子どもが夢中になる!ボードゲームの年齢別(2歳〜小学生)おすすめ15選

子どもと一緒にボードゲームをしてみませんか。食後など家族でゆっくりしたいとき、手軽に楽しめるテレビやスマホ、電子ゲームもいいですが、手と頭を使い、プレイヤー同士がコミュニケーションをとって遊べるアナログなボードゲームは、子どもには新鮮なものです。子どもが夢中になれて親子で楽しめるボードゲームを15選ご紹介します。

127097

目次

  1. 超入門編(2歳~)
  2. 運と偶然
  3. 記憶力
  4. 色や形を見分ける&素早さ
  5. バランスゲーム
  6. 言葉遊び
  7. 頭脳系
  8. ボードゲームの売れ筋ランキングもチェック!
  9. ボードゲームで空気の読める子に?
  10. あわせて読みたい

ボードゲームのルールを理解できるようになるのは、3~4歳頃からと言われています。今回、2歳頃から遊べる超入門編と、4歳頃から楽しめるゲームを、ゲームの特性に合わせて種類別にご紹介します。

超入門編(2歳~)

①はじめての果樹園(HABA社)

HABA はじめてのゲーム 果樹園
¥4,220〜(2018/08/22 時点)

ハバ社の「はじめての果樹園」は、同社の人気定番ゲーム「果樹園」の小さい子ども向けバージョンです。4種類の果物が各4個、カラスのコマ、フルーツバスケット、サイコロ、道カード5枚、木のカード4枚が付属しています。

サイコロを振って、出た色と同じ果物、たとえば赤の目が出たらリンゴをバスケットに入れます。サイコロにはカラスの目もあり、カラスの目が出ると、カラスが道タイルを進みます。カラスが果樹園にたどり着くより先に、果物全てをバスケットの中に収穫できるかを競う、プレイヤー全員とカラスの対決ゲームです。

カラフルな果物は木製で、小さな子どもでも持ちやすい大きなサイズです。

②はじめてのゲーム・フィッシング(HABA社)

HABA はじめてのゲーム・フィッシング
¥3,800〜(2018/08/22 時点)

ハバ社の「はじめてのゲーム・フィッシング」は簡単な磁石の魚釣りゲームです。サイコロを振って、同じ目の色の海の生き物を釣り竿を使って釣ります。赤色や緑色の魚、水色のヒトデなど、カラフルでキュートな海の生き物は、厚みのある木製でできていて、釣りごたえ十分です。2歳頃でも手先に神経を集中して魚釣りゲームを楽しめますよ。

③くみあわせドミノ セレクタ社(ドイツ)

くみあわせドミノ
¥3,672〜(2018/08/22 時点)

セレクタ社の「くみあわせドミノ」は20枚の素朴でかわいい絵柄の木製カードです。木製カードの絵は途中で切れていて、絵柄の合うカードをつなぎ合わせていくと、次々と新しい絵ができていきます。絵に合わせてお話を作ってあげても楽しいですね。

Article link icon
ママ100人が選ぶ!2歳児のおもちゃの人気ランキングTOP20

運と偶然

④すすめコブタくん ドライマギア社(ドイツ)

Drei Magier すすめコブタくん
¥5,184〜(2018/08/22 時点)

「すすめコブタくん」はカラフルな7色の木製のコブタのコマを使って進むすごろくゲームです。このゲームの特徴は2つあります。1つめは、8枚の道のボードを使ってすごろくのコースを自分たちで作れるところ。2つめは、他のコブタに追いついて同じマスに止まったとき、もともといたコブタの背中に乗ることができるところ。下のコブタに乗ってコマを進めることができるので、プレイヤー全員で同着ゴールの可能性もある面白いゲームです。

ルールがシンプルでコースも短いので、4歳頃から楽しめます。

■この商品に関する口コミ
・見た目もきれいで、コース組みなどゲームを面白くする工夫されています。
・あとから来た豚に勝ち目があるところがユニーク。

引用元:review.rakuten.co.jp

⑤ガイスタートレッペ オバケだぞー ドライマギア社(ドイツ)

ドライマギア社 オバケだぞー(階段の上のおばけ)
¥4,080〜(2018/08/22 時点)

「オバケだぞー」は簡単なすごろくゲームです。サイコロを振って、出た目の数だけ階段を進みます。サイコロにはオバケの目があり、オバケの目が出ると自分のコマに白のオバケがすっぽりとかぶさってしまい、自分のコマの色が見えなくなります。オバケはどれも同じ白い姿で区別がつきません。抜きつ、抜かれつしていくうちに、どのオバケが自分のコマか分からなくなってしまいますが、自分のコマだと思うものを動かします。ゴールしたオバケは誰のコマでしょう⁉

記憶と観察力が必要な、わくわくドキドキのすごろくゲームです。4歳頃から楽しめます。

⑥レインボースネーク (虹色のへび)アミーゴ社(ドイツ)

アミーゴ社 レインボースネーク
¥1,338〜(2018/08/22 時点)

「レインボースネーク」はヘビの頭、胴体、尻尾の3種類の絵柄カード50枚で遊びます。ヘビの胴体は、黄色~緑色、緑色~青色というふうに6種類に色分けされています。

カードをひとつの山にして1枚だけめくって表にして置きます。順番にカードをめくり、めくったカードが出ているカードと同じ色ならそのヘビにつなげて置いていきます。同じ色ではなかったら、新しいもう1匹のヘビとしてその場に置きます。自分の引いたカードでヘビの頭、胴体、尻尾が完成したら、そのヘビをもらえます。最後のカードをめくり終えたとき、たくさんのカードをもっている人が勝ちです。

虹色のヘビが出るとどこにでもつなげられるラッキーチャンスもあります。勝負は運で決まるので、カードをめくるたびにドキドキしますね。色が分かるようになる3歳頃から楽しめます。

■この商品に関する口コミ
・駆け引きがなく記憶力もいらないシンプルなゲームなので、小さい子どもから家族みんなで遊ぶゲームにおすすめ。
・ルールが簡単で3歳の息子がすぐに理解できました。4歳、5歳のいとこが遊びに来たときも重宝しました。

引用元:www.amazon.co.jp

⑦ブタさんのパンツ オーチャードトイ社(イギリス)

ブタさんのパンツ
¥3,326〜(2018/08/22 時点)

「ブタさんのパンツ」は愛らしいブタのカードに、パンツをたくさんはかせてあげた人が勝つゲームです。ピンクのハート柄やヒョウ柄などパンツの絵柄がとってもキュートですね。

各自、ブタカードを選んで自分の前に置き、パンツカードを2枚持ち、手札にします。残りのパンツ札は伏せて山札にして、4枚だけ表にして中央に置きます。自分の番のときに、中央の場に手札と同じ柄のパンツがあるとき、「パンツあり!」と言って中央の場のカードをもらって自分のブタに手札と一緒に置きます。他のプレーヤーのパンツと同じ柄の手札があるときは、他のプレーヤーのブタにはかせているパンツを全部奪うこともできます。せっかくたくさん集めたパンツも、最後の最後で誰かに奪われる大どんでん返しも!

パンツの絵柄は10種類で各4枚あるので、神経衰弱ゲームも楽しめます。神経衰弱は3歳頃から、パンツゲームは4歳頃からがおすすめです。

⑧HABA 缶入りゲーム・ニャーニャー ハバ社(ドイツ)

HABA(ハバ) 缶入りゲーム・ニャーニャー
¥1,728〜(2018/08/22 時点)

ハバの「ニャーニャー」は、洋服を着たネコがユニークでかわいい絵柄のカードゲームです。ルールはUNO(ウノ)を簡単にしたもので、同じ色か同じネコを出していって、5枚の手持ちのカードが早く無くなった人が勝ちとなります。カードの中にはUNOと同じく、順番をスキップするカードや色を指定するカードも含まれます。

ネコのチップが6個付属していて、ゲームに勝つとチップを1個もらえます。チップを2個集めた人が勝ちとするルールでもOKです。ネコのチップも、カードを収める缶ケースも、とにかくかわいいですね。

ルールを理解する力が少し必要なので、5歳ぐらいからの子どもにおすすめです。

Article link icon
赤ちゃん・子どもの知育パズル!種類別おすすめ20選(立体、ジグソーパズ…
Article link icon
最新版!おすすめ知育アプリ・ゲーム20選【幼児編/小学生編】

記憶力

⑨メモリーカード・キーナーメモリー キーナー社(スイス)

Kienermemory0出典:shop.r10s.jp
Kiener/キーナー社 キーナーメモリー
¥12,420〜(2018/08/22 時点)

「キーナーメモリー」は、大きさ5.0cm×5.0cmの30組60枚の木札で遊びます。木札に付いている絵は、イチゴやさくらんぼ、りんご、車やトラック、クマなど小さい子どもが親しみやすいものばかりです。絵柄は、ほのぼのとした優しい雰囲気で、アイコンのように分かりやすくなっています。はじめてのメモリーカード遊び(神経衰弱)にぴったりです。

⑩HABA リトルゲーム メモ ハート ハバ社(ドイツ)

E006075出典:shop.r10s.jp
ハバ リトルゲーム メモ ハート
¥3,886〜(2018/08/22 時点)

ハバ社のメモリーカードは、ハートの形をした16種のペアカードが32枚入っています。絵柄はハートをモチーフにしたものばかりで、とってもラブリーですよ。大きさ12cm×3cmのコンパクトなハート型のカードケースが付いています。持ち運びにも便利で、新幹線など長時間の移動時にも遊べていいですね。

Article link icon
人気の積み木ランキング20〜年齢別ランキング〜

色や形を見分ける&素早さ

⑪HABA キャッチ・ミー ハバ社(ドイツ)

Haba/ハバ社 キャッチ・ミー
¥3,240〜(2018/08/22 時点)

「キャッチ・ミー」は、ネコに見立てた木のダイスカップから、6色のネズミがつかまらないように逃げるゲームです。ネズミは、木のコマの胴体と尻尾が長めの赤いひもでつながれています。ネコ役の人は木のカップを持ちます。その他のプレーヤーはネズミを選び、胴体を真ん中に、尻尾を自分の手前に置きます。ネズミたちは放射線状になります。

サイコロは数サイコロと色サイコロのどちらかを使って遊びます。数サイコロの場合、キャッチする数字を決めておいて、その数字が出たら、一斉にネズミの尻尾をひっぱって手前に逃げます。ネコ役はカップでネズミをキャッチしようとします。色サイコロの場合、出た色のネズミがキャッチされるルールで、それ以外のネズミは逃げなくて良いです。

とってもシンプルなゲームですが、大盛り上がりでエンドレスで楽しめるそうですよ。

■この商品に関する口コミ
・細かなルールがなく、誰でもすぐに参加できるのがいいですね!
・3歳ぐらいの子どもから大人まで、盛り上がって遊べます

引用元:review.rakuten.co.jp

⑫HABA 缶入りゲーム いも虫(ドイツ)

缶入りゲーム いも虫
¥1,296〜(2018/08/22 時点)

いも虫の缶入りゲームはまだ字が読めない子どもでも楽しめる、色集めゲームです。4種類の頭カード・24枚の体カード・色サイコロが名前の通り、缶の中に入っています。

体カードは色がわからないように裏返して置き、順番にサイコロを振って体カードを引きます。体カードの色がサイコロと同じ色だった場合、自分の頭カードにつなげることができます。ただし、すでに持っている色の体カードはもらうことができません。最初に6種類の体カードを集めた人の勝ちです。

Article link icon
ブロックのおもちゃ!3歳〜小学生におすすめ知育・木製など20選
Article link icon
【形合わせ・立体パズル】知育にもおすすめの15選

バランスゲーム

⑬HABA スティッキー|ハバ社(ドイツ)

630681515839出典:shop.r10s.jp
Haba/ハバ社 スティッキー
¥2,680〜(2018/08/22 時点)

「スティッキー」は、スティックの束が倒れないように1本ずつ抜いていくゲームです。スティックは木製で、青色、赤色、黄色のものが各9本あります。スティックの色によって太さが違い、太い順に青、赤、黄となっています。色サイコロを振って、出た目の色のスティックを1本、束が倒れないようにそーっと抜きます。

スティックの束が倒れたらゲーム終了です。勝敗は点数で決まります。青は3点、赤は2点、黄色は1点で計算し、合計点数で競います。束を崩した人は0点です。

どのスティックだったら束が倒れないか、よく観察しないといけないですね。下にフェルトなどを敷くと、スティックが滑りにくくて束が倒れにくいそうです。

■この商品の口コミ
・購入です。シンプルなゲームで大人も子どもも楽しめます!!
・短時間で遊べるのが良いですね。5歳の娘もはまっています。

引用元:review.rakuten.co.jp

言葉遊び

⑭ことばのカードゲーム もじぴったん (メガハウス社)

ことばのカードゲーム もじぴったん
¥824〜(2018/08/22 時点)

「ことばのカードゲーム もじぴったん」は、ゲーム機DSの人気ソフト「ことばのパズル もじぴったん」をカードゲーム化したものです。

プレイヤーはひらがなが書かれたカードを8枚手札にします。マスが書かれたボードの所定の位置に、山札からひらがなカードを2枚置いておきます。ボード上のカードと手札のカードを組み合わせて、ことばになるように手札を置いていき、手札が最初に無くなったプレイヤーが勝ちです。ことばにできない場合は、カードの山から1枚引いて1回休みます。

ひらがなの勉強にもなるので、4歳頃からのことば遊びにぴったりです。長い文字が作れると気持ち良さそうですね。

頭脳系

⑮ダイヤモンドゲーム (ハナヤマ)

キングダイヤモンド
¥1,890〜(2018/08/22 時点)

向かいの陣地へ自分のコマを全て早く移動できた人が勝ちとなる、昔懐かしいダイヤモンドゲームです。コマの進み方が面白く、基本は線に沿って1マスずつ進むのですが、目の前にあるコマの1マス先が空いていると、目の前のコマを飛び越して進めます。線上にコマがあってその先に1マス空いていて、さらにコマがあってその先がまた1マス空いている場合、連続してぴょんぴょんといくつも飛び越えられます。

コマには磁石が入っていてボードにピタリとくっつき、コマが倒れてイライラすることはありません。

ボードゲームの売れ筋ランキングもチェック!

楽天・Amazonでボードゲームのランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください。

ボードゲームで空気の読める子に?

ボードゲームはひとりで遊ぶテレビゲームと違って、プレイヤーみんながルールを守らないと楽しく進められません。遊びの中でルールを守ることは、子どもにはちょっとした社会性を養うことにもなります。トランプのババ抜きやウノなどのカードゲームでは、相手の表情から持ち札を読み取り、駆け引きすることもありますね。場の空気を察する力も育ちそうです。楽しみながら、自然と感性を豊かにし、知育効果も期待できそうですね。

あわせて読みたい

知育おもちゃランキング30!プレゼントにも最適!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27995
Image
【知育玩具】ルーピング・ビーズコースターはいつから遊べる?おすすめ10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27958
Image