更新日:2018年04月25日

新潟市の子連れランチにおすすめのお店10選!【家族やママ友と楽しいひとときを】

新潟市内には、子連れでランチを楽しむことができるカフェやレストランがたくさんあります。ママもたまには、子連れでおいしいランチを食べたりママ友とおしゃべりを楽しんだりしたいですよね。また、そういった息抜きの時間も貴重です。ここでは、新潟市内にある、子連れランチにおすすめのお店をピックアップしてご紹介します。

217241
0

1.海の洋館 ネルソンの庭

Menu3引用元:crush.jp

海の洋館「ネルソンの庭」は、大正10年に建てられた建物をリノベーションし、モダンでおしゃれな内装に変化させたイタリアンレストランです。季節によってはイングリッシュローズを眺めながら、開放的なテラスでランチを楽しむことができますよ。

ネルソンの庭は、ソファーの上に設置できるベビーシートの用意があるなど、子どももランチが楽しめる工夫があります。キッズランチプレートなどのメニューも揃っていますよ。個室が2部屋用意されているため、子どもの泣き声などが心配な方はスタッフに尋ねてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
▼住所:新潟市中央区営所通2番町692-6
▼TEL:025-224-7851
▼営業時間:
・日~木/11:30~22:00(21:00/ラストオーダー)
・金/土/祝前日/11:30~23:00(22:00/ラストオーダー)
▼定休日:無休
▼駐車場:22台
▼料金:パスタランチ1,200円~

海の洋館 ネルソンの庭

2.トラットリア ノラ・クッチーナ

Kv img 01引用元:noracucina.com

「トラットリア ノラ・クッチーナ」は、地元・豊栄(とよさか)の食材をふんだんに使用したイタリアンが味わえる、一軒家レストランです。店内には庭園があり、おしゃれな空間が広がりますよ。

お店には、乳児用と幼児用の椅子の用意があります。仕切りができる個室が用意されているため、赤ちゃん連れでも安心してランチを楽しめるでしょう。休日は混雑しやすいことから、早めに予約ができると安心ですね。

Comment iconピザがおすすめです

私がノラ・クッチーナへママ友とランチに行ったとき、ピザを注文しました。旬の野菜がたくさん乗った、熱々のピザがおすすめです。仕切りのある個室と、赤ちゃん用の椅子が用意されていたため、ゆったりとランチを楽しむことができましたよ。

【店舗情報】
▼住所:新潟市北区葛塚市場通り3223
▼TEL:025-387-5200
▼営業時間:
・ランチ/11:00~14:30
・ディナー/17:00~22:00 (21:30/ラストオーダー)
▼定休日:年末年始(その他休業は店舗に確認が必要)
▼料金:パスタランチ1,380円~

nora cucina -トラットリア ノラ・クチーナ-

3.イタリア料理&バール たんと

4409323ebf407f0ea154ed91a2055cc6引用元:tanto.com-m.jp

子連れランチで人気が高い「イタリア料理&バール たんとの2Fには、広い座敷の奥にキッズスペースが備え付けられています。亀田店(2Fイタリアン)・小新南店ともに、お座敷は子連れで賑わうことが多いようですよ。

子ども用のメニューは、小学生・幼児(3歳以上)・幼児未満(2歳以下)と年齢によって料金が異なります。また、スイーツの種類も豊富で、リーズナブルな価格でランチにプラスすることができます。

【店舗情報】※亀田店2F/イタリアン
▼住所:新潟市江南区鵜ノ子2-2-58
▼TEL:025-378-5344
▼営業時間:
・ランチ/11:30~15:00
・ディナー/18:00~23:00
※日曜は21:00まで
▼定休日:不定休(店舗に確認が必要)
▼料金:サラダバー付きパスタランチ1,100円~

新潟イタリア料理&バールたんと亀田店 小新南店

4.神戸クックワールドビュッフェ

Shop niigatahigashi引用元:www.world-buffet.com

「神戸クックワールドビュッフェ」は、「世界の料理を食べ尽くそう」というコンセプトを元に、兵庫を中心に出店しているビュッフェスタイルのレストランです。窯焼きピザやこだわりの食材を使ったパスタをはじめ、フォーやタコスなど、世界各地の料理が味わえますよ。

揚げ物やうどん、カレーなど、子ども向けのメニューも豊富です。店内にはキッズルームの備えがあるため、子どもの様子を見ながら食事ができるのも嬉しいですね。

【店舗情報】※新潟東店
▼住所:新潟市東区末広町9-50
▼TEL:025-256-8872
▼営業時間:
・ランチ/11:00~16:00
・ディナー/17:00~21:30
▼定休日:無休
▼駐車場:100台
▼料金:平日ランチ1,000円~

神戸クックワールドビュッフェ

5.茶屋 長作

Menu okosamagozen引用元:www.kashimaya.jp

「茶屋 長作」は、主に海の幸を取り扱う新潟の老舗「加島屋」の本店2Fにあるレストランです。鮭の切り身やイクラの醤油漬けなど加島屋の食材を中心に、あらゆる魚介類が味わえますよ。

レストランは海の幸が中心ですが、おにぎりなど子どもが食べやすいメニューも豊富です。ウインナーやフライドポテトが乗ったお子さま御膳は、化学調味料や添加物を一切使用せず作られているそうですよ。

Comment icon待合スペースにも子連れの配慮がありました

長作は大人が楽しめる海の幸が中心ですが、乳児用と幼児用の2種類の椅子が用意されているなど、子連れに優しいレストランだと思います。私が家族で食事に行ったときは、待合スペースに塗り絵の用意がありました。子どもが飽きずに済んだので助かりましたよ。

【店舗情報】
▼住所:新潟県新潟市中央区東堀前通8-1367
▼TEL:0120-00-5050
▼営業時間:9:30~19:00
(日曜・祝日 9:30~17:00)
▼定休日:日曜(季節により変動があるため店舗に確認が必要)
▼料金:海の幸ランチ1,188円~

本店2F茶屋長作 | 新潟加島屋

6.五頭の山茂登

Niigataten5引用元:www.kitakata.co.jp

釜めし専門店「五頭の山茂登(ごずのやまもと )」の店内には個室や広い座敷が並び、ゆったりと食事が楽しめます。お子さまセットやおにぎりセット、フライドポテトなどの子どもが食べやすいメニューも豊富で、家族連れの姿も多く見られますよ。

釜めしのお米は、厳選した新潟県産コシヒカリを使用しています。炊いている最中に具材と米を混ぜ合わせるなど、独自の技法を持つこだわりのお店といえるでしょう。

【店舗情報】
▼住所:新潟市中央区鳥屋野447-1
▼TEL:025-280-1600
▼営業時間:
・ランチ/11:30~15:00(14:30/ラストオーダー)
・ディナー/17:00~22:00(21:00/ラストオーダー)
※土日祝日はディナー16:30~
▼定休日:無休
▼料金:釜めし1,090円~

五頭の山茂登|新潟店

7.海カフェ ネフ

2db23c 49afc92d63e849d7ae172a826db18bd9~mv2 d 1280 1280 s 2引用元:katakamunakamu.wixsite.com

「海カフェネフ」は、潮風を感じながら子どもとのんびり食事ができる海カフェです。2Fの座敷からは海が一望でき、開放的な気分が味わえるでしょう。子ども用の木のおもちゃが用意されていたり、階段にベビーゲートが備え付られていたりと、子連れに優しいカフェといえますよ。

自家菜園で採れた野菜や無添加の食材を使用し、子どもも安心して口にできるメニューが豊富に揃っているのも嬉しいですね。

Comment iconいつも子どもが昼寝をします

海カフェネフは期間限定の店舗のため、オープンした際は必ず行くようにしています。窓から眺める海は親子でリフレッシュできますよ。潮風が気持ちよく、のんびりした時間が過ごせるからか、息子はランチに行くたびに昼寝をしてしまいます。

【店舗情報】
▼住所:新潟県新潟市西区「​青山海岸小針浜海水浴場」
▼TEL:025-267-7009
▼営業時間:11:30~夕日が沈むまで
▼定休日:日曜・月曜
※4月~11月までの営業
▼料金:ランチメニュー1,250円~

umicafenef

8.オールデイダイニング シーズンカフェ

S 2017 course lunch引用元:www.anacrowneplaza-niigata.jp

「オールデイダイニング シーズンカフェ」は、ANAクラウンホテル内にあるレストランです。スマートで落ち着いたお店ですが、子ども用の椅子が用意されているなど子連れでランチビュッフェが楽しめますよ。

地元の厳選された食材を使用したメニューは、ホテルレストランならではの味といえるでしょう。ライブキッチンでは、シェフがその場で調理するクッキングパフォーマンスも見ごたえがあります。

Comment icon予約をしたほうが安心です

ホテルのビュッフェは、少し贅沢したいときに家族で食べに行きます。子ども用の椅子を用意してもらえ、安心してビュッフェを楽しめました。いつもたくさんの人で賑わっている印象があるため、利用する際は予約をしたほうが安心だと思います。

【ホテル情報】
▼住所:新潟市中央区万代5-11-20
▼TEL:025-245-3333
▼営業時間:イベントやコースにより変動有(HP参照)
▼定休日:ホテルの定休日に準ずる
▼駐車場:ホテル正面115台
※レストラン利用の場合、3時間無料サービス券発行
▼料金:ランチビュッフェ2,400円~

ANAクラウンプラザホテル新潟 シーズンカフェ

9.キラキラレストラン

Res pic引用元:www.ikutopia-kirakira.com

あらゆる競技やイベントが開催されるビックスワン内、食育花育センター「いくとぴあ食花」のそばにある「キラキラレストラン」は、地元の食材をふんだんに使用した料理がビュッフェスタイルで楽しめます。天気の良い日はテラス席が用意されたり、夜はライトアップされた庭園を眺めて食事ができたりと、雰囲気を楽しむこともできるでしょう。

いくとぴあ食花は家族連れで楽しめる施設であるため、子連れで訪れる方もたくさんいるようですよ。

Comment icon子どもが好むメニューが豊富でした

キラキラレストランではビュッフェにキッズコーナーがあり、子どもが好むメニューが豊富でした。子どもは、唐揚げや焼きそば、甘口カレーなどをお腹いっぱい食べていましたよ。

【店舗情報】
▼住所:新潟市中央区清五郎336
▼TEL:025-280-1325
▼営業時間:
・土日祝日/11:00~21:00(19:30/最終入場)
・平日/11:00~16:00(15:00/最終入場)
▼定休日:不定休(店舗に確認が必要)
▼料金:ビュッフェ2,000円~

オーシャンシステム キラキラレストラン/米どころん

10.ハヴァナダイニング

4b6266de727e3d2b6e93e7dba679c2e5引用元:yoganiigata.jp

「ハヴァナダイニング」は、マリンピア日本海のすぐそばに位置するベジタリアンレストランです。肉、魚、卵を使用しないピュアベジタリアンフードを使用したメニューが、ビュッフェスタイルで味わえますよ。

インド人シェフが作るベジタリアン料理は、どれも本格的と評判です。優しい味のメニューも豊富なため、子連れでビュッフェを楽しむ方も多いようですね。

【施設情報】
▼住所:新潟市中央区水道町1-5939-37 シーウェスト3 YOGA SPA yogayuH内
▼TEL:025-201-7092
▼営業時間:
・ランチ/11:00~16:00
・カフェ/15:00~16:30(16:30/ラストオーダー)  
・ディナー/16:00~21:00
▼定休日:無休
▼料金:ビュッフェ1,400円~

ハヴァナダイニング | 新潟の総合ヨガスタジオ YOGA SPA yogayuH

ママがリフレッシュできるレストランで子連れランチを楽しもう

Image

新潟市には、子連れでゆっくりとくつろげるレストランがたくさんあります。一見、大人向けのような外観でも、子連れを歓迎するお店であることも多いようですね。

子連れでランチを楽しむ場合、キッズスペースのあるレストランや、潮風を感じながらランチを味わえるような、ママがリフレッシュできる空間を選んではいかがでしょうか。新潟市の大人も子どもも楽しめるレストランで、ママ友や家族と楽しいランチタイムを過ごせると良いですね。

※本記事は2018年4月24日時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

赤ちゃん・子連れ外食

Image
離乳食期の外食にはファミレスがおすすめ!ガストやサイゼリヤ、夢庵は?無料のお店はある?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/17465
Image
【体験談あり】赤ちゃんとの外食はいつから?お店の選び方や段階別のポイント、注意点、持ち物を紹介!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/17359
Image
外食の時も安心!ベビーチェアベルトの選び方とおすすめ10選
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/27398

おでかけ・おすすめスポット

Image
【2019】ゴールデンウィークはいつからいつまで?家族旅行におすすめのプランとGWの過ごし方
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29752
Image
【関東】GWに子連れでおでかけ!おすすめスポット23選【定番から穴場まで】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26448
Image
八景島シーパラダイス【攻略法】ホテルやアトラクション、水族館のおすすめを紹介!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/24097
Image
原宿の子どもと行きたいおでかけスポットおすすめ10選!子連れで楽しめる施設が充実
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23024
Image
【横浜・大阪】カップヌードルミュージアム予約は必要?料金やアクセス、混雑状況は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23790
Image
サンリオピューロランドの混雑回避方法は?子連れでの楽しみ方・攻略法・宿泊施設・アクセスなど徹底解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25343
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2018年版【先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
妊婦のディズニーランド・シーの楽しみ方!優待や注意点は?アトラクションに乗れる?ゲストアシスタンスカードとは?【保存版】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/7799
Image
横浜の子連れおでかけスポット12選!人気観光地やホテルも紹介【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/20884
Image
滋賀県の子どもが喜ぶ公園おすすめ10選!【アスレチックや遊具で大満足!】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/24635
Image
子連れシンガポール旅行におすすめの観光スポット&ホテルをご紹介!【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/15915

赤ちゃん・子連れおでかけ

Image
子どもとのおでかけに必要なものとは?赤ちゃん、幼児、季節別の持ち物リスト
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/21443
Image
生後1ヶ月の赤ちゃんの外出デビュー!服装や持ち物、注意点を先輩ママの体験談とともにご紹介!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/9937
Image
【編集部厳選】ベビーバギー(B型ベビーカー)のおすすめ10選!メリットとデメリットは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28207

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

ままのて編集部公式アカウントです。 【Instagr…

おすすめの記事