更新日:2017年01月20日

三輪車に乗る時期、選び方、注意点は?通販で人気のおすすめ10選

抱っこばかりだった赤ちゃんも、成長とともに動きがより活発になってきます。お外で遊ぶ機会も増えてくると、周りの子が乗っている三輪車に興味を持つ子もいるかもしれません。三輪車は、いつごろから、どんなものを選べばよいのでしょうか。ここでは、三輪車の選び方と注意点、通販で人気のおすすめ10選をご紹介します。

11782
0

目次

    人気の三輪車のタイプは?

    Image

    ママが操作できるもの

    最近は、ママやパパなど、周りの大人が操作できる三輪車が人気となっています。後ろに舵取り用の棒がついているので、簡単に三輪車を操作することができますよ。子どもまだ乗り慣れておらず、不安定な時もしっかり支えることができるので安心です。進みたい方向に舵をとってあげることで、小さな子どもでもスムーズに乗ることができます。

    折りたたみができるもの

    折りたたみできる三輪車も人気です。コンパクトに折りたたむことができるので、車で公園へおでかけしたい時など、持ち運びに便利です。また、三輪車は意外と収納に場所をとるので、折りたためることで収納しやすくなりますよ。

    荷物置きがついているもの

    荷物を入れておけるバッグやかごがついている三輪車もあります。取り外して、バッグだけ持ち運べるようになっているものもあるので便利です。ちょっとしたお出かけグッズを三輪車に入れておけるので、ママの荷物を減らすことができますよ。

    おしゃれなもの

    最近はカラーバリエーションも豊富で、おしゃれなデザインの三輪車も多くあります。おしゃれな三輪車は、ママも子どももお散歩が楽しくなりそうですね。おしゃれなだけではなく、子どもの安全や機能性も重視されているので、安心して子どもを乗せることができますよ。

    三輪車に乗れるのはいつから?

    Image

    多くの三輪車の対象年齢は1歳半頃から

    三輪車の対象年齢は1歳半からというものが多いようです。1歳半頃の子どもは、まだ自分の力でペダルをこいだり操作することは難しいので、大人が押してあげることで楽しむことができます。

    1歳未満から乗れるものもある

    最近では対象年齢が10ヵ月からの三輪車もあり、1歳未満でも使用できる三輪車も人気があります。三輪車にセーフティベルトなどがついていて、赤ちゃんが安全に乗ることができるようになっています。最初はベビーカーのようにママが押して使用したり、ペダルがこげるようになったら三輪車として楽しんだりと、使い方も広がりますね。

    お座りや歩行が安定したら検討する

    子どもの成長には個人差があります。表示されている対象年齢に当てはまっていても、体型や成長によって、うまく乗ることができない場合もあります。子どもがしっかりとお座りと歩行ができるようになってから検討すると良いでしょう。

    三輪車の選び方

    Image

    SGマークがついているもの

    SGマークとは、一般財団法人製品安全協会が定める、製品の安全性に関する基準に合格した生活用品につけられるマークのことを言います。三輪車やおもちゃなどの子ども向けのものだけでなく、家具やスポーツ用品などにも幅広く使用されています。子どもが安全に、三輪車を楽しめるように、SGマークがついているかどうか確認しておくと安心です。

    希望の機能がついているか

    最近の三輪車には、ママや子どもが喜ぶ機能がたくさんあります。大人が舵を取って操作できる手押し棒がついているもの、コンパクトに折りたためるもの、メロディが流れるサウンド機能、座り心地が異なるサドルの形状、物を運ぶのに便利なかごやバッグ付きのものなど、さまざまです。使用する時期や目的などによって、希望する機能がついているかチェックしておきましょう。

    ペダルの付き方

    三輪車のペダルの付き方は、基本的に2種類あります。一般的な三輪車のペダルは、前輪に直結して、前輪と共にまわるタイプが多いようです。自転車のように、ペダルをこぐことでチェーンが回転し、それに連動してタイヤも回るタイプの三輪車も出てきています。自転車と同じ感覚でこぐことができるようです。

    タイヤの素材、後輪の幅

    タイヤの素材や幅も、三輪車によって異なります。なかなかタイヤまでチェックしていない人も多いとは思いますが、使われている素材によって、クッション性や軽さなどの違いがあるようです。タイヤの幅も、大きい方がより安定するようです。三輪車に乗る場所によって選んでみてもいいかもしれません。

    シートベルトなどの安全装置

    子どもの成長や、使用する年齢などにもよりますが、シートベルトや安全バーなどの安全装置も、小さな子どもが乗る三輪車には必要になります。ちゃんと座らせたように見えても、三輪車が動くと振動でずり落ちてきてしまったりと、不安定です。小さな子どもが安心して楽しめるように、安全装置の確認もしておきましょう。

    子どもの好みに合うかどうか

    大切な我が子が使う三輪車だからこそ、ママもパパもどれにしようか真剣に考えてしまうのではないでしょうか。基本的な項目をチェックしたら、あとは子どもが好きなものを選ばせてあげてもいいかもしれません。好きなキャラクターのものや、ボタンを押すとメロディーが流れるものなど、一緒に選びながら子どもの好みを聞いてみましょう。自分で選んだ三輪車だと、楽しさも倍になるかもしれませんね。

    三輪車に乗るときの注意点

    Image

    危険の少ない広めの公園で乗る

    三輪車に乗る時には、なるべく広めの公園などで乗るようにしましょう。狭い道路や、車通りの多いところなどでは、周りの人の迷惑になることがあります。各自治体や地域によって、ルールや道路、公園事情も異なるため、遊ぶ場所でのルールに合わせて、安全に楽しめるように心がけましょう。

    大人が近くで見守る

    子どもが三輪車に乗っている時には、必ず大人が近くで見守ってあげましょう。ある程度ひとりで安定して乗れるようになっても、子どもはちょっとしたことでバランスを崩してしまったり、障害物などをうまく避けられなかったりと、思わぬところで事故やケガにつながります。子どもが安心して乗ることができるよう、近くで見守りましょう。

    坂道で遊ばない

    三輪車に乗って、坂道で遊ぶのは大変危険です。傾斜のゆるやかな坂であっても、思わぬ事故やケガにつながることがあります。お散歩などで坂道を通過しなければならない際には、三輪車から子どもをおろして、ゆっくりと歩くようにしましょう。

    マナーを守る

    三輪車に乗る時には、マナーを守って遊びましょう。自治体や地域、公園などの施設など、遊ぶ場所によってルールはさまざまです。誰もが気持ちよく過ごせるよう、マナーを守りましょう。

    裸足で乗らせない

    三輪車に裸足で乗ることは大変危険です。漕いでいるうちに、前輪に指をはさんでしまう危険があります。三輪車に裸足で乗ることはやめさせましょう。

    手押し棒は子どもに押させない

    手押し棒は、子どもに押させないようにしましょう。子ども同士で押すと、押すことに夢中になって、周りの状況をよく確認することができなかったり、支えきれなかったりと、事故やケガにつながることがあります。子どもが安全に三輪車を楽しめるよう、必ず大人が補助しましょう。

    おすすめ三輪車10選

    1.M&M それいけ!アンパンマン オールインワンUP 三輪車

    15anpan up 1

    M&M それいけ!アンパンマン オールインワンUP 三輪車

    ¥11,797〜(2017/01/20 時点)
    簡単操作で車体を折りたたむことができ、持ち運びや保管に便利です。ホイールのボタン操作でペダルをロック、フリーと切り替えることができお子様の足を巻き込む心配がありません。

    子どもが大好きなアンパンマンの三輪車です。折りたたみできるので、車での移動など、持ち運びにも便利です。アンパンマンのエアホーンは、子どもの力でも簡単に鳴らすことができ、子どもも喜んでくれそうですね。

    2.アイデス 折りたたみコンポ タウン

    030370xxx r

    アイデス 折りたたみコンポ タウン

    ¥12,800〜(2017/01/20 時点)
    かじとり、ガード、ステップ、バッグなどフル機能を備えて、なおかつ折りたためるハイグレード三輪車です。

    折りたたみ機能がついて、持ち運びも便利な三輪車です。後ろについたリアバッグは、ちょっとしたおもちゃなどの荷物を入れることができて便利です。

    3.NONAKA WORLD へんしんサンライダー

    3370

    NONAKAWORLDへんしんサンライダー

    ¥11,778〜(2017/01/20 時点)
    押手棒を装着すれば保護者の方が進行速度などをコントロールできるので安心です。ひとりで三輪車に乗れるようになったら、押手棒をはずして通常の三輪車としてお使いいただけます。

    三輪車として乗れるようになったら、ペダルと後輪をひとつ外すことで、ランニングバイクとして使うことができます。楽しみながらバランス感覚を養うことができて、自転車の練習にもなりそうですね。

    4.PUKY プッキー 三輪車 スペシャル 後ろバスケット付き CAT 1 S

    Cd puk cat1s 01

    PUKY プッキー 三輪車 スペシャル 後ろバスケット付き CAT 1 S

    ¥21,170〜(2017/01/20 時点)

    ドイツ製のおしゃれな三輪車です。タイヤのホイールは足や指が挟まならないようになっているので安心ですね。押し棒を押す際に、ペダルがまわらないので、子どもも安心して足を置くことができそうです。

    5.アイデス コンポフィット 三輪車 フル装備セット

    T

    アイデス コンポフィット 三輪車 フル装備セット

    ¥21,800〜(2017/01/20 時点)

    対象年齢は1歳半からとなっていますが、3点ベルト、ガード装着で10ヶ月頃からベビーカーのように使用することもできます。サンシェードが付いているので、日差しが強い時も安心ですね。

    6.ラングスジャパン ワイバイク

    108220xxx

    ラングスジャパン ワイバイク

    ¥7,380〜(2017/01/20 時点)

    一般的な三輪車と違い、ペダルがなく、地面を蹴ることで前に進みます。バイクの形をしていますが、後輪は2つ付いているので安定しています。バランス感覚を楽しく身に着けられそうですね。

    7.トイザらス限定 コマワリ三輪車 チェーン式

    552133500all

    トイザらス限定 コマワリ三輪車 チェーン式 レッド【送料無料】

    ¥16,198〜(2017/01/20 時点)

    こちらは12ヵ月から使用することができます。チェーン式なので、自転車と同じようにこぐことができます。自転車の練習にもなるので、長く使えそうですね。

    8. COGOT 三輪車 ネビオ

    Bo81005 n

    コゴット COGOT 三輪車 Nebio ネビオ

    ¥14,800〜(2017/01/20 時点)

    タイヤが大きく、しっかりしているので、デコボコな地面でも安定して走ることができそうですね。成長とともに不要なパーツは外すことができるので、成長に合わせた遊びが楽しめそうです。

    9. 2015年モデルSMART TRIKE(スマートトライク)4in1 GLOW

    4897025794962 16

    2015年モデルSMART TRIKE(スマートトライク) スマートトライク 4in1 GLOW

    ¥13,824〜(2017/01/20 時点)

    おしゃれなデザインで、乗せるのが楽しくなりそうですね。ハンドル操作をOFFにすれば、子どもがハンドル操作していても、ママが行きたい方向にスムーズに進むことができます。10ヵ月から乗ることができるので、成長に合わせて長く使えそうです。

    10.HUMMER TRICYCLE ジック

    614361 614378

    ハマー 三輪車 かじとり HUMMER TRICYCLE ジック

    ¥12,980〜(2017/01/20 時点)

    人気のハマーブランドの三輪車です。かっこいいデザインで、子どもはもちろん、大人も魅力を感じてしまいますね。シンプルなデザインのため、好みの変化などに左右されにくいのも安心ですね。

    三輪車に関する体験談

    Image

    筆者の子どもに三輪車を購入したのは、2歳前頃だったと思います。外遊びをする時間が増えてきたので、近くのおもちゃ屋さんで、アンパンマンの三輪車を購入しました。折りたたみ機能はありませんでしたが、普段近くの公園などで遊ぶのがメインだったので、問題ありませんでした。車でのおでかけに持っていきたい人は、折りたたみタイプの方が便利だと思います。

    成長に応じてガードや足置きを外せるタイプだったので、1歳半くらいから4歳くらいまでは使用できました。メロディー機能がついていたので、子どもも喜んで乗っていましたし、周りの子どもにも人気でした。メロディー機能は電池式なので、外に置く場合はカバーをかけるなど、雨に濡れない工夫が必要でした。雨ざらしにしてしまってからは、メロディー機能は壊れてしまいました。

    子どもが使用する年齢や、使用したい場所、保管する場所などを考えながら、子どもや家庭に合わせた三輪車を選ぶことが大切だと思います。

    子どもの成長や目的に合わせたものを選ぼう

    Image

    昔は三輪車といえばシンプルなものが多かったのですが、最近はとにかく多機能で、選択肢がとても多くなったように感じます。デザインや機能で好きな物を選ぶことができる分、どれを選んだらよいのかわからないという人も少なくないと思います。

    三輪車を選ぶ時には、まず安全であることが一番だと思います。そして、ただ多機能であるということよりも、必要な機能をしっかりと確認することが大切だと思います。車での持ち運びはしないけれど、マンションで収納場所が少ないのであれば、折りたたみ機能があれば便利だと思います。かごやバッグがついていると本当に便利ですが、汚れもつきやすいので、外に置いておく場合には、汚れないよう工夫したいですね。

    そして何よりも、子どもの成長に合わせたものを選ぶことで、安全に楽しむことができると思います。子どもはもちろん、ママやパパも満足できる三輪車を選ぶことができるといいですね。三輪車で、親子の素敵な思いでを作ってくださいね。

    Image

    【購入編】三輪車? ストライダー? 購入するなら自転車にもなるへんしんバイクがオススメ! | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/6827
    Image

    4歳の自転車のサイズは?ストライダーは遅い?おすすめ人気自転車と自転車の買い替え時について | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/21507
    Image

    安い子供用のヘルメット15 選!選び方は?ヘルメットはかぶる必要がある? | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/25395

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    sora-ao

    はじめまして。 6歳と2歳の子どもがおります。 今は専業主婦で、毎日わが子の育児に奔走...