更新日:2017年01月05日

まつぼっくりの可愛いおしゃれな小物&飾りの作り方アイデア6選と、まつぼっくりの消毒方法

子どもたちとお散歩に出かけると、海辺の近くの公園にはまつぼっくりがごろごろ落ちている季節になりました。ぜひまつぼっくりを拾って、子どもたちと一緒にアレンジしてみませんか?お部屋に飾ってもよし、クリスマスのインテリアとしてもよし、プレゼントとしてもよし、学校や幼稚園などでつくってみてもよしのアイデアをまとめました。

4377
1

目次

    まつぼっくりで秋・冬を感じる

    公園に子どもと犬を連れてお散歩に行くと、あちこちにまつぼっくりが落ちています。ついでにどんぐりなども落ちているので、子どもと季節を感じることができる時間です。せっかくなので、このまつぼっくりを拾っておうちで一緒にアレンジしてみようと思い、いろいろ調べてみると、たくさんのアレンジ方法がありました!

    近くにまつぼっくりが落ちていない時には、ダイソーなどの100円ショップに販売されてありますし、フリマアプリなどでもたくさん販売されています♡季節ものではあるので、売り切れになることもあるようです。

    筆者の娘は2歳半ですが、飾りつけなど一緒にすることができたので、小さなお子様でも一緒につくることができますよ♪しかし、天然のまつぼっくりは、実は注意するべきことがあるんです。

    天然のまつぼっくりには○○がいっぱい!?

    実は、公園や松林などで拾ったまつぼっくり、そのままアレンジしようとすると危ないんです。

    虫や菌がついている

    そうなんです。松ぼっくりには、虫が住み着きやすく、中の奥の方にいることもあります。

    さらに、わんちゃんたちの散歩コースなどではおしっこがかかっている可能性もありますよね。そこで、かならず消毒が必要になります。その消毒方法をご紹介します♪

    煮沸消毒

    大きな(使わなくなった)鍋で、松ぼっくりを煮ます。そうです、不思議な光景ですが、これをするだけで虫がいなくなり、奥にはいったものまで出てくるので安心です。5分から10分ほど、しっかりと煮ます。その後、ざるにあげてみると、

    松ぼっくりはしっかりと閉じます。面白いですよね♡雨の日や雨上がりのときにまつぼっくりを拾う時も、このような形をしているんですよ~。

    天日干し

    閉じたままの状態で、シートや新聞紙、大きなザルなどの上に重ならないように広げます。

    このまま天日干しを行います。我が家のまつぼっくりは天気の良い日でも1日では完全に開ききれず、約2日程かかりました。しっかり乾燥させることで、後の加工のときにも安心です。

    防虫・防腐のために

    天日干ししてから、間に汚れやゴミがはいっている場合もあるので、そのときは歯ブラシや筆などでサッサッと落としてくださいね♪天日干しまでできればそのままアレンジの工程に入っても良いのですが、さらにおすすめなのが、長持ちさせるために、市販のニスやオイルステインでカラーリングをしてみます。

    実は、市販の松ぼっくりはここまでの工程をされているそうです。よく見たら、ムラなく茶色に染まっています。茶色を混ぜたオイルステインやニスでカラーリングされているようです。せっかくなので、おうちでもやってみましょう。

    すると綺麗な統一感のあるまつぼっくりに仕上がりますよ!防虫・防腐効果もあるので、長持ちもします!ここまできたら、アレンジに移っていきましょう。

    まつぼっくりのアレンジ例

    小さなクリスマスツリー

    これは小さなお子様も一緒につくることができます♡まつぼっくり一つをつかってクリスマスツリーのオーナメントを作ってみましょう。

    準備も簡単で、おうちにあるビーズや小さなボタン、綿、キラキラのモールなどと、ボンドを準備します。さらにカラーリングしたいときは、絵具やニスなどにつけても良いですし、スプレーを吹きかけたり、筆で塗ってもOKです!つや感を出したい時には、ニスがおすすめで、雪が降ったような感じ仕上げたいときは、白のスプレーをさっと吹きかけてみましょう。

    緑や白のカラーリングもおすすめです♡さらに、たくさん作ってプレゼントされても喜ばれると思います。

    Image

    拾うなら今!まつぼっくりで素敵なクリスマスツリーを作っちゃおう♪ | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/16890

    コロコロ可愛いガーランド

    まつぼっくりのガーランドもとってもおすすめです。簡単に作ることができ、さらに、飾ってみるとその存在感が素敵ですよ。

    松ぼっくりをそのまま麻糸などにくるっとひっかけるだけでも出来上がりますし、ホームセンターなどで金具をかってとりつけて吊るしてもOKです。さらに、間に、どんぐりやドライフラワーなどを付け足してもかわいく出来上がりますね。

    縦に吊るしても可愛いです!吊るすだけなので、お部屋がかなり秋・冬風に変わり、ちょっとした気分転換にもなります。

    リース

    どんぐりやまつぼっくりを使って、クリスマスのリースを作ってみませんか?土台となるものは、針金でも良いですし、ダイソーにあるこれでもできますよ!

    これにグルーガンや木工用ボンドで好きなとことにつけていきます。さらに、市販のリボンやボンボン、クリスマスの小さなオーナメントを飾っても可愛く仕上がります。

    じゃん!できあがりはこんな感じです♪玄関先に飾ったら素敵ですね!こちらの記事も参考に作られてみてください!

    ミズタマの、小さなおうちと暮らし。 【●ナチュラルリースの作り方♪ 松ぼっくり&どんぐりと100均リースで♪】

    http://mizutamacafedotlife.blog.fc2.com/blog-entry-170.html

    旧*ミズタマカフェ*です。タイトル変更しました。よろしくお願いします~!!

    このように、全部にまつぼっくりをくっつけるのではなく、下の方だけなどアンバランスにしてもオシャレです。よく見ると、どんぐりがトトロになっていますね♡素敵なアイデアです。

    Image

    寒い日は「どんぐり」でおうち遊び!どんぐりを使ったおもしろ工作4選 | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/17074

    果肉植物や箱詰めして飾る

    まつぼっくりはそのままでもとっても可愛いです。そんなまつぼっくりを箱詰めしたり、おしゃれなお皿にのせたり、他の植物などと一緒に並べて飾ってみても可愛いです。

    果肉植物といっしょに♡下にあるブリキのジョーロは100円ショップにもあります!

    色々な瓶につめてもとってもかわいいです。手軽にできるので、おうちに余っているジャム瓶などに詰めてみてはいかがでしょうか?

    世界に一つだけのスノードーム

    最近では、おうちにある保冷剤の中身を使ってスノードムをつくるアイデアが出てきています。それを応用して、まつぼっくりも入れてみましょう!

    中に、ラメやビーズなどをいれると、ひっくり返した時にゆっくりとうごくので可愛いですね♡スノードームも簡単に作ることができます!保冷剤のかわりに、液体のりをいれて作ることもできます!

    Image

    たった1日でできる!超簡単夏休みの自由研究におすすめのスノードーム! | mamanoko(ままのこ)

    https://mamanoko.jp/articles/11552

    ふわっと広がるラメや雪のようなものが綺麗なので、お子様も喜んでみてくれること間違いありません♡さらに、上の写真のダイソーなどで購入できるゼリーボールも相性抜群ですよ。

    動物に変身!

    紙粘土を使って、まつぼっくりを動物に変身させてみませんか?お子様も一緒に粘土で遊びながら作ることができるので、楽しい工作の時間の始まりです。

    まつぼっくり以外の、顔・手足・しっぽなどを紙粘土でつくります。粘土が柔らかいうちにべちゃっとまつぼっくりにつけてもよいですし、後からボンドでくっつけてもOKです。

    はりねずみの他にも、いろいろな動物たちを作ることができますよ♡例えばこの羊も可愛いですね。耳に、モールを付けています。足は、つまようじや木の枝など付けてみましょう。

    まつぼっくりの裏を利用して、たぬきさんを作ってみることもできます。

    こうやって見てみると、動物園ができそうですね♡お子様と一緒に作ることができるので、ぜひ作ってみてくださいね♡その他動物以外にも、車や植物園、街など好きなものを作ることができそう!

    時間があるときにはぜひ作ってみてください!

    まつぼっくりを拾っても、消毒の時間がなかなか取れずに大変というママは、市販のものでもOKです♡ぜひ、おうちの中にも秋冬を感じることができるものをひとつおいてみませんか?

    さらに、小さな子どもたちも一緒に作れるものがたくさんあります!一緒に作って、思い出作りにもなりますね♪たくさんのまつぼっくりやどんぐり、小枝などを拾ってきて並べ、そこからは子どもたちのアイデアに任せて作ってみるのも楽しそうです♡ぜひ試してみてください。

    おすすめの記事

    関連する人気の記事

    ライタープロフィール

    Image

    hinamama

    子育て真っ最中の1児のママです!毎日わからないことも多く、たくさんの情報を調べては試してい...