更新日:2017年12月25日

英検の採点方法変更で受検者がザワついているって本当?

2015年度までの英検は、毎回合格基準点が発表されると自己採点と照らしあわせて、合格発表の前でも合格・不合格がほぼ分かっていました。しかし、2016年度第1回目(6月実施)から採点方式がガラッと変わったようで、受検者の中ではザワつきが起こっています。

210636
0

2015年度までの合否判定方法

Image

英検の試験の流れ、1次試験の合否の判定方法は、2015年度までは以下の通りでした。

1次試験実施…6月、10月、1月の日曜日(本会場・準会場)&金・土曜日(準会場)
例:6月12日(日)

試験日翌月曜日(13時ごろ)に解答速報発表
例:6月13日(月)

試験日翌金曜日(15時ごろ)に試験問題掲載
例:6月17日(金)

試験日翌々火曜日(15時ごろ)合格点発表
例:6月21日(火)

試験翌々金曜日(団体14時、個人15時)1次試験インターネット合否サービス
例:6月24日(金)

3級受検者以上に課せられている2次試験は、1次のインターネット合否サービスの約3週間後となっているので、受験者は少しでも早く合否を知り、合格であれば2次試験に備えたいと思います。なので、解答速報の発表で自己採点をし、過去の合格点と照らし合わせて自分の合格可能性を知っていくことで、次の2次対策に進んでいました。しかし、2016年度の試験から、それができなくなったのです。

2016年度からの合否判定方法の変更

Image

2015年度までの1問1点で採点し、合格点と照らし合わせる方法から変更して、2016年度からは「CSEスコア方式」という方法が取られるようになりました。

「CSEスコア方式」での採点方法は、かなり複雑です。各技能ごとに点数を等分して、「統計的手法で算出」された受験者の各技能別のスコアを合算することで、そのスコアが合格基準スコア以上であれば合格と判断するのです。各技能ごとに合格基準はないのですが、「統計的手法で算出」する方法が不明確で公開されていません。受験者は合格発表まで自分のCSEスコアが分からず、合格か不合格かが分からないのです。

CSEスコアとは?

Image

「英検CSEスコア」の「CSE」とは、「Common Scale for English」の略です。「英語共通尺度」となります。ユニバーサルなスコア尺度を英検の各級で表記したものです。

CSEスコアは、客観的に、自分の受検した級を超えて、総合的な英語力と、各技能ごとの英語力を知ることができます。それによって、自分の足りない能力を把握したり、これからどんな力を身につけたらいいかが分かるのです。「CSEスコア」自体は、国際標準規格CEFRにも対応しているので、その点数が国際的に視点でどの程度の力なのかも把握することができます。

CSEスコア各級の合格基準

Image

合格スコア

・各級の一次試験合格スコア、二次試験合格スコアを紹介したいと思います。

【一次試験 合格スコア】
・1級: 2028(満点2550)
・準1級: 1792(満点2250)
・2級: 1520(満点1950)
・準2級: 878(満点1200)
・3級: 746(満点1100)
・4級: 622(満点1000)
・5級: 419(満点850)

【二次試験 合格スコア】
・1級: 602(満点850)
・準1級: 512(満点750)
・2級: 460(満点650)
・準2級: 406(満点600)
・3級: 353(満点550)

また、各級の各技能の満点スコアも紹介したいと思います。
【各技能満点スコア】
・1級:850
・準1級:750
・2級:650
・準2級:600
・3級:550
・4級:500
・5級:425
*満点スコアは各技能で均等になります。

得点のバランスが合格のカギ

上記のように、CSEスコアの各級「満点」と「合格基準スコア」は固定となりました。今回は難しかったので合格基準スコアが下がる、というような措置は、どの回も取られません。

満点とスコアの割合で行くと、今までの採点法より、得点率をあげないといけないように感じます。しかし、CSEスコアは、必ずしも点数の割合と一致しているわけではありません。例えば、正答率が同じでも、技能別の解答によって合計スコアは変わってくるのです。スコアに関しては、前受検者の解答情報から統計的に算出するため、受検者自身でスコアを算出しようと思ってもできないのです。

ただし、基本的には、各技能のバランスが悪い場合は、厳しい結果となりそうです。例えば、今まで、リスニングが満点&リーディングが2~3割、というバランスの悪い得点でも合計点が基準点を超えれば受かっていましたが、2016年度からはそれでは受からなくなります。

採点方法が変わったことを知らない人が多かった!

Image

実は、この採点方法が変わるという告示は、2015年12月25日の英検プレスリリースを見た人か、英会話学校や各種学校に通っていて情報を得られた人しか知りませんでした。実際に、2016年6月12日に行われたテストが終わってから気づいたという人も少なくなく、混乱を呼んでいます。

英検の採点方法が変わったことへのみんなの意見は?

驚き、戸惑い、怒りの声が頻出しています。英検を独学で受ける場合には、事前の情報収集もしっかりと必要になりますね。

英語力のアップには必要な措置

採点方法が変わり、自己採点も不可能となった英検。すでに不満や不安、怒りの声も多く出ています。2016年6月実施の試験結果はまだ出ていませんが、結果の出方によっては、もうひと荒れありそうな気がします。

しかし、このCSEスコア方式による採点法は、国際的・総合的に、自分の英語力を判断できる方法です。最初のうちはなかなか慣れないかもしれませんが、受検者自身の英語力のスキルアップには必要な措置だったといえるでしょう。

※この記事は2016年6月に公開された記事になります。

あわせて読みたい

Image

子どもの英語教材とは?選び方、使い方、注意点とおすすめ7選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27587
Image

英語の厳選絵本20選!幼児への英語の読み聞かせに。

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27806
Image

小学校英語の今後とは?必修化と教育化の目途と卒業後の影響

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27412
Image

英語の習い事は何歳から始める?年齢ごとのメリットと教室の選び方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18466
Image

0歳児から英語教育が良いという理由は?身近なものでできる英語教育、人気英語教材、0歳からの英会話教室について

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21203
Image

こども英会話ミネルヴァ!特徴、コース、システムとは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27586
Image

おすすめ知育・英語教材15選【幼児編/小学生編(無料〜有料)】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27794
Image

ひらがなの積み木5選と英語の積み木5選〜言葉の学習にお役立ち〜

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27795
Image

0歳からOK!教室に通わなくてもおうちでできる幼児英語教材6選とその特徴

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27292
Image

子どもの学習に使える!キッズタブレットの年齢別おすすめ20選〜ディズニーやアンパンマン、学研など〜

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27929
Image

最新版!おすすめ知育アプリ・ゲーム20選【幼児編/小学生編】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27864
Image

子育てパパ&ママ必見!子どもをぐんぐん伸ばす人気の知育玩具と知育教材6選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26295

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

izumi

子育て奮闘中の2児の母です。教育関係職に勤めた後、現在は主…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事