あふれる子ども服をスッキリ収納!マネしたい使える収納術

子ども服って、すぐにサイズアウトするし、毎日汚れるし、何かと多めに洋服を揃えているご家庭も多いのではないでしょうか。そんな子ども達の洋服があふれかえり、手を付けられない状態にはなっていませんか? 今回は、そんな子ども服の収納にお困りのパパママ必見です。使える収納術をご紹介します。

208873

目次

  1. ラべリングで目印をつけよう
  2. ボックスを使って小分け収納
  3. カゴは収納アイテムにピッタリ
  4. ベビー服はウォールポケットが最適
  5. 斜めラックで見やすさ重視
  6. ハンガーは同じもので揃えよう
  7. シーズンオフの服はジップロックで圧縮
  8. 子ども服を溜めこまない!
  9. おすすめ収納術の本
  10. あわせて読みたい

ラべリングで目印をつけよう

収納ボックスにラべリングをすれば、子どもも自分の服を見つけやすいですよね。洋服の絵が描かれたシートを貼れば、まだ字が読めないお子さんでも分かりやすいです。最近では、おしゃれな転写シートが100円ショップやネットでも購入できるので、オリジナルのラべリングを楽しめますね。

衣装ケースは、どうしても中身が見えてごちゃごちゃした印象になってしまいます。表面に包装紙や100円ショップで購入できるリメイクシートを貼るとおしゃれな印象に。さらに、ただ目隠しをするだけでは中身が分からなくなってしまうので、ラべリングをして目印をつけると分かりやすいです。

ダイソーの人気商品である収納ケースは、大であれば子ども服もらくらく収納できてしまいます。ケースで100円、ふたで100円ではありますが積み上げることができるので、部屋の場所を取らずに済みます。

さらにキャンドゥで見つけた可愛らしいラベルを貼った収納術です。全て100円で揃えられるのが嬉しいですね。簡単で真似しやすいのも片付けが苦手な方におすすめです。

ボックスを使って小分け収納

タンスや衣装ケースの中の収納もごちゃごちゃになりやすいですよね。「靴下が片方見つからない!」というように、靴下や下着のような小さなものは小分けにするのがおすすめです。100円ショップでも購入できる仕切りボックスを活用すれば、スッキリ収納できます。

洋服を仕切るときに平日と休日で洋服を分けたり、お風呂上り用に下着とパジャマをまとめて収納するという方法もあります。子ども目線でも分かりやすく、その日に着る洋服も決めやすいというメリットもあります。

また、わざわざ仕切りボックスを買うのはちょっと…という方には、牛乳パックが仕切りボックスの代用として使うこともできます。靴下や下着など細々した衣類や子どものヘアアクセサリーを収納するのにもおすすめです。

カゴは収納アイテムにピッタリ

衣替えやシーズンで着ない服はまとめて収納するなど、面倒な作業が苦手な方もいますよね。できれば1年中の洋服を収納したいという方は、ダイレクトにカゴに洋服をインするだけという方法もあります。

カゴを洋服のアイテム別に分けて、ワイヤーかごに収納するだけのお手軽な収納術です。種類にもよりますが、ワイヤーかごは通気性が良いため、湿気やカビなどの予防にも少しは効果がありそうです。

ソフトボックスも衣類収納に活躍します。また、男の子と女の子でカゴの色を分けることで、自分の洋服だとすぐに分かりますよ。

ベビー服はウォールポケットが最適

赤ちゃんはミルクの吐き戻しや、オムツからうんちが漏れてしまったりと、何かと肌着やベビー服の枚数が必要となります。かさばるベビー服はウォールポケットを使って収納するのがおすすめです。透明のポケットなので中身も見やすいですし、収納するときはクルクルっと衣類丸めて入れるだけなので簡単です。

ただウォールポケットをかけるだけでは寂しいので、女の子ならリボンをつけて可愛くしたり、男の子なら車やサッカーボールの絵やシールを貼っても可愛いですね。

斜めラックで見やすさ重視

前方に傾いている斜めラックなら、中身をすぐに確認できます。衣類を出すときの「引き出す」「開ける」といったアクションがなくなり、すぐに必要なものを取り出せるというメリットもあります。おもちゃ箱として活用している方も多くいるようですが、子ども服の収納にも役立つアイテムです。

斜めラックを購入しなくても、自分で作るという強者もいます。とはいえ、準備するものは、すのこ、突っ張り棒、カゴの3種類だけなので、作るのが苦じゃない方はオリジナルの斜めラックを使って子ども服の収納にチャレンジしてみるのもいいですね。

ハンガーは同じもので揃えよう

クローゼットにかけている洋服のハンガーは、クリーニングについていたものや実家にあったものなど、種類がバラバラになっていることはありませんか?ハンガーが不揃いだと収納スペースを無駄にしていることになります。同じハンガーに揃えることで、同じ量の洋服でもこスペースに違いがでるのです。

ちなみに、クローゼットにかけきれない置き場のないハンガーってありますよね。その場合は、ファイルボックスにハンガーを収納しておくとスッキリします。ファイルボックスは100円ショップでも購入できるので、ハンガーの収納に困っている方は試してみて下さい。

シーズンオフの服はジップロックで圧縮

シーズンオフで着ない洋服やサイズアウトして譲る予定の洋服など、出番がまだない子ども服の収納にも困りますよね。そんなときは、かさばる子供服をジップロックで圧縮してスッキリさせる方法がおすすめです。圧縮させたことで収納できる枚数も増えますね。

子ども服を溜めこまない!

Image

まだ着れると思っていた服が、気付いたらサイズアウトしている…なんてことはよくあります。出番がなくなった洋服は溜めこまずに、思い切って処分する、リサイクルに出す、知り合いに譲るなどの方法で、子ども服が増えないようにしましょう。シーズンが終わった洋服は、そのまままとめてしまうのではなく、一度洋服のサイズや汚れなどを確認してから本当に次も必要か判断することがおすすめです。

今回ご紹介した子ども服の収納術は、簡単でマネしやすいものも多いため、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ベビー・子ども服の買取ショップ10選!ノンブランド対応の宅配・リサイクルショップは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29500
Image

おすすめ収納術の本

[出し入れ]楽チン!クイック収納術
¥1,404〜(2018/11/09 時点)

この本では「今まで何度片づけてもうまくいかない」という方に、
ぜひ知っていただきたい収納の考え方とその実践例を紹介しています。
本書の収納方法はとてもシンプルです。それはどんなものでも「棚」「引き出し」「つるす」の
どれかに収めれば、最少の2手間でモノが出し入れできる、というものです。

■この本に関する口コミ
この本には、「どれだけの物を収納できるか」ではなく、「どれだけ使いやすく収納できるか」を書いてあります。目からウロコの収納術は一つも無く、実に普通な事が書いてあります。でも、改めて写真や文字になっていると、なるほど納得だし、普通な分、「これならできるかも」と言う気になります。

あわせて読みたい

子どもがお片付け出来る!プラレールの収納術10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21146
Image
【徹底比較】人気の子供服通販サイト30選!安い・高級・可愛いなどの特徴を紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28191
Image
かわいくて安い!日本で買えるプチプラ海外子ども服ブランド6選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/4667
Image
子ども服の寄付先15選!古着の下取り方法もご紹介!送料はかかる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29769
Image