妊娠初期の胎児にママの感情が伝わる?先輩ママの体験談・口コミ!

妊娠初期の赤ちゃんってどんな感じなの?胎教とか気にした方がいいの? そんなママさんの疑問にこたえるべく、先輩ママさんから体験談を集めました。 きっと役立つ情報があると思います!!

15750

目次

  1. いつごろ赤ちゃんの心拍が確認できましたか?
  2. 出産予定日はいつ頃わかりましたか?
  3. 妊娠初期の胎児の様子に関するエピソードを教えて下さい。
  4. 妊娠初期の胎児の様子に関するアドバイスを教えて下さい。
  5. まとめ
  6. 関連の記事はこちら↓

いつごろ赤ちゃんの心拍が確認できましたか?

Image

赤ちゃんの心拍が確認できるのは、8,9週の人が最も多い結果となりました。
出産予定日がわかるのもちょうどこのくらいの時期の人が多かったですね。

心拍確認ができれば、流産や子宮外妊娠の確率も下がり、母子手帳を交付してもらうように医師から伝えられますよ。母子手帳は現在住んでいる市区町村で発行してもらえるはずです。手続きに必要なものなどは各市区町村で違うので、事前に確認しましょう。

また、6週を過ぎる頃になると赤ちゃんの大きさを調べられるようになるはずです。赤ちゃんの大きさは、頭骨のてっぺんからお尻の突出部の中点までの長さを測ります。この長さのことを頭殿長(CRL)と呼んでいます。CRLはエコー写真に記載されているので、赤ちゃんが今どのくらいの大きさか、ぜひ確認してみてくださいね。

出産予定日はいつ頃わかりましたか?

Image

出産予定日がわかったのは妊娠7,8週になってからという人が最も多くいました。
7,8週ということは妊娠して2か月になったばかりのころです。
生理が遅れていることに気づき、産婦人科を受診するタイミングがこの時期になる人が多いためかもしれませんね。次いで5,6週、9,10週となり、ほとんどの人が妊娠2か月ごろには予定日が決まるようです。11,12週という少し遅めの時期にわかったという人もいますね。

出産予定日はWHOの基準により最終生理開始日(妊娠前の最後の生理の最初の一日目)から280日後となっています。
最終生理初日から排卵までは14日間かかるため、受精後から266日後の出産という計算になります。
早く出産予定日が知りたいという人は自分で計算してみてもいいですね。
ただし、これはあくまで生理周期が28日間の人である事を条件に最終生理開始日が確実であることを基準にしているため、生理不順の方や日が曖昧な方は外れることも多いです。
正確な出産予定日は産婦人科できちんと診てもらいましょう。

妊娠初期の胎児の様子に関するエピソードを教えて下さい。

胎児が小さくてよくわからなかった

Image

「この頃は定期的に検診に行っていたのですが、エコー写真を見せて貰っても赤ちゃんの形が小さくていまいち分からなかったので大きくなっているのか心配でした。 また、安定期前だったので毎週何もないことを祈りながら病院に行っていた記憶があります。 切迫流産の危険もあるかもと言われたときは、なるべく安静にしていたのですが次の検診までがとても長く感じていました。 徐々に大きくなる胎児を見て安心した記憶があります。」
(nyanta/22歳)

「妊娠初期は、エコーで胎児を見ても何がなんなのかよくわからない頃でした。 ひどいつわりでしたが、胎児の様子を見るときだけは、吐き気がすっとんだのを覚えています。とはいえ、初期の胎児はいろんな意味で大事な時だと思います。栄養、日常生活いろいろ無理しないように気をつけた思い出があります。」
(こざるまま/32歳)

■筆者のまとめ
妊娠初期の胎児はとっても小さく、はっきりと人間の形が見えるわけではないので、エコー写真を見せられてもよくわからないと感じる人がいます。
赤ちゃんを可愛いと感じたり大切にしたいと思える母親の愛は素晴らしいですね。

産婦人科で赤ちゃんの現在の大きさや心臓の動きを見せてもらえれば、少しずつ妊娠している実感もわいてくるかもしれませんよ。

妊娠初期からすでに親バカになっていた

Image

「最初、エコーで見た時は、本当に豆粒ほどの大きさで、とても神秘的な気持ちになったのを覚えてます。まだ産まれてきていない我が子を、エコーを見たり、写真を見たり、母となる実感が少しずつ湧いてきて、次の検診に行くのが楽しみでした。」
(ポン太/25歳)

「エコーでみるとトランポリンで遊んでるピーナツみたいで面白かったかな?こんなに小さいのに大丈夫かしら?なんて思っていたけど、成長グラフはきちんと上がっていったし、初めて顔をみた時はちょっとエイリアンみたいに見えたけど、愛嬌があるなぁなんて、親バカになってしまった。問題も特にはなかったから順調なほうでした。」
(miyabi/27歳)

■筆者のまとめ
妊娠初期の時点ですでに赤ちゃんにメロメロのなっているお母さんがいました。
エコー写真では豆粒のようにしか見えず、母体に大きな変化がなくいため赤ちゃんがいるという実感が沸きづらいもの。それでもお腹の中に自分の子供がいるとわかれば、なぜだか可愛く思えてしまいますよね。
筆者も豆粒のエコー写真を見て「旦那に似てる気がする」とか言ってました。

音楽を聴かせたり、絵本を読んだり、赤ちゃんに話しかけたりした

Image

「つわりが全くなく、妊娠していない時よりも体調がよくなりました。 ただ大好きなコーヒーだけは何故か気持ち悪くなり見るのもだめになりました。 頭の良い子になるように早くからお腹に話しかけたり、美しい自然の写真やテレビ番組を見るように心がけました。そのせいか早くから胎動を感じました。」
(みどり/31歳)

「私は妊娠を知る前に不思議な夢をみたのですが、そこからなぜか妊娠している確信があり検査薬をすると案の定、陽性でした。つわりもなく順調に育ってくれ5ヶ月目頃に胎動を感じてからは赤ちゃんがお腹にいるのを更に実感できた上にいとおしくて仕方なかったです。胎教にいいものを調べては、音楽を聴かせたり、絵本を読んだり、話しかけたり、とにかくいろいろ試しました。私の通っていた病院は毎回4Dエコーだったので表情等しっかりわかりました。そのため性別もわかりやすく5ヶ月でわかったのですが、わかる前もドキドキで、わかってからも名前は何にしようか常にわくわくしながら考えていました。」
(ごん/25歳)

■筆者のまとめ
早くからお腹に話しかけたり音楽を聴いたりして、赤ちゃんに刺激を与えている方がいました。
妊娠初期なんて赤ちゃんは何もわからないんじゃないの?と思うかもしれませんが、そこは母親の愛。早い遅いは関係ないのですね。
筆者も妊娠が発覚してすぐに絵本を買って読み聞かせていました。

妊娠初期の胎児の様子に関するアドバイスを教えて下さい。

妊娠初期は胎児のためになるべく安静にして

Image

「妊娠初期は人によってはこれくらい大丈夫と思ったようなことでも切迫流産になる可能性があります。 出来る限り安静にし無理をしないように注意してください。 私はおそらく積んであるコピー用紙の箱を下に降ろしたのが原因かと思います。 また、女性は体を冷やしてはいけないと昔から言われていますが妊娠前は気にしていませんでした。 今回の切迫流産では胎児に問題はなく、私の子宮に問題があったため何度も後悔しました。 妊娠前の女性は絶対に体を冷やさないように注意したほうがいいと思います。」
(megumi/21歳)

「妊娠初期は、切迫流産の危険もあるので、お医者さんに安静にと言われたら無理な運動は避けてしっかり安静に過ごすことをオススメします。 この時期は安定期に入る前で一番大事な時期だと思うので、赤ちゃんの事を考えてゆったりとした気持ちで過ごしていけると良いと思います。」
(nyanta/22歳)

■筆者のまとめ
妊娠初期は赤ちゃんがとても小さく安定していないので、非常にデリケートな時期です。
なので過度な運動や重い物の運搬はできるだけしない方がいいでしょう。
しかし、全く運動しないとストレスが溜まりやすくなるので、妊娠初期でも行える運動をするのがおすすめです。妊娠初期でも大丈夫な運動は「妊娠前から行っていた運動」「ゆったりとしたウォーキング」「マタニティーヨガ」などがあります。
逆に避けた方がいいものは、バレーボールやバスケットボールなどの飛んだり跳ねたりする運動、ランニングなどの上下動がある運動、エアロビなどの激しい運動です。
動きたいけど不安だという人は病院で相談してくださいね。

胎児のために栄養をとりましょう

Image

「妊娠初期の胎児は、これからの成長に大きく関わっていくため、栄養を充分にとらなくてはなりません。ただ、つわりで食べれない。サプリメントを頼りました。特に、葉酸を気にして摂取していました。」
(こざるまま/32歳)

「妊娠初期は個人差がありますが、つわりがあります。酷い人も居るし楽な人も居ます。けど、お腹の子はママがご飯を食べなくても成長します。だからと言ってなにも食べないのはダメです。食べ過ぎもダメです。制限があるのはキツイですがそれを乗り越えれば、元気な子が産まれます。」
(かあ/20歳)

「妊娠初期は本当にデリケートな時期で流産等もしやすく、重たい物は持たないなど当たり前のことから、栄養はしっかりバランスよく、葉酸も取った方がよい時期と取りすぎると逆に支障が出る時期等があるので栄養面でも工夫することが大切だと思います。まだ胎児も小さい時期で比較的ママの体もまだ楽な時期なので、つわりなどがなければ無理のない程度に運動することもおすすめします。お腹が大きくなったり赤ちゃんが産まれると自由に体を動かすこともなかなか難しくなるので。」
(ごん/25歳)

■筆者のまとめ
妊娠予期はつわりがあり、ご飯を食べるのが辛い方もいるでしょう。しかし、お腹の赤ちゃんは栄養を必要としています。
食べたくないとは思いますが、少しずつ色々な食材を試してみて、これなら食べられるという物が一つでも見つかるといいですね。
サプリメントに頼るのもひとつの手だとは思います。ただし、薬と違うからサプリメントは安全とは限りません。過度な栄養素の摂取は胎児に悪影響となる場合もあります。サプリメントを服用する場合もきちんと医師に相談しましょう。

ママの喜怒哀楽が胎児にも伝わる?

Image

「妊娠5ヶ月くらいで胎動を感じ始めました。私の喜怒哀楽に多少影響しているのではないかと思うような動きの違いを感じては「すごい!」とひとりで喜んでいました。 だからこそ悲しいとか怒るとかマイナスの感情をいだかないように努力しました。 安定期に入るまでは夫婦ゲンカもあまりしないようにしたものでした。 悲しい気持ちになるとお腹がキュンとしましたので、悪い影響は結構あると思います。」
(みどり/31歳)

「やはり、体にもう一人いるという、一人ではないという、責任と、自由が無くなる不自由な気持ちなどで不安定になりがちですが、ストレスを抱えることは絶対に良くないと思います。胎児を見て実感も湧いて、生まれてきた時の感動は、生涯忘れようのない感動が起きますので、前向きな気持ちを心掛けることが一番だと思います。」
(ポン太/25歳)

■筆者のまとめ
お母さんの感情の動きはお腹の赤ちゃんにダイレクトに伝わりそうですよね。
お母さんがリラックスして楽しい気持ちでいれば、赤ちゃんもきっとお腹の中で気持ちよく感じていると思います。
妊娠中はホルモンバランスの変化からイライラしたり、不安になったりしてしまいます。また、お腹の赤ちゃんのために様々なものを制限しなくてはいけなくなるため、お母さんはストレスが溜まりやすい状態になってしまいます。
あまり無理な制限はせず、気楽に過ごしてください。
また、心のバランスを取ることが難しくなってきたら、一人で悩まず旦那さんやかかりつけ医に相談しましょう。心身ともにリラックスした状態で、妊娠生活を過ごしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
妊娠初期の赤ちゃんはとても小さく、エコー写真を見ても実感がわきづらい方が多いと思います。そんな方は、病院で出産予定日を教えてもらったり、赤ちゃんの心拍動や大きさを確認できれば少しずつ実感がわいてくるかもしれませんよ。
また、妊娠初期の赤ちゃんはとてもデリケートです。妊娠前にはなんともなかった動きが、赤ちゃんに大きな影響を与えてしまうかもしれません。どうかみなさん無理をなさらず、ゆっくりと過ごしてくださいね。
しかしストレスを溜めるのもよくありません。赤ちゃんのためにと何でも頑なに制限してしまわず、ストレスの溜まらない範囲にとどめましょう。

これから続く赤ちゃんとの二人三脚の約10か月を楽しく快適なものにしてくださいね。

関連の記事はこちら↓