更新日:2018年10月27日

子どもの帯状疱疹の症状とは?原因、治療法、感染について

「子どもが帯状疱疹になった」と聞いたことはありませんか。帯状疱疹は大人だけがかかる病気ではなく、子どもでも発症する可能性があります。筆者の息子も帯状疱疹を発症したことがあります。あまりよく知られていない子どもの帯状疱疹について紹介します。

監修 : ままのて 医師・専門家
390739
0

帯状疱疹とは?

帯状疱疹(たいじょうほうしん)という病名は聞いたことがあっても、実際に身近に帯状疱疹を経験した人でもいないかぎり、あまりよく知らないという人が多いのではないでしょうか。そもそも帯状疱疹とはどんな病気なのか、調べてみました。

帯状疱疹と水ぼうそうのウイルスは同じ

帯状疱疹の原因となるウイルスは、水ぼうそう(水痘)の原因となるウイルスとヘルペスウイルスの一種の「水痘・帯状疱疹ウイルス」であり、同じウイルスです。

水ぼうそうになった子どもがかかることがある

帯状疱疹は子どもよりも、50歳以上の大人に多い病気です。しかし、水ぼうそうになったことのある子どもが発症することがあります。

水ぼうそうが1週間程度で治った後も、ウイルスは消滅せずに体内に潜伏し続けます。そして何らかの原因で免疫力が低下すると、神経節に潜伏していたウイルスが活動を始め、帯状に発疹が出る帯状疱疹となるのです。

水ぼうそうになったことがある人は、大人でも子どもでも、年齢に関係なく誰でも帯状疱疹を発症する恐れがあります。

Mamanote icon
帯状疱疹の症状とは?原因や治療法、治療期間、注意点について

子どもの帯状疱疹の症状と特徴

Image

子どもの帯状疱疹の症状は、大人のそれとは違うのでしょうか。子どもの帯状疱疹の症状と特徴について紹介します。

皮膚の痛み、かゆみ

子どもは大人と比べると軽症の場合が多く、あまり痛みやかゆみを感じないようです。本人は痛くもかゆくもないので発症に気付かず、周囲の人が皮膚の発疹を見て気付くケースもあるとか。
また、子どもの場合は、皮膚の痛みやかゆみを感じていてもそれを的確に伝えられないケースもあります。

赤いブツブツした発疹、水ぶくれ(水疱)

赤いブツブツした細かい発疹や水ぶくれ(水泡)が、大人と同じように身体の片側に、その名の通り帯状に現れます。一般的にはチクチク、ピリピリとした痛みやかゆみを感じたあとに発疹ができ、水ぶくれへと変化していきます。

身体の片側のみに発疹ができる

身体の右半身か左半身のどちらかのみに発疹などの症状が出るのが帯状疱疹の特徴のひとつ。身体の両側に症状が出ることはほとんどないといわれます。全身に発疹が出るわけではないので、見分けるときのポイントになりますね。

大人の症状との違い

大人で帯状疱疹になった人の体験談では、「帯状疱疹はとても痛かった」という声が多いです。これに対して子どもの帯状疱疹は、大人の場合に比べると比較的軽症で済むことが多く、痛みなどが残る後遺症の可能性も低いといわれています。

発疹が出やすい場所と、見誤りやすい発疹

Image

帯状疱疹の発疹が出やすい場所をまとめてみました。素人には正確には判断できないので、気になる発疹を見つけた場合は早めに皮膚科を受診してみてくださいね。

胸から背中

帯状疱疹が出る場所は上半身の場合が多く、特に「胸から背中」にかけて帯状に発疹が広がることがもっとも多いといわれています。

お腹から背中

上半身に発疹が出ることが多いので「お腹から背中」にも発疹が出やすいといわれます。

目の上から頭

「そんなところにもできるの」と思われがちですが、目の上から頭にかけて発疹が出るケースもあります。顔に帯状疱疹ができると目にも炎症を起こす恐れがあるので、とくに注意が必要です。発疹の場所によっては眼科を受診するよう指示される場合もあります。まずは、早めに皮膚科へ行きましょう。

首から腕

首から左右どちらかの腕にかけて帯状に発疹が広がります。

下半身

発疹は上半身に出ることが多いのですが、下半身に出ることもあります。右下半身か左下半身のいずれかのみに発疹が出ます。

見誤りやすい発疹

帯状疱疹の発疹と見誤りがちな発疹として、「かぶれ」「虫刺され」などがあります。身体の片側のみに発疹が出ている場合は帯状疱疹を疑いますが、全身に出ている場合は帯状疱疹ではない可能性があります。

まずは皮膚科を受診する

子どもを病院に連れて行こうとしたとき、皮膚科か小児科か迷ってしまいそうですね。帯状疱疹の疑いがあれば、まずは「皮膚科」を受診しましょう。高熱がある、元気がないなど皮膚に見られる以外の症状もある場合には、他の病気の可能性もあるので小児科を受診するとよいでしょう。

子どもの帯状疱疹の原因

Image

子どもの帯状疱疹はどのようなことが原因で発症するのでしょうか。主な発症原因を紹介します。

疲れやストレス

子どもであっても大人と同様、疲れやストレスがたまっているときは免疫力が落ちて帯状疱疹になりやすいようです。たとえば運動会など行事の練習で疲れていたりすると、帯状疱疹を発症する場合があるとか。

免疫力の未熟さ

子どもが幼い時期(0~2歳頃)に水ぼうそうを発症したり、発症しても軽症で済んだ場合は免疫力が未熟なため、水ぼうそうを発症してから数年後に帯状疱疹になる場合もあるようです。

病気や手術による免疫力の低下

子どもが他の病気になったり、手術などを行ったりした場合の免疫力の低下も原因のひとつです。

まれに二度発症する

ほとんどの場合、帯状疱疹は一生に一度といわれていますが、ごくまれに二度かかってしまう人もいるとか。

帯状疱疹の治療方法

Image

子どもの帯状疱疹の治療方法は大人と同じなのか、気になりますね。子どもの帯状疱疹の治療方法を紹介します。

抗ウイルス薬

治療には抗ウイルス薬を内服するのが一般的です。処方された薬はきちんと飲み切るのが前提。もう治ってきたから大丈夫、などと勝手に判断せず、医師に言われた通りに薬を飲み切ることが大切です。飲み始めて2~3日後から効き始めます。

神経ブロック注射

帯状疱疹の痛みをコントロールする痛み止めの注射による治療法です。子どもは軽症の場合がほとんどなので、神経ブロック療法が行われるケースは少ないようです。

早期治療がカギ

大人の帯状疱疹と同様、早期の治療開始(発症後おおむね1ヶ月以内)がカギです。早期治療をすることにより、ウイルスの増殖を薬で防ぐことができたり、後遺症のリスクを減らしたりすることができます。

子どもが帯状疱疹になったときの注意点

Image

子どもが帯状疱疹になったとき、パパやママが気をつけるとよい点を紹介します。

バランスの良い食事

これは帯状疱疹にかかわらず基本的なことですが、栄養バランスの良い食事を用意するようこころがけましょう。ショウガ、ネギ、大根、梅干し、鶏肉などを食べるのも良いといわれています。

じゅうぶんな睡眠

疲れをためこまないためにも、じゅうぶんな睡眠をとることが重要です。

発疹は冷やさず温める

発疹は冷やさずに、カイロや湯たんぽなどで温めるようにします。冷やすと逆に痛みが強まる場合があるので要注意。

合併症に注意する

子どもが帯状疱疹になってしまったら、合併症にならないように気を付けてお世話をしてあげましょう。とくに顔や頭に発疹が出ると、顔面神経麻痺や髄膜炎などの合併症を引き起こす恐れがあります。
パパとママは、子どもの顔や頭に発疹ができていないかよく確認することが大切です。頭は髪の毛に隠れて発疹が見えにくいことがあるのでとくに注意しましょう。

帯状疱疹の感染

Image

帯状疱疹の感染経路にはどんなものがあるのでしょうか。子どもが帯状疱疹になってしまった場合の感染の注意点についても紹介します。

帯状疱疹から水ぼうそうに感染

水ぼうそうにかかったことがない子どもには、帯状疱疹としてではなく水ぼうそうとして感染してしまう可能性が考えられます。

帯状疱疹から帯状疱疹への感染はほぼ無し

誤解されやすいようですが、帯状疱疹から帯状疱疹に感染することはありません。しかし免疫力が著しく低下している人には、感染する可能性はゼロではありません。

幼稚園や保育園・学校を休む期間

子どもが帯状疱疹にかかった場合、幼稚園や保育園・学校へ行ってもよいのか気になりますよね。一般的には、発疹が枯れてかさぶたになるまでは休んだほうが安心です。
帯状疱疹は水ぼうそうのような指定感染症ではないので明確な規定はありませんが、場合によっては医師の診断書や登園許可証などが必要になります。事前に医師や幼稚園・保育園、学校の先生に確認してから登園・登校するようにしましょう。

感染防止の配慮が必要

帯状疱疹から帯状疱疹に感染しないとしても、水ぼうそうになったことのない子どもには水ぼうそうとして感染させてしまう可能性があります。乳幼児が大勢集まる場所や妊婦さんが多いような場所には行かないようにしましょう。

帯状疱疹に関する書籍

51jmenttpol. sx440 bo1,204,203,200
出典:images-na.ssl-images-amazon.com
帯状疱疹の痛みをとる本
¥1,404〜(2018/10/27 時点)

痛みの原因と対策がわかる!この痛み、帯状疱疹?それとも帯状疱疹後神経痛?発症直後の激しい痛み、発疹が治っても消えない痛み…ベストな治療法から生活上の注意点までを徹底解説!

子どもの帯状疱疹の体験談

Image

筆者の息子は小学校3年生のときに帯状疱疹になりました。
「帯状疱疹=ストレスを抱えた大人がなる病気」と思い込んでいた筆者は、皮膚科でわが子が「帯状疱疹」と診断されたときは驚きました。子どもが帯状疱疹になるとはあまり聞かないので、息子は何かストレスを抱え込んでいたのかと自分を責めたりもしました。

帯状疱疹になった原因ははっきりとは分かりませんが、水ぼうそうが軽かったせいかもしれないと医師から言われました。

息子は幼稚園児のころに水ぼうそうになりましたが、妹からの感染で早期に治療を開始したせいか、発疹が数個程度とごく軽症で済んだのです。

筆者が息子の帯状疱疹に気づいたのは、朝、学校に行く前。右側の足に小さな赤いブツブツがあるのを、そのときはかぶれか虫刺されかと思っていました。
ところが夕方学校から帰ってくると、その発疹はさらに赤みを増し、広がっているような気がしたのです。病院に連れて行き、帯状疱疹と診断されました。

息子はまったく痛がることはありませんでした。発疹の範囲が広がり水疱になってくると、患部は見るもあわれな状態に。しかし早めに治療を開始したので後遺症もなく治りました。

もし子どもが帯状疱疹を発症しても、早期発見・早期治療を行えば、後遺症もなく治癒することが多いといいます。子どもは帯状疱疹にならないものと決めつけずに、気になる発疹を見つけたら落ち着いて対処しましょう。

あわせて読みたい

Image
水疱瘡(みずぼうそう)はワクチンと早期治療がカギ!初期症状と治療法・予防する方法は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/4365
Image
子どもの発疹!原因、病気の種類と判断基準、受診の目安とは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26925
Image
子どもにできるブツブツした発疹の見分け方は?症状・原因・治療法・スキンケアはどうする?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/15392
Image
赤ちゃん・子どもの発疹が出る原因と対処法は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/6211
Image
子どもの風邪の症状(咳・鼻水・目やに・熱)と過ごし方!外出は控えるべき?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/15585
Image
国民共済とは?子供の保険キッズタイプを解説!評判やメリット・デメリットをご紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30315
Image
乳児湿疹の症状と正しい対処法!新生児・赤ちゃんの湿疹の原因は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/8460
Image
子どもの手のひらの湿疹の原因は?症状と対処法まとめ
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26454
Image
赤ちゃんの首にできた湿疹の原因は?対処法と予防法
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26464
Image
帯状疱疹の後遺症?痛みが続く帯状疱疹後神経痛とは
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25844
記事内で紹介する商品は、ままのて編集部において選定しています。当該商品および商品の紹介文は、ままのての監修医・専門家による推奨や監修を受けたものではございませんのでご注意ください。妊娠中・授乳中の方や持病のある方は、事前に医師に相談の上ご使用いただくことをおすすめします。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

おすすめの記事