つわりの原因、症状、対処法は?いつまで続くの?

つわりはとてもつらいものです。ひと口につわりといっても、タイプにより症状はさまざまです。ここでは、つわりの原因や具体的な症状、どのように対処すれば良いかを解説します。ご自分のつわりのタイプを確認し、対処法を参考にしてみてくださいね。

27512

この記事の監修

目次

  1. そもそも、つわりって何?
  2. つわりがないこともある
  3. つわりには5つの種類がある
  4. つわりが原因でげっぷが出る人が多い
  5. つわりが重くなると入院することも?
  6. つわりはいつからいつまで続くの?
  7. つわりの対処法
  8. つわりで生まれてくる赤ちゃんの性格がわかる?
  9. 自分にぴったりの対処法を見つけよう
  10. あわせて読みたい

そもそも、つわりって何?

つわりとは、妊娠中に起こる吐き気や嘔吐、眠気、食欲低下・増進などの症状の総称で、医学的には妊娠悪阻といいます。主に妊娠初期に、妊婦の約70~85%に現れるようです。

多くの場合、妊娠9週目ぐらいから症状が出始め、11~13週にピークを迎え、14~16週のあいだにだんだん良くなります。また、妊娠後期にもつわりの症状が出ることもあり、これは妊娠後期つわりと呼ばれます。

つわりがないこともある

約20%の妊婦さんはつわりがない!?

10人中2人の妊婦さんにはつわりの症状が現れないといいます。どうしてつわりがない妊婦さんがいるかはわかっていませんが、体質によるともいわれています。

つわりのない人の特徴

・胃腸が強い
・冷え性ではない
・運動をしていて身体を鍛えていた
・ストレスに鈍感

つわりのない人には以上のような特徴があるようですが、医学的根拠はありません。第一子でつわりがなかった人でも、第二子ではつわりに悩まされることも珍しくありません。もちろんその逆もあり得ます。

Article link icon
つわりがない人っているの?つわりがない人の特徴とつわりに関する噂

つわりには5つの種類がある

Image

つわりというと、嘔吐したり気持ち悪くなったりする「吐きづわり」を想像するひとが多いでしょう。しかし、そのほかにも4種類のつわりの症状があります。きづわりを含めた5種類のつわり、それぞれの原因と症状、対処法を紹介します。

1.胃のムカムカが治まらなくてつらい「吐きづわり」

・症状
吐き気の症状が一般的です。しかし、実際に吐いてしまう人もいれば、吐き気だけで嘔吐がない人もいて、その症状はさまざまです。一番ひどいピーク時は、寝ているとき以外はずっと吐く一歩手前のような状態という方もいます。妊婦さんが、船酔いや二日酔い状態で、吐いても楽にはならないといった症状を経験しています。

・原因
吐きづわりが起こる原因は、はっきりとは解明されていません。一説には、妊娠中に大きくホルモンバランスが崩れることで、自律神経が乱れるからだといわれています。ストレスをためやすいか、お酒に弱いか、なども多少影響があるようです。軽度の吐きづわりであれば、仕事で集中しているときは吐き気を感じなかったという人もいます。

・対処法
症状はさまざまなので、自分がどんな症状で吐き気を感じるかを分析し、体調や様子にあった改善方法を見つけましょう。食べられるときに少量ずつ食べたり、空腹にならないように気を付けたりと、多様な方法があります。また、薬を飲んで吐き気を抑えるという方法もありますが、もし飲みたい場合は、必ず医師に相談しましょう。

Article link icon
吐きつわり対策!つわりで吐き気がつらいときの食べ物や仕事は?吐き気止め…

2.逆らえないほどの猛烈な「眠りづわり」

・症状
一日中眠気がつきまとうのが「眠りづわり」です。我慢すると気分が悪くなるほどのめまいが起こり、横にならないではいられずに眠ってしまうのです。眠いだけならつらくないのではないかと思われがちですが、コントロールができず、逆らえないほどの眠気に耐えるのはつらいものです。特に仕事をしている場合は職場で寝るわけにもいきません。一見すると怠けているようにも思えるので、理解されにくく、悔しい思いをすることもあります。

・原因
眠りづわりも自律神経の影響といわれていますが、妊娠初期では胎盤を作るためのエネルギーを大量に使うことから、無駄な動きをしないように防衛反応として眠気が起こるそうです。また、眠気を引き起こす黄体ホルモンの分泌が盛んになるためともいわれています。

・対処法
基本的に眠くなったら眠るしかないようです。家庭の場合は夫に、仕事場の場合は上司や同僚に自分は眠りづわりであることを伝え、周りからの理解を得られると良いですね。

Article link icon
眠りつわりがつらい!いつからいつまで?眠りつわり対策や仕事中の対処法は?

3.食べても食べてもまだ食べたくなる「食べづわり」

・症状
常に何か食べていたいのが「食べづわり」です。食べていないと気持ちが悪くなるだけでなく、一定の食べ物が食べたくなるのも食べづわりの不思議なところです。吐きそうなのに毎日フライドポテトが食べたくて食べたくて、他の食べ物は無理という方もいるようです。

・原因
妊娠によってホルモンバランスが変化し、血糖値が下がりやすくなります。身体は血糖値を一定に保とうとし、血糖値を上げるために食べ物で補うという原理が働くのです。さらに、胎児を育てるために膨大なエネルギーを使うので、血糖値の低下も加わり、「食べなければ」という状態に陥るそうです。

・対処法
食べ物を枕元に置いておいておいたり、寝る前に軽食を食べたりする方法があります。食べづわりではとにかくお腹を空かせないことが大事なので、常に空腹にならないようにし、空腹になったときのために食べ物を持ち歩きましょう。

Article link icon
食べつわりはいつまで続くの?つらい食べつわりの症状と対策、注意点

4.ダラダラと止まらない「よだれづわり」

・症状
絶えず口の中が唾液でいっぱいになってしまうのが「よだれづわり」です。よだれづわりはあまり聞き馴染みがないかもしれません。そのため、あまり理解されていないつわりです。自分の唾液に不快感があるため、飲み込めないのが大変です。

・原因
よだれにはもともと消毒・殺菌作用があるそうです。妊娠すると身体が防衛反応を引き起こすため、唾液を大量に分泌して守ろうとしているのです。また、自律神経の乱れからも、唾液量が増えるといわれています。

・対処法
ペットボトルを持ち歩いて中に唾を吐くようにすれば、周りの目も誤摩化しやすいでしょう。よだれの不快感を紛らわせるために、飴やガムを携帯するのもおすすめです。

Article link icon
よだれつわりはいつまで?原因と対策を解説!ツボや漢方は有効?

5.息を止めていないと耐えられない「においづわり」

・症状
嗅覚が敏感になってあらゆるにおいが駄目になってしまうのが「においづわり」です。においが駄目でそのまま吐くという、「においづわり+吐きづわり」の人もいます。料理するときがつら過ぎて、マスクをして上の子どもたちの食事を作っていた人もいました。また、苦手なにおいは人それぞれです。

・原因
妊娠して増えた女性ホルモンのエストロゲンが原因で、においに敏感になり、今までは大丈夫だったにおいも駄目になるといわれています。動物は妊娠すると匂いに敏感になるもので、人間もまた動物です。敵や火事といった天災をにおいから察知し、逃げやすくするためという説もあります。

・対処法
嗅ぐと具合の悪くなるにおいをかがないことが大事です。周りの人、特に一緒に暮らしている夫などから理解を得て嫌いなにおいをかがないのが一番の方法でしょう。しかし、どうしても嫌いなにおいをかがなくてはいけない場合は、マスクをするなどして自分の嫌いなにおいをかがない工夫が必要です。

つわりが原因でげっぷが出る人が多い

通常、げっぷは、胃の中にたまっていた空気やガスが口から排出される現象のことです。妊娠中はさまざまな原因でげっぷが出やすくなります。食べづわりによる食べ過ぎやつわりで吐き気を我慢することにより、空気を多く吸い込んでしまうので、げっぷが出やすくなることが原因としてあげられるようです。ゲップと同時に嘔吐してしまうこともあるので、あまりにもひどい場合は医師に相談しましょう。

Article link icon
つわりとげっぷの関係は?妊娠初期のげっぷの原因と対策

つわりが重くなると入院することも?

Image

入院を必要とするつわりは「重症妊娠悪阻」と呼ばれる

妊娠悪阻には3つの段階があり、それぞれ、「第一期(嘔吐期)」、「第二期(肝腎障害期)」、「第三期(脳障害期)」に分けられます。第一期では、吐きづわりのひどいパターンで、血が混じったものが出るまで吐き続け、水分も取れないことがあります。また、だるさやめまいなども併発します。水分量の減少により、尿の量が減り、尿中にたんぱくが混じることもあります。

第二期では、第一期よりさらに症状が悪化し、ケトン体や尿たんぱくで陽性が出る状態を指します。ケトン体が大量に出ている状態は食事ができず、身体が飢餓状態に達していることを意味します。

次の第三期では、幻覚や幻聴記憶喪失や昏睡状態に陥ることをいいます。脳神経症状が現れていて、妊娠の継続すら危険な状態になっています。あまりにも症状が重い場合には、母体を守るために中絶手術を行わなければならないケースもあるのです。

これらを一般的な「つわり」、すなわち妊娠悪阻ではなく、「重症妊娠悪阻」というのです。

入院が必要となるのはすべての妊婦さんの0.1~1%ほど

入院が必要になるほどの「重症妊娠悪阻」の人は、全体の0.1~1%ほどです。アメリカやカナダ、スウェーデンなどでは、1%前後といわれています。つまり、妊婦さんの100人に1人程度は「重症妊娠悪阻」にかかる可能性があるということです。

つわりで入院となる目安

一週間のような短期で妊娠前から体重が3kg以上減少していること、何も食べられず水分も取れないこと、尿検査でケトン体が陽性であることが入院の目安です。もしこのような症状が見られる場合は、すぐに受診してください。

また、体内のブドウ糖が足りなくなると、身体の脂肪が燃焼されエネルギー源として使われるようになります。このときに肝臓で作られる物質がケトン体です。

妊娠悪阻の第一期~第二期で食事がとれないことによって身体が飢餓状態となり、ケトン体が陽性となることがあります。外から摂取する栄養でなく、体内の脂肪がエネルギーとなっているため、結果的にケトン体が尿中にでてくることがあるのです。そのため、ケトン体が検出されることは、母体にとって良い状況ではないといえます。

Article link icon
つわりで入院が必要となることも!つわりで入院する目安と治療法

つわりはいつからいつまで続くの?

Image

早くて妊娠4~6週頃に始まる

つわりの症状は、早くて妊娠4~6週頃に始まります。妊娠4週というと、ちょうど生理予定日のころです。受精が終わって着床が徐々にはじまる時期なので、まだ妊娠検査薬は反応しないでしょう。そのため、妊娠検査薬を試す前につわりの症状で妊娠に気づいた、という方も珍しくありません。

妊娠12~16週には治まってくる人が多い

つらいつわりの症状は、妊娠12~16週頃に治まってくることが多いものです。このころに胎盤が完成し、それまで分泌されていた「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」の分泌が減少するためではないかといわれています。

つわりの症状が治まってくるころには安定期に入るため、過ごしやすくなってくるでしょう。ただし、つわりが治まったことによって食欲が復活し、体重が増えてしまいがちな期間でもあるので、体重管理を心がけてくださいね。

出産前までつわりが続く人も

妊娠16週頃には、多くの妊婦さんのつわりは治まってくるものですが、中には16週以降もつわりが続く方がいます。出産までつわりが続いた方も、全体の10%ほどいるのだそうです。

また、妊娠後期に入ると、それまでつわりがなかった人や治まった人でも、つわりの症状に悩まされることがあります。これは、大きくなった子宮に胃が圧迫されることが原因で、「後期つわり」と呼ばれています。

Article link icon
つわりはいつからいつまで続く?二人目の場合は?平均期間や楽になる時期を…

つわりの対処法

つわりに効くツボを押す

ツボは東洋医学に基づくもので、薬物を使用しない代替療法のひとつとして、日本だけでなく海外でも注目を集めています。「今までツボ押しをしたことがない」「どうすれば良いかわからない」という方も、つらいつわりを乗り切るために、ツボ押しを試してみてはいかがでしょうか。自分でツボを押すのがつらいときは、パートナーに押してもらうとスキンシップもとれて一石二鳥です。

つわりをやわらげる飲み物を飲む

つわりになると嗜好がかわり、今まで飲んでいた飲み物が飲めなくなることがあります。歯垢が変わった場合は、つわり中でも飲める飲み物を探すことが大切です。また、カフェインが多く含まれるものなど、妊娠中には避けたい飲み物もあるので注意しましょう。

食べ物を工夫する

つわりでいくら気持ちが悪くても、食事をしないわけにはいきません。食べられる食べ物と食べられない食べ物は人によって違うので、自分が食べられる食べ物を探しましょう。

Article link icon
つわりはツボで軽減する?3つのツボでつわり対策&夫婦のスキンシップ
Article link icon
つわり対策を徹底解説!つらいつわりの対処法を種類別にご紹介

つわりで生まれてくる赤ちゃんの性格がわかる?

Image

揚げ物が食べたくなると男の子が生まれてくる、甘いものを食べたくなると女の子が生まれてくるという噂があります。もちろん医学的な根拠はありませんが、つらい症状に苦しめられるつわりの時期にこうした噂について考えると、少しは楽しく妊娠生活を送ることができるかもしれません。

Article link icon
つわりで性別がわかる?つわりと赤ちゃんの性別にまつわる3つの噂

自分にぴったりの対処法を見つけよう

つわりは妊娠のなかでも最もつらい症状のひとつといえます。つわりの症状は一人ひとり違うものなので、つわりについてよく理解し、自分の症状に最もあった対処法を見つけられると良いですね。

あわせて読みたい

つわりで夜眠れない!ひどくてつらい・気持ち悪いときの対策は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19304
Image
つわりのピークはいつ・何週?いつまで続く?仕事はどうする?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29296
Image
葉酸につわりを軽くする効果があるって本当?吐き気を軽くする理由とは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28785
Image
妊婦の尿漏れは気づかないことも!パッドやおむつの選び方や予防法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29189
Image
妊娠中は不安が多い!?夫やお金のことが気になるときの相談・本などの対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29190
Image
妊娠中に湿疹が手足やお腹にできた!原因は?薬で治る?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29167
Image