トイレトレーニングに大苦戦!最終手段にトイトレアプリはいかが?

そろそろオムツを外したいけど、なかなか子ども自身がやる気にならず苦戦している親も多いのではないでしょうか。ママの焦る気持ちとは裏腹に、ところ構わず漏らしてしまう我が子にママもお手上げ状態。そんな状態から脱却する方法として、トイレトレーニングのアプリを活用してみてはいかがでしょう。

23000

目次

  1. トイレトレーニングを始める時期
  2. トイレトレーニングの進め方
  3. それでもダメなら、アプリを試そう!
  4. おすすめのトイレトレーニング用アプリ5選
  5. トイレトレーニングは焦らず長い目で見ましょう
  6. 合わせて読みたい!

トイレトレーニングを始める時期

トイレトレーニングを始めるときはある条件を満たしていると、スムーズにオムツを外しやすいと言われています。逆に、その条件を満たしていないとトイレトレーニングが長引いて、親子ともに精神的にも疲れてしまう状態が続いてしまいます。スムーズなトイレトレーニングを進めていくためにも、始めるときの条件を知っておきましょう。

■自分でズボンやパンツの上げ下ろしができる
■自分の足で歩いてトイレに行くことができる
■排泄した場合は、そのことを言葉で伝えられる
■おしっこの間隔が2時間以上開いている

以上の4つの項目のうち1つでもできないものがあれば、まだトイレトレーニングを始めるには早すぎるということになります。しっかり我が子のトイレトレーニングの時期を見極めてあげましょう。

トイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは親子の我慢比べのようなものがあります。その子の性格や成長過程によってトイレトレーニングの進め方も異なります。ステップアップする段階や内容を変えていきながら、子どもがトイレに興味を感じるように進めていきましょう。

■おしっことうんちが何か認識させる
オムツを変えるときに「〇〇ちゃん、うんちいっぱい出たね!」と話しかけてあげます。うんちとおしっこが何か認識させてあげましょう。

■おまるやトイレに誘ってみる(興味を持たせる)
パパやママがトイレに行くときに一緒に連れて行ったいり、お気に入りのぬいぐるみをおまるにまたがせてトイレをしているフリをすることで、徐々にトイレに興味を持たせてあげます。

■生活の節目でトイレに誘う
トイレに興味を持ち始めたら、いよいよ子ども自身をトイレにまたがせてあげましょう。朝起きたときやお風呂に入る前など、生活リズムの節目に声掛けをしましょう。

■ぎりぎりまでトイレに誘わない
おしっこをしたいという感覚を理解させて、自分からトイレに行きたい事をママに伝えられるよう、ぎりぎりまでトイレには誘わないでおきます。おしっこをしたいような仕草が見られるまでは、ママもグッと我慢です。

それでもダメなら、アプリを試そう!

Image

トイレトレーニング用のパンツを履かせたり、濡れたことをワザと感じさせるオムツを履かせるなど様々な方法でチャレンジしても、なかなかトイレトレーニングが進まない方もいると思います。そんな時は、最終手段としてトイレトレーニングのアプリを試してみましょう。トイレトレーニングのアプリは様々なので、子どもの反応や好みを見ながら試してください。

おすすめのトイレトレーニング用アプリ5選

1.親子で楽しく!トイレトレーニング

こちらのアプリは、なんと実際にトイレトレーニング真っ只中の2歳のお子さんを持つママが企画して完成したアプリです。そのため、子どもが喜ぶポイントが満載で、トイレトレーニングを始めたばかりのお子様に役立つアプリです。トイレが成功したら褒めたり、スタンプを集めることで子どものやる気にも繋がります。スタンプが10個貯まるとごほうびのイラストが現れるのも特別感があっておすすめです。

2.トイトレくまちゃん

可愛いクマが、歌を歌ってお子様のトイレトレーニングを応援してくれます。子どもが好きなごほうびシール機能付きなので、スマートフォンを持っていけば外出先でもトイレトレーニングを進められます。クマのシュールな歌や可愛らしい動きが子どもだけでなく大人も惹き込まれます。

3.トイレトレーニング-BabyBus

子どもはお世話が大好きです。お人形やぬいぐるみをお世話している姿を見たことはありませんが?こちらのアプリは、実際に男の子と女の子のトイレでの一連の動作をお世話してあげることで、自分自身もトイレの仕方を理解します。上手にお世話が出来たら褒めてあげることで、子どものトイレへチャレンジしようとする気持ちも伸びるのではないでしょうか。

4.しまうさのトイレトレーニング

何より楽しみながらトイレトレーニングをしようということに力を入れているアプリです。トイレへ行かせたい時には、運動会でお馴染みのBGM「天国と地獄」が流れたり、ごほうび機能もついているのでトイレが成功する喜びも満載です。そして失敗してしまっても「次はがんばろうね!」とフォローをしてくれるのも、失敗してつい怒ってしまうママにはおすすめのアプリです。

5.トイレのくに

ライオンのトイレ用クリーナー「ルック まめピカ」公式の顔ハメアプリの登場です。王様、お姫様の顔に好きな画像を入れて動画の再生や保存ができます。トイレの国の王様は王座ならぬ便座に座っているため、お子様の顔を画像に入れれば自分がトイレをしているイメージがしやすいと人気があります。子どもがトイレに行きたくなる気持ちを盛り上げてくれるアプリです。

トイレトレーニングは焦らず長い目で見ましょう

トイレトレーニングは早い子では3ヶ月でオムツが外れる子もいれば、1年以上かかる子もいます。それはその子の個性でもあり、周りの子どもがオムツが外れていても焦る必要はありません。焦れば焦るほど親の気持ちは子どもに伝わってしまいます。

トイレトレーニングのやってはいけないことの中に、怒ることがあります。誰でも初めてすることに失敗はつきものです。親であるあなた自身も子どもの頃は同じです。それを踏まえて、子どものトイレトレーニングを一緒に応援してあげましょう。そして様々なトイレトレーニングの方法の中で、アプリを試してみてはいかがでしょう。

合わせて読みたい!

うんちだけできない!うんちのトイレトレーニング成功させる10のステップ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/14296
Image