更新日:2017年04月24日

計算出来ない…記憶が飛ぶ…【産後ボケ】は産後うつの一種だった!?

産後、物忘れが激しくなったりうまく会話ができなかったり、頭が回らなくなったことってありませんか?育児疲れのせいかなと思ったら、これは産後うつの一種なのだそうです。

20779
0

【マミーブレイン】産後のママはボケてる!?

Image

簡単な計算や文字が出てこない。物忘れがひどくなった。考えがまとまらない。産後にこのような経験をするママは少なくないようです。出産するまでは簡単にできていたことを難しいと感じたり、集中力がなくなって本がじっくり読めなくなったり…。これは、いわゆる「産後ボケ」「マミーブレイン」と呼ばれているものです。

筆者にもありました。赤ちゃん以外と会話をしていないから、たまに会う大人とどんな会話をしていいか本気で悩んだことや、やろうと思っていたことを数歩歩いて忘れてしまったこと。もしかして病気なのかもしれないと本気で悩んだこと。

今まではこのマミーブレイン、妊娠中や産後に脳の働きが低下すると言われていたのですが、最近の研究ではそれを否定する結果もでていました。脳の働きが低下するのではないとしたら、その物忘れは「産後うつ」の症状のひとつかもしれません。

産後ボケは産後うつの一種らしい

Image

産後ボケは、産後うつの症状のひとつなのだそうです。鬱の症状のひとつに、認知能力の低下があります。先ほど書いたような、簡単なことができなくなったり物忘れが激しくなったりするような症状は、鬱病の初期症状として見られるものです。

産後、急激に環境は変化します。育児のために充分な睡眠時間が取れず、慣れない作業が続いて心身にストレスがたまった状態が延々と続きます。自分の思い通りに生活することがほぼ出来ない状態で疲労が蓄積されていきます。

加えて、ホルモンバランスも大きく変化します。出産まで増え続けていた「プロゲステロン」「エストロゲン」という2つの女性ホルモンが、出産を境に急激に減少します。そして今度は「プロラクチン」という母乳を出すためのホルモンが分泌され始めます。

この急激なホルモンバランスの乱れにより、心身の状態がとても不安定になります。皆さんにもきっと経験があるでしょう、大量の抜け毛が起き、精神的にも不安定になります。イライラしたり攻撃的になったり、急に泣きたくなったり。ホルモンバランスが不安定な体にストレスが蓄積されていきます。体も心もいっぱいいっぱいの時期、本当につらいですよね。

いくら頑張っても、産後の体調は、自分ではどうにもできない領域で操作されているということになります。この時期に心身のサインに目を背け頑張りすぎてしまうと、重い産後うつになってしまうかもしれません。

産後ボケはいつ治る?

Image

産後しばらくの間、環境の変化とホルモンバランスの乱れで、当たり前だと思っていたことができなくなります。この症状は半年から1年ほどかけて元の状態に戻っていくと言われ、その後は以前よりも冴えた頭になるとも言われています。しかし、この時期に無理をしすぎることで、本格的な産後うつになってしまうこともあるのです。

■産後うつの症状を感じた、先輩ママの体験談

はっきり言って『自分はパーになったのか、それかアルツになっている』と心配し、脳外科に行き調べた位です。
アルツじゃなく脳に異常はなかったです。

物忘れがハンパなく、その上『算数』ができなくなりました。暗算ができない…
方向音痴がさらに酷くなりました。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

私も脳のMRIを撮り、アルツハイマーのテストを受けました。
それで不安要素をひとつ消しました。
血圧の測定で睡眠時の血圧が起床時より2から3割高く、180~200に上がっていることがわかり、
「眠れてないということですよ」と、夕食後血圧の薬を処方して頂きました。

夜がしっかり寝られるようになり、しないといけないことが増えてくると、私は大丈夫になりました。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

上記のような先輩ママの声もあります。そして、それに共感するママもたくさんいます。

病気だと思うほどに自分の変化があり、精密検査をした人もいるようです。出来るはずだったことができなくなるのって、恐怖を感じますよね。でも、いつまでもその状態ではありません。ゆっくり時間をかけて戻っていきます。その間は無理をしすぎないよう、適度な休憩、リフレッシュ時間を作って頭を活性化していくといいですね。育児だけに専念してしまわないよう、赤ちゃんももちろんですが自分も大切にしてください。

1人で頑張らない。周りに伝え理解してもらおう

Image

産後に何事もなかった人は、見た目に変わりがない分周りは普通に接してきますが、出産のダメージは思う以上に大きなものです。ホルモンバランスという見えない部分で大きな変化が起きています。鬱の改善には、頑張らないことがあるのはよく知られていますよね。産後ボケも鬱の一種、頑張りすぎてはいけない時期なのです。

とはいえ、どうしても頑張らなければいけない時期なんですよね…。真面目なママほど要注意、1人で頑張りすぎると、後で大きなダメージになって返ってきます。

何もかもやろうと思わずに、この状態がうつの一種だということを周りに伝え理解してもらうことがまず大切です。

仕事から帰ってきたパパに、赤ちゃんの話をしたくなりますが、一緒に自分のことも伝えましょう。ママが元気でいないと、家族はうまく回らない。自分を守るのは家族を、子どもを守ることだと知ってください。

ママに比べてパパは、育児についても女性の心や体についてもわからないことや気が付かないことが多いです。母親だから育児はやって当たり前と思われる部分もあるかもしれません。そんなとき「最近疲れて、物忘れが激しいの」と言うだけじゃなく、「この物忘れね、産後うつの前兆になるんだって」と伝えてみてもいいかもしれません。

赤ちゃんのことに気が行って、自分のケアがおそろかになりがちなママの生活です。最近ちょっとおかしいなと感じたら、無理をしないで休んでくださいね。

産後の疲労回復に

P3

すっぽん小町

¥3,024〜(2017/05/11 時点)

購入はこちら

産後の思うように身体が動かないときは、サプリに頼るのもひとつの手です。すっぽん小町は、すっぽん小町は、すっぽんに含まれるコラーゲンなど、高品質なタンパク質を手軽に摂取することができます。寝起きの身体が軽い、体力がついた、活力がわく、など、産後お疲れのママに評判のサプリです。サプリなので副作用の心配がなく、授乳中でも安心して飲むことができますよ。

■この商品を購入した方の口コミ
2児の子育て中で気力・体力ともに限界を感じ、『すっぽん小町』を飲み始めて4ヵ月。表情が明るいですし、毎日元気で調子よく過ごせているなと思います。(30代 女性)

引用元:www.teinei.co.jp
購入サイトはこちら

あわせて読みたい

Image

「ワンオペ育児」って私だ…!先輩ママが教える「ワンオペ育児」乗り切り方のコツ!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27314

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

うちゃこたん

わんぱく盛りの三人の男の子とうさぎのママをしています。日々…

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事