更新日:2017年01月05日

初回視聴率好調の日曜劇場『仰げば尊し』の魅力とは?

初回視聴率が好調だったのが『仰げば尊し』。『仰げば尊し』は、日曜9時の日曜劇場のドラマです。なぜ人気が出ているのでしょうか?ストーリーなどとともに調べてみました。

3365
0

目次

    『仰げば尊し』概要

    TBS系列・日曜劇場『仰げば尊し』
    放送開始:2016年7月17日~放送開始
    放送時間:日曜21時~21時54分
    キャスト:寺尾聰(主演)
    多部未華子、真剣佑、村上虹郎
    石井杏奈、北村匠海、太賀、石坂浩二
    脚本:いずみ吉紘
    監督:平川雄一朗

    『仰げば尊し』とは、1980年代の神奈川県立横浜南陵高等学校で起こった実話をもとに、設定を現代に置き換えて描かれているドラマです。原案は、石川高子さんによる『ブラバンキッズ・ラプソディー』『ブラバンキッズ・オデッセイ』 。この原案を基にしたドラマ『仰げば尊し』の初回視聴率は11.4%!この数字は、2016年7~9月期ドラマの中でも好調の視聴率と言えます。

    『仰げば尊し』のストーリーとは?

    生徒の校内暴力や非行で有名となっている「神奈川県立美崎高等学校」。その高校の校長である小田桐寛治(石坂浩二)は、元プロサックス奏者の樋熊迎一(寺尾聰)が道端で子どもたちに音楽を教えている様子を見て、樋熊迎一を教師に迎え入れようとスカウトします。

    樋熊が家でそのことを話したところ、娘の奈津紀(多部未華子)は猛反対。しかし、樋熊は、様子を見に高校に行くことにします。高校で樋熊は不良グループに殴られたり、さんざんな目に合わされるのですが、樋熊はそのことで神奈川県立美崎高等学校の教師になることを決意。そして、高校で吹奏楽部の顧問にもなるのです。

    樋熊は、弱小で無名の吹奏楽部の再建を決意。「音楽の甲子園」である「全国吹奏楽部コンクール」を目指して、神奈川県立美崎高等学校の吹奏楽部を日本一にするために奮闘します。

    『仰げば尊し』の魅力♡

    『仰げば尊し』はTBS日曜劇場の作品!

    『仰げば尊し』は、TBS系列で長らく人気の高い日曜劇場のドラマ。このTBSの「日曜劇場」は、1956年に放送を開始し、半世紀以上の長い歴史をもつ民放ドラマ番組枠です。

    2016年4~6月期では『99.9 -刑事専門弁護士-』が平均視聴率17.15%を記録していて、同期に放送されたドラマの中でトップでした。他にも、『半沢直樹』『JIN-仁-』『GOOD LUCK!!』『ビューティフルライフ』などの伝説的ドラマも放送されている放送枠ということで、視聴者の期待が高まっているのも無理はありません。

    最年長の主演!

    主演の寺尾聰さんは69歳。実は、日曜劇場が連続ドラマ枠に移行した1993年以降、69歳でのドラマ主演は最年長なのです。そして、生徒役の顔ぶれは10代が多く、主演の寺尾さんとの年の差は50歳!その年の差が生み出すハーモニーは一体どのようなものなのか、注目が集まっています!

    2世タレント多数出演!

    生徒役には、2世タレントと言われる大物有名タレントのお子さんが出演しているのです。例えば、不良の木藤良蓮役は、真剣佑さんが。真剣佑さんといえば、父親は大物俳優の千葉真一さんです。そして、同じく不良・青島裕人役の村上虹郎さんは、父は俳優の村上淳さん、母は歌手のUAさんです。

    他にも、高杢金也役の太賀さんも父は俳優・中野英雄さん。陣内剛史役の高畑裕太さんも、母は女優の高畑淳子さんなのです。これだけ一緒に2世タレントが多く起用されているドラマも珍しいですよね。

    『ROOKIES』の脚本&監督のタッグで感動を再び!

    大人気ドラマとなった『ROOKIES』の脚本を担当していたいずみ吉紘さんと、監督の平川雄一朗さんが『仰げば尊し』でまたタッグを組みました!そのため、『仰げば尊し』は、『ROOKIES』ファンからも注目されているドラマでもあるのです。『ROOKIES』のような、青春ドラマで熱くなりたい人は見なきゃ損ですね!

    『仰げば尊し』1話を見た感想

    「感動」「おもしろい」「良かった」など、どの年代の人でもいいと感じるドラマだったようです。筆者ももちろん見ましたが、話が増すごとにどんどん感動が高まってくる予感のするドラマだと思いました!日曜日が楽しみになりそうです♪

    第2話は2016年7月24日放送!

    そんな『仰げば尊し』ですが、放送後原則1週間であればTBSのサイト(TBS FREE)で見逃し配信しています。そして、気になる第2話は、2016年7月24日21時~TBS系列で放送予定です。熱くなりたい人、感動したい人は見るしかありません!

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    izumi

    現在、2児の母で主に教育関係ライター。教育関係だけではなく、面白いことも大好きで、面白いも...