妊娠後期の頭痛の原因は?対処法と気を付けるべきサイン

妊娠後期に頭痛がひどくなったという妊婦さんも多いものです。ここでは、そんな妊娠後期の頭痛の原因や対処法についてお伝えします。

106675

この記事の監修

目次

  1. 頭痛の種類
  2. 妊娠後期の頭痛の原因と対処法
  3. 妊娠後期の頭痛の予防法
  4. 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)が原因の偏頭痛
  5. 妊娠後期の頭痛がつらい場合は
  6. 妊娠後期の頭痛についてのまとめ
  7. あわせて読みたい

頭痛の種類

緊張性頭痛

頭痛の種類は3種類あります。「緊張性頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」です。そのうちの「緊張性頭痛」は、頭痛持ちの人の約半数がこの頭痛だと言われているほど一般的な頭痛。同じ姿勢を続けることで、首や肩などの筋肉が硬くなり、血流が悪くなることで「緊張性頭痛」が起こるのです。頭がぎゅーと締め付けられるように感じれば、この頭痛かもしれません。

偏頭痛

「偏頭痛」はストレスや過労、睡眠不足からくる頭痛です。寝すぎたり、ストレスが解消されたときも偏頭痛になるようです。鉄分不足によるヘモグロビンの減少も偏頭痛の原因のひとつとして報告している研究者もいます。偏頭痛はこめかみあたりが、ズキンズキンと痛くなるのが特徴です。動脈の伸び縮みの異常が原因で発症します。一度発症すると、なかなか治ることがないのも特徴です。

群発頭痛

群発頭痛は偏頭痛のように長くは続きません。1時間前後で収まって、1日に数回繰り返されます。

妊娠後期の頭痛の原因と対処法

Image

それでは、妊娠後期の頭痛の原因とは何なのでしょうか?基本的には、ホルモンバランスの変化で、今まで頭痛があった人も軽減されると言われています。しかし、以下の原因で、妊娠後期に頭痛がある人もいます。

鉄分不足

まずは鉄分不足。胎児が大きくなれば大きくなるほど、子宮にいる赤ちゃんに血液や酸素をおくるために、鉄分が不足しがち。そのため、母親の脳にいくはずだった血液が不足し、鉄分不足によりヘモグロビン量が減少、結果、酸欠状態になり頭痛が起こるのです。

水分不足

お腹が大きくなってくると、食べるのも、飲むのもおっくうになる人もいます。しかし、だからといって、水をきちんと飲んでいないと、水分不足で、血液がドロドロになってしまいます。血液がドロドロになると、血流が悪くなり、緊張性頭痛を起こすのです。

骨盤のゆるみ

出産が近づくと、出産準備のため、骨盤が緩くなってきます。その時、自然に身体のバランスは悪くなり、今まで使っていないような筋肉を使うことになるのです。その結果、身体が疲労し、頭痛が起こるというわけです。

出産への不安やストレス

頭痛はストレスが原因でよく引き起こされます。しかし、出産間近の女性は、出産や育児の事を思ったり、自分の体が思うように動かなくて、ストレスを溜めがち。なるべく、余計なストレスがかからないように、軽い運動を取り入れましょう。

Article link icon
妊娠中は不安が多い!?夫やお金のことが気になるときの相談・本などの対処法

妊娠後期の頭痛の予防法

Image

頭痛がいつ、どのタイミングで起こるか把握する

頭痛がいつ、どのタイミングで起こるか、把握することが大事です。そして、できるだけその時の姿勢や、ストレスをなくしていきましょう。

赤ちゃんのことで気になることは、どんどん担当医に相談して、ストレスをなくしていきましょう。気になることが少しでも解決すれば、頭痛も軽くなると思いますよ。肩こりから頭痛が来る場合は、お風呂に入って体を温め、筋肉の緊張をほぐすことで、痛みが軽減します。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)が原因の偏頭痛

Image

症状

また、妊娠高血圧症候群が原因で、頭痛を発症する場合もあります。頭痛を発症する場合は、重症になりつつあるので気を付けてください。その時は、他にも、むくみ、たんぱく尿、高血圧、目の前の閃光感なども見られることがあります。

妊娠高血圧症候群は、胎児の発達に影響を与え、早産や未熟児の原因となります。むくみや血圧が高め、など、すこしでも気になることがあれば、担当医に相談してくださいね。妊娠高血圧症候群は「これくらい大丈夫だ」と放置すると悪化してしまいます。

対処法

対処法としては、安静と食事療法です。安静にするのが難しい状況や、重症の場合は、入院となります。食事療法では、減塩、高たんぱく、低カロリーの食事を食べます。重症ではあわせて、点滴もします。

Article link icon
妊娠高血圧症候群とは?原因と治療法、予防法

妊娠後期の頭痛がつらい場合は

Image

医師に相談

妊娠後期、頭痛が辛い場合は、医師に相談しましょう。無理をして我慢していると、余計に悪化してしまう場合もありますし、妊娠高血圧症候群が潜んでいる可能性もあります。

市販薬は厳禁

また、妊娠中、いくら頭痛がひどくても、市販薬は厳禁です。同じ名前の薬を処方されたとしても、量が違うことも多いですので、安易に同じものだから、と市販薬を飲まないようにしましょうね。

妊娠後期の頭痛についてのまとめ

いかがでしたか?妊娠後期の頭痛について原因や対処法までお伝えしました。「緊張性頭痛」か「偏頭痛」かによって、原因もそれぞれ違います。原因がわかれば、自分でその原因が取り除けるようなら少し努力してみましょう。無理だと思えば、市販薬などは絶対に飲まず、医師に相談し、その指示に従ってくださいね。

あわせて読みたい

【妊娠線予防の人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16772
Image
妊娠後期・臨月に風邪をひいたら?咳や鼻水、喉の痛みの対処法と注意点
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29181
Image
臨月のむくみがひどい原因と解消法は?体重増加しても大丈夫?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17041
Image
妊娠中のつらい頭痛!薬を使わない対処法とは……?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/4022
Image
妊娠中の動悸・息切れがつらい!原因と対処法・予防法は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24350
Image
妊婦の血圧の目安とは?低血圧・高血圧の症状、原因、対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23081
Image
妊娠後期の下痢の原因を知って正しい対策をしよう
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/2284
Image