外斜視の原因は?外斜視の症状と治療法、予防法について

赤ちゃんの頃は目を合わせる事がまだ出来なくて、目の位置が定まらない事はありますが、「うちの子、目の位置がおかしい?」と思った事があるママも多いと思います。赤ちゃんの目の病気の1つとして外斜視が考えられますが、外斜視とはいったいどんなものなのか?今回はそんな外斜視についての原因や、症状、治療法などまとめてみました。

77301

目次

  1. 外斜視とは
  2. 外斜視の原因
  3. 外斜視の症状
  4. 外斜視だと何が問題なの?
  5. 外斜視の治療法
  6. 外斜視の予防法
  7. 目の位置がおかしいかな?と思ったら眼科へ!

外斜視とは

斜視というのは、何か人や物を見ているとき、片方の目の位置がその人や物の方向を見ていない状態、を指します。つまり、片目はきちんとこちらを見ているけれども、もう一方はこちらから見るとずれて見える状態です。

斜視には、いろんな種類があり、生まれつきの場合と、成長と共に斜視なる場合があるそうです。片目だけ外側にある場合、外斜視と言いますが、内側に向いているものを内斜視、上を向いている場合上斜視、下を下斜視と呼びます。

また、常に斜視の場合は恒常性斜視(こうじょうせいがいしゃし)、普通の時もあるがたまに斜視になるのを間歇性斜視(かんけつせいがいしゃし)と言います。

外斜視の原因

Image

視力障害

事故や外傷、激しい転倒によって目の周りの筋肉や神経が損傷した場合、正しく両目が使われなくなり外斜視になる場合があるそうです。事故後すぐ、または数日たってからに斜視がわかる場合は外傷が原因の場合があるそうです。

弱視

弱視とは、メガネなど視力補正しても見えない場合のことを指すそうで、弱視の場合も斜視が起きていることが多いそうです。一般的には、斜視が起きて弱視になるケースが多いそうですが、片目だけ見えづらくなった患者が起こすこともあるようです。

遺伝

遺伝性の場合は、親の目を動かす神経(筋肉)の異常が子供に引き継がれた場合起こるそうです。生まれたばかりは判断しづらいですが、生まれつき斜視を持っていたり、親も斜視がある場合、十分遺伝が考えられるそうです。

ただし、遺伝のDNAの形式の解明はされていないそうなので、確実に遺伝だと断定はしていないお医者さんが多い様です。しかし、可能性は十分あると言われています。

目を動かす神経・筋肉の異常

眼球には眼筋といわれる筋肉が6個ついていますが、なんらかの理由でこの眼筋のバランスが悪かったり、神経に異常があったりすることで斜視になります。また、眼球を動かしている筋肉に異常がある場合、遠視が強く出ている場合も、斜視の症状があらわれます。

脳の異常

脳の異常には、脳の視神経系が萎縮してしまったり、機能しなくなる、視神経が異常なものと、脳の異常の脳腫瘍や、脳梗塞、くも膜下出血などの血管障害により、圧がかかって視神経が圧迫される場合があります。どちらにしろ、脳内の視神経がダメージを受ける為に起こってしまうようです。

これが起こると、視野が狭くなる、一部分だけ見えなくなる、弱視になるなどが起こります。また、事故や外傷により脳の視神経にダメージを受けた場合も、起こります。熱病や中枢神経疾患でも起こりうる可能性があります。

病気

トキソプラズマ性網脈絡膜炎や仮面ぶどう膜炎による感染症にかかると小児の場合斜視になる危険性があるようです。また、乳幼児がかかることが多い悪性腫瘍で白や黄色の瞳孔だったり、斜視になったりするようです。命に関わる、発症確率が少ないとされる網膜芽細胞腫という病気が原因の場合もあります。

子どもの斜視の原因と症状、治療法は?斜視は遺伝する?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26262
Image

外斜視の症状

Image

間歇性(かんけつせい)外斜視

間歇性外斜視は外斜視の状態になっている時と、そうでない、通常の瞳の状態の時、両方ある場合を言うそうです。起床直後や集中力がない時、気を抜いている時に起こりやすく、遠くを注視している時に現れやすいので、家の中で過ごしている時よりも、外に出ているときに起こりやすいです。

子供に多く、3歳、4歳頃に出てくることが多いそうです。生まれたばかりでは、瞳の小ささや目の筋肉が未発達なこともあり、斜視ではなくても斜視に見えることが多いので、まだわからないことの方が多いです。

恒常性外斜視

恒常性外斜視は間欠性外斜視とは違いずっと外斜視が起こっている様子です。失明や目が見えなくなってしまった人が起こる場合もあり、1歳未満の赤ちゃんも起こることがあります。

外を向いている目と、正面を向いている目は両方とも見えていて、2つ視界がある状態に感じる人と、そうでない人がいます。もとは間欠性外斜視の人が恒常性外斜視になってしまう例もあります。

外斜視だと何が問題なの?

Image

複視

斜視があると、左右の目からの情報がうまく処理できずにものが二重に見えてしまうことがあります。それを複視と言います。二重に見えると不愉快なので、脳が成長しており適応能力がある子どもの場合には、ものが二重に見えないように最初から斜視になる片目からの情報を無視してしまうようになることがあります。それを「抑制」といいます。

そうなると斜視も悪化する、両目で見る能力の発育も妨げられる、ことになるので治療が必要になります。

両眼視の発育を妨げる

ものを正しく見ることには両目を使う必要があり、両目を使うことでその得られた情報から脳で像を結ぶこと、でものの立体感や遠近感を正しく知ることができるのです。両目から得た情報を脳で処理してものの形状などを正しく知る、機能のことを「両眼視」といいます。

斜視の場合両目で見る能力の発育も妨げられるのも1つの問題です。

視力の成長を妨げる

目を使いすぎること、が大人の世界での問題であり、よく「目を休めましょう」というフレーズも見聞きしますが、外斜視のように「目の位置がずれているときにはずれているほうの目が使われていない状態」ということが長く続くと、視力の成長を妨げる原因となる可能性があるのでよくありません。

間歇性外斜視では視力に影響があることは少ないですが、ずっとであれば影響が出てくる可能性があります。視力を使う、ということは、視力を育てる、ということにつながるのです。毎日得る視覚的な刺激、が子どもの視力を育てます。

外斜視の治療法

Image

治療が必要ないこともある

くある間歇性外斜視の場合には視力に影響しない、両目で見る機能もそこそこ育つことも多く、すぐに治療をする必要がないことも多々あります。

プリズムメガネ

小さいお子さんに多い方法です。外を向いている方のレンズにプリズムを入れて、視点をまっすぐ正面に合わせる方法です。正しい視界にすることで、斜視を広げないように使われることが多いのですが、予防の一つになり、完治するとは言えないそうです。

斜視の幅によりメガネを作り変えたりすることもあるので、医師と相談しながらとなります。費用は約4、5万円で、年齢や場合により7割から8割保険が適応されます。

両眼視機能訓練

眼科では視能訓練士がついて訓練してもらうこともできます。幼児には視力向上も一緒に行ってくれるので、専門家がついて見てくれるところが魅力です。瞳に点眼剤を使って、見えてる目を一時的に見えづらくし、休んでいる方の瞳を使う方法もありますが、眼帯やアイパッチを使う方法が勧められることが多いです。

使っている目を眼帯やアイパッチで隠し、普段使ってない方だけで物を動かして、それを集中して見ることが訓練になります。期間は1ー3年ですが、辞めると戻る場合も十分あるので、継続して続けることが大切です。

外科的手術

手術は緩んでいる筋肉を切り、左右上下の調節をして筋肉を付け直し、眼球をまっすぐ正面に向けるので、100パーセントとは言えませんが、大半が改善されます。症状が大きいと医師に判断された場合は両目の調節をする場合もあります。手術をした経験がある患者は、幼少期を越した成人前に手術を勧める方が多く、幼少すぎると目の筋肉成長の過程でまた戻ってしまう為だそうです。

このタイミングは担当医との相談も大切ですが、完治したと言い切れる状態に一番近い状態になれるのは、やはり手術だと考える人が多いです。

外斜視の予防法

Image

斜視の予防法は、幼いうちに発見し、治療することが大切です。早い治療が、斜視や視力悪化を食い止める予防につながります。

また、斜視のチェックは、目の位置がずれていることでチェックできますが、乳幼児や小さい子ども場合は目の周りの筋肉や皮膚組織がまだ未熟なため分かりにくい場合があります。小さな子ども場合はフラッシュをたいて撮った写真を眼科受診の際に持っていくと役に立つそうですよ。また、いつも頭を傾けてものを見たり、目を細めるなどの行動が見られた場合は弱視の可能性があるかもしれません。

目の位置がおかしいかな?と思ったら眼科へ!

生まれてすぐの赤ちゃんの目の筋肉はまだ弱く、目の位置がずれて見えることはよくあること。段々成長とともに目の位置がしっかりとしてきます。

月齢が進んでアイコンタクトがよく取れるようになってきても、どうも目の位置がずれている、光が両目の黒目の同じ位置に当たっていない、よく片目で物を見ている、ウインクをしている、横目で見ている、などがあったら眼科でチェックをしましょう。