排卵日の基礎体温の変化と平均は?グラフを用いた排卵日の予測方法

「基礎体温」という言葉を聞いたことがありますか。「基礎体温」とは一体何なのでしょうか。基礎体温の概要から、排卵日の予測方法までご紹介します。妊娠を希望されている人も、されていない人も、自分の身体の変化を読み取る際に活用できる「基礎体温」について考えてみてはいかがでしょうか。

63908

この記事の監修

目次

  1. 基礎体温とは?基礎体温は安定しているもの?
  2. 排卵日は妊娠しやすい?
  3. 排卵日の基礎体温は上がるor下がる?
  4. 「最低体温日」が排卵日なの?
  5. 基礎体温グラフを利用して「予測」をしよう
  6. 基礎体温が上がらないこともある?
  7. 排卵日の身体の変化
  8. 排卵検査薬でのチェック
  9. 排卵日と妊娠しやすいタイミング
  10. まずは自分の基礎体温を記録してみよう
  11. あわせて読みたい

基礎体温とは?基礎体温は安定しているもの?


基礎体温とは、朝、目が覚めたときに安静にした状態で測った体温の事です。枕元などの手が届きやすい所に、体温を細かく測ることができる「婦人電子体温計」を置いて就寝し、朝起きたらあまり動かずに舌の下で体温を測定します。生理が始まってから次の生理が始まる前日までを「月経周期」と呼びます。「基礎体温」は月経周期とともに変化します。基礎体温を毎日測ることで、自分の身体の変化への理解が深まれば、妊娠しやすいタイミングをつかむことができるでしょう。

基礎体温には「低温期」と呼ばれる体温が比較的低い期間と、「高温期」とよばれる体温が高い期間があり、月経周期が28日の人の場合、一般的にはそれぞれ約14日間ずつ続きます。低温期と高温期の差は0.3~0.5℃程度ですが、きちんと排卵していれば、一定期間記録した基礎体温の数値をグラフ化すると、低温期と高温期がきれいに分かれているでしょう。

Article link icon
基礎体温の正しい測り方!舌の下で測るのがコツ?いつ?夜に測っていいの?

排卵日は妊娠しやすい?

Image

排卵日だけでなく、排卵日3日前から排卵日1日後が妊娠しやすい期間だといわれています。健康な20代の男女が排卵日当日に性交渉を行ったとしても、妊娠する可能性は20~25%といわれているため、排卵日を狙って仲良しをしたとしても、すぐに妊娠するとは限りません。

年齢によって妊娠の確率は異なります。30代前半での妊娠率は20~15%、30代後半では10%、40歳となると5~1%と急激に妊娠する確率は低下します。妊娠の可能性については女性の年齢にフォーカスされることが多いですが、男性の年齢も上がれば上がるほど妊娠率は下がる傾向があります。

「妊娠しやすい」とはいえ、パパとママの年齢など個々のケースはあるでしょう。妊娠を希望するのであれば、「排卵日前後の期間を予測し、排卵日前後で仲良しすること」で妊娠の可能性を高めるのは大切です。

Article link icon
排卵日後の妊娠可能性は?排卵日以外に妊娠を望むなら「排卵日前」の仲良し…

排卵日の基礎体温は上がるor下がる?

Image

最低体温日を含む前後1~2日

基礎体温が上昇する前日に、基礎体温ががくんと低くなる場合があり、これを「最低体温日(体温陥落日)」と呼びます。最低体温日が排卵日だという人がいますが、必ずそうだとは限りません。最低体温日がない人もいます。排卵日は最低体温日の前後であることに変わりはないため、排卵日前後の期間を知りたい場合には、基礎体温の測定が重要になります。

月経周期(生理周期)は、身体の変化に伴い月経期・卵胞期・排卵期・黄体期の4つの時期に分かれます。生理開始後と生理終了後の期間を示す月経期・卵胞期」は、基礎体温が下がる低温期になります。低温期の中でもぐっと体温が下がる「最低体温日」を迎えると、排卵が起きる排卵期に入ります。排卵期が終わり黄体期を迎えると、基礎体温はぐっと上がり高温期になります。

排卵期の後には約2週間高温期になっていることが一般的

排卵期後の「黄体期」はどの女性でも一般的に約14日(誤差があっても1~2日)程度となっています。排卵の約2週間後には生理が来ます。「黄体期」は体温が上がっているので、約14日は高温期が続きます。次の生理までに妊娠が成立していなければ、再び体温が下がって低温期になり、生理が始まります。妊娠が成立していれば、低温期に移行せず高温期が続き、生理は来ません。

妊娠や体調不良・ホルモンの乱れなどがなければ、女性には「高温期」と「低温期」が約1ヶ月
の周期で交互にやってきます。低温期の中でも、最低低温日前後1~2日で排卵が起きているので、自分が今どの時期なのかを知っていれば、妊娠の可能性を高めることができますね。

Article link icon
高温期はいつからいつまで?何℃くらい?身体の状態と過ごし方は?

「最低体温日」が排卵日なの?

Image

「最低体温日」=「排卵日」とは限らない

低温期に一番体温が低くなる「最低体温日」が排卵日とは限りません。前後1~2日間に排卵が起こる人もいます。日本不妊学会の発表によると、最低体温日が排卵日だったという「排卵日一致率」は約52%。高温期の初日では排卵日との一致率は約27%、低温期最終日では排卵日との一致率は62.5%となっています。

大体の排卵日や身体の異常にも気づける「基礎体温」

はっきりと排卵日が分からないのであれば、基礎体温をつける意味はないのでしょうか。基礎体温を継続的に記録することで、排卵の有無や排卵日に近い最低基礎体温日の前後の期間を読み取ることはできるでしょう。排卵自体が起きていない「無排卵月経」の場合には、低温期のあとに訪れるはずの高温期が来ないことで「無排卵月経」の状態であると気付く場合があります。

基礎体温を知ることで、排卵の有無や大体の排卵日が予測できるので、妊娠を希望する場合には重要な役割を果たすといって良いでしょう。身体の異常に早めに気付くこともできるかもしれません。

Article link icon
無排卵月経でも妊娠できる?症状と原因、治療法とは?おりものが変化する?

基礎体温グラフを利用して「予測」をしよう

Image

基礎体温は女性の身体を知る上で欠かせないものです。身体が順調で、排卵がきちんと起きていれば、基礎体温は「低温期」と「高温期」の二層に分かれます。妊娠が成立すれば、高温期が続きます。

排卵がない、子宮や卵巣に何らかの異常がある場合には、基礎体温のグラフはガタガタになったり、「低温期」や「高温期」の一方がずっと続いたりする可能性があります。基礎体温グラフで排卵日を予測し、排卵しているか知ることは可能なので、妊娠を希望している場合には、最低でも2〜3ヶ月は基礎体温グラフをつけて自分の排卵日を予測してみると良いでしょう。

基礎体温が上がらないこともある?

Image

基礎体温グラフを付けた場合、異常がなければ、低温期と高温期の二層に分かれます。中には、「基礎体温が上がらず低いままで次の生理が来てしまう」「きれいに二層に分かれずに基礎体温表のグラフがガタガタになる」という人もいます。

女性の身体はデリケートなので、ストレスや体調不良などで「低温期が続く」ような状態になることがあります。一方で「無排卵月経」や「多嚢胞性卵巣症候群」などの子宮や卵巣の病気が潜んでいる可能性もあります。基礎体温のグラフがガタガタしていたり、低温期からなかなか体温が上がらなかったりする状態であれば、妊娠を望んでいてもいなくても、早めに婦人科を受診して専門医に相談すると良いでしょう。

Article link icon
基礎体温がガタガタでも排卵してる?妊娠できる?原因と安定させる方法

排卵日の身体の変化

Image

排卵日の前後には、基礎体温以外だけでなく身体に変化が出る人もいます。

生理直後のおりものは白~クリーム色で量もにおいも少ないのに比べ、排卵前後には透明で粘り気が強く、においが少なめの「おりもの」になる人がいます。排卵が終わるとおりものは減りますが、色がまた白く濁り始め、においが少し強くなる場合があります。普段からおりものの状態をまめにチェックしていると、排卵日のおりものの変化に気づきやすくなるかもしれません。

排卵日に子宮や卵巣の周りに痛みが出る「排卵痛」が起きる、卵胞から卵子が飛び出す際に出血する「排卵出血」が起きる人もいるようです。基礎体温とともにさまざまな自分の身体の変化を記録しておけば、排卵日前後の自分の変化の傾向がわかるかもしれませんね。

Article link icon
排卵日の症状まとめ!体調不良の期間・原因・対処法は?排卵後の変化は?

排卵検査薬でのチェック

Image

「より詳しく排卵日を知りたい」という人には、排卵日が予測できる「排卵検査薬」を試すという方法があります。「排卵検査薬」は卵胞が育つと分泌される「黄体形成ホルモン」の変化をとらえて、排卵日を予測します。

ただし、排卵をきちんとしている状態でないと、正しい結果を得ることができません。生理周期や基礎体温を参考に排卵の有無を確認してから使用すると良いでしょう。排卵検査薬の精度は上がってきていて、排卵日の1~2日前の予測が可能となっています。

Article link icon
妊娠したい人必見!自宅でカンタンに排卵日を予測する方法とは・・・?

排卵日と妊娠しやすいタイミング

Image

「排卵日に性交渉をすると絶対に妊娠する」といった考えの人がいるようですが、100%の断言はできません。妊娠しやすいタイミングは「排卵日3日前~排卵日1日後」で、ストレスや体調不良、ダイエットなどで、排卵日がずれることもあります。避妊に基礎体温を用いる場合には、ピルやコンドームといった他の避妊方法を併用しましょう。

妊娠を望んでいる場合には、基礎体温や身体の状態、排卵検査薬などを組み合わせて、排卵日を予測し、排卵日3日前~排卵日1日後のタイミングで仲良しできると良いかもしれません。排卵のタイミングを理解した上で仲良しをすることは、妊娠の確率アップにつながりますよ。

Article link icon
排卵日付近で妊娠確率が高いタイミングはいつ?仲良しの回数は?夫と時間が…

まずは自分の基礎体温を記録してみよう

まずは、自分の基礎体温を記録することから始めてみましょう。基礎体温を付けることで、自分の身体の状態を知ることができ、おおよその排卵日を予測することができるようになります。基礎体温のグラフを付け始めると、きれいに高温期・低温期に分かれない、ガタガタしていて安定しないといったことがあれば、病気が潜んでいる可能性があるため、早めに婦人科を受診しましょう。今すぐの妊娠を考えていない場合でも、将来的のことを考えて、妊娠しやすい身体なのかかどうかを知っておくと良いでしょう。

基礎体温は「必ず毎日つけなければ」と、ストレスになるほど神経質になるのはよくありません。記録を忘れてしまったら明日またつけようといった心構えで、まずは2~3ヶ月程度、基礎体温の記録にチャレンジしてみましょう。

あわせて読みたい

排卵予定日はいつ?生理周期から予測・計算しよう!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28192
Image
生理前・後の妊娠しやすい時期は?排卵日は基礎体温表で分かる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28556
Image
排卵後に基礎体温が上がらないときの妊娠の可能性は?高温期がないのは無排卵や冬の影響?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28450
Image
排卵日がズレる!最大何日?早まる・遅れる原因と対策
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28298
Image
基礎体温が低いまま妊娠できる?高温期がいつもより低い原因は?無排卵の可能性もある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28686
Image
排卵後の卵子の寿命は?受精可能時間とタイミングについて
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28486
Image
おすすめの基礎体温表は?無料アプリ、ダウンロード・印刷可、グラフ付きなど
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28403
Image
高温期が長い!妊娠や更年期、生理やストレスの影響はある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28656
Image
クロミッドの排卵日の予測方法!排卵しない・早まる・遅れる原因は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19883
Image
基礎体温が37℃以上は妊娠?生理・風邪・測り方の影響を受けることがある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28634
Image