家計簿はエクセルで管理!作り方、使い方、無料テンプレートを紹介

家計簿をパソコンで管理してみませんか。ノートに手書きで家計簿をつけている方も多いのではないでしょうか。エクセルには便利な機能がたくさんあるため、面倒な家計簿を楽につけることができますよ。今回は、パソコンのエクセルで家計簿をつける方法をご紹介します。

55063

目次

  1. 家計簿をエクセルで管理するメリット
  2. エクセル家計簿の作り方
  3. エクセル家計簿の便利な使い方
  4. 0から作るのが面倒な人のためのおすすめ家計簿テンプレート10選
  5. エクセルの機能を活用しよう

家計簿をエクセルで管理するメリット

面倒な計算をしなくてよい

ノートなどに家計簿をつける場合には、電卓などで収支の計算をする必要があります。エクセルで家計簿をつける場合には、エクセルの計算機能を利用すれば、項目別・週別・月別などを自動で計算してくれます。面倒な計算をする必要はありません。

書き間違えてもかんたんに修正できる

エクセルで家計簿をつける場合、書き間違えてもかんたんに修正ができます。ノートなどの場合と異なり、修正ペン等で見づらくなることはなく、すっきりと家計簿をつけることができますね。

場所を取らない

パソコンとソフトさえあれば、エクセルで家計簿をつけることができます。家計簿を長年続けた場合でも保管場所に困ることはなく、過去のデータをかんたんに見返すことができるので便利ですよ。

エクセル家計簿の作り方

Image

ワークシート名の変更

パソコンを立ち上げたらエクセルを開きましょう。エクセルの下の方にある「Sheet」というタブはワークシート表示を切り替えるもので、いくつでも増やすことができます。1つのワークシート対して1ヶ月分を記入しましょう。

「Sheet」の部分をダブルクリックして「1月」と入力してください。毎月、翌月分のワークシートを追加していきましょう。

項目の入力

次に最初のワークシート「1月」に項目を入力しましょう。エクセルには「セル」と呼ばれるマス目があります。横のセルは列番号というアルファベット、縦のセルは行番号という数字が記されており、A列の3番目のセルは「A3のセル」と呼ばれます。

任意のセルに日付・収入・支出・品目・残高など、家計簿に必要な項目を入力しましょう。

罫線を引く

セルを囲う線を「罫線」と呼びます。罫線を引きたいセルを選択し、マウスを左クリックするとメニューが開きます。セルの書式設定>罫線タブをクリックしてください。自分が見やすいように、太さや線のスタイルを自分好みに設定して罫線を引きましょう。

色を付ける

セルに色を付けることもできます。注目したい項目のセル色を変えることで、家計簿はぐっと見やすくなりますよ。

フォントを変更する

「フォント」と呼ばれる文字スタイルも変更することができます。注目したい項目などを太字にしたり、サイズを大きくしたりしましょう。他の項目と区別がつき、見やすくなります。

エクセル家計簿の便利な使い方

Image

計算式の挿入

項目などの準備ができたら、次は計算式の入力をしましょう。セルに計算式を入れることで、かんたんに計算結果を出すことができます。計算式は、足し算、引き算の他にも掛け算や割り算もできます。

表示形式の設定

日時は「○月○日」・金額は「円」など、エクセルにはセルに記入された値に対して、自動的に単位をつける機能があります。セルを選択した状態でエクセルの上部にあるメニューより書式>セルを選択し、「表示形式」のタブを選んで必要な単位を選びましょう。

セル幅の調整

セルの幅を調節しましょう。セルの縦軸と横軸が重なる部分(A1セルの左上)をクリックしてワークシート全体を選択します。カーソルをAとBのセルの間に合わせる、矢印が左右に表示されたら、ダブルクリックをしてみてください。すべてのセルが自動的に適切な大きさに調節されます。

0から作るのが面倒な人のためのおすすめ家計簿テンプレート10選

Image

1. Office.com テンプレート

Microsoft Officeが提供するエクセルのテンプレートです。エクセルの新規作成時に「テンプレートから新規作成」を選択し、右上に表示される検索窓に「家計簿」と入力すると、さまざまな家計簿のテンプレートが表示されます。20種類以上のテンプレートがあるため、自分の好みに合ったもの見つけられますよ。

2. Googleドキュメント - テンプレートギャラリー

こちらの家計簿はオンライン上で使用するものです。Googleのアカウントさえあれば、誰でも利用することができます。オンライン上で管理するため、データの同期をすれば、パソコンだけではなく携帯やタブレットなどの端末からも使用することができます。

3. 年間収支も確認できるExcel家計簿テンプレート

エクセルで自分で家計簿を作成した場合、まずは月別のものを作る方が多いですが、こちらのテンプレートでは月別だけでなく年別でも収支を管理することができます。Officeが提供する家計簿のテンプレートの改良版です。

4. エクセル複式簿記家計簿「運命」

こちらは複式簿記を使用したエクセルの家計簿です。詳細な費目まで入力することができる高機能なテンプレートのため、収支を細かく管理したい人にはおすすめです。

5. エクセルシンプル家計簿

演算タイプと手書きタイプの二つがあり、好きな方を選んで使用することができます。演算タイプを使用すると、収支を記入していくだけで自動でグラフを作成してくれるため、収支状況がわかりやすいです。手書きタイプはテンプレートをプリントアウトして利用するものです。

6. lifehacker - Excelファイルの家計簿テンプレート

1人暮らしのOLや学生にぴったりのシンプルな家計簿です。カレンダー形式になっており、毎日の収支をランチや衣服、交際費などを項目別に入力します。電子マネーを入力する欄もあります。

7. ビジネステンプレートファクトリー

こちらは企業向けの家計簿テンプレートです。ダウンロードして利用します。

8. 無料でダウンロードできるテンプレート

外食費、食費などの日常的な項目から、冠婚葬祭費などの細かな項目までを網羅した、シンプルな作りのエクセル家計簿テンプレートです。年月日を入力するだけで、自動でカレンダーを作ってくれるため、手間要らずです。

9. 簡単!家計簿(エクセル版)

1ヶ月ごとのシートが用意されており、日付と項目を自分で入力して利用します。シンプルなデザインのため、初めて家計簿をつける人や面倒な記入をしたくない人におすすめです。

10. バザールでござーる

バザールでござーるのイラストがかわいい家計簿です。ダウンロードしてプリントアウトするタイプのため、手書きで家計簿をつけたい人におすすめです。

エクセルの機能を活用しよう

エクセルを使ったことがない人には「難しそう」と敬遠される場合がありますが、家計簿をつけるにあたり、あると便利な機能が多数あります。形式が整っているテンプレートがたくさんあるため、それらを賢く利用し、家計簿を続けたいですね。今回ご紹介した方法を使って、ぜひエクセルので家計簿にチャレンジしてみてください。

家計簿の項目や書き方は?初心者のおすすめ家計簿7選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27749
Image