更新日:2018年12月17日

【横浜・大阪】カップヌードルミュージアム予約は必要?料金やアクセス、混雑状況は?

カップヌードルミュージアムパークとは、インスタントラーメンにちなんだざまざな展示や体験工房などが楽しめるミュージアムです。発明・発見の大切さを楽しみながら学べることから子どもから大人まで人気のスポットといえるでしょう。ここでは、カップヌードルミュージアムパークを楽しむために、予約方法や料金、アクセスなどをご紹介します。

212130
0

カップヌードルミュージアムへ行ってみよう!

カップヌードルミュージアムは、さまざまなインスタントラーメンの展示を見学したりオリジナルのカップヌードルを作ったりしながら、インスタントラーメンについて学ぶことができる体験型ミュージアムです。横浜と大阪池田にあり、いずれの施設も小さな子どもから大人まで楽しめるおでかけスポットとして親しまれています。

とても人気のある施設のため、遊びに行く日によっては混雑が予想されます。ここでは、カップヌードルミュージアムを楽しむための、チケット料金やアクセス、予約方法などをご紹介します。

Image

※本記事は2018年4月13日時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

カップヌードルミュージアム

カップヌードルミュージアムへのアクセスは?駐車場はある?

Image

カップヌードルミュージアムは、横浜みなとみらいと大阪池田にあり、それぞれの施設のアクセスは以下の通りです。

【横浜】カップヌードルミュージアム

【施設情報】
▼住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4
▼TEL:045-345-0918
▼営業時間:受付/10:00〜18:00
※入館17:00まで
▼定休日:火曜日/年末年始
※祝日の場合は翌日が休館日
※臨時休業はHP参照
▼アクセス:
<電車/バス>
・みなとみらい線「みなとみらい駅」「馬車道駅」から徒歩8分
・JR・市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩12分、またはバス
<車>
首都高速神奈川1号横羽線「みなとみらい」I.Cから5分
▼駐車場:有/40台
※入館チケット提示で1時間無料、以降250円/30分

横浜駅からカップヌードルミュージアムまでは徒歩20分程度です。途中、アンパンマンミュージアムやランドマークタワーなどテーマパークや観光スポットがたくさんあるため、目的に応じて経路を選んでも良いですね。

また、休日は多くの人で賑わうため、車で来場する場合はカップヌードルミュージアムの駐車場が満車であることが多いでしょう。そのため、近隣の駐車場(ワールドポーターズや赤レンガ倉庫)もチェックしておくと安心ですよ。

【大阪池田】 カップヌードルミュージアム

【施設情報】
▼住所:大阪府池田市満寿美町8-25
▼TEL:072-752-3484
▼営業時間:受付/9:00〜16:00
※入館は15:30まで
▼定休日:火曜日/年末年始
※祝日の場合は翌日が休館日
▼アクセス:
<電車/バス>阪急宝塚線「池田駅」から徒歩5分
<車>
・名神/京都・吹田方面…中国道「豊中」I.Cから15分
・中国道/宝塚方面…中国道「池田」I.Cから15分
・阪神高速(大阪市内)…阪神高速11号池田線/延伸線「川西小花」から10分
▼駐車場:有/23台(300円/60分)

カップヌードルミュージアムのチケット料金は?割引はある?

Image

カップヌードルミュージアムで必要な料金は、大きく「入館料」と「アトラクション利用料」にわけられます。アトラクション利用料は、各ファクトリーやパーク、フードアトラクションでの支払いが基本になります。ここでは、カップヌードルミュージアムをより楽しむためのアトラクション利用料やチケットの種類などを紹介します。

入館料

カップヌードルミュージアムは、横浜と大阪池田では入館料が異なります。

【横浜】
・大人(大学生以上)…500円
・高校生以下…無料

【大阪池田】
・無料

マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券(横浜)

カップヌードルミュージアム横浜に限り、ローソンチケットにて事前に「マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券」が購入できます。

▼料金
・大人(大学生以上)…800円
・高校生以下…300円
※カップヌードルミュージアム入館券(500円/大人)+マイカップヌードルファクトリー利用券(300円)

カップヌードルミュージアムのチケットを事前購入しても、割引やクーポンが発行されることはないようです。しかし、前もってチケットを購入しておくことで、混雑時も整理券なしでマイカップヌードルファクトリーを体験できます。来館する都合にあわせて、11:00から30分ごとに希望の時間帯を選ぶことができますよ。

Main7 800x450
出典:www.cupnoodles-museum.jp
【横浜】マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券
¥300〜(2018/12/17 時点)

マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券

アトラクション体験料

カップヌードルミュージアムでは、入館後各アトラクションごとに料金を支払うことでさまざまな体験ができます。

■横浜・大阪池田共通
・チキンラーメンファクトリー…中学生以上:500円/小学生:300円
・マイカップヌードルファクトリー…300円
※「マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券」使用の場合は料金不要

■横浜
・カップヌードルパーク…300円/1回(3歳以上、小学生以下)
・NOODLES BAZAAR(フードアトラクション)…各店舗の料金

アトラクションは現金のみの対応です。

年間パスポート(横浜)

カップヌードルミュージアム横浜では、1,500円の年間パスポートを購入すると、その日から1年間何度でも入館することができます。年に3回以上行く機会があれば、購入を検討してみても良いですね。1Fのチケットカウンターで、年間パスポートを購入したいむねを伝えましょう。

年間パスポートを購入することで、下記のような特典が受けられます。

【特典】
1.マイカップヌードルファクトリーで具材を1品おまけ (カップ2個まで)
2.NOODLES BAZAARでドリンクバーサービス (2名分)
※フードメニュー注文時
3.ミュージアムショップでお買い物が5%割引

年間パスポートの発行にあたり写真を撮影することになるため、必ず本人が来館して手続きを行ってくださいね。

カップヌードルミュージアムに予約は必要?

Image

入館やアトラクションに予約は不要

基本的に、横浜、大阪池田ともにカップヌードルミュージアムに入館するための予約は不要です。また、マイカップヌードルファクトリーやカップヌードルパーク(横浜)に関しても、予約は行っていないようです。

入館した際に、チケットカウンターで体験したいアトラクションを伝えましょう。施設により整理券をもらったりファクトリーでマイカップを購入したりと対応が違うため、スタッフに確認できると安心ですね。当日の混雑状況によっては、早めに整理券の配布やマイカップの販売を終了することがあるため注意しましょう。

横浜の場合には、「マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券」を事前に購入する方法もあります。時間が指定される利用券なので、混雑時でも指定された時間に利用することが可能です。遊びに行く日によって、チケットを購入しておくと確実ですね。

Comment icon横浜では整理券が配布されました

横浜カップヌードルミュージアムへ遊びに行った際、マイカップヌードルファクトリーが体験できる整理券をチケット購入時に配布されました。各回30分区切りで時間を選べましたが、我が家が行ったときはさほど混雑はしていなかったようでスムーズに時間指定ができましたよ。

混雑する日ではなかったもののファクトリーには行列ができていたため、時間内早めに並ぶことができれば待ち時間が少なくてすむかもしれませんね。

チキンラーメンは予約が必要

横浜・大阪池田ともに「マイチキンラーメンファクトリー」は、基本的に予約が必要です。遊びに行った当日に、キャンセルや空席がある場合のみ受付を行っていますが、土日や祝日はほぼ満席のことが多いようです。

チキンラーメンファクトリーの予約は、公式HPか予約専用ダイヤルで受け付けています。体験を希望する日3ヶ月前の10:00から前日18:00までの受け付けなので、早めに予約ができると安心です。

【チキンラーメンファクトリー予約専用ダイヤル】
・横浜…045-345-0825(10:00~18:00)
・大阪池田…072-751-0825(10:00〜16:00)

少人数制で作り方を一から丁寧に教えてくれるコースなので、待ち時間はありません。当日は時間通りにチキンラーメンファクトリーへ向かいましょう。

Comment icon貴重なラーメン作りを体験できました

チキンラーメンファクトリーは未就学児の体験ができないため、次男が小学校にあがるタイミングで予約をしておきました。とても人気のあるファクトリーなので、早めの予約をしておいて良かったと思いましたよ。

チキンラーメン作りはスタッフが丁寧に教えてくれるため、小学生の子どもたちも楽しめました。「瞬間油熱乾燥法」など子どもにも興味がある体験ができて、貴重な食育や発見につながったなと思います。
【横浜】チキンラーメンファクトリー 予約システム
【大阪池田】チキンラーメンファクトリー 予約システム

カップヌードルミュージアムの混雑状況は?

Image

横浜、大阪池田のカップヌードルミュージアムともに、基本的に入場制限はないようです。しかし、土日祝日やGW当日にマイカップヌードルファクトリーやカップヌードルパークを利用しようと考えている場合は、早めに整理券をもらったりマイカップを購入したりしたほうが良いかもしれません。

ここでは、カップヌードルミュージアムの混雑状況とアトラクションを楽しむために知っておきたい情報を紹介します。

HPで混雑状況を確認する

カップヌードルミュージアムは、リアルタイムの予約状況や当日の情報がHPで確認できます。マイカップヌードルファクトリーだけではなく、チキンラーメンファクトリーの空席状況やカップヌードルパーク(横浜)の混雑状況も発信されているため、遊びに行く際にはチェックしておくと安心ですね。

マイカップヌードルファクトリーの待ち時間

マイカップヌードルファクトリーのおおまかな工程は下記の通りです。

・カップを買う
・カップをデザインする
・麺や具など、中身を入れてもらう
・包装されたマイカップが破損しないようにエアーパックに詰める

休日やGW、夏休みなどの休暇は混雑が予想され、列に並んでから工程を終えるまで数時間かかることも予想されます。混雑を避けるならば、平日か朝一番に並ぶと比較的スムーズにマイカップヌードル作りを体験できるようですよ。

Comment icon夏休みに利用して2時間かかりました(横浜)

子どもたちの夏休みにマイカップヌードルファクトリーを体験しようと、事前に12:00の回のチケットを購入しました。12:15くらいに到着し並んだときのことです。

・カップを買う自販機までは10分程度
・カップのデザインをする席に案内されるまで30分程度
・カップに麺や具などの中身を入れてもらうまで30分程度

カップをデザインする作業の時間を含めると全体で2時間程度かかりました。

Comment icon平日の午後はほぼ待ち時間はありませんでした(横浜)

子どもたちの春休み後、幼稚園や小学校が午前中で終わる日の午後にマイカップヌードルファクトリーの体験に行きました。カップを購入するまで5分程度並び、すぐにカップにデザインをする席に案内されました。

デザイン後、麺や具を入れてもらう工程に並びましたが、スタッフの方が10分以内で案内できると言っていましたよ。平日の午後は、比較的空いていたように思います。

Comment icon混雑時は早めにカップの購入が終了するようです(大阪池田)

大阪池田のカップヌードルファクトリーに遊びに行った友人の話ですが、夏休みの混雑していたときに行ったためか、15:00でカップの販売を終了していたそうです。スタッフに尋ねたところ、14:00ごろに販売終了したこともあるようですよ。混雑状況を確認しながら、必要に応じて早めに来館したほうが良いのだなと思いました。

Comment icon休日でも初回の時間帯はスムーズ

最初の回は休日も比較的空いているようです。全体的に並ぶのは30分程度、作業の時間を含めても1時間程度で終えることができました。

マイカップヌードル作りの流れ

Image

マイカップヌードルファクトリーでは、自分好みのカップヌードルを作ることができます。初めて体験する場合、時間を間違えたり手間取ったりしてしまわないように、カップヌードルファクトリーでの体験の流れをご紹介します。

1.チケット購入時に整理券をもらう(横浜)

横浜と大阪池田のカップヌードルファクトリーでは、マイカップヌードルを作るまでの流れが少し異なるようです。

・横浜…受付でチケット購入時に整理券が発行される(先着順)
・大阪池田…予約なしで並び、カップを購入する

横浜カップヌードルミュージアムの整理券は先着順の発行です。空席があれば希望時間帯の整理券を発行してもらえますよ。整理券を受け取った場合は、その指定時間内にマイカップヌードルファクトリーの受付を済ませましょう。

2.マイカップを購入し、デザインする

Image

マイカップヌードルを作る際、まずマイカップを自動販売機で購入します。カップの購入は300円で、これがアトラクション利用料となります。カップを購入したらスタッフの指示にしたがい、各テーブルでカップにオリジナルデザインをほどこします。

案内されたテーブルには、カップに絵などを描くためのマジックが用意されているので、好きなデザインを描いて自分だけのカップを作ってみましょう。

Comment icon自販機の隣に両替機がありました

マイカップを購入する自動販売機は硬貨か千円札での対応でしたが、自動販売機の横に大きなお札の両替機がありました。手持ちに細かいお金がなかったので、両替機が設置されていて助かりましたよ。

3.カップに麺や具材を入れてもらう

Image

マイカップのデザインができあがったら、麺をセットしてスープと具材を選ぶ工程にうつります。こちらの作業は衛生管理上スタッフが行いますが、外から自分のカップにどのように麺が入れられるか見学ができますよ。味は4種類の中からひとつ、具材は12種類の中から4つ選ぶことができます。

4.包装しエアパッケージに入れる

カップヌードルの中身ができたら、スタッフがフタをしてシュリンク包装をしてくれます。できあがったカップを受け取り、最後にエアパッケージにポンプで空気を入れてできあがりです。

マイカップヌードルの賞味期限は、作った日から1ヶ月です。持ち帰った後は、できるだけ早く食べるようにしましょう。

カップヌードルミュージアムの楽しみ方

Image

カップヌードルミュージアムは体験型アトラクションの他に、子どもたちが身体を動かして遊べるアスレチックや食事を楽しめるフードアトラクションがあります。また、カップヌードルの発明者、安藤百福の展示や発明された過程などが紹介されたコーナーがあり、子どもから大人まで楽しむことができますよ。

カップヌードルパーク(横浜)

カップヌードルパークは、カップヌードルの製造工程を体感できるアスレチック広場です。1回300円の入場料で30分(利用時間25分)楽しむことができます。下記の注意点を守りながら気持ち良く遊びましょう。

・時間 :10:30〜17:30(最終受付 17:00)
・年齢 :3歳以上、小学生以下
・時間 :30分間(利用時間 25分間)
・身長 :90cm以上

その他、サンダルやヒール、革靴などでは参加できないなど制限があるため、事前にHPや案内ダイヤルで注意事項を確認しておくと安心ですね。

NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-(横浜)

Image

横浜のカップヌードルミュージアム内には「NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-」という、世界各国のさまざまな麺を味わえるフードアトラクションがあります。アジア各国から取り寄せた家具や道具が配置された屋台風のアトラクションで、ミニチキンラーメンやパスタ、フォー以外にも珍しい麺料理が楽しめます。

フードコートのようなアトラクションであるため、休日やGW、夏休みなどの昼食の時間帯はとても混雑するようです。休日に来館する場合、早めの11時ごろに食事を済ませると比較的空いているようですよ。

百福シアター(横浜)

Image

百福シアターとは、カップヌードルの創造者でもある安藤百福の生涯を約14分間のCGアニメーションで展開するシアターです。安藤百福の原点となる6つのキーワードを楽しく学ぶことができます。

子どもたちにもわかりやすく紹介されているため、さまざまな発見があるかもしれませんね。百福シアターは入館料のみで観覧できます。

マジカルテーブル(大阪池田)

Magicaltable main 800x450引用元:www.cupnoodles-museum.jp

マジカルテーブルでは、インスタントラーメンにまつわるさまざまな問題が出題されるクイズコーナーです。○×クイズや穴埋めクイズなど、子どもでも楽しめるクイズ方式と言えるでしょう。5問中4問以上を正解すると、素敵なプレゼントがあるそうですよ。

テイスティングルーム(大阪池田)

Tasting main 800x450引用元:www.cupnoodles-museum.jp

テイスティングルームでは、チキンラーメンなどの定番商品から、北海道や東北などで販売されている地域限定商品まで、さまざまなカップヌードルが自動販売機で購入できます。お土産として持ち帰ったりその場で食べたり、さまざまな楽しみ方がありますよ。東日本と西日本の「日清どん兵衛」を食べ比べることもできます。

授乳室やおむつを交換する場所

子連れでカップヌードルミュージアムを楽しむためにも、授乳室やおむつの交換場所を事前にチェックしておくと安心です。横浜、大阪池田ともに授乳室などが完備されているため、必要に応じてスタッフに尋ねても良いですね。

【授乳室】
・横浜…1Fエントランスホール大階段下
・大阪池田…エントランスホールに近いトイレ手前

【おむつ交換場所】
・横浜…1F授乳室、または1Fと4Fの多目的トイレ
・大阪池田…有/スタッフに尋ねる

また、横浜のカップヌードルミュージアムにはコインロッカーの備えがあります。必要に応じてコインロッカーを利用し、持ち物を軽くしてから館内を見学や体験をしてはいかがでしょうか。

カップヌードルミュージアムで人気のお土産は?

Main8 800x450引用元:www.cupnoodles-museum.jp

ミュージアムショップでは、カップヌードルミュージアムのオリジナルグッズやマスコットキャラクター「ひよこちゃん」のグッズなどが販売されています。お土産だけではなく、自分用にオリジナルグッズを購入する方も多いようですよ。

ひよこちゃんグッズ

ひよこちゃんとは、チキンラーメンのマスコットキャラクターで、柔らかな黄色の外観と愛らしい顔が人気です。ひよこちゃんグッズには、ストラップやキーボールチェーン、ボールペンなどがあり、定番のお土産と言えるでしょう。

横浜のご当地ストラップや、大阪池田で販売されているひよこちゃんボールペンなども人気のお土産のひとつですよ。

カップヌードルまんじゅう

「カップヌードルまんじゅう」は、カップヌードルの形をした小さなまんじゅうです。まんじゅうの中はこしあんが詰められ、限定商品のため人気が高いお土産と言えるでしょう。大(1,500円)と小(900円)が選べます。

チキンラーメンサブレ

元祖チキンラーメンの包装デザインがパッケージになっている「チキンラーメンサブレ」は、マスコットキャラクター「ひよこちゃん」の形をしたサブレです。サクッと口触りが良く、小さな子どもから大人まで楽しめる味ですよ。

カップヌードルミュージアムで発見を楽しもう

Image

カップヌードルミュージアムは、チキンラーメンを製造したりマイカップヌードルを作ったりとさまざまな体験ができます。カップヌードルが発明されたきっかけやアイデアがたくさん紹介されているため、子どもたちはさまざまな発見ができるのではないでしょうか。

基本的に予約なしでアトラクションを楽しめますが、混雑が予想される場合は早めの来館がおすすめです。また、小学生以上の子どもと楽しめるチキンラーメンファクトリーを予約したり、HPなどで混雑状況を確認したりと、事前に準備することで当日はスムーズに利用できるようにしましょう。カップヌードルミュージアムで、さまざまな発見を楽しめると良いですね。

あわせて読みたい

おでかけスポット

Image
横浜の子連れおでかけスポット12選!人気観光地やホテルも紹介【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/20884
Image
原宿の子どもと行きたいおでかけスポットおすすめ10選!子連れで楽しめる施設が充実
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23024
Image
【関東】GWに子連れでおでかけ!おすすめスポット23選【定番から穴場まで】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26448
Image
【2019】ゴールデンウィークはいつからいつまで?家族旅行におすすめのプランとGWの過ごし方
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29752
Image
妊婦のディズニーランド・シーの楽しみ方!優待や注意点は?アトラクションに乗れる?ゲストアシスタンスカードとは?【保存版】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/7799
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2018年版【先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
子連れシンガポール旅行におすすめの観光スポット&ホテルをご紹介!【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/15915

子連れおでかけポイント

Image
電車の子ども料金はいつから発生する?電車料金の区分や迷うケース・料金の目安
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26349
Image
子連れのお出かけ定番グッズとは?車や長時間での持ち物リスト
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/22744
Image
飛行機のバシネットとは?座席や予約方法、体重制限は?【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29849
Image
赤ちゃんの温泉旅行はいつからがおすすめ?マナーやおすすめの宿、入れ方など
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/19997
Image
赤ちゃんの新幹線デビューガイド!授乳・ベビーカー・おむつ替えは?【体験談】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29631
Image
赤ちゃんの電車移動はいつから?料金は?ぐずり対策や体験談をご紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29865

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

ままのて編集部公式アカウントです。 【Instagr…

おすすめの記事