更新日:2017年01月07日

これを読めば怖くない!幼稚園教諭が教えるボスママとの上手な付き合い方

ボスママ…響きだけで恐ろしいと思いますよね。どこにでも必ずボス的存在のママはいらっしゃいます。あなたはボスママと仲良くしたいですか?それとも、一切かかわりませんか?長年幼稚園教諭としてやってきて保護者の関係はたくさん見てきた経験から上手な関係作りをご紹介します。

13722
0

目次

    先生は見てます。誰がボスママかすぐわかっちゃいます!

    Image

    保護者を見ていると、ボスママも裏ボスママもわかっちゃうんです。教師が保護者同士のかかわりでトラブルもなければ関与することはほとんどありませんが、見ていると誰が仕切っているのか、誰が裏で操ってるのかなんて簡単にわかってしまうものです。
    そうすると、先生に、ボスママ、という風には見られたくないのが一般的な考えではないでしょうか?!しかし、ボスママは先生と仲良くしたくて、先生の情報が欲しくてボスになっているパターンもあるんですよね。
    そうすると。ボスママといつも一緒にいて仲良くしていると、あまり良い感じはしませんよね。
    なかなか保護者同士のママ関係も大変ですね。

    とにかくまず一にかかわらないことがベスト

    Image

    ボスママについているママって見た感じよくないですよね。こびうって嫌われないようにしているんだなーってのもわかっちゃいます。
    先生目線からすると、大変だなかわいそうに…そんなとこになんで媚びる必要があるんだ?!っていうのが本音です。

    正直、かかわらなければ嫌われることも敵にまわすこともないんです。
    このくらすのママ友関係ややこしい、巻き込まれたくないと思ったらすぐに、徒歩通園ならバス通園に変えて幼稚園へ出向く回数を減らしたり、さよならのあいさつの後はすぐに帰る習慣をつけると良いです。

    先生はボスも裏ボスも関係ありません!

    Image

    なんなら関係があるほうがややこしいって思ってしまうのが本音です。
    ボスママは先生との関係を近くしたがって情報を得ようとしたり、子どもに目立つような役目を回して欲しくてお願いしようとしてきます。もちろんそんなことで決めませんが・・・。園の行事やクラスのことはしっかり手伝ってくださるそのような傾向にあります。そこにはありがたさ感謝もしますがそれ以上は何も発展しません。

    ママ友をたくさん作れば作るほどしんどくなります。本当に気の合う方だけとママ友になり、あとは知り合いでいいと思いませんか?

    ママ友ってそんなに必要かどうかを考える

    Image

    そもそもママ友って必要ですか!?

    発達の相談がしたければ先生も気軽に相談にのってくれます。聞きたいことはなんでも答えてくれます。助けてくれます。しかもプロなので的確な答えがかえってきますよ。
    ママ友を増やすと、旦那の仕事は何か。年収は?車は?子どもの出来は?なーんて、張り合うのに疲れちゃいます。
    学生時代の友達がお互い子どもを産んでママになった。それが一番楽チンな関係のママ友です。

    ボスママ友対処方

    Image

    ボスママには嫌われない程度に関わることで十分です。会ったら挨拶、しゃべりかけられたらその答えのみ話して、「今日は予定があって時間がないのでお先に失礼します」でいいのです。気を付けたいところは、

    ・余分なことは口にしない
    ・噂話にとびつかない
    ・先生の悪口にのっからない

    最低でも、上記のことは気を付けたいですね。口は禍の元です!

    一番大切なのが

    Image

    ボスママの取り巻きと関係を持たないことです。
    ボスママが取り仕切ってるだけで周りの取り巻きの方がややこしいことが実は多いです。気に入られようや、その周りで張り合ったり。などなど。変に幼稚園や保育園でお話しないことです。

    ・送り迎えはスムーズに
    ・なるべく残らずサッと帰る

    そして、子どもが帰りに園で残って少し遊んでも、ママ友とお話する時間ではなく、子どもをしっかり見守る時間ですからね。これ要注意です。
    これがしっかりできているママと、子どもだけで遊ばせてペラペラママ友と話しているママたち。印象は全然違いますよね。

    まとめ

    ママ友とボスママ友の対処法はいかがでしたか?!
    深く広くではなく、浅く狭く、がオススメです。
    普通に過ごしていれば巻き込まれることはありませんのでご安心を。せっかく子どもが楽しく登園していても、ママが憂鬱じゃ良くないので、楽しく良い関係を親子で築きましょう!!
    そして気持ちよく楽しく幼稚園生活を楽しんでくださいね。

    あわせて読みたい

    Image

    幼稚園児の情緒的発達 | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/3935

    キーワードで記事を探す

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    chan

    2人の女の子のママです☆ ママになる前はずっと幼稚園の先生をしていたので、その経験も交え...