【おすすめ度】
乳児★★ 幼児★★★ 小学生★★★

【施設情報】
▼住所:北海道苫小牧市字沼ノ端918-1
▼TEL:0144-32-6500(公園整備係)0144-32-6509(公園維持係)
▼営業時間:通年
▼定休日:無休

⑧道の駅ウトナイ湖/アミューズメント施設

ウトナイ湖は、周囲が9kmの淡水湖で、バードウオッチングや自然散策などを楽しむことができます。季節によっては普段あまり見ることができない白鳥なども見ることができます。道の駅ウトナイ湖は、苫小牧ならではの食べ物やアイスなどのスイーツを食べることができます。館内休憩コーナーから外を見るとウトナイ湖が広がり、窓際にある双眼鏡を使用し野鳥の観察をすることもできるようです。

【おすすめ度】
乳児★ 幼児★★★ 小学生★★★

【施設情報】
▼住所:苫小牧市字植苗156-30
▼TEL: 0144-58-4137
▼営業時間:3月~10月(9:00~18:00)4月29日~5月8日・8月11日~8月16日は19:00まで
11月~2月(9:00~17:00)
▼定休日:12月31日~1月2日 

⑨ウトナイ湖野生鳥獣保護センター/アミューズメント施設

ウトナイ湖野生鳥獣保護センターは、ウトナイ湖にいる動物や鳥などについて学ぶことができる施設です。展示や映像で学ぶことができます。ウトナイ湖野生鳥獣保護センターからウトナイ湖ネーチャーセンターや、観察小屋まで歩いて行ける自然観察路もあります。歩道は整備させているので子どもでも歩きやすく散策を楽しむことができます。屋内から設置されている望遠鏡を使用して外の鳥の様子を観察することもできます。

【おすすめ度】
乳児★ 幼児★★★ 小学生★★★

【施設情報】
▼住所:北海道苫小牧市字植苗156番地26
▼TEL:0144-58-2231
▼営業時間:9:00~17:00
▼定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合、火曜日)、年末年始(12月29日~1月3日)

⑩カナディアンカヌーツーリング/アクティビティ

カナディアンカヌーツーリングは、北海道の大自然を実感できるカヌー体験です。苫小牧市アミューズスポーツで行っているカヌーのスタート地点は、第二美々橋カヌーポートから出発して、美々川を下りウトナイ湖までの約4kmのカヌー旅です。他にも4kmの半分、2kmの体験もあるようです。子どもでも体験できるんです!おとなしく座っていることができれば3歳以上で保護者同伴で体験することができるのでおすすめです。

【おすすめ度】
乳児-(3歳以上から可能なため) 幼児★★ 小学生★★★

【施設情報】
▼住所:(集合場所住所:苫小牧市美沢8-5 和牛レストランびび横)
▼TEL: 0570-011-411
▼営業時間:9:00~17:00(5月1日~9月30日)
▼定休日:天候により定休

大自然を楽しもう!

Image

札幌からも近くアクセス面でも便利な「苫小牧」。自然豊かな風景が広がり、ここでしか体験できないレジャー施設もたくさんあります。広い公園には、子どもたちがのびのびと遊べる遊具があったり、白鳥や馬などの動物と触れ合うことができる施設もあります。札幌から少し足を延ばし苫小牧で遊んでみませんか?

近くのおでかけスポットに関する記事はこちら

旭川の子供と行きたいおすすめお出かけスポット10選!子供と一緒に楽しく遊べる!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23134
Image