八景島シーパラダイス【攻略法】ホテルやアトラクション、水族館のおすすめを紹介!

八景島シーパラダイスは、水族館やアトラクションをはじめ、ショッピングやレストランも充実した複合型テーマパークです。海の生き物を身近に感じられる施設だけでも4ヶ所あり、さまざまな体験やイベントが楽しめるでしょう。ここでは、八景島シーパラダイスを遊び尽くすためのお得なチケットや各施設の楽しみ方など、攻略法をご紹介します。

98266

目次

  1. 八景島シーパラダイスとは?
  2. 八景島シーパラダイスのアクセスは?
  3. 八景島シーパラダイスのチケット料金は?割引券はある?
  4. 八景島シーパラダイスの営業時間は?
  5. 八景島シーパラダイスの水族館の楽しみ方!
  6. 八景島シーパラダイスのアトラクションの楽しみ方!
  7. 八景島シーパラダイスおすすめのレストラン&お土産
  8. 八景島シーパラダイス周辺ホテルおすすめ4選
  9. 八景島シーパラダイスの嬉しいイベントやサービス
  10. 八景島シーパラダイスに関する体験談
  11. 楽しみたいエリアをチッェクして、八景島シーパラダイスを攻略しよう
  12. あわせて読みたい

八景島シーパラダイスとは?

八景島シーパラダイスのエリア

Image

「横浜・八景島シーパラダイス」は、水族館やアトラクション・レストラン・ショッピングモールなどの施設がひとつの島に集結した、複合型テーマパークです。

八景島シーパラダイスには、大きく分けて「水族館」「アトラクション」「レストラン」「ショッピング&アミューズメント」「ホテル&マリーナ」の5つのエリアがあります。さらに水族館は4つのエリアに分けられ、海の生き物と触れ合える「ふれあいラグーン」、釣った魚をその場で調理して食べることができる「うみファーム」などがあります。さまざまな楽しみ方ができそうですね。

八景島シーパラダイスを回る所要時間

八景島シーパラダイスは、水族館やアトラクションなど複数のエリアに分かれているため、事前に何を楽しむか決めておいても良いでしょう。子連れで遊びに行った場合の各施設の所要時間は、おおよそ下記の通りです。

【水族館】
・アクアミュージアム…館内のみで1~1.5時間程度
※海の生き物のショー…1時間程度
・うみファーム…1~2時間程度
・ふれあいラグーン…1~2時間程度
・ドルフィンファンタジー…20~30分程度

【アトラクション】
・楽しむアトラクションにより1~3時間程度

【ショッピング&アミューズメント】
・ショッピング…1~1.5時間程度
・アミューズメント施設…1時間程度

日帰りで八景島シーパラダイスへ行く場合、4つの水族館を楽しむアクアリゾーツパスのみでも遊び尽くせるという方も多いようです。入島時にアクアリゾーツパスのみを購入して、後から乗りたいアトラクションのチケットを個別に買い足す方法もありますよ。

シーパラダイスでは水族館やアトラクション、アミューズメント施設が一度に楽しめることから、ホテルに宿泊して2日かけて遊び尽くすプランを検討しても良いでしょう。

八景島シーパラダイスのアクセスは?

Image

【施設情報】
▼住所: 横浜市金沢区八景島
▼TEL:045-788-8888
▼営業時間/定休日:季節による変動有、HPのカレンダーを参照
▼アクセス:
<電車>シーサイドライン「八景島駅」から徒歩5分
<車>首都高速湾岸線「幸浦」/横浜横須賀道路「並木インターチェンジ」から数分
▼駐車場:1,200円/1日

公共交通機関を利用する場合、海沿いを走るシーサイドライン終点「八景島駅」が最寄り駅です。シーサイドラインへの接続駅には、京浜急行線「金沢八景駅」とJR根岸線「新杉田駅」があり、新宿から1時間程度、横浜から30分程度で到着すると考えて良いでしょう。

車でのアクセスは首都高速湾岸線「幸浦」から1.5km程度、横浜横須賀道路「並木インターチェンジ」から2km程度です。八景島内に一般車両の乗り入れができないため、島の入り口付近に数ヶ所、提携駐車場が設けられています。GWや夏休みなどは混雑して満車になる場合もあるため、シーサイドライン沿線の駐車場を利用して公共交通機関で訪れても良いでしょう。

八景島シーパラダイスのチケット料金は?割引券はある?

Image

八景島シーパラダイスへの入島料は無料です。八景島を散歩したりショッピングやグルメを楽しんだりしたい方は、水族館やアトラクションのチケットを購入しなくても利用できます。

八景島は、島全体がいくつかのエリアに分かれているため、楽しみたい施設やアトラクションごとにチケットを購入するシステムが導入されています。チケットは4歳以上の子どもから必要です。まずはどのエリアを楽しみたいか決めてから購入してはいかがでしょうか。

チケットの種類

チケットの種類
大人/高校生
小学生/中学生
幼児(4歳以上)
シニア(65歳以上)
ワンデーパス5,050円3,600円2,050円3,600円
シーパラプレミアムパス(年パス)10,100円7,200円4,100円7,200円
アクアリゾーツパス3,000円1,750円850円2,450円
プレジャーランドパス3,000円2,650円1,550円3,000円
楽園ナイトパス3,300円2,200円1,600円2,200円

※2018年4月19日現在の料金

■ワンデーパス&年間パスポート
一日に4施設の水族館と15種類のアトラクションをどちらも楽しみたい方には、ワンデーパスポートがおすすめです。また、年に3回以上シーパラを訪れる機会がある方は、年間パスの購入を検討しても良いでしょう。

■アクアリゾーツパス
八景島シーパラダイスの水族館のみを楽しみたい方には、アクアリゾーツパスがおすすめです。アクアリゾーツパス一枚で、4つの水族館すべてに入館できますよ。同時にシアターやクルーズを体験したい方は、セットになったパスポートを購入するとお得でしょう。

■プレジャーランドパス
アトラクション15種類を楽しみたい方には、プレジャーランドパスがおすすめです。子どもが楽しめるゆるやかな乗り物から、大人が絶叫するマシンまで、さまざまなアトラクションが選べます。また、好きなアトラクションに5回乗れる回数券(2,000円)を購入する家庭もありますよ。

■ナイトパス
夕方から楽しみたい方は、ナイトパスを利用しても良いでしょう。入島から閉島までの時間が限られているため料金が安くなるというメリットがあります。一方で、子どもの生活スタイルを考えるとナイトパスは控えた方が良いと考えるママも多いようです。八景島や近隣のホテルに宿泊を検討している方は、子どもの様子を見ながらナイトパスを利用しても良いですね。

クーポンや割引

八景島シーパラダイスでは、さまざまなクーポンや割引価格のチケットが販売されています。下記のクーポンや割引を参考にして、ライフスタイルに合った方法でチケットを購入するとお得に楽しむことができるでしょう。

■公式HP前売り券
八景島シーパラダイスの公式HPから、前売り電子チケットが自宅で購入できます。利用日当日に配信された購入内容書をチケットセンターに持参するシステムで、チケットを購入する待ち時間を短縮できますよ。「ワンデーパス」や「トワイライトパス」が対象で、チケットの種類により5~10%お得に購入できます。

■エポスカード優待
エポスカードを所持している方は、エポスカードの優待サイト「エポトクプラザ」より八景島シーパラダイスのクーポンを取得し、当日エポスカードで支払うことで優待を受けられます。チケットの種類により200円~600円お得に購入でき、ワンデーパス(アクアリゾーツパス+プレジャーランドパス)が対象です。

■コンビニ発券
ローソンチケットからパスポートを購入すると、ローソン・ミニストップ店頭Loppiから発券できます。150円~350円お得に購入でき、「ワンデーパス」「シーパラプレミアムパス(年パス)」「楽園ナイトパス」が対象です。

また、セブンイレブンやファミリーマートのコンビニからも、JTBレジャー施設の前売り券などの形で、パスポートの割引が受けられますよ。

■バースデークーポン
年会費無料のメルマガ「シーパラドルフィンクラブ」に入会しておくと、誕生日月の前月下旬ごろにバースデークーポンが送られてきます。チケットの種類により、最大850円の割引が同伴者5名まで受けられますよ。

また、メルマガに登録していなくても「シーパラ・バースデースペシャルクーポン」を利用することで、誕生日当日と前後3日間、最大650円の割引が受けられます。公式HPよりクーポンのページをプリントアウトして、利用日当日にチケットセンターでスタッフに渡しましょう。

Article link icon
子どもの誕生日特典がある施設20選!関東・関西などエリア別でお得にバー…

八景島シーパラダイスの営業時間は?

Image

八景島シーパラダイスの営業時間は季節により異なるため、利用日当日の開島・閉島時間を事前にHPなどで確認しておくと安心です。基本的に8:30~10:00頃に開島し、20:00~21:00頃に閉島することが多いでしょう。土日祝日・GWや長期休暇のほうが、平日よりも早めに開島して遅くに閉島する傾向にあるようです。

開島している時間以外は、八景島へ入ることができないため注意しましょう。また、アトラクションやエリアによっては営業時間が異なるため、あわせて確認しておくと安心ですね。

八景島シーパラダイスの水族館の楽しみ方!

八景島シーパラダイスの水族館は「アクアミュージアム」「うみファーム」「ふれあいラグーン」「ドルフィンファンタジー」と4つのエリアに分かれ、それぞれのエリアで楽しみ方が異なります。

「AQUAMUSEUM」(アクアミュージアム)

Image

八景島シーパラダイスのチケット売り場がある一番大きな施設が「アクアミュージアム」です。さまざまな海の生き物たちの姿が観察できます。7万尾のイワシの大群泳ぎや、海の底に生息する貴重な魚も見ることができるでしょう。

また、アクアミュージアム内の会場で催される海の動物たちのショーは、昼と夜とで演出が異なります。セイウチやイルカ、アシカやペンギンなど、さまざまな動物のパフォーマンスは、人気イベントのひとつですよ。

「UMI FARM」(うみファーム)

「うみファーム」は、魚を「育てる」「獲る」「食べる」をコンセプトに、海の触れ合いと海育が体験できるエリアです。海に生息する魚を釣ったり獲ったりするだけではなく、その場で調理して食べることもできますよ。

他にも、海中から魚たちのようすを観察できる「サブマリンサーチ」や、魚たちの生息を学習をする「海育プログラム」などがあり、多様な体験ができるエリアですよ。

「FUREAI Lagoon」(ふれあいラグーン)

Image

「ふれあいラグーン」では、イルカやペンギン、セイウチなど、海の生き物との触れ合えます。また、東京湾の岩礁(がんしょう)を再現した水槽では、直接水に入って魚たちを観察することができますよ。

時間帯によってペンギンと握手ができたり、オタリアやセイウチと記念撮影ができたりと、家族で貴重な体験ができるでしょう。

「Dolphin Fantasy」(ドルフィンファンタジー)

Image

「ドルフィンファンタジー」にはアーチ状の水槽と円柱水槽があり、イルカや海の生き物の自由に泳ぐ姿が見学できます。海のトンネルを歩いているような雰囲気が魅力で、あらゆる角度から魚の姿を観察できるでしょう。

ドルフィンファンタジーには屋根がなく、水槽に降り注いだ太陽が反射して幻想的なイルカの遊泳が楽しめます。

八景島シーパラダイスのアトラクションの楽しみ方!

八景島シーパラダイスには、ゆるやかに動く乗り物や、迷路やお化け屋敷、絶叫マシンなど、子どもから大人まで楽しめるアトラクションがたくさんあります。4歳以下の子どもが保護者同伴で遊べる乗り物も豊富ですよ。

ここでは、小さな子どもが楽しめるシーパラのアトラクションを紹介します。

シーボード

「シーボート」はボートで本物の海を渡るアトラクションです。3歳から乗車可能で、電動で動くボートのハンドルとアクセルを駆使して、海の中を操縦します。

▼料金…500円/1名
▼所要時間…約3分

レッドバロン

「レッドバロン」は、身長制限なしで空の旅が楽しめるアトラクションです。操縦かんの操作によりアップダウンが調節でき、飛行機の色によりミサイルの音が異なる仕掛けがありますよ。

▼料金…300円/1回
▼所要時間…約2分

パラダイスクルーズ

「パラダイスクルーズ」は、本格的な遊覧船が楽しめるアトラクションです。島の周りを回るコースが設定され、八景島さん橋から西浜さん橋までのクルージングができます。小さな子も安心して乗ることができるため、家族で楽しめるアトラクションのひとつでしょう。

水族館と遊覧船を楽しみたい方には、アクアリゾーツとパラダイスクルーズがセットになったお得なチケットがおすすめです。

▼料金…500円/大人・250円/子ども
▼所要時間…約15分

シーパラキッズタウン

Image

「シーパラキッズゾーン」は未就園児も楽しるアトラクションが豊富なエリアで、八景島シーパラダイスの中に3ヶ所あります。アンパンマンやドラえもん、トーマスなどのキャラクターの乗り物が人気を集めているようです。おすわりができる赤ちゃんにもおすすめですよ。

▼料金…100~200円/1回
▼所要時間…5分程度

八景島シーパラダイスおすすめのレストラン&お土産

八景島シーパラダイスには、海の食材が味わえるレストランや海を眺めながら屋外で楽しむバーベキューなど、さまざまなグルメがあります。また、お土産や自宅用に購入したいオリジナルグッズも豊富に販売されていますよ。ここでは、八景島シーパラダイス内にある、おすすめのレストランやショップ・お土産を紹介します。

八景島のおすすめ【レストラン】

Image

■海のバーベキュー「焼家」
屋根付きのテーブルで海鮮バーベキューができる「焼家」は、お肉だけではなく、ホタテやエビなどの海鮮が楽しめます。バーベキュー受付後に好きな食材を購入できるシステムで、うみファームで釣った魚を焼いて食べることもできますよ。

■潮騒料理 哉介
「潮騒(しおざい)料理 哉介」では、朝獲れたての生しらす丼やまぐろのたたきが人気のメニューです。哉介ではベビーミール(子ども用の食事)も充実していて、鶏のから揚げ定食や炭火焼き鳥丼など、6種類の用意がありますよ。

■ラ・タラフク
「ラ・タラフク」は、洋食から和食までメニューが豊富なバイキングのお店です。4歳まで無料で食事ができるため、子育てファミリーに優しいレストランですね。明るい店内で、海を眺めながらランチが楽しめますよ。

■パーマーストン
「パーマーストン」は、海の上にたたずむレストランです。南国ムードが漂う店内で、2色のカレーやモチコチキンロコモコのような少し変わったメニューが楽しめます。子どもから大人まで満足できるメニューが揃ったレストランですよ。

■リトルダーリン
「リトルダーリン」では、マイナス10℃の大理石でアイスを練って作るもんじゃアイスが人気です。ショーのような感覚で、アイスを作る工程が見られますよ。12種類の味から、好みに合わせて注文ができるスタイルです。

八景島のおすすめ【ショップ&お土産】

Image

■アクアミュージアムショップ
アクアミュージアムの出口すぐにある「アクアミュージアムショップ」は、八景島オリジナルグッズのお店です。「シロイルカふんわり抱き枕」などの癒やしのグッズからクッキーなどのお土産に適したお菓子まで、豊富に取り揃えています。気軽に購入できる価格帯の商品を多く取り扱っているので、ついいろいろと買ってしまいたくなるでしょう。

■ミハマビーチガール
八景島オリジナル雑貨や衣類、お土産菓子を集めた「ミハマビーチガール」は、ピンクイルカをモチーフにしたマークが目印です。八景島のオリジナル靴下や、愛らしい顔をしたごまあざらしのぬいぐるみもおすすめです。

■オーシャンクラブ
リアルなフィギュアや珍しい深海魚グッズなど、少しマニアックなアイテムが豊富な「オーシャンクラブ」は、少し変わったお土産を考えている方にもおすすめです。八景島のオリジナルTシャツも販売されているため、ふれあいラグーンで遊んだ後の着替えを購入しても良いですね。

八景島シーパラダイス周辺ホテルおすすめ4選

八景島シーパラダイスに行く際は、周辺ホテルに宿泊してみてはいかがでしょうか。遊んだ後にすぐ身体を休めることができるので、子どもの年齢や体調に合わせてホテルを予約しておくと、気兼ねなく楽しめるのではないでしょうか。ここでは、八景島シーパラダイス周辺のおすすめホテルを紹介します。

1.ホテルシーパラダイス イン

ホテルシーパラダイス イン
¥15,400〜(2018/12/20 時点)

料金目安/1名
チェックイン/14:00
チェックアウト/10:00

「ホテルシーパラダイスイン」は、八景島シーパラダイスの中にあるホテルです。八景島の様子やふれあいラグーンが一望できる、オーシャンビューの客室が用意されています。加湿器やベッドガード、ベビーベッドの貸し出しも行っているため、赤ちゃん連れでも安心して宿泊できますね。

2.横浜テクノタワーホテル

横浜テクノタワーホテル
¥7,230〜(2018/12/20 時点)

2名利用時
12:00チェックアウト

「横浜テクノタワーホテル」は、シーサイドライン「産業振興センター駅」から徒歩1分に位置するホテルです。八景島シーパラダイスまで車で約5分、シーサイドラインで約7分と好立地なので、家族連れで利用するケースも多いようですよ。ホテルのフロントでは、八景島シーパラダイスのアクアリゾーツパスなどが10%割引で購入できるのも嬉しいですね。

3.旅館 追浜園

旅館 追浜園
¥7,000〜(2018/12/20 時点)

2名利用時

旅館「追浜園」は、京浜急行「金沢八景駅」より徒歩5分に位置する純和風の旅館です。八景島シーパラダイスへは、シーサイドラインに乗り約10分で行くことができますよ。リノベーションされた清潔感のある和室のため、赤ちゃんや子連れ旅行の宿泊先としてもおすすめです。

4.ニューオータニイン横浜プレミアム

ニューオータニイン横浜プレミアム
¥10,200〜(2018/12/20 時点)

2名利用時
八景島シーパラダイス(水族館)チケット付 + 朝食付

「桜木町駅」から徒歩1分に位置する「ニューオータニイン横浜プレミアム」は、ホテル自体が完全禁煙のため、赤ちゃんや子連れでも安心して宿泊できるのではないでしょうか。八景島シーパラダイスのチケット付きプランも人気で、ワンデーパス・アクアリゾーツパスなどの種類も選べます。

八景島シーパラダイスの嬉しいイベントやサービス

Image

八景島シーパラダイスでは、来島者のために嬉しいサービスや楽しいイベントが用意されています。利用当日にどのようなイベントが行われるかを事前にチェックしておくと安心ですね。

定期的に行われているイベントをチェック

八景島シーパラダイスでは、「海の動物たちのショー」や「アクアスタジアムのバックヤードツアー」の他に、「カピバラモグモグタイム」や「海の生き物たちとの触れ合いパフォーマンス」など、さまざまなイベントが定期的に行われています。

イベントパーク

八景島内、ベイマーケット イベントコートでは、季節によって「ウォーターバルーン」や「バンバンボート」など、さまざまなアトラクションが楽しめます。期間限定イベントとして夜も楽しめるウォーターバルーンもあるため、遊びに行く日程や時間帯と照らし合わせてスケジュールを組んでも良いですね。

イルミネーション

八景島シーパラダイスでは、季節によってイルミネーションイベントが開催されます。毎年11月頃~2月末頃まで、八景島の夜をイルミネーションが彩りますよ。

八景島は海のそばに位置するだけに、冬は夜風が冷たい傾向にあるようです。防寒対策をしっかりとして楽しむようにしましょう。

カウントダウンイベント

普段は入島時間が決まっている八景島シーパラダイスですが、大みそかから元旦にかけては解放され、カウントダウンが楽しめます。盛大な花火やライブをオールナイトで楽しむことができますよ。

19:00以降のカウントダウンの時間帯も、アクアミュージアム・ドルフィン ファンタジー・プレジャーランドのいくつかのアトラクションが楽しめます。子どもの年齢や体調によって、数時間だけ参加する親子もいるようですね。

授乳室やおむつを交換する場所

子連れで八景島シーパラダイスを楽しむためにも、事前に授乳室やおむつの交換の場所をチェックしておくと安心です。

【ベビールーム(授乳室/おむつ交換ベッド)】
・センターハウス1F
・ベイマーケットB棟1F
・ふれあいラグーン出口

【迷子センター】
・センターハウス1F

【ベビーカーの貸し出し】
・料金…500円/1台
・場所…マリンゲートインフォメーション、迷子センター
・貸し出し時間…10:00~16:00
・対象年齢…生後2ヶ月~2歳
※ベビーカーB型タイプ

その他、紙おむつや粉ミルクなど、子ども用品を販売しているショップもあります。八景島シーパラダイスでは、レディスポリスという制服を着た女性の案内係が巡回しているため、困ったときや迷子になった場合は迷わず相談してはいかがでしょうか。

八景島シーパラダイスに関する体験談

Image
Experience icon
アクアリゾーツパスのみで一日楽しめました

GWに日帰りで八景島シーパラダイスへ行きました。アクアミュージアム内やふれあいラグーンはわりと混雑していましたが、八景島自体の敷地が広いため、ゆったりと楽しむことができたと思います。

ちょうど暖かくなる季節だったため、ふれあいラグーンでは水遊びに近い形で魚を観察しました。水が跳ねて洋服が濡れるシーンが多かったため、着替えは持参したほうが良いなと思いましたよ。

Experience icon
寒い季節は比較的空いていました

八景島シーパラダイスは海のそばにあるためか、暖かい季節でも風がきつく羽織るものが必要な場合があるようですね。冬休みに遊びに行った際は、防寒対策をしっかりしていきました。島内はアクアミュージアムやうみファームなども比較的空いていたように感じます。

ふれあいラグーンではセイウチと触れ合えるイベントが開催されていたため、順番に記念撮影ができました。待ち時間も少なく撮影でき、とても良い記念になりましたよ。

Experience icon
5歳の子どもは「アクアライドⅡ」がお気に入りです

八景島シーパラダイスには、5歳からひとりで乗車可能なアトラクションがたくさんありますね。そのため、子どもが対象年齢に達したころから、ひとりでアトラクションを楽しむようになりました。

アクアライドⅡは大きなチューブ型ボートに乗り、荒波の中を大冒険するアトラクションです。乗り物好きの子どもは大興奮でしたよ。グラグラ揺れながら波を超えた先には、ドクロの滝が待ち構えているため、冒険心に火が付いたようです。何度乗っても「もう一回乗りたい」とせがまれました。

楽しみたいエリアをチッェクして、八景島シーパラダイスを攻略しよう

Image

八景島シーパラダイスでは、4種類の水族館と15種類のアトラクションが楽しめます。他にも、レストランやショップが充実していたりさまざまなイベントが開催されていたりと、子どもから大人まで楽しめるテーマパークといえるでしょう。事前に利用日のイベントなどをチェックして、おおまかなスケジュールを組んでおくとスムーズに行動できるのではないでしょうか。

また、八景島シーパラダイス内にはホテルがあります。一日の疲れを残さないためにも、八景島や周辺のホテルへの宿泊を検討しても良いでしょう。また、八景島は季節に関わらず風が強い日もあるようです。暖かい日でも羽織るものを持参するなど体温調節に気を付けて、八景島シーパラダイスで充実した一日を過ごせると良いですね。

※本記事は2018年4月19日時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

おでかけスポット

【関東】GWに子連れでおでかけ!おすすめスポット23選【定番から穴場まで】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26448
Image
【2019】ゴールデンウィークはいつからいつまで?家族旅行におすすめのプランとGWの過ごし方
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29752
Image
横浜の子連れおでかけスポット12選!人気観光地やホテルも紹介【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20884
Image
原宿の子どもと行きたいおでかけスポットおすすめ10選!子連れで楽しめる施設が充実
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23024
Image
【横浜・大阪】カップヌードルミュージアム予約は必要?料金やアクセス、混雑状況は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23790
Image
サンリオピューロランドの混雑回避方法は?子連れでの楽しみ方・攻略法・宿泊施設・アクセスなど徹底解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25343
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2018年版【先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
妊婦のディズニーランド・シーの楽しみ方!優待や注意点は?アトラクションに乗れる?ゲストアシスタンスカードとは?…
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7799
Image
滋賀県の子どもが喜ぶ公園おすすめ10選!【アスレチックや遊具で大満足!】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24635
Image
子連れシンガポール旅行におすすめの観光スポット&ホテルをご紹介!【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/15915
Image

子連れおでかけポイント

子どもとのおでかけに必要なものとは?赤ちゃん、幼児、季節別の持ち物リスト
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21443
Image
生後1ヶ月の赤ちゃんの外出デビュー!服装や持ち物、注意点を先輩ママの体験談とともにご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9937
Image
【編集部厳選】ベビーバギー(B型ベビーカー)のおすすめ10選!メリットとデメリットは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28207
Image
子連れのお出かけ定番グッズとは?車や長時間での持ち物リスト
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/22744
Image
電車の子ども料金はいつから発生する?電車料金の区分や迷うケース・料金の目安
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26349
Image
飛行機のバシネットとは?座席や予約方法、体重制限は?【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29849
Image
赤ちゃんの温泉旅行はいつからがおすすめ?マナーやおすすめの宿、入れ方など
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19997
Image
赤ちゃんの新幹線デビューガイド!授乳・ベビーカー・おむつ替えは?【体験談】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29631
Image
赤ちゃんの電車移動はいつから?料金は?ぐずり対策や体験談をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29865
Image